平成27年
○平成27年 1月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 33
 中日を終えて勝ちっ放しは白鵬のみ、 1敗で日馬富士と稀勢の里。鶴竜は 6日目で 2敗となっており、不調のまま 5敗した。 豪栄道は最後の 3連勝で辛うじて勝ち越し、大関に残れたが、自ら危ない橋を渡りに行くような取り口。琴奨菊は足がついてきて 9勝。 9日目に稀勢の里が琴奨菊に敗れ、11日目には日馬富士が碧山に屈していずれも 2敗に下がる。 5日目から相撲が崩れた白鵬が何とか星を落とさず、 13日目に日馬富士が鶴竜に負けて白鵬が稀勢の里を破って白鵬の優勝となり、そのまま白鵬は全勝した。日馬富士・稀勢の里いずれも11勝、 白鵬の他に12勝以上の者はいなかった。東京場所としては 9年 1月以来18年ぶりに15日間満員、その期待に概ね応えて相撲内容が比較的良く、 それだけに立ち合いの悪さが目立ち惜しまれた。千秋楽、白鵬は花道に出るのが大きく遅れて日馬富士に待ちぼうけを喰わせ、入場したときには土俵上の取組(碧山−隠岐の海)が始まっているという大失態を犯して信頼をさらに落とした。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(押し倒し)稀勢の里
 白鵬右で張って左を差しながら右も固めると、稀勢の里は左を固めながら額で当たろうとしたがやや高かった。白鵬左下手を引き、右でおっつけて一気に西に運ぼうとしたが、稀勢の里が俵を背負って右小手投げにいくと、白鵬右の送りが悪くて横転したものの、稀勢の里相当早くに体をなくして左肘から落ち、庄之助の軍配は白鵬で正面朝日山(大受)審判長から物言い。 落ちてきた白鵬の足腰でこのように突撃するのは無理があったと思うが、土俵際はどちらに分があるかといえば白鵬ではあった。協議の結果は同体取り直しで、これも決して悪くはない。白鵬左で張って右を差すと見せながら左に逃げて稀勢の里の右を引っ掛ける。 稀勢の里が残そうとすると白鵬頭で当たって左でおっつけんとしながら右で喉を押す。稀勢の里右で喉輪を外して左でおっつけると白鵬一瞬棒立ちになったが、稀勢の里が左で宛がって右で胸を押すのを白鵬払い落としながら土俵中央やや西寄りに下がり、稀勢の里が立ち腰で右から張って両手で喉を押そうとすると、白鵬腰を少し落として両筈、東土俵赤房寄りに押して押し倒した。
・好勝負
  2日目 照ノ富士(極め倒し)豪栄道

 二人とも右手を出し、照ノ富士は張ろうとし、豪栄道は突こうとし、照ノ富士左で抱えて右で豪栄道の左を押さえ、右を割り込んで下手を引き、豪栄道が右下手を取ると照ノ富士胸を合わせて腹に乗せようとした。 豪栄道右下手投げで体を入れ替えたが、照ノ富士は下手を切られるも白房を背にして上手を狙い、豪栄道が嫌って腰を引き頭をつけると照ノ富士はまた下手を取る。豪栄道は左巻き替えができなかったが左で前褌を取り、右下手投げで振る。 照ノ富士堪えて左小手投げに返し、右でおっつける。豪栄道右から捻って左を差し、下手を深く取ったが、これは顎が上がって大失敗。 照ノ富士右に振って閂、豪栄道嫌って右外掛けにいったが照ノ富士はね上げんとして外し、一呼吸して豪栄道が正面に出んとするところ照ノ富士は極め上げんとし、豪栄道の右外掛けを堪えて右に引き摺り、西土俵から黒房に追い込んで極め出さんかな。 豪栄道粘って左に廻り込むが照ノ富士は左に捻じ伏せようとし、豪栄道辛うじて凌ぎ一呼吸したものの、照ノ富士またまた正面青房寄りに極めて攻め、豪栄道が左足を引こうとすると照ノ富士左外掛けで圧し掛かり、左足が崩れた豪栄道を正面に極め倒した。 大激闘、豪栄道は自分の身の丈に合わない大きな相撲に付き合わされた恰好になり、最後は極めて危ない形で敗れた。
  5日目 鶴竜(寄り切り)照ノ富士
 両者右で張り、照ノ富士は左を差しにいき、鶴竜は左で前褌を探り、照ノ富士左下手を取って右おっつけで白房に出んとすると鶴竜左下手、右で巻き替えにいったあと右上手を取り、少し寄り返して照ノ富士の左下手投げに対し右外掛け、照ノ富士残して右上手、左下手を深くして吊ろうとする。 鶴竜残して右に廻ろうとすると照ノ富士左外掛けを見せるが、鶴竜残して左を肩まで入れ、肘を張る。両者顎が上がった恰好から照ノ富士向正面に出んとすると鶴竜引きつけて堪え、数呼吸して鶴竜引きつけんとすると照ノ富士吊り返そうとし、鶴竜引きつけ返して青房に出んとすると照ノ富士右に振ろうとし、鶴竜右外掛けで防ぐ激戦、さらに鶴竜東に出ると照ノ富士右上手投げで体を入れ替えて鶴竜を剣ヶ峰に追い込むが、鶴竜粘って土俵中央に戻し、少し右から振って上手を切ろうとした。 照ノ富士の上手は伸び切った一重なので切れず、照ノ富士が青房に出んとすると鶴竜左下手投げで振る。数呼吸して引きつけ合いは五分、さらに数呼吸、照ノ富士向正面に出んとすると鶴竜下手投げから赤房に出んとし、照ノ富士の下手投げを鶴竜右外掛け、照ノ富士これをはね上げて外すと、鶴竜下がりながら左で照ノ富士の右上手を切り、さらに黒房に変わって右上手出し投げ、とうとう照ノ富士を正面に出した。 互いに不得手の左四つ、照ノ富士は上手が一重で効かなくてもこの激闘、この 2場所で上位で闘う力を具えた。
  6日目 白鵬(押し出し)遠藤
 白鵬右で張りながらやや右に逃げ、左を差そうとすると、遠藤の当たりは右に抜け、左足が出すぎて引っ繰り返りそうになった。 ここで白鵬勘が鈍く、逆に右で叩いて左後ろに飛んだので、遠藤却って立ち直る。 次いで白鵬左で首を呼び込みながら右で無理なかち上げ、遠藤後ろに下がったが効かず、白鵬左腕を振り上げながら右でおっつけにいく理のない恰好で進むと遠藤その場で右差し左筈、白鵬左で抱えて右おっつけで左に捏ね、右に飛んで左で頭を引き、やっと左から浅く二本覗かせて右で廻しを押して正面に押し出した。 この場所の白鵬は一応全勝したものの無理な取り口が多く、勝手に苛立って相撲を崩した。
 10日目 豊ノ島(押し出し)照ノ富士
 豊ノ島先に立って両差しを狙うと照ノ富士は左おっつけ右前褌狙い、果然豊ノ島は両差しになり、照ノ富士は右上手が取れず左右で抱え右に振る。豊ノ島両差し手を上げて煽ろうとすると照ノ富士右でおっつけるが、豊ノ島右から掬って左を差し直した。 照ノ富士は右上手が取れず、次いで左上手を探って肩越しに取り、それから右を探ったが、豊ノ島右下手を取って吊り身、照ノ富士が堪えると豊ノ島右腰を引いて左上手を切り、照ノ富士が右上手を肩越しに取ると豊ノ島左を筈にしながら腹に乗せて赤房に進み、腰を割って左筈を伸ばして左に寄り切った。豊ノ島相撲の粋にして大相撲の粋。
 13日目 鶴竜(下手投げ)日馬富士
 日馬富士腰を定めず、沈めた反動で突っ込んでいき右で突きながら左でおっつけんとしたが、果然当たりが高すぎた。鶴竜低く出て右を差そうとしながら左筈、日馬富士体勢を下げて左後ろ褌を取り、右おっつけから右を差して西に出たが、鶴竜左上手は取れなかったが右下手を深く取って堪え、土俵中央に戻して上手を切り、やや強引だが左を巻き替え両下手。 日馬富士左を取って両上手、向正面に出たが、鶴竜が引きつけながら堪えると日馬富士は腰が伸び、左右と切られて右首投げ、これを鶴竜に左下手投げに返されて両手から落ちた。立ち合いは日馬富士大失敗で、鶴竜に右下手を深く取られたのが致命的だったが、それにしても烈しい相撲だった。
 14日目 逸ノ城(寄り切り)照ノ富士
 照ノ富士先に立ち、右を固めて右肩で当たり右を差す。逸ノ城も右肩で当たり、相手に被さり加減に左上手を狙って浅く取る。照ノ富士も左上手を取り、逸ノ城は遅れて右を差し、両者上手下手を引き合いがっぷりとなった。ややあって逸ノ城が赤房に出ると、照ノ富士左に廻らんとし、逸ノ城右に右に出たが、照ノ富士堪えて一呼吸、土俵中央に戻す。 両者逆足で機を窺い、十数呼吸ののち逸ノ城引きつけんとすると照ノ富士は上手投げ気味に振りながら青房に出んとする。逸ノ城許さず、上手を取り直す。照ノ富士右で宛がって上手を切ろうとするが切れず、また下手。逸ノ城出んとするが照ノ富士引きつけて動かず、一呼吸して照ノ富士でんとするが逸ノ城引きつけて動かず、逸ノ城上手を浅くして右肘を張りながら赤房に出る。 照ノ富士は上手を切られ、左足で堪えて右下手を引きつけながら左でおっつけ、残してまた左上手。数呼吸して照ノ富士出んとすると逸ノ城堪えようとしたが、照ノ富士左から引きつけて正面に出た。逸ノ城ズズズッと下がったが左足を俵に掛けて残す。数呼吸、照ノ富士引きつけて出んとするが逸ノ城動かない。また数呼吸して逸ノ城引きつけて向正面に出ようとするが、照ノ富士土俵中央に踏み止まる。 照ノ富士は右をどうするか考え、廻しに宛がって逸ノ城の上手を切ろうとしたが、やはり切れず、右下手。ここで赤房の桐山(黒瀬川)審判が正面に挙手、二所ノ関(若嶋津)審判長も応じて挙手、白房の錦戸(水戸泉)審判も声を掛け、ここで勘太夫気がついて桐山審判の方を見、立ち合ってから 3分17秒、飛び込んで水入りを宣した。勘太夫が土俵に足の位置を描き、それから両者を分けて土俵を見つめる。 照ノ富士は赤房下、すぐに赤房の呼出に促され動いた碧山に廻しを締め直してもらう。逸ノ城は白房、近くにいるのは豪栄道だが、豪栄道は腕組みして周りを見ていない。桐山審判と錦戸審判とが指示するも反応がない。赤房の呼出は白房の呼出を呼び、向正面の両審判も指示を飛ばしてやっと白房の呼出が豪栄道の許へ行き、やっと豪栄道が動いて廻しを締め直した。 その間西の湊審判が何かをしたようには見えなかった。嘗て締め直しに行こうとしなかった横綱もいたし、これでは困るのだが、今回はそれでも指示が行き届いた方だともいえる。両力士が土俵に再登場、勘太夫の指示で足を配り、右四つに組み合い、確認もかなり早く済んで再開、組み合った形も水入り前と殆ど変わらず、恐らく平成になってからの水入りの中では最も手際が良かったのではなかろうか。 さて両者すぐには動かず、機をみて逸ノ城引きつけて東に出ながら照ノ富士の上手を切ると、照ノ富士右腰をぶつけながら左でおっつけて堪える。逸ノ城右で首を抱えて左上手投げで振ると、照ノ富士本当はここで左下手横褌が欲しかったが振られて届かない。逸ノ城また右を差し込んで下手、照ノ富士上手を取ったが深い。ややあって照ノ富士引きつけんとしたが逸ノ城引きつけ返して右肘を張り、動かない。 流石に両者、腰が上がってきた。十数呼吸、照ノ富士は上手を横褌にし、次いで右を離して差し手を上げようとしながら左で引きつけんとしたが、逸ノ城堪えてまた右を深く入れ、一呼吸するや白房にスーッと寄り進み、とうとう寄り切った。計 4分46秒、最初からがっぷり右四つになってしっかり組み合うと、両者得意の四つで現状ほぼ互角と考えれば、廻しを切れないとなると寄るしか方法がなく、逸ノ城が終始優勢だったが、残し合いの力相撲となって手に汗を握らせた。
  1月場所千秋楽の翌日である26日、白鵬は千秋楽翌日の記者会見において13日目の稀勢の里戦を取り直しとした勝負審判団の判定を不服とし、 疑惑の相撲と称した上で「子どもが見ても分かる」などと空疎な不平を並べ立てた。自身でビデオを見たとし、ビデオ判定に対して文句を連ねたが、 当日ビデオ室担当だった錣山(寺尾)審判が当日の判断について、白鵬の足の甲が早いと最初はみたものの、稀勢の里の足が浮いて死に体になっているのを考えて取り直しを無難としたと整然と駁し去った。 相撲協会には苦情が100件余り届き、横綱審議委員会は白鵬について「未熟」と斬って捨てた。発言すべき場や相手を誤り、発言内容そのものも誤っているのだから、当然の反応といえよう。 処分は師匠宮城野(竹葉山)への注意だけで有耶無耶になり、白鵬は 1月で大鵬の優勝数を上廻ったのだが、記録の大きさの割には祝う雰囲気は薄かったところ、この一件でもともと確たるものではなかった大横綱としての評価もろとも跡形もなく消え失せた。
×平成27年 3月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 34
 鶴竜が前場所から痛んでいた左肩の故障で初日不戦敗から休場し、稀勢の里が初日から 2連敗、日馬富士が 3日目に敗れ、 9日目を終えて白鵬と鶴竜以外の横綱大関陣は揃って 3敗になっていた。 6枚目で 1敗だった安美錦が10日目に右膝を痛めて休場し、下位で千代鳳が10日目まで 2敗と喰いついたが、実際のところ白鵬と照ノ富士だけの場所で、 13日目に 2敗の新関脇照ノ富士が白鵬を破って 1敗にしたのがこの場所の見せ場、優勝争いも相撲内容も薄く、拍手のしようがないのではと思わせる日もあるなど、散々な場所だった。 日馬富士は10勝、稀勢の里は 9勝、琴奨菊と豪栄道は 8勝で、13勝の照ノ富士が大関の座を窺うまでに成長した。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(寄り切り)日馬富士
 白鵬急いで先に立ち右でかち上げ左喉輪、日馬富士堪えて飛び込もうとすると白鵬右で首を押さえて左喉輪、見ながら右手を振り廻しつつ喉を両手で突いて西に徐々に進むが、日馬富士上体を下げて両差し左下手から東に攻め返さんとする。 白鵬右を巻き替えて掬い右四つ、日馬富士は右下手も取って右腰を引く。白鵬は右下手一本、左は使えず動かない。数呼吸して白鵬左巻き替えの素振りから右下手投げで振ると日馬富士崩れず、右を離して膝を押さえながら左上手出し投げ、白鵬残して左を固めると日馬富士右前褌を探るが、白鵬は日馬富士の右手を取り、一呼吸して右足を入れて下手投げ、日馬富士残して頭をつけ、白鵬の左手を握って殺す。 数呼吸、白鵬疲れ、ややあって右で蹴返し。日馬富士残して右四つで黒房に出るが、右半身の白鵬下手投げで廻る。日馬富士は白鵬の左をなお殺そうとすると、白鵬は左手を引き、次いで逆に左で日馬富士の右を殺そうと下から手を握るが、日馬富士は手首を取る。数呼吸、日馬富士左腰を揺すって下手を切ろうとするが白鵬の右は一重で切れず、白鵬右下手出し投げで振る。日馬富士残して右下手、胸が合う。 一呼吸して日馬富士西に出ると白鵬残して左上手一枚、右に廻ってがっぷり、一呼吸して右差し手から起こし、黒房に出て寄り切った。
・好勝負
  9日目 千代鳳(反則)勢

 勢右肩で当たろうとしながら右差し左でおっつけんとすると、千代鳳右で突きながら額で当たって左を差し込み下手、右をこじ入れんとする。勢右で抱えて左でおっつけ、千代鳳が右を抜いておっつけから前褌を探ると、勢西に下がって右小手投げで振り、左で首を押さえて捻じ伏せようとし、左が切れた千代鳳が堪えんとすると勢は右上手出し投げ気味に倒そうとしたが、 その前に千代鳳は左で砂を掻き、それから西に横転した。当然軍配は勢だったが、西の峰崎審判が物言いをつけ、かなり長い協議の結果、勢が髷を掴んだとして反則負けになった。最後は鬢を引いているのだが、千代鳳の掃き手はその前で、反則とするのは無理があった。ともあれ千代鳳は 3場所連続相手の反則で白星を得る珍記録を残した。
 13日目 照ノ富士(寄り切り)白鵬
 白鵬先に拳をおろして先に立ち、右を固めて左で前褌を狙ったが、照ノ富士は右で張って左を差そうとし、左肩で白鵬より低く当たった。白鵬左足を引いて左喉輪のあと右から去なそうとし、右かち上げ気味に右腕をぶつけんとしながら左で喉を突き上げんとし右で胸を突いたが、照ノ富士全く崩れず左でおっつけんとしながら右腕ではね上げ、右で張って左上手を探った。 白鵬右肩で当たって両差し狙いで右から入るが、照ノ富士左横褌を取り出し投げ気味に左に廻って頭をつけ右を覗かせ、白鵬が右下手を引いて下手投げ気味に引っ張ろうとすると照ノ富士東に出る。白鵬左に廻って左でおっつけんとすると照ノ富士向正面に出んとし、白鵬が右下手投げで振ると照ノ富士崩れず、深くなった上手を少し浅くして体勢を左に下げんとし、さらには頭もつけて右前褌を探り、白鵬が嫌がると照ノ富士はまた右を覗かせる。 白鵬右下手投げを打ったが体が廻らず肩が使えず、左で上手前褌を探ったが、照ノ富士が右を差すと白鵬左が取れず腰が浮き、照ノ富士が左膝を使って西に出ると白鵬八方塞がりとなって寄り出された。白鵬の内容のない連勝は36で止まった。白鵬は立ち合い一拍早くて相手の上になり、右に廻って突っ張りを見せたが効かず、為すがままに動かされ、上手を切りにいく恰好にもなれなかった。 照ノ富士は相撲が大きい人だが白鵬の下に構えて攻めまくり、左上手を取ったあとの反応も良く、白鵬の首を取った。
 14日目 照ノ富士(寄り切り)逸ノ城
 逸ノ城右差し左前褌狙いで立つと照ノ富士額で当たろうとしながら右で胸を突いて左でおっつけ、逸ノ城が左で引っ張り込もうとすると照ノ富士右を差して左上手を探ったが取れず右下手。 逸ノ城も右下手を取ったが左上手が取れず、やや右に廻って体勢を左下に下げて前褌を狙ったが、かなり遠い。次いで照ノ富士が逸ノ城の右を切ろうとしたが切れない。 逸ノ城赤房に出んとしながら上手を探ったが取れず、照ノ富士右下手を深くした。数呼吸、逸ノ城左前褌に手を掛けたが照ノ富士取らせない。逸ノ城左でおっつけんとすると照ノ富士正面に出て上手を探ったが、逸ノ城ここで左上手、照ノ富士右半身になる。 数呼吸、逸ノ城東に出んとするが照ノ富士動かない。一呼吸、照ノ富士は腰を振って下手を切り、逸ノ城が出んとするところで深いながら上手を引いた。立って 1分、土俵中央やや東寄りでがっぷり。 逸ノ城出んとするが照ノ富士引きつけて動かず、土俵中央に戻って照ノ富士右を筈にしながら腰を入れて上手を切ろうとし、 3度試みてとうとう切り、頭をつけた。 数十呼吸、照ノ富士東に進むと逸ノ城左足を俵に掛けて半身、ややあって照ノ富士寄ろうとすると逸ノ城堪え、照ノ富士さらに上手投げで振ると逸ノ城残して胸を合わせ、上手を欲しがるが届かない。 数呼吸、逸ノ城ようやく上手を取り直し、照ノ富士が向正面白房寄りに出ながら上手を切らんとすると、逆に逸ノ城が右で照ノ富士の上手を切る。照ノ富士また上手を取って再度がっぷり、この時点で 3分を経過、ここからは土俵上よりも赤房の桐山審判の方が動きが多くなり、 3分29秒で水入りとなった。 組み直しはかなり早く、照ノ富士の右下手が僅かに浅いような気がしたが、全く手間取らずに再開、逸ノ城すぐに引きつけて煽ろうとしたが照ノ富士全く動かず、次いで逸ノ城出んとすると照ノ富士右に振って一呼吸、なお逸ノ城攻めんとすると照ノ富士引きつけ返し、体を開いて出し投げ気味に振ろうとして逸ノ城の上手を切り、頭をつけて右で胸を押し、右で前褌を取る。 逸ノ城起こそうとして向正面に出んとすると、照ノ富士引きつけて正面に寄り進み、逸ノ城に右下手投げを打たせず、正面に寄り切った。合計 3分54秒。この顔合わせは 2場所連続水入り、26年11月も長く、この 3場所で10分余り取った計算になる。
×平成27年 5月 優勝 関脇 照ノ富士 春雄 12勝 3敗 1
 初日、大関取りの照ノ富士が早くも敗れ、白鵬も躓き、 4日目には三役陣の勝ちっ放しが消え、 5日目になると安と魁聖だけが勝ちっ放しとなり、 11日目を終えて 1敗は白鵬と魁聖、 2敗で稀勢の里と安、 3敗には日馬富士や照ノ富士を含めて 6人という形になっていた。白鵬は体がブヨブヨに弛み、無理に出て足が流れる場面がひどく多く、 相撲内容は極めて悪かったが、11日目に照ノ富士に雪辱して逃げ切るつもりでいた。日馬富士は前場所来右肘が極度に悪化しており、前場所ほど崩れなかったが斑が大きかった。 鶴竜は初日から休場、琴奨菊は膝が利かずに苦しみ抜き、豪栄道は右肩剥離骨折を押しての出場でこれも苦しんだ。迎えて12日目、照ノ富士が 2敗の稀勢の里を引き摺り降ろし、 白鵬が豪栄道に捻じ伏せられ、俄かに混戦模様を呈したが勢いの差は歴然、13日目に初めて単独トップに立った白鵬は14日目にまた裏返しにされ、 日馬富士が稀勢の里と白鵬を薙ぎ倒したので、勝ち進んだ照ノ富士の手に優勝が転がり込み、一度は消えたはずの大関の座をも掌中にした。 白鵬も日馬富士も稀勢の里も11勝、豪栄道は 8勝したが白鵬戦で左肩も折って14日目から休場、琴奨菊は 6勝どまりだった。前場所に引き続き相撲内容は薄く、 優勝争いが混迷の度を深めたので盛り上がったようにも見えたが、中身は乏しかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 照ノ富士(寄り切り)碧山
             日馬富士(寄り倒し)白鵬

 14日目を終わって 3敗が 2人、 4敗が 6人いて、結果次第では 8人での決定戦の可能性もあったが、 4敗の嘉風・勢・魁聖・安と立て続けに敗れ、 三役揃い踏みを挟んで照ノ富士が登場、相手はこれまで負けたことのない碧山。照ノ富士右を差しにいくと碧山額で当たって右を差し左前褌を一瞬探ったが取れず、照ノ富士左で抱えて煽りながら右を深くしようとすると、 碧山は右に廻って左でおっつけんとしたが、照ノ富士追いながら右下手、さらに左上手横褌を取り、青房に追い込んで寄り切った。これで 4敗の日馬富士と稀勢の里には優勝の目がなくなった。 結びは白鵬に日馬富士。白鵬は肘のサポーターを左に替え、左足首をテープで固めて登場。白鵬急いで立って両足跳び、日馬富士合わせて右で踏み込みながら額で当たり右で突きながら左前褌狙い、白鵬右肩で当たって左で喉を突き、右で日馬富士の左を切りながら少し赤房に下がって喉を突き、見ながら突っ張って黒房に出んとする。 日馬富士体勢を下げて左前褌を狙いながら右ではね上げんとし、白鵬が右から突こうとするところ日馬富士腰を落とすや白鵬の左脇に突き刺さって左横褌、右で後ろ褌を取ってさらに深くせんとする。沸き起こる歓声の中、白鵬焦って左で抱え右を捻じ込まんとするが、日馬富士左を浅くして頭をつけ、白鵬に右を使わせない。 数呼吸、日馬富士機を見て正面黒房寄りに寄り進むと、白鵬強引に左小手投げにいったが、日馬富士左足を踏み込んで右肩を突きつけると、白鵬右膝から朽ち落ちた。 支度部屋で決定戦に備えていた照ノ富士は、閉鎖となった間垣部屋から一緒に伊勢ヶ濱部屋に移籍した兄弟子にしてつけ人の駿馬と抱き合い、涙にくれた。
・好勝負
  4日目 佐田の海(引っ掛け)日馬富士

 日馬富士右で突きながら額で当たって左後ろ褌を求めたが佐田の海は右差し左も入れんとし、日馬富士左に廻って正面青房寄りで上手投げを打つと、佐田の海巻き上げられたが日馬富士も同時に飛んでしまった。 伊之助の軍配は日馬富士で、藤島(武双山)審判長から物言い。これは甚だ難しい裁きとなるだろう。伊之助は佐田の海が落ちたのを採ったものと推測するが、だとすれば出られた日馬富士は体勢の殆どが土俵円外にある以上は足が土俵内に着いているか、または俯せの恰好であるかを満たせばよいが、日馬富士の体勢が仰向けになったかそうでないかを断ずることは容易ではない。 佐田の海が前に出たと認められないならば佐田の海がどこで裏返ったと認定するかということになるのだが、実際には日馬富士の空中における移動方向や佐田の海の位置からして佐田の海が前に出ていないと考えること自体が難しい。以上から、佐田の海に僅かながら分はあるが決め手を欠き、取り直しの選択が最善であると是認されてよいだろう。 佐田の海の体が返るのと日馬富士の体が飛ぶのが同時とみての取り直しというのは、「佐田の海の体が落ちるのと」ではないことから、言葉だけを聞けば佐田の海の負けのタイミングをやや早く考えている感もなくはないが、長い説明ができない場面ではこう説くよりないのではなかろうか。 かくて取り直し、日馬富士額で当たって左でおっつけながら右で肩を押し上げ、右で喉を押したが、佐田の海が反り身になって右で腕を右下に払いながら左から去なすと(引っ掛けてはいない)、まるで出足のない日馬富士は上体が飛び出し、佐田の海の左足が俵の上で生きているうちに右足から溜まりに飛び込んだ。
  5日目 旭天鵬(寄り切り)阿夢露
 旭天鵬はこの日で幕内出場数が史上単独 1位、魁皇を抜き去り1,445回となった(最終的には 7月千秋楽までで1,470となった)。旭天鵬右腕をぶつけながら左を覗かせ、阿夢露が左で前褌を取って右でおっつけんとすると旭天鵬右で抱え、阿夢露が左下手を深くするに構わず、頭もつけられたまま東に突撃、阿夢露に左に廻らせず、赤房に寄り切って圧勝。 40歳 9か月の旭天鵬はこの場所勝ち越し、40歳になって幕内で 3度の勝ち越しを記録し万丈の気を吐いた。
 11日目 白鵬(上手出し投げ)照ノ富士
 白鵬左で張って右から左と両差しを狙うと、照ノ富士右を固めて左前褌を取ったが、白鵬左を深くして右を覗かせ、煽って照ノ富士の左を切って右を返す。 照ノ富士右を巻き替えると白鵬左上手、一呼吸して右下手の照ノ富士右腰を入れながら左で絞らんとすると、白鵬右で頭を押さえながら左上手投げにいき、赤房に照ノ富士を叩きつけた。 白鵬の立ち合いは高かったが、右四つ左上手で落ち着いたので相撲になった。まだ 1敗に魁聖はいるが、大敵を屠った白鵬はこれで断然有利になったはずだった。一方の照ノ富士は 3敗、 優勝争いも大関取りも、白旗を上げたはずだった。
 12日目 照ノ富士(下手投げ)稀勢の里
     豪栄道(首投げ)白鵬

 結び前とその前の 2番で流れがすっかり変わった。まずは照ノ富士に稀勢の里。照ノ富士嫌って待った。稀勢の里左を固めながら額で当たり右を筈にしようとするところ照ノ富士は右肩を出して当たり、稀勢の里の右を手繰って左上手を取ろうとすると、 稀勢の里は正面にやや押されながらも左右でおっつけ、左を筈にするが右の押しが高く、照ノ富士に左下手を深く取られた。事実上ここで勝負は決まっていたようなものではある。稀勢の里も左下手を取って徐々に深くし、照ノ富士が右おっつけで向正面に出んとすると稀勢の里肩越しながら上手を探り、土俵中央に戻しながら上手を探る。 照ノ富士嫌って左腰を引き、稀勢の里が西に進んで深く右上手を取ると、照ノ富士は左下手を切って下手投げで振り、 3回続けて西土俵黒房寄りに投げ倒した。 これで 2敗はこの日敗れた魁聖だけとなり、 1敗で 1人残った白鵬ますます有利となったところだが、白鵬も波に浚われた。白鵬急いで両足跳びで立つと豪栄道は両差し狙いの恰好で腕を畳む。 白鵬の両手突きを豪栄道強引にはね上げて東に出んとすると、白鵬右に引き落とし、豪栄道が飛び込んでくるのを待って見ていたが、豪栄道がいつも以上にじっと見て青房から出てこず、やっと豪栄道が額で当たってくるところで白鵬待ち受けて両手で喉を突き上げる。 豪栄道青房に下がりながら上体を下げて差そうとしたが右が大振りでいきなり首に巻く形、かくて白鵬左差し右で宛がって出ようとするが、左足がついてこない。豪栄道左に廻って東土俵、エイと右首投げの強襲。 白鵬足が揃って体が伸び、左の突きつけも効かず赤房に右肘から横転、豪栄道も飛んで左肩を角俵に強か打ったが、伊之助の軍配はサッとばかり西の豪栄道にあげられた。 白鵬は負けにされたことが信じられぬとばかり二字口に突っ立ち、豪栄道が手刀を切る頃になってやっと土俵を下りたが、赤房下に佇み、さらに控えに戻ってしつこくも立ち続けた。物言いひとつつかなかったが、ついたところで確認がせいぜい、豪栄道の体勢が白鵬の上で俯せである以上は、白鵬の勝ちもなければ同体もないだろう。 豪栄道のこれしかない右首投げを横綱が喰い、解説の北の富士氏も「おおっ!喰った!」と叫んだが、不満を隠さず突っ立ち続ける白鵬に対しては「子どもでも分かる」と両断した。
○平成27年 7月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 35
  1月に次いで相撲内容があり、場所の展開も良く、年初来続く満員の観客の期待に概ね応えた場所だった。右肘を手術したばかりで無理に出場した日馬富士が、初日にその右肘を強打して休場に追い込まれた。白鵬・鶴竜・照ノ富士は順調に白星を重ねたが、稀勢の里・豪栄道・琴奨菊の 3大関は全く振るわず、特に角番の琴奨菊は12日目で 5勝 7敗の惨状、辛うじて勝ち越し一息ついた。 10日目に白鵬が栃煌山にコロッと敗れ、 1敗に白鵬・鶴竜・照ノ富士・栃煌山と並んでいたが、栃煌山は崩れていき、照ノ富士は両横綱に敗れて脱落、 鶴竜は13日目に稀勢の里に敗れ、千秋楽の横綱戦は 1差の決戦、白鵬が勝って逃げ切った。鶴竜は得意の巻き替えが冴えに冴えて12勝と復活の狼煙を上げ、照ノ富士は11勝で新大関としては立派な戦いぶりだった。 稀勢の里と豪栄道は 9勝で、平幕では12勝の嘉風をはじめ、大砂嵐と遠藤が目立った代わりに、同期の大ベテラン旭天鵬と若の里がこの場所を限りに土俵を去り、白鵬が優勝という形だけは整えたものの無理に動けず序盤からもたついて衰色を指摘されたことと併せ、時代の移ろいを思わせた。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(寄り切り)鶴竜
 白鵬いつもよりかなり呼吸早く先に右を着いたが鶴竜動かず、白鵬左をおろさず立ってやり直し。 2度目は白鵬だいたいいつも通りの呼吸で右拳から仕切りに入る素振り、鶴竜が合わせようとすると白鵬左は早めて先に立ちたがり、左で張って右を差しにいく。 鶴竜額で当たって右差し左前褌を狙うが取れず、右下手を取って腕を返す。白鵬右下手を取ると鶴竜左を巻き替える。次いで白鵬も左を巻き替える。左四つから引きつけて白鵬向正面に出んとすると鶴竜残す。両者とも右上手は深い。 一呼吸、鶴竜引きつけて黒房に出るが、白鵬徐々に下がりながら腰を上げず残す。数呼吸、場内恥ずべき鶴竜コール。鶴竜引きつけて正面に出んとすると白鵬堪えて左下手投げで振り、鶴竜右外掛けにいこうとすると白鵬許さずさらに下手投げ、鶴竜残して西で一呼吸、白鵬腰を落として白房に寄り、鶴竜が左足を内に入れて左から引きつけ返そうとすると、白鵬腰が上がったが右を引きつけて寄り切った。 白鵬の仕切りの呼吸は無様だったが、左四つでもがっぷりに持ち込めばまだ白鵬が辛うじて上だった。無様と言えば相撲中の鶴竜コール、落胆させられた。
・好勝負
  6日目 時天空(裾払い)琴勇輝

 時天空立たずやり直し。時天空先に立って左で張り右を差そうとすると、琴勇輝左で胸を突きながら右筈で攻めんとする。時天空右を引っ掛けて赤房を左に廻り、右で肩を突いて左喉輪。 琴勇輝は左喉輪右おっつけ、西に攻めようとすると、時天空右おっつけで喉輪を外し、左喉輪右筈で仰け反らせながら右で裾返しにいって左で喉を突く。 琴勇輝は左筈で突き放したが体が左後ろに捻じれ、西で仰け反る時天空を凝視しながら左手を伸ばしたが届かず、左膝から白房に転がった。文字に起こすと分かりにくいが映像で見ると面白い、一種の珍相撲。 時天空は 1月にも右から左からと足を出して妖しいまでの冴えを見せたが、この場所中から実は右脇腹が痛く、11月は肋骨骨折を理由として全休したものの、 実は悪性リンパ腫で、闘病生活に入った。
  7日目 豪栄道(切り返し)照ノ富士
 照ノ富士右肩で当たって右差し狙い、左から引っ張り込まんとすると、豪栄道は額で当たって左を固めながら右を差そうとし、まず豪栄道差し勝って両差し、照ノ富士右を盛んに差したがると豪栄道右を返しながら左で差し手を争いながら赤房に出て両差し、右で下手を深く引き、照ノ富士が右に振ろうとすると豪栄道動ぜず左前褌、照ノ富士が左上手を肩越しに求めると豪栄道与えず右下手投げで完全に照ノ富士の左につきながら右膝で脅かし、照ノ富士が右で豪栄道の左を切って肩越しに左上手を取り振ろうとする刹那、豪栄道右足を飛ばして踵で照ノ富士の左足を攫い、見事に引っ繰り返した。 協会の決まり手は外掛けから切り返しに改められたが、足を攫われて後ろに倒れるときに膝に乗っただけのように見え、外掛けで決まったとみるほうが良いように思われた。
  9日目 白鵬(寄り切り)逸ノ城
 白鵬先に立って左で張り右肩で当たって右差し左上手、右下手の逸ノ城が左を巻き替えんとすると白鵬右下手を引いて肩を寄せ、逸ノ城が右から振ろうとするが白鵬そうはさせず、また右下手を引いた逸ノ城が左を巻き替えんとすると白鵬強引に引きつけ、上がった腰を無理に沈めるようにして向正面に寄り切ったが、それを確認するなり(従って駄目押しではない)右で顎を掴んでどつき、さらに左に押し放す蛮行を働いた。横綱白鵬の見苦しい暴戻ぶりが収まらず、藤島(武双山)審判長も横綱審議委員会も冷淡だった。
 14日目 鶴竜(寄り切り)豪栄道
 鶴竜が立つと先に仕切っていた豪栄道が拳を引いてしまいやり直し。 2度目は鶴竜もやや遅いが、豪栄道気が急いてやり直し。 3度目、豪栄道先に立とうとして右腕を廻し両差しを狙うと鶴竜さほど遅れず左で張り両差し狙い、豪栄道右を首に巻いて腰を落とし、左をこじ入れながら右でおっつけて強引に黒房に進むと鶴竜は左下手を深々と取って肘を張り、右上手を一枚。 豪栄道左下手を深く取ると鶴竜右に廻って頭をつけにいくが、豪栄道右も捻じ込んで両差し、右から起こそうとする。鶴竜僅かに左を浅くするも、依然として深い。一呼吸、豪栄道右を抜いて左下手出し投げ、右で頭を押さえて左に廻るが、腰が廻らず決まらない。豪栄道また右を入れて起こそうとしながら東に出んとすると、鶴竜寧ろ右腰を入れて豪栄道の差し手を浅くすると、鶴竜の右はおっつけ同然となり、 鶴竜両上手を引きつけてグイグイ西に寄り迫ると、豪栄道は右掬い投げも全く効かず寄り切られた。豪栄道の両差しも一方が肩まで入っていれば展開は全く違っていたろうが、鶴竜の引きつけと右の使い方の上手いこと。
○平成27年 9月 優勝 横綱 鶴竜 力三郎 12勝 3敗 2
 横綱白鵬が部屋の移転工事の関係もあって調整を早めたが体が持たず、初日から連敗して 3日目から休場した。日馬富士は全休で、残った鶴竜も 3日目に土をつけられた。 6日目には勝ちっ放しが照ノ富士だけとなり、そのまま11連勝と飛ばした。11日目には 1敗が勢だけで、その勢も12日目から 3連敗、 鶴竜は 2敗に下がっていて、照ノ富士の独走を誰もが疑わなかったが、その照ノ富士も10日目から動きが鈍り、12日目に敗れると13日目には右膝を痛め、14日目には大不振の豪栄道にまで完敗してあっという間に鶴竜に追い抜かれ、 千秋楽に鶴竜を倒して決定戦には持ち込んだものの、連勝とまではいかず、結局我慢して取っていた鶴竜が 3敗ながら優勝した。 鶴竜は苦戦が多く終盤の内容が悪く、初めての一人横綱の場所を満足に務め得たとは言えなかった。琴奨菊が11勝と久々に気を吐き、同じ11勝の稀勢の里より出来がずっと良かったが、 豪栄道は千秋楽で負け越し、前場所10番の栃煌山は初日から 5連勝して大関取りの足固めかと思われたが、照ノ富士を止めはしたものの大崩れして 8勝にとどまり、西筆頭で11勝した嘉風に完全に話題を攫われた。 他に栃ノ心・豊ノ島・勢などの活躍があって中盤までは面白かったが、終盤すっかり尻窄みとなり、画竜点睛を欠いた。
・優勝決定の一番 千秋楽 照ノ富士(寄り切り)鶴竜
         決定戦 鶴竜(上手出し投げ)照ノ富士

 鶴竜左で踏み込み額で当たり、右を固めて左では前褌を狙わず脇腹に宛がって押し上げんとしたが、当たりそのものがやや高かった。照ノ富士左で踏み込んで右肩で当たり、左外筈で押し上げる。鶴竜左でおっつけんとするが守勢、照ノ富士右で喉を一発突き放して左で胸を突き、右で張り気味に突いて右差し、すぐに返して左で上手、西に寄り出した。照ノ富士は良い立ち合いをしたが鶴竜は失敗作。 決定戦は東西入れ替わり、鶴竜が東、白鵬のいない場所で「四十三代 横綱 吉葉山」の字が目立つ伊之助の軍配が返る。鶴竜左で踏み込みながら額で低く当たり、左前褌を狙って取り右差しにいき、額をつける。照ノ富士左で踏み込もうとしたが弱く、右差し左前褌狙いも全く果たせず、左で抱えんとしたが、鶴竜嫌って右を抜くや右下手前褌、照ノ富士再度左で抱えんとしながら右で前褌を探ったが、鶴竜が右を離さず左に廻って左から出すと、照ノ富士腰が廻らず向正面赤房寄りに這わされた。 本割も決定戦も、立ち合いの出来不出来が勝負に直結した。
・好勝負
  2日目 嘉風(引き落とし)白鵬
  3日目 嘉風(押し出し)鶴竜
  5日目 嘉風(寄り切り)琴奨菊
  6日目 嘉風(押し倒し)豪栄道
  7日目 嘉風(寄り切り)栃煌山

 この場所を彩った嘉風の快進撃。初日稀勢の里に敗れて 2日目は白鵬戦。白鵬右差し左前褌狙いで立つと嘉風頭を下げて左肩で当たり、左を覗かせ右で胸を押し上げる形。白鵬左でおっつけんとしたが早くも浮き腰、右でおっつけ左で喉を押そうとするが、嘉風右で白鵬の左を払い落とす。 白鵬右素首落とし気味に腕をぶつけて左で突き上げんとしたが嘉風これをはね上げ、額で当たって左おっつけ右喉輪、次いで左を巻き替える動きで白鵬の右を嫌い、白鵬が右で叩いて左に飛び違うように廻ると嘉風見ながら両腕を振り下ろす。 白鵬左で張るように手を出すが、嘉風が出てこないので向正面から左に廻りながらも調子が狂い加減、と見るうちに嘉風右喉輪左で肩を突き、白鵬がまた左手を張り気味に出すと嘉風左喉輪右で左肩を押す。白鵬右でおっつけんとしたが右足が大きく流れ、嘉風が左に引き落とすと白鵬すっ飛んで両手から黒房の前に落ちた。 白鵬は足が土を噛まず、土俵を左に 4分の 3周動いたところで潰えて連敗、翌日から休場となった。 3日目、嘉風には鶴竜。鶴竜右肩で当たって右を固め左を筈にすると嘉風左肩を出し加減に低く当たって左を固め右おっつけ、次いで嘉風右で突き上げると見せて鶴竜の両腕を内から払うように引き落として左を覗かせ、鶴竜が左右と上突っ張りで顔を突き上げると嘉風堪えて体勢を下げる。 鶴竜左右と頭をまともに引く。嘉風額で当たって右で肩を突きながら左で宛がい、西に出ながら突っ張る。鶴竜突き返すが下から宛がわれ、白房を右に廻って右で顔を突き落としながら左で肩を押さえ、右を入れて突きつけようとしたが、嘉風崩れず右を廻しに宛がいながらついていき左を巻き替えるようにして宛がい、大きく傾いた鶴竜の右脇腹を両手で押して向正面白房寄りに押し出した。 この 2日で嘉風は旋風児となった。嘉風は鶴竜が横綱になった26年 5月からの横綱戦を 6勝 5敗と勝ち越して金星 4つを稼ぎ、翌場所初日に鶴竜をまた破って横綱戦 4連勝の快記録を残した。 4日目は照ノ富士に負けて 5日目の相手は琴奨菊。琴奨菊額で当たりながら左を固めて右で引っ張り込もうとすると、嘉風額で当たって左差し右を固め、琴奨菊が左を差さんとすると嘉風許さず左を返し、額をつけて右おっつけでグイグイ向正面に寄り迫り、右で腹を押して寄り切り圧勝。 6日目は豪栄道、豪栄道一瞬早く立って額で当たりながら両前褌を狙うが、嘉風低く出て右を固めながら右肩で当たって左でおっつけ、右喉輪で押し上げてから引き落とすと豪栄道はつんのめり、嘉風が左おっつけ右喉輪で攻めると豪栄道は右足が出すぎて腰が崩れ、豪栄道が嫌って右から首を突き落とそうとすると嘉風左右と喉を突きながら東に攻め入り、額で当たりながら左で攻めて赤房に押し倒した。 これで横綱大関戦を全部終えて 4勝 2敗、そして 7日目は前日黒星とはいえ 5勝 1敗の関脇栃煌山だったが、全く問題にしなかった。栃煌山右肩で当たって両差しを狙うと、嘉風左肩を出し加減に低く突っ込んで左腕ではね上げる形から左外筈で宛がい右喉輪で突き、左から張り気味に手を出しながら左肩を寄せて左差し、栃煌山左差し狙いが空を切って体が右に浮くと嘉風攻め込んで右おっつけ、栃煌山が左をなおも差し込もうとすると嘉風右を巻き替えて腹を押し、最後は右を筈にして左を預け寄り切った。 嘉風の当たり、突き起こし、左差し、右攻め、体の寄せ、詰めの左差し手の力の抜き具合、全てに亙る速さ、間然するところのない嘉風絶好調の攻撃。 終盤になっても嘉風は好調の勢や豊ノ島をも喰い、 3場所連続 2桁勝利の11勝 4敗で殊勲賞と技能賞、もう 1つ与えてもおかしくないほどの鮮やかな活躍振りだった。
  7日目 千代鳳(寄り切り)青狼
 千代鳳尻を振るだけで著しく遅くやり直しとなったあと、青狼右で突きながら左横褌を探ったが取れず、千代鳳が低い恰好で右筈左でおっつけると青狼今度は右横褌を探ったが届かず、千代鳳が右喉輪のあと左で胸を押すと青狼叩いて右に廻り、突っ張ってまた右に廻りながら叩き、千代鳳がついていこうとすると青狼また叩いて右に廻りながら髷を引き、 右を差そうとしたが頭をつけられて入らず突き起こそうとし、千代鳳が東に進むと青狼左で張って右を入れ、千代鳳も右を入れると青狼左で上手、出し投げ気味に左に動いて右前褌を探り、千代鳳が右下手投げを見せると青狼残して右筈で押し上げんとし、千代鳳の左おっつけと競り合うこと暫し、千代鳳右下手投げで大きく振ると青狼残して右でおっつけ、右を入れて前褌、 左手の近くに取るが、振られたときに左上手が深くなった。千代鳳は右から起こし、左で青狼の右腕を取って嫌う。青狼赤房に出んとすると、千代鳳堪えて動かず、青狼さればと右で頭を押さえて左上手投げで振ったが、千代鳳残して左を差しにいく。青狼右に廻って叩くと千代鳳堪えざま両下手、青狼が左をこじ入れんとすると千代鳳正面に攻め入り寄り出した。 青狼引っ掻き廻したが千代鳳常に低くついていき、見事な相撲振りであった。
 11日目 鶴竜(叩き込み)栃煌山
 14日目 鶴竜(寄り倒し)稀勢の里

 勝った方も負けた方もあまりにも無様で、鶴竜は自らの横綱初優勝の価値を落とし、この場所の印象を損ねる形になった 2番。 まずは栃煌山戦から。栃煌山額で当たろうとしながら右で突いて左から入ろうとすると、鶴竜額で当たりながら左に変わろうとし、左で肩を引きながら右で首根を引き、中途半端な体の開きながら土俵中央僅かに西寄りに引き据えた。 落ち方といい変わり方といい、戦術的にも技術的にも採るべきところのない一番だった。そして14日目、これは鶴竜もひどかったし稀勢の里はさらにひどかった。 最初は鶴竜拳をおろそうと僅かに動いたが止まり、稀勢の里が立ってくると鶴竜右に飛んで両手で叩き右を入れようとしたが、鶴竜左右とも手着きなく、伊之助に背を押さえられて行司待ったでやり直し。今度は稀勢の里左を固めて額で当たろうとすると両手で首を押さえて左に飛ぶ。 稀勢の里やや泳いで西で向き直ると鶴竜額で当たって右で肩を突いたが、稀勢の里当然左を差して下手、鶴竜に右上手をやらず右おっつけで攻めようとする。それは良いが信じられないほどの立ち腰で、鶴竜が下がりながら右を巻き替えにいくと稀勢の里やすやすと許し、鶴竜が東土俵青房寄りで両下手を引いてクルッと打っ棄るように右に振ると、稀勢の里簡単によろめいて自分が控えていた溜まりに転げ落ちた。 横綱だからといって常に受けて立つべきだとは思わないし、鶴竜にはそもそもそのような期待はしておらず、しっかり踏み込んで安定した相撲を取ってくれれば良いのだが、このところ勝ち味の薄い栃煌山と稀勢の里には意図して変わりにいき(変わったあとにどうするかという意図は何も持っていない)、 稀勢の里には 2度ともなると、鶴竜は既にその段階を卒業しているはずだということの他に、見せるという意味においてかなりの疑問を禁じ得ない。他方、稀勢の里の寄り身もまるで素人で、どんな稽古をしているのか、強い疑問を感じた。勝負に対する辛さという点を除けば、およそプロの相撲ではなかった。
 13日目 稀勢の里(寄り倒し)照ノ富士
 照ノ富士右差し狙いで右肩で当たると稀勢の里額で当たって左おっつけ右喉輪は比較的珍しい。照ノ富士堪えて左おっつけ、西に出んとしながら外そうとしたが、外れず顎も腰も上がったまま右から引っ張り込みにいく。 果然左四つになって稀勢の里は右上手、相変わらず肘が締まらないが構わず青房に攻め寄せる。照ノ富士左掬い投げで体を廻して下手を引くが右上手が取れず、下手を取った稀勢の里が引きつけて白房に攻め込むと、照ノ富士は体を開いて左下手投げを打ったが、右膝が内に入って西に尻から落ちた。 照ノ富士は呼出の肩を借りて土俵を下り、負け残りをせず退場し、つけ人の駿馬の肩を借りて花道を下がった。負傷は右膝前十字靱帯損傷だったが、照ノ富士本人の出場希望を師匠伊勢ヶ濱(旭富士)は強いて止めるわけでもなく、翌々場所にかけてさらに負傷を加える遠因となった。
×平成27年11月 優勝 横綱 日馬富士 公平 13勝 2敗 7
 相撲内容がなく、つまらない場所だった。鶴竜は立ち合いから受け切れないような相撲が続いて 9勝にとどまり、照ノ富士も 9日目で 4勝 5敗にまで落ち込み、辛うじて 9勝の星を残した。 辛うじてといえば豪栄道はやっとの 8勝で、 7勝 1敗で折り返した琴奨菊は13日目に勝ち越したところで左脛を痛めて休場、稀勢の里は 8勝 1敗から 4連敗と崩れ10勝と上位の大半は誠に振るわず、 目立ったのは嘉風・勢・松鳳山くらいのもので、見どころが少なかった。白鵬は白星を並べたものの足の動きが日を追って鈍化、10日目には栃煌山に猫騙しを 2度もやり、 多くの好角家が憤ったのみならず北の湖理事長が猛批判、その北の湖理事長が 3日後に急逝したために白鵬は汚名を雪ぐ機会を永遠に喪い、13日目からは白星にも見放されて終わった。 かくして優勝は日馬富士、 2日目に黒星を喫したものの、左を浅く取って慎重に構え、終盤には勘をすっかり取り戻して13勝 2敗、 2年振りに賜盃を勝ち得たが、最後は優勝を争った力士が総倒れする締まらなさだった。 40代式守伊之助が 7日目の結び前(白鵬−隠岐の海)の差し違いが 2場所連続 3度目( 9月10日目妙義龍−鶴竜、11月 3日目日馬富士−碧山)となり、 3日間の出場停止を命ぜられた。
・優勝決定の一番 14日目 日馬富士(押し出し)鶴竜
 鶴竜右で肩を突きながら額で当たって左前褌を狙うが、日馬富士踏み込まず頭から突っ込み左後ろ褌を求め、右足を左前に出して左に廻り右を巻き替え下手、左足がやや崩れたが、鶴竜が肩越しに左上手に手を掛けながら右を巻き替えんとすると日馬富士右で腿を押さえながら左から出し、青房に送り出した。 このあと白鵬が敗れて 2敗、 1敗の日馬富士がこの場所初めて単独トップに立ち、翌日はまず 2敗の松鳳山が安美錦に敗れ、日馬富士自身が稀勢の里に負けて 2敗に下がったものの、 白鵬が鶴竜に屈して 3敗に落ち、優勝となった日馬富士は支度部屋で苦笑を浮かべた。
・好勝負
  2日目 嘉風(肩透かし)稀勢の里

 稀勢の里左を固めて左肩で当たろうとすると嘉風右肩を出して低く当たり、左を差して西に出んとする。稀勢の里右で抱えて左でおっつけ、嘉風が右からおっつけ返すと稀勢の里拳しか入っていない左から掬ったが、嘉風俵を背負いながらもなお右でおっつけると稀勢の里は動けず、右足を下げたために足が揃い、 嘉風が肩透かしを引いて右で頭を押さえると、稀勢の里黒房に潰された。嘉風は初日の鶴竜に続いて上位の首を掻き、14日目豪栄道に勝って再小結で勝ち越した。
  7日目 蒼国来(寄り切り)魁聖
 蒼国来右で肩を突きながら額で当たって左ではかち上げ気味、右喉輪で押し上げながら左でおっつけ、魁聖の右筈を外して左下手。 魁聖肩越しに右上手を取り、蒼国来が右前褌を取って青房に出ると魁聖右を引きつけて左に振り、赤房に攻める。 蒼国来左下手投げで廻り込むと魁聖左で下手を引き、蒼国来が東に煽ろうとすると魁聖堪えて引きつけ返し、向正面に寄った。 蒼国来左に引きつける形で堪え、徐々に右に動き、踏み堪えて土俵中央に戻った。大歓声のうちに一呼吸、蒼国来右を離して絞りながら左下手投げで振り、魁聖の左を切って体勢を下げ、さらに絞って向正面赤房寄りに出ながら割り込み、右下手を取って左下手を浅くし、肘を張って寄り立て、とうとう寄り切った。素晴らしい一番。
  7日目 稀勢の里(押し出し)碧山
 碧山両手で突いて起こそうとすると稀勢の里額で当たれず上体が立ったが左おっつけで去なし、右から左とおっつけて東に進むが、碧山左で肘を押し上げて突き返そうとする。 稀勢の里左外筈右おっつけで碧山の突きを凌ぐと、碧山右に廻って引く。稀勢の里追って青房から正面に進むと碧山は正面徳俵東側の蛇の目を左爪先で払い、蛇の目の砂も飛んだが、相撲はそのまま続行させられ、稀勢の里右喉輪左筈で突くと碧山黒房を右に廻りながら突き返して右喉輪、稀勢の里ようよう堪えて上体が反ったまま白房に突きで進む。 碧山左筈右で肩を押さえて堪え左四つ、左に廻ってやや西寄り、稀勢の里左下手を取って右上手に指を掛けると碧山右から突き落とし、離れて両手で少し喉を押すや右に下がって引き落としにいき、稀勢の里がよろめくと碧山左筈右喉輪から突っ張って西に攻める。稀勢の里右から去なすが棒立ちから反り身となり、碧山が黒房から向き直るまでに間があったが稀勢の里は後ろに傾くばかり、碧山が左で廻しを押しながら右で稀勢の里の右腕を押すと、稀勢の里西溜まりに押し飛ばされた。 ここで正面の藤島(武双山)審判長が物言い、稀勢の里に潰された西の陣幕(富士乃真)審判と、物言いになかなか気づけなかった白房の錣山(寺尾)審判とが出遅れる間に、審判長は東の高田川(安芸乃島)審判と赤房の浅香山(魁皇)審判と三人で正面徳俵の蛇の目を見ている。そこに錣山審判も加わってやはり見ている。陣幕審判ようよう土俵に上がり鳩首、協議はさほどの時間を使わず、稀勢の里の勝ちとなった。物言いをつけたのが目の前の藤島審判長であり、つけた理由が碧山の足、ということは出たことにはその時点で気づいているはずであり、 出たときに行司に示して勝敗を公示させるべきであるのに、そのまま流してしまったということになる。状況保全の観点からも好ましくなく、空振り(出たと思ったが出ていなかった場合)よりも数段悪いと言える。
 10日目 白鵬(寄り切り)栃煌山
 栃煌山頭を下げると白鵬猫騙しにいき、栃煌山が右手を出しながら左を筈にしようとすると白鵬左に体を廻して逃げ、栃煌山が白房に左足を半分出しかけながらも向き直ると白鵬両足で跳びながらまた猫騙しににいき、栃煌山が右肩を出して両差しになろうとすると白鵬右肩で当たって右を差そうとし、左で喉を突き上げて右差し、右四つ左上手の形になり、栃煌山の右下手を切り、左で宛がって白房に寄り切った。そのあと白鵬は右手で栃煌山の左肩を叩きながらにやける。僅かな拍手を覆う罵声に観衆にとっての白鵬の価値というものが見てとれた。
 13日目 日馬富士(寄り倒し)白鵬
 一度日馬富士左拳を落としたがやや早く、次いで白鵬が右拳をおろすと日馬富士立てず待った、二字口に下がって一礼。白鵬右足を引いて左足を前に出し、右肩を上げて右かち上げ気味に右を差そうとしながら左腕を伸ばして前褌を狙ったが、日馬富士額で当たりながら左腕を伸ばして上手を求め、上手には届かないが左に廻って去なす形。 白鵬右左と足を送って僅かに堪えたが左前にすっ飛び、日馬富士が額で当たりながら右後ろ褌を取って左に廻りざま出すと、白鵬右を差そうとしたがついていけず、西で向き直って日馬富士の右を撓めようとしたものの白房に寄られて腰が落ち、日馬富士が体を突きつけると白鵬誠に脆く飛んで右に倒れた。 策が当たった日馬富士と、策に溺れた白鵬、ここでこの場所の流れは大きく変わった。
前画面に戻る