平成28年
◎平成28年 1月 優勝 大関 琴奨菊 和弘 14勝 1敗 1
 場所前の評判は鶴竜と稀勢の里が高かったが、初日早々稀勢の里が倒れ、 3日目に鶴竜も敗れ、稀勢の里は 4日目、鶴竜は 5日目にそれぞれ黒星を貰って安定しないまま、鶴竜10勝、稀勢の里は 9勝どまりに沈んだ。 日馬富士は前場所同様 2日目に敗れたが、その後は調子を上げて終盤に入る。白鵬は白星を並べたが逃げる相撲が多く、相変わらずの無内容。照ノ富士は両膝痛に加え 4日目に右鎖骨を折って 6日目から休場、豪栄道は右手首が折れており、 4勝 2敗から負け続けて11敗した。 残った琴奨菊は特に注目されていなかったが、相手を逃がさず当たりの威力も煽り立てる圧力も存分に生かし抜く。初日から勝ち進んだ琴奨菊は10日目に鶴竜を降し、11日目には土つかず同士の白鵬に完勝、 12日目には日馬富士をも一方的に破って横綱戦 3連勝を飾った。この時点で琴奨菊が無敗、 1敗で白鵬、 2敗に日馬富士と豊ノ島がいて、13日目に琴奨菊が豊ノ島に屈したが、 14日目には白鵬も日馬富士も潰え、千秋楽には豊ノ島と白鵬が崩れ、琴奨菊は両日ともに勝って14勝 1敗、大関26場所目にして初優勝を遂げた。日馬富士と白鵬は12勝で並んだが、その中身には大差があった。 初日から面白い相撲が多く、優勝争いも盛り上がって彩り豊かな場所となった。インフルエンザによるもの(十枚目以上に限ると力士 3・行司 3・呼出 1)を含めて休場者が続出したのは問題であったものの大きな穴は感じさせなかったが、 13日目以降勝負判定の方向性が急変したかのようで、珍判が出現したことの方に寧ろ大きな不安を覚えた。
・優勝決定の一番 千秋楽 琴奨菊(突き落とし)豪栄道
 豪栄道先に立って額で当たろうとしながら両差しを狙うと、琴奨菊額で当たって右から引っ張り込み左を差そうとし、差し手を争って琴奨菊差し勝つや西に突撃して圧し掛かり、豪栄道が左差し手を上げて堪えると、琴奨菊体を開いて右小手投げにいき、豪栄道を土俵中央やや向正面寄りに投げ捨てた。 場内恐らくは数年ぶりの大熱狂であったろう。
・好勝負
  5日目 宝富士(寄り切り)蒼国来

 すぐに左四つになるかと思ったが蒼国来は両差し狙い、宝富士右前褌を離し蒼国来の右差し手を嫌って引っ掛け左後ろ褌を取るが、蒼国来赤房で右を差し、右に廻って両差し、東に出ながら右下手を取る。 宝富士左右で抱えて粘り、右でおっつけて左を巻き替え、下手を取って深くし、土俵中央に戻って止まった。蒼国来は右上手、数呼吸して捻り気味に左に廻り、右を浅くする。 ややあって宝富士左を引きつけて肘を張ろうとすると蒼国来右から引きつけ返して向正面に寄り進み、宝富士が左半身で右からおっつけて懸命に堪えると蒼国来なおも寄り立てたが、宝富士は下手が切れるも白房でなおも粘り、左に廻って西でまた左下手、土俵中央やや西寄りに戻す。 数呼吸、蒼国来吊り身に引きつけんとすると宝富士引きつけ返そうとするが、蒼国来は頭をつけ、さらに宝富士の左下手を切り、腰を引いて青房下で数呼吸、宝富士揺さぶって蒼国来の右を切る。蒼国来左に廻って右で絞ろうとするが、宝富士左を抜いて肩を押さえる。 蒼国来も右で肩を押さえ、額をつけ合ってまた土俵中央、正面に背を向け宝富士という形。 数十呼吸、蒼国来先に押し上げんとすると宝富士左を下から割り込んで腰を落とすが、蒼国来の体勢も低く、宝富士左を抜いて去なし、次いで蒼国来が左に引き落とすと宝富士左で叩いて互いに崩し合い、宝富士右喉輪押しから引き落としを見せて左差し、蒼国来がなおも頭をつけておっつけんとすると宝富士左を抜いて肩を押さえ右おっつけ。 ここで赤房に背を向けているのが蒼国来。蒼国来さらに体勢を下げて数呼吸の後、宝富士押し上げんとすると蒼国来右を固めて左を差させまいとし、やおら左で掬いながら右二枚蹴りにいって宝富士をよろめかせ、さらに肩透かし気味に引いて宝富士を泳がせようとしたが、宝富士立ち直って左を差し込み、蒼国来が右でおっつけんとすると宝富士左で叩いて右に開き、ここで待望の右上手、左を差して右を引きつけ、一気に白房に寄り出して大熱戦に鳧をつけた。 3分35秒、大変な熱闘であった。
  6日目 嘉風(寄り倒し)勢
 嘉風左肩を出して低く当たると勢右肩で当たって右差し左で宛がおうという形、嘉風左を固めて右で喉を押し、勢が左でおっつけると嘉風左で一つ張り気味に突き左おっつけ右喉輪で仰け反らせ、勢が押し返そうとすると嘉風左筈で押し上げ、勢が一度横向きになると嘉風左を差して右も入れんとする。 勢左でおっつけるが嘉風右を抜いて頭をつけ、勢が右で肩を押さえながら左で起こそうとすると嘉風張り気味に突っ張って飛び込もうとする。勢叩いて左に廻るが嘉風つけ入って右で喉を突き上げ左差し、勢が左を入れて白房に出んとすると嘉風頭をつけながら左に廻って左下手を深く取り、勢の右小手投げについていきながら右を入れて両差し、勢また右小手投げで振ると嘉風左を突きつけながら左に体を寄せて向正面に攻め、さらに左を突きつけて行司溜まりに寄り倒した。 新関脇の嘉風と再小結の勢の好勝負、嘉風はこの場所も颯爽と取って勝ち越した。勢はこの一番で左脛を痛めたため場所後半は苦闘したが、前日には横綱鶴竜を破った。
  9日目 豊ノ島(下手出し投げ)阿夢露
 豊ノ島が左から入ろうとすると阿夢露額で当たって右おっつけ左で肩を突く。豊ノ島右筈左腕で喉を押すと阿夢露左右のおっつけから右外筈左を肘に宛がって攻めようとする。豊ノ島右で首を引きながら東に下がって左を入れ、掬う。 阿夢露右上手を取って残すが、豊ノ島土俵中央に戻して左下手、右でおっつけんとして数呼吸、豊ノ島左肩を寄せながら右でおっつけて黒房に攻めんとすると阿夢露左で前褌を探るが、豊ノ島嫌って右で抱える。阿夢露頭をつけて左で前褌を探るが豊ノ島執拗く嫌う。 ややあって豊ノ島腰を振って上手を切り、起こして右で前褌。阿夢露右を固めて左おっつけで強引に西に出んとすると豊ノ島左を抜いて左に廻り、次いで右に動いて出し投げ気味、阿夢露額をつけて残すや白房に出て右で横褌を探ると、豊ノ島右に廻って向正面で右に振り、阿夢露が残して左で叩き、次いで頭を下げるところ、豊ノ島左で頭を押さえて右下手出し投げ、見事に決めた。見事な攻防戦、素晴らしい一番。
 10日目 琴奨菊(寄り切り)鶴竜
 11日目 琴奨菊(押し出し)白鵬
 12日目 琴奨菊(突き落とし)日馬富士

 ここまで勝ちっ放した琴奨菊横綱 3連倒の記録である。10日目は 2敗の鶴竜戦。琴奨菊自分の呼吸で立って左で張り左差し右から引っ張り込みにいくと、鶴竜頭を下げて立ったが右を差し負け左前褌も取れず、左下手一本ですぐに胸を合わされた。琴奨菊間をおかず煽り立て、右では殆ど抱えずおっつけ、東の剣ヶ峰に追い込み、鶴竜が右足を内に入れて堪えんとすると琴奨菊全く休まず右で宛がって寄り切った。鶴竜が相手につられて立っていては、いかに横綱とは雖も相手が出足の大関では厳しかった。 11日目、内容には雲泥の差があるものの勝ちっ放し同士、白鵬戦。白鵬にしてはやや急ぎ加減、両拳を同時におろして綺麗に立ち、左で張って右を差しにいったが、右肩が高すぎた。琴奨菊両差し狙いで額で当たり、左をズブリ差し勝ち右も差そうとする。白鵬左は入って左四つになったが、琴奨菊左を返して右で抱え煽り立てた。 白鵬左足で堪え左に廻って右上手を探ろうとしたが、琴奨菊休まず体を寄せて右でおっつけながらがぶって東に追い込み、数度右上手を探って取れない白鵬が棒立ちになりかかりながら左を返して右外筈で琴奨菊を喰い止めんとすると、琴奨菊も伸び上がったが右で胸を押し放して青房寄りに寄り飛ばした。白鵬やや入れ込みすぎ、呼吸は白鵬らしからぬ綺麗さだったが体勢の制禦ができず、大きすぎる動きとなって破綻を来し、その後は下半身を立て直す遑を琴奨菊に与えてもらえず屈服した。琴奨菊の踏み込みはさほどでもなかったが、体の軸が崩れず当たり勝ち、その後の煽りは腰も入って威力を発揮した。 12日目の相手は、 1敗で喰いつき連続優勝を窺う日馬富士。日馬富士左で張って両差しを狙ったが琴奨菊小さく張ろうかというような恰好で左手を出しながら額で当たって右では引っ張り込む。日馬富士左を返して右を差し勝ちそうになったが、琴奨菊が右で抱えて煽ると日馬富士左差し手をさらに返したが琴奨菊左を入れ、日馬富士赤房に下げられながら右上手を探ると琴奨菊左を返そうとしながら日馬富士に右を与えず、日馬富士が左下手を取って堪えながら右でおっつけて上手を求めると、琴奨菊煽って攻めるや体を廻して右突き落とし、日馬富士を東に引っ繰り返した。 琴奨菊のかましが鋭く、日馬富士は圧せられて右を差し負け、せいぜい堪えるだけだった。これまで殆ど予想されたことのなかった琴奨菊の優勝が俄かに現実味を帯びた 3日間であった。
 13日目 日馬富士(寄り切り)稀勢の里
 14日目 安美錦(打っ棄り)栃ノ心

 どう考えても不可解な判定の 2番、まずは13日目結びの一番。稀勢の里一瞬早く立って右で突こうとしながら左を筈にするが右が高い。日馬富士額で当たりながら左を差しにいき下手、右前褌を狙いながら低く西に出んとすると、稀勢の里右腰を引いて日馬富士を引っ張った。日馬富士つんのめって泳いだが、稀勢の里の腰もガタガタに崩れ、黒房で日馬富士が左手から落ちるより早く稀勢の里は右に傾いだまま右足も飛び、伊之助の軍配は当然日馬富士、赤房の大鳴戸(出島)審判から物言い。物言いがつくことも不思議なくらいの土俵際だが、協議は 2分半と異様なほど長く、しかも日馬富士の手が着くのと稀勢の里の体が落ちるのが同時という、誤った比較対象による判断で取り直しとなってしまい大いに失望した。 稀勢の里先に立って取り直し前と同じような狙いだが右は取り直し前よりさらに高く、日馬富士同じように低く出て稀勢の里の右胸に当たり左筈とともに押し上げ、すぐさま右前褌も取って出んとすると、稀勢の里左に廻って右で日馬富士の左を嫌ったが、日馬富士右差し左前褌の形になって正面に出ながら右下手、そのまま寄り出した。 明くる14日目、こちらの判定はテレビ中継での九重(千代の富士)の真っ当な解説と相容れないものだった。栃ノ心右かち上げ気味に右を差そうとすると安美錦額で当たろうとしながら左に変わって左上手から振るが、栃ノ心右を差して堪え起こそうとし、左で引っ張り込んで胸を合わせようとする。安美錦右下手を取って頭をつけたまま左に廻るが、栃ノ心右で下手を取り、強引に腹に乗せて赤房に迫り、左上手を取ってなお攻め、両者腰が上がって安美錦、左足を支えに右に打っ棄ろうとしたが、左足が俵を越えて踵が蛇の目に落ちている上に膝が折れて尻が落ち、しかも重ね餅、栃ノ心は左足を大きく踏み出したのはそのあとで、玉治郎の軍配は当たり前だが栃ノ心、物言いは東の浅香山(魁皇)審判か。 体が割れなかったので、安美錦の体がいつ死んだか、安美錦の左踵がいつ蛇の目を踏んだか、栃ノ心の左足がいつ踏み出したか、この時系列を整理すれば済む話で、この 3つのどれも落としてはいけないという整理で良く、この順序で間違いないのだが、説明は栃ノ心の足が先に出たことしか言わず、どの時点より先かを明示しない不親切極まるもの、しかも栃ノ心の左足が出たのより後に起こったことといえば安美錦が落ちたことぐらいだから、安美錦の体の生死や左踵については全然考慮していないものと推測され、結局大誤審で確定した。 安美錦の踵が出ておらず爪先が土俵を踏み締め、膝が曲がっていても体勢に反りがあれば、安美錦が打っ棄りにいっての勝利が成立するのであるが、これらを全く欠いており、論外と評さざるを得ない。そして決まり手が打っ棄りとなったが、比べようとして浮かんできたのが昭和15年 5月の肥州山−双葉山、動画を見たことがないので完全な判断にはならないものの、双葉山は左足を踏み出して右足も肥州山とは重なっていない。今回は栃ノ心が左足を踏み出したときに栃ノ心の右足がまだ安美錦の真上に重なっていて、決まり手としても打っ棄りは厳しい。 九重も「打っ棄りじゃないねぇ」と一刀両断、全くその通りであった。
 13日目 豊ノ島(とったり)琴奨菊
 この両者は高知(福岡出身の琴奨菊は相撲留学)で中学時代から対戦を重ねた同期生。琴奨菊が12連勝、豊ノ島が10勝 2敗の星で優勝を争う終盤での対戦は両人にとって夢のような一番。 琴奨菊右肩を出しながら額で当たろうとしたが腰が高く、右を固めて左でおっつけんとしたが、豊ノ島両差し狙いで頭から当たり、琴奨菊の右をおっつけ、すぐさま琴奨菊の右を取ってとったりにいこうとすると、琴奨菊は腰がついてこず、とったりの形になり切らないうちに黒房に左肩から転がった。琴奨菊の立ち合いは距離を取りすぎたのか飛ぶような恰好になり、出足が切れた。 これで豊ノ島は千秋楽まで喰いつき、琴奨菊が逃げ切って優勝を果たすと、豊ノ島は花道奥で琴奨菊を待ち、熱い抱擁で祝福した。名シーンのひとつとして残るであろう。
△平成28年 3月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 36
 前半は面白い場所だったのが、10日目から一転して相撲内容のないつまらない場所に変わり、急落を続けたまま終わりを告げた。 中日を終えて勝ちっ放しは稀勢の里、 1敗に白鵬・鶴竜・琴奨菊・豪栄道・勢が名を連ね、 2敗にも日馬富士以下 4名という状況。綱取りとも言われた琴奨菊は 9日目稀勢の里に変わられて崩れ 8勝にとどまり、照ノ富士も 8勝がやっと。 11日目に白鵬が稀勢の里を引き摺り降ろし、翌日も稀勢の里は日馬富士に敗れたので、この日豪栄道を破って 2敗に蹴落とした白鵬が 1敗で生き残ってそのまま優勝した。 白鵬を含めて 3横綱はいずれも出来が悪く、日馬富士は右膝が腫れ上がって 9勝、鶴竜は動きに切れがなく10勝だった。残りの大関は、稀勢の里は腰高は変わらないながらも左攻めが効いて13勝を挙げ、豪栄道も出たとこ勝負なのは変わらないものの12勝と大関として初めての大働きをした。 相撲よりも白鵬の無軌道ぶりが目立ち、 8日目に嘉風をわざと正面土俵溜まりに投げつけて井筒(逆鉾)審判長の左足を骨折させたことで観衆の見る目はさらに厳しく険しく、 その中で千秋楽結びに無内容な相撲を見せたために観衆の凄まじい反発を喚び起こした。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(突き落とし)日馬富士
 白鵬かなり早く立って右手を出し、日馬富士が伸び上がりながら両手で突こうとすると白鵬左で顔を去なした。日馬富士腰の備えなくすっ飛んで西溜まりに走り込んだ。単なる変化ならそこまで一方の力士を難ずる必要もなかろうが、白鵬が勝手に立って逃げたという呼吸と相撲内容の悪さを見れば日馬富士の備えのまずさを云々することにさほどの意味が見出だせない。 客に対し申し開きもできまいし、何を言っても説得力はないだろう。この 4年ほどの白鵬の土俵内外における言動に対し、好角家は怒りを内に持っていたろうし、観衆も日々警戒していたろうが、 この一番でとうとう火をつけたような恰好、沸き上がるブーイングと罵声は宛ら燎原の火の如し。優勝インタビュー中には四方から容赦のない野次が突き刺さり、白鵬は泣き出した挙句にインタビューを一方的に打ち切った。 翌場所 8日目、白鵬は琴勇輝を右から去なしたが、それにさえもブーイングが館内を包むようになってしまった。
・好勝負
  3日目 琴勇輝(押し出し)日馬富士
  6日目 琴勇輝(寄り切り)照ノ富士

 東の筆頭に躍進した琴勇輝が 2連敗で迎えた 3日目、まず日馬富士から初金星を得た。日馬富士左で張って右を差そうとし左で上手を探ったが突っ込みがなかった。琴勇輝両手で突きながら額で当たって左を固め、次いで右喉輪。日馬富士が嫌って左で払うと琴勇輝間をおかず左で顔を押して右で胸を押し、日馬富士が受け切れず赤房に下がると琴勇輝右を伸ばして突進、日馬富士左に逃れんとして廻り切れず向正面に押し出された。 琴勇輝は勝ち名乗りの前から泣き、解説席では師匠佐渡ヶ嶽(琴ノ若)が泣き、左膝の大負傷以来の苦労が報われたと思ったが、まだまだ終わらなかった。 1勝 3敗の 5日目に豪栄道を突き倒し、 6日目には照ノ富士を喰って本人までもが驚いた。 腰を割ってから両者全く動かず、特に下位の琴勇輝が何もせず、照ノ富士が焦れて待ったの形でやり直し。 2度目、琴勇輝先に両拳を着いて待ち成立、琴勇輝額で当たりながら両手で突き、右から左と喉を突くと、宛がっていた照ノ富士右を割り込もうと左で首を引っ張ったが、琴勇輝あくまでも右筈左喉輪を崩さず、琴勇輝左右左と喉を突いて攻め、額で当たって右筈左喉輪で突き上げ、右筈左喉輪で左に攻め、 照ノ富士が右おっつけで外そうとしながら左で引っ張り込もうとすると琴勇輝全く構わず右を覗かせて煽り、照ノ富士が勢戦と同様に右に振ろうとすると、琴勇輝右を突きつけて寄り切った。琴勇輝は幕内昇進後14場所、92勝目にして初めて寄り切りでの白星を記録し、その後すべて勝ちっ放して12勝、関脇に飛んだ。
  7日目 琴奨菊(突き落とし)豊ノ島
 豊ノ島低く出て左から入ろうとすると琴奨菊上体だけで出て豊ノ島に乗りかかるような恰好で右から引っ張り込み、左側は豊ノ島の右と差し手争い、少し煽って西に進みなおも差し手争い、豊ノ島差し勝つと琴奨菊右に廻り、豊ノ島が左下手を探ると琴奨菊右小手投げの形で二度体を捻じって左を巻き替えにいき、 豊ノ島が右おっつけで白房に迫ると琴奨菊両足とも俵の上、豊ノ島右腕で胸を押して寄り切らんとすると琴奨菊左でおっつけて阻み、さらに豊ノ島が左筈右腕で腹を押して寄り切らんとすれば琴奨菊左足一本で堪えながら右で僅かに抱えるようにしてこれも残し、豊ノ島がさらに左差し右おっつけで攻めれば琴奨菊右小手投げにいって僅かに右に廻り、豊ノ島が応じて左に攻めるところ、琴奨菊左突き落としにいって足許に転がした。琴奨菊の土俵際は奇跡的といってもよいだろう。 ここまでは勝運を味方につけたかのようだった琴奨菊、 9日目に陥穽に嵌まり、すっかり力が抜けてしまい終わってみたら 8勝どまり、 7勝 1敗のあとは 1勝 6敗だった。
  8日目 白鵬(寄り切り)嘉風
 白鵬は 4日目に隠岐の海を押し出したあと、自ら土俵を出て客席に隠岐の海を押し飛ばしている。さて中日は、嘉風左を固めながら頭を下げて出ると白鵬左で張りながら右でかち上げ、嘉風が再度頭を下げると白鵬左で肩を突きながら右でかち上げ、嘉風両腕を振り下ろしてからまた左を固めて頭で当たると白鵬同様に右でかち上げ、 嘉風一度見て僅かに頭を下げると白鵬またまた右でかち上げ、両手突き 2度のあと左で張って右おっつけ左で突き、嘉風左に廻ると白鵬右腕で押し放して左で張り、左から去なして右喉輪突き、嘉風体を廻して正面に立つと白鵬両手で胸を突いて右差し頭をつけて寄り切ろうとしながら左で外叉股にいき、右足を踏み出して叉股投げで正面井筒審判長目がけて投げつけた。 井筒審判長は車椅子で退場し救急搬送され、左大腿骨折で全治 3ヶ月の重傷、これがちゃんとした駄目押しの煽りを喰ったのなら不運という話で済むが、今回の原因は駄目押しと違い、白鵬常習の不要かつ粗暴な行為である。翌日の取組後、白鵬は着替える間もなく審判部に呼び出され、厳重注意を受けた。白鵬が直接井筒部屋に出向いて謝罪したのは、 5月場所後のことだった。
  9日目 日馬富士(押し出し)勢
 ここまで 1敗で好調の勢が、苦しみながら何とか 2敗で後半に入った日馬富士に挑み、大激戦を演じた。勢右肩で当たって下から掬うように両腕を出すと、日馬富士額で当たって右で突きながら左を胸に宛がい、次いで一つ張って額で当たりながら右を差そうとすると勢左右でおっつけ、日馬富士が低い体勢のまま一つ喉を突いて右で勢の左腕を押さえて左前褌を狙うと勢与えず、 今度は日馬富士額でかまして突き放さんとすると勢黒房に下がりながら右おっつけ、右に廻って両差し狙いで胸で当たりながら正面に出んとする。日馬富士額で当たって左右でおっつけ、勢が右から突こうとすると日馬富士左に廻って右で突き、突っ張って額で当たり左おっつけ右で胸を押し、次いで右喉輪、左で張って懐に飛び込み右筈左おっつけから外筈、正面に押し出した。 奮闘空しく敗れた勢だったが、この場所10勝の星を挙げ、充実した土俵を務めた。
 12日目 日馬富士(叩き込み)稀勢の里
 稀勢の里先に額で当たりながら左でおっつけんとしたが右はよく分からない動き、日馬富士額で当たって当たり勝ち、左でおっつけながら右前褌を狙い、日馬富士が左で肩を押さえながら右から突っ張ろうとすると日馬富士突っ張って西に出て右でおっつけんとし、稀勢の里左に廻って叩くと日馬富士泳いだが、 日馬富士左で突き、額で当たって右で肩を突きながら左筈、次いで赤房に下がって左で首を引き、さらに右で左腕のつけ根を引くと、稀勢の里は出んとしたが足がついていかず左手から落ちた。稀勢の里は立ち合い負け、先に立って下から当たられ、中途半端な足の動きでバランスを崩し、連敗となった。
△平成28年 5月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 37
 照ノ富士が 3日目から負け始め、両膝ともにグラグラなのに休みもせず13連敗を記録した。 6日目で早くも勝ちっ放しが白鵬と稀勢の里の 2人に絞られ、 9日目には 1敗力士もなくなってそのまま13日目に至り、 白鵬が稀勢の里を捻じ伏せた。稀勢の里は翌日も潰え、白鵬が14日目で優勝を決めた。鶴竜は11勝、日馬富士は10勝で、鶴竜には斑があり日馬富士は不振だった。稀勢の里は 2場所連続13勝、前場所よりも落ち着き右上手を取れば腰がおりるようになった。 琴奨菊は10勝、豪栄道は 9勝だった。この場所は立ち合いと所作の正常化を掲げたが、場所直前に突然言い渡された恰好であり、審判部の対応も特定力士の特定所作に対する対症療法といった趣に終始、 まだ緒にも就かないといった感を残し、力士側の改善しようという意識の乏しさも感じられた。相撲内容は概ね平凡といったところ、終盤崩れかけたものの小幅にとどまり、前場所を下廻らなかった。
・優勝決定の一番 14日目 白鵬(寄り切り)日馬富士
 白鵬両足跳びで立ちながら左で張って右を差しにいくと日馬富士額から突っ込み左上手を探りながら左に廻って上手を取り、右で膝を押さえながら左上手投げで振って右下手を引き青房に出んとしたが、上手はいかにも深すぎたし右下手も深すぎて上ずった。 白鵬右掬い投げで喰い止め、日馬富士が体勢を下げようとすると白鵬向正面に寄り右下手、起こした。日馬富士右に廻って数呼吸、次いで左に廻るが、白鵬右から振って左を入れんとする。 日馬富士上手投げで抗って右差し、次いで右を筈にして体勢を下げるが、白鵬引っ張り込まんとする。一呼吸、白鵬右足で左脛を蹴って右下手投げで振り、日馬富士がついていくと白鵬再度右下手投げ気味に肘を張って揺すり両差しになりながら日馬富士の左を切り、白房に出ながら額をつけて寄り出した。 白鵬の立ち合いはこの場所を通じて良くなく、場所前に腰や左膝が痛み、 3日目には右足親指も痛み出して両足跳びに頼ったが、日馬富士がこの日取った上手が深すぎ、日馬富士の寄り身の体勢も真っ直ぐすぎて良くなく、結局白鵬は右下手を生かして難なく勝った。次の相撲で稀勢の里が鶴竜に敗れ、白鵬の優勝が決まった。
・好勝負
  2日目 栃ノ心(着き膝)安美錦

 安美錦頭で当たって右で突きながら左でおっつける恰好、栃ノ心左でかち上げて右を差しにいく。安美錦右で首を引いて泳がせると栃ノ心蹈鞴を踏み、諦めて左足を大きく黒房に踏み出し、それから安美錦が左膝から崩れ落ちたが、庄太郎は迷わず軍配を栃ノ心にあげ、物言いもつかなかった。 東西と正面の審判は両者を同時に見るのが不可能だと思うが、赤房の式秀(北桜)審判か白房の春日山(濱錦)審判あたりは決して見えなくはないと思われる。勝ち名乗り後に物言いがつくようなことがなかった点だけは良かったものの、 1月のこの顔合わせに続いて誤判で確定してしまったことに変わりはない。 安美錦は左アキレス腱の断裂、立つことはできたが自力では歩けなかった。負傷の箇所や程度、他の古傷に年齢を併せ考えたとき、もし復活できたならば奇跡中の奇跡ということになろうか。
  4日目 白鵬(押し出し)正代
  5日目 白鵬(寄り切り)魁聖

 陣容新たになった審判部が立ち合いや所作の正常化を打ち出したが、審判部が念頭においていた力士の一人が当然ながら白鵬であった。 そして場所が始まってみると、数日も経ぬうちに白鵬の意識の低さが露呈してきた。 4日目、正代顎を上げながら右を固めて左を差そうとすると白鵬右で張りながら右に逃げ、右おっつけ左喉輪を伸ばし、左で宛がった時にはもう押し出していた。 正代がまだ二字口にも戻っていないのに白鵬は勝手に蹲踞したために二所ノ関(若嶋津)審判長から注意を受け、再度蹲踞したが下がりを捌かず、投げ遣りな土俵だった。 翌 5日目、魁聖右差し左前褌を狙うと白鵬両足跳びで足を揃えて立ち左前褌、右を入れて一呼吸、左からの出し投げは鋭さを欠くが、魁聖右を抜いておっつけんとしたため白鵬一瞬両差し、次いで魁聖右を巻き替えんとすると白鵬左を引きつけて赤房に寄り切り、 また左足を大きく踏み出して右喉輪で溜まりに落とした。白鵬の前日の動きは駄目押しとして認めることが可能だが、この日は荒っぽくもなかったとはいえただの愚行であった。 6日目朝、白鵬は友綱部屋に出向いたとのこと。 4日目に師匠宮城野(竹葉山)がテレビ中継の解説で白鵬に言っておくとしながら、翌日も白鵬に何らの改善も見られなかったため、友綱(魁輝)審判部長が宮城野に電話を入れたのが発端とのこと。 本当に師匠が注意しているのかが常に疑問視されていただけに、これは出色であった。
  5日目 勢(小手投げ)鶴竜
 勢右肩で当たると鶴竜額で当たって右差し左前褌を狙ったが、鶴竜の左が例によって着いておらず、伊之助の待ったでやり直し。鶴竜の左が着いていないのはほぼ毎日のことであるが、止められたのは珍しいことであろう。 2度目は鶴竜慎重すぎて勢立ちやり直し。 3度目、勢右肩で当たって右から入ろうとすると鶴竜作戦を変えて左で張り両差しを狙ったが、両者入ったのは左だけ、鶴竜は左手が勢の右腿に当たって動かず、勢大きく左を返して起こす。 鶴竜左下手横褌を取り右でおっつけんとする。勢左下手を取らず右で抱える。一呼吸、勢右小手投げで振ると、鶴竜どうにか残して右で前褌、左肘を張って形をつくり、次いで右から出して左前褌を探りながら向正面に出んとしたが、覗いた勢の右が邪魔で出遅れ、勢が右を抜きざま右小手投げを見舞うと、鶴竜向正面赤房寄りに叩きつけられた。 鶴竜はリズムを乱したか、先手を取るつもりが全て後手に廻った。鶴竜は前日にも手着きで注意を受けていたとのことで、至極当然のことといえるが、鶴竜本人はどこが悪いのか分からない模様で勢に敗れたあとに怒っていたという。
  8日目 鶴竜(引き落とし)碧山
 伊之助が時間いっぱいの構えをしたとき、白房の佐ノ山(千代大海)審判が慌てた感じで赤房の時計係田子ノ浦(隆の鶴)審判に何事か尋ねていたが、それもそのはず東西の呼び出しいずれも立ち上がっておらず、つまり田子ノ浦審判の指示は伊之助にしか伝わっていなかった。 だからといって何度も仕切ったはずの両力士が調子を乱すようでは仕切りの意味がないのだが、それは兎も角として、この日は碧山が先に待って鶴竜が立っていこうとするところ、碧山が手を引いてしまい鶴竜突っかけてやり直し。 2度目は碧山自分だけの呼吸で先に立って右で肩を押さえながら頭で当たり、左でおっつけながら右で突き上げる。 鶴竜左筈右喉輪から右で宛がいながら碧山の突っ張りをはね上げ、鶴竜が左で張って懐に入ろうとすると碧山右左と喉を突き上げて起こしたが、碧山も出足がなく、鶴竜が右に廻って引くと、碧山は誰もいない方に走って両手から落ち、行司溜まりに転落した。
  9日目 松鳳山(押し出し)臥牙丸
 立ち合いの手着きということで平幕陣で槍玉にあがったのが大砂嵐と松鳳山だった。その典型例といえるものを掲げておこう。 松鳳山両腕を伸ばしながら右に飛んだが、木村元基の待ったでやり直し。臥牙丸の左も着いていないが、松鳳山は呼吸が不明朗な上に左不充分で右はおりず、話にもならない。 2度目の手着きも全く同じで元基に止められやり直し、友綱審判長が嚇怒する。 3度目、松鳳山相変わらずのチョン着きながら兎も角左右とも着いて立ち、 臥牙丸が右で肩を突こうとするところ左から入り、臥牙丸が右小手投げで振るところ松鳳山左を抜いてよろめかせ、東土俵青房寄りに押し出した。臥牙丸は左の手着きがないが、いつも見逃されている。松鳳山の呼吸のまずさはかねてから指摘され続けているが、手着きまでもあの状態では、審判部副部長になった師匠(若嶋津の二所ノ関)の顔に泥を塗るようなものだ。
 10日目 稀勢の里(寄り倒し)琴奨菊
 琴奨菊額で当たって両差しを狙うと稀勢の里も額で当たって右で肩を突きながら左はおっつけ、次いで右で喉を押し上げながら左を割り込み、左下手を取りにいく。 琴奨菊左差し手を返して右おっつけで赤房に出んとすると、稀勢の里左を引きつけて右で抱えながら動かず、琴奨菊が腰を振って下手を切り右に廻ろうとすると稀勢の里胸を合わせようとする。 琴奨菊許さず腰を引いて右でおっつけ、稀勢の里の左下手を嫌って腰を振る。稀勢の里また起こそうと煽ると琴奨菊左から巻いて振り、右でおっつけて左を返しながら黒房に攻め込む。 稀勢の里左に巻くと琴奨菊渡し込みを見せ、稀勢の里が右に動いて西で堪えると琴奨菊右突き落とし、稀勢の里左を突きつけて残し一煽りして右上手、琴奨菊左下手を取ると稀勢の里黒房に寄りを見せてから左で巻いて右上手投げを打ち、赤房に寄り進み、琴奨菊の右足が崩れるところ左に寄り倒した。白熱の一番。
 13日目 白鵬(下手投げ)稀勢の里
 白鵬右で張って左差し、稀勢の里遅れて立って左肩で当たり左差し、白鵬右上手を取って西に煽るが、稀勢の里はやや左半身になって上手を切らんとする。白鵬右を離して左下手を引き右でおっつけんとすると稀勢の里右で抱えて向正面に煽り立て、左から振って右上手を取る。 白鵬右上手を探るが取れず半身、左に廻る。稀勢の里起こそうとするが白鵬右足を引いて体勢を下げ、右から絞って左下手投げで振り、右を差そうとする。稀勢の里残してまた左を差そうとすると白鵬体勢を下げて右上手を探るが指が掛からず、左下手投げで振る。 稀勢の里残して強引に向正面から黒房に出んとすると白鵬左足を内に入れて左下手投げ、正面に下がって右で背を押さえながら下手出し投げにいき、正面に転がした。白鵬から左四つを狙うのは安全策の一つと言え、その後も前に進んだのは稀勢の里だが相撲そのものは終始一貫白鵬のペース、 嘗てデーモン小暮閣下が述べた「輪島に似ている」というのを久しぶりに思い出した。この割が「見て損はない」という内容になったのは極めて珍しく、いわば夏の椿事であった。
△平成28年 7月 優勝 横綱 日馬富士 公平 13勝 2敗 8
 12日目を終わって 2敗が日馬富士と稀勢の里、 3敗に白鵬・安・宝富士・貴ノ岩という顔触れ、13日目に安と宝富士が 4敗目を喫し、 日馬富士が稀勢の里を圧倒し去る。貴ノ岩は最後まで 3敗で残ったが、白鵬は稀勢の里と日馬富士に屈して沈み、日馬富士が逃げ切った。 鶴竜が腰痛で 4日目から休場、琴奨菊は初日から 4連敗し 7日目から休み、豪栄道は 7勝で負け越し、照ノ富士は辛うじて勝ち越し、 白鵬も 5日目宝富士に右かち上げを見透かされ崩れ落ちて大きく狂い始め、 9日目に自ら躓いて右足親指を折り、結局10勝どまり。 稀勢の里が12勝、優勝の日馬富士は13勝を挙げたものの、横綱大関陣の相撲が乱れて足を大きく引っ張った。全体の相撲内容もやや薄く、立ち合いも良くなく、 優勝争いの形だけで持ち堪えた場所ともいえた。
・優勝決定の一番 千秋楽 日馬富士(寄り切り)白鵬
 このとき 3敗で稀勢の里と貴ノ岩が待っていたが、 2敗の日馬富士が白鵬を退けて逃げ切った。 白鵬一瞬早く立って右前に両足跳び、右肩で当たって右差し左でおっつけんとすると、日馬富士額で当たりながら左腕を伸ばして上手から出そうとし、 白鵬織り込み済みで向正面に動いて向き直ると日馬富士額で当たって右を筈にしながら左で横褌、白鵬は左から引っ張り込まんとしながら右を入れにいく。 日馬富士左に廻りながら右下手横褌を探ると白鵬なおも左から引っ張り込もうとしたが反り身、一応右で下手を取って落ち着き左で上手を欲しがる。 日馬富士は右四つ両廻し、上手側に体を寄せて機を窺う。まず白鵬下手を切ったが、日馬富士は額を白鵬の右顎につけ、左を浅くした。 白鵬右半身で立ち腰、右肘と右腰で上手を切ろうとしたが切れず、次いで右を筈にして切ろうとしたが切れず、日馬富士の頭こそ上げたが右下手をまた取られた。 白鵬上手が欲しくてたまらないが全く届かない。と見る間に日馬富士スパッと左を巻き替え、両下手を引きつけて西に煽る。 白鵬左上手を探るも届かず、抗う術をなくして西に寄り出された。白鵬は前場所右下手を存分に使って持久戦をものにして、この場所も右下手とともに主導権を握ろうとしたが、同じ右四つでも日馬富士の左の位置が全く違い、何よりも自身の調子も違いすぎ、日馬富士の理詰めの取り口と勘とに屈した。
・好勝負
  5日目 宝富士(小手投げ)白鵬

 白鵬先に立って左で張り右からかち上げにいったが、宝富士頭を下げず左腕を寄せ左差し右前褌狙い、白鵬そのまま両腕で胸を押し上げんとしたが宝富士殆ど動ぜず、宝富士左で 2度ほど張るように手を振りながら右手を顔の前に出そうとすると、 白鵬も左手を少し出してから上体を軽く体当たり気味に寄せて左右と差そうとしたが、宝富士が右を開いて左から引っ張り込みにいくと白鵬足が全くついてこずに揃い、宝富士が左小手投げで振って右で頭を押さえると、白鵬西にバタンと捨てられた。 足腰お留守の相撲に体が慣れると、調子が少し狂えばまあこんなもの、白鵬の下降がこの一番を境に急角度となった。白鵬の連勝は宝富士戦の二黒星に挟まれた33でストップ、負けのあと従容としていたのはこの数年の中では極めて珍しかった。
 12日目 貴ノ岩(上手出し投げ)碧山
 碧山両手で突こうとすると貴ノ岩額で当たって左右ではね上げ、右横褌を取って右に廻り左でも前褌、碧山右から起こそうとするが貴ノ岩逆に左からの出し投げで揺すって頭をつけ、碧山が強引にまた右から起こそうとすると貴ノ岩右で前褌を探りながら堪え、 引き落としで揺さぶって右に廻り込み、右横褌を取ってさらに右に廻り続け、碧山が飛び上がりながら両腕を振り下ろして叩こうとすると、貴ノ岩構わず左で胸を突いて正面審判長の前に押し倒した。貴ノ岩は中盤までは相変わらず攻めの遅さが目についたが、終盤に入り粗暴さも出たものの動きが冴え、左右ともに出し投げが効いて12勝を挙げた。
 13日目 日馬富士(寄り倒し)稀勢の里
 稀勢の里先に立って額で当たろうとし、右で肩を突きながら左を筈にせんとしたが、早すぎた上に高かった。日馬富士低く当たって左下手、次いで右で前褌を引き、東土俵赤房寄りに進む。日馬富士の右は外れたがおっつけて稀勢の里に左を使わせず、低く構えて再度右前褌。 稀勢の里右で抱えてやや半身、左は全く使えない。一呼吸、稀勢の里起こすことができないのか考えなかったのか、いきなり左を抜いて左に廻りながら肩越しの上手、日馬富士ここぞとみぎを深くしながら白房に殺到し左前褌、右を踏み込んで左を突きつけ寄り倒し、豪快に仕留めた。 前場所より内容が数段落ちている稀勢の里が、この一番自分の呼吸で立っていながら圧倒されての完敗、ここで星数も前場所より落ち、横綱への昇級試験を受けている身として何のアピールもできなくなった。
 14日目 安(押し出し)照ノ富士
 額と額とで当たり合って照ノ富士は左で肩を突きながら右を固めて右差し狙い、安は左を固めて右前褌狙い、安右でおっつけて右を割り込むと照ノ富士も右を差したが、安左で上手をやや深いながらも取る。 照ノ富士右差し手を上げながら左上手を探るが取れず、右から起こして西に出んとするも安堪える。照ノ富士右で下手を取るが安引きつけて出んとする。照ノ富士堪えるが、安左から捻って左に廻り、一呼吸して照ノ富士が左を巻き替えると安両上手を引きつけて黒房に寄り迫り、両手で胸を押して寄り切った。 安は小結でこの場所11勝。
 14日目 稀勢の里(突き落とし)白鵬
 白鵬遅く仕切って急いで立ち、左で稀勢の里の顔を覆いながら右でおっつけんとしたが、立ち合いの呼吸が汚く伊之助止めてやり直し。白鵬は伊之助を睨めつけながら伊之助のところに歩いて迫る。 2度目、自分だけの呼吸でやや焦らし加減に立った白鵬両足跳びで立って右を固めながら体当たり気味、左も固めて出ると、 稀勢の里その場で立って左を固めながら右で肩を突こうとしたが全く効かず、一度右で首を押さえてから右でおっつけんとする。白鵬左筈から左を覗かせ、右でおっつけて東に進むも、ひどいバタ足で腰がグラグラ、稀勢の里左に廻って左を抜きながら右で白鵬の右肩を叩くと、白鵬左手から落ちて腹這い。惨憺たる一番。
○平成28年 9月 優勝 大関 豪栄道 豪太郎 15勝 1
 白鵬は約10年振りに全休。稀勢の里が初日早々から無茶攻めをやって自滅し、鶴竜も連敗スタートでこの 2人は10勝、琴奨菊はどうにか持ち直して 9勝した。 照ノ富士は 4勝 2敗のあと全て黒星と大負けした。10日目を終わって意外にも豪栄道が勝ちっ放し、 1敗で追うのが日馬富士と遠藤、 2敗には稀勢の里と安がいた。 11日目に安が日馬富士を倒し、遠藤は玉鷲に敗れ、ここで豪栄道と星の差 2つ、13日目に豪栄道は日馬富士を降し、14日目で優勝を決め、右差しがスパッと決まった豪栄道はそのまま全勝優勝を達成した。 日馬富士は久々の絶好調場所だったが惜しくも12勝だった。安は10勝を挙げ、大関級の地力を備えつつあることが示されたが、終盤の 3連敗でその印象を薄めた。 星の上で豪栄道に喰いついた遠藤は13勝 2敗、腰の割れた左四つの相撲が久々に輝き、他には御嶽海や玉鷲が活躍した。相撲内容は中日まで中入後前半が今一つであったが、 立ち合いがようやく良化の兆しを示したこともあり、全体としては引き締まっていた。
・優勝決定の一番 14日目 豪栄道(寄り切り)玉鷲
 豪栄道勝てば優勝決定の一番に、好調の玉鷲が抜擢された。呼吸合わず豪栄道立ってやり直し。玉鷲両手で突こうとすると豪栄道小さく両足跳び、背を丸めて両差し狙い、玉鷲の突きは肩の上に抜け、 豪栄道右を入れて抱きつき右下手左で前褌、額をつけんとしながら引きつけ、玉鷲が右に廻って反り身に右から起こそうとすると豪栄道赤房に寄り迫り、玉鷲の左突き落としを許さず寄り切って快勝。 豪栄道は千秋楽も琴奨菊に完勝し、全勝優勝を遂げた。
・好勝負
 初日 隠岐の海(寄り切り)稀勢の里

 稀勢の里急いで両足跳びで立ち、左を固めながら額で当たったが、隠岐の海右腕をぶつけ、左を返しながら右をこじ入れんとする。稀勢の里挟みつけて無理矢理右に出るが右が高い。隠岐の海左をさらに返し、左下手を深々と取って左に廻り、青房に煽って寄り立て、右で首を抱える稀勢の里を寄り切った。 綱取り疲れか稀勢の里、我を失ったような取り口で早くも黒星。
  6日目 豪栄道(寄り切り)安
 豪栄道額で当たって両差し狙いの形、安は胸を出して両差し狙いの形、次いで安突っ張ろうとすると豪栄道引き落としを見せて左に下がり、一度見合って向正面の豪栄道体勢を下げ右から入ろうとすると安両手突きから突っ張ろうとするが、豪栄道が下から突っ張ると安浮いて右に廻ろうとする。 豪栄道両手で白房に押し放すと安左喉輪から突っ張る。豪栄道はね上げ、右に引き落として左に廻り、安が顔を挟んで引くと豪栄道は安の突っ張りをはね上げ、安が叩いて右に飛ぶと豪栄道寧ろ体を右に寄せ、安が左から去なして突っ張ると豪栄道嫌って左に廻り、なおも安突っ張ると豪栄道はね上げて左筈、右おっつけから右を深く入れ、左も覗かせて向正面赤房寄りに迫り、右に寄り切った。 大の苦手・安を破り、翌日は勝ちっ放しだった隠岐の海を投げ飛ばし、豪栄道は波に乗った。
  7日目 琴勇輝(押し出し)天風
 相撲史に残る一番、明治以降初めて香川県出身者同士が幕内で対戦。天風左差し右から思い切って引っ張り込みにいくと琴勇輝嫌って右喉輪で離れ右から去なし、 両筈の形で突き上げる。天風両手で突くなりまともに引き、青房に押し出され完敗、相撲内容はあっさりしていた。香川県出身幕内は明治以降10人、昭和戦後には同時に複数人の時期もあったが同門等で当たらず(二所系が多い)、もし現在も一門系統別が続いていたらこの対戦もなかったかもしれなかった。
  9日目 安(寄り切り)照ノ富士
 安左を差そうとすると照ノ富士頭を下げて左で胸を押し、右で抱えて押そうとするが、安右おっつけで動かず、両筈で白房に押して左で叩き、突っ張って向正面に攻めようとする。 照ノ富士応戦して右四つに組み勝ったが、上手が取れず右も返らない。安右下手を取って腕を返し左も上手、土俵中央で安引きつけんとすると照ノ富士も堪えるが、膝が伸び切る。 安再度引きつけて東に出ると照ノ富士右に廻り、左上手を探るが取れない。次いで照ノ富士抱えた左で引っ張りながら右を離して掬い、安の下手を切って左を巻き替える。 安左上手が深く、右は完全に万歳、顎も上がって困る。一呼吸、照ノ富士白房に歩こうとしたが安左上手投げで振り廻して額をつけ、右を入れんとする。照ノ富士左を巻き替える。 安左上手捻りのあと右で前褌を取り、東に攻め入る。照ノ富士下がりながら起こそうとし、右を切って突き落とそうとしたが、安右肘で胸を押して寄り切った。 安粘りの一番。照ノ富士足が利かず、熱戦の末に絶対有利の体勢をフイにした。
 12日目 遠藤(寄り切り)御嶽海
 額同士でぶつかり合って御嶽海右で顔を突き上げんとすると遠藤突っ張り、御嶽海が右で宛がいながら左を固めて当たると遠藤受け止めて右でおっつけながら左を割り込み、右で上手をやや深く取り、御嶽海がやや左半身になって左下手を取ると遠藤グイグイ白房に寄り進んで寄り出した。 これまでなかったかもしれない遠藤の力強い寄り身、遠藤は好調御嶽海を一蹴し10勝に到達。
 13日目 豪栄道(首投げ)日馬富士
 勝ちっ放しの豪栄道に 2敗の日馬富士はこの場所の天王山、制限時間の 2つ前、仕切り直しとなって立ち上がった両者が睨み合うこと11秒、伊之助業を煮やして両腕を広げ、両者を分けた(翌場所も豪栄道は嘉風戦と照ノ富士戦でもも同様な睨み合い)。 まず豪栄道先に立って額で当たろうとしながら両差しを狙うと、日馬富士鋭く額で当たって左右からおっつける。豪栄道左を抜いて上手横褌から振り右で頭を押さえると日馬富士右下手を取りながら突っ走って青房に殺到したが、豪栄道左足を大きく引いて右首投げ、左膝が入りかけるも持ち堪えスピード勝ちして見事に決めてしまった。 宝刀なのかどうかは議論の分かれるところだろうが、勝運に乗ると斯くも斬れ味が増すものなのか。
◎平成28年11月 優勝 横綱 鶴竜 力三郎 14勝 1敗 3
 大関取りの安はやや太りすぎたこともあって動きが悪く、12日目で負け越してしまった。豪栄道は 5連勝で滑り出したが終わってみたら 9勝どまり、 内容自体は良かったが、後半は星がついてこなかった。琴奨菊は体重を落としたが足が動かず10敗、照ノ富士は 3日目から 7連勝したが結局は 8勝だった。 10日目を終えて鶴竜が勝ちっ放し、 1敗に日馬富士と新入幕の石浦、 2敗は白鵬と稀勢の里。11日目、稀勢の里が鶴竜を破ったのでやや混沌としたが、 12日目から石浦は 4連敗、白鵬は照ノ富士に、日馬富士は稀勢の里にそれぞれ屈して鶴竜が 1敗で生き残り、勝ち続けて14日目に優勝を決めた。 稀勢の里は中盤まで左の威力がなく、12勝したのは意外であった。白鵬は足が動かず、11勝まで星を伸ばしたのが不思議なほどの不調。 日馬富士は 2日目から10連勝したが稀勢の里に敗れて失速、11勝だった。玉鷲と遠藤が横綱大関を続々と喰って土俵に嵐を巻き起こし、 北勝富士や荒鷲などの活躍もあり、充実度の高い場所であった。ただ、稀勢の里−琴奨菊の大関対戦が組まれず、そうすべき強い理由もなく、極めて残念なことであった。
・優勝決定の一番 14日目 鶴竜(上手出し投げ)豪栄道
 豪栄道先に仕切ると鶴竜慎重、次いで鶴竜立つが豪栄道立てずやり直しは稚拙。 2度目、豪栄道先に立って右差し左前褌狙いで立つと鶴竜左で張って両差しを狙ったが、豪栄道の左がいつもの通り全く着いておらず、伊之助から豪栄道に注意。 3度目、鶴竜慎重に構え、今度は呼吸が合って立ち、両者作戦を変えずに当たって豪栄道が左差し右おっつけで西に攻め込むと鶴竜右が大きく空いたが左を割り込んで返し、左に廻って左下手を取り、豪栄道に右上手も左下手もやらず、と見る間に鶴竜右を巻き替え、豪栄道が右を巻き替えると鶴竜素早く左から出す。豪栄道正面青房寄りに飛び出した。四半世紀前の霧島を思い出させる素晴らしい上手出し投げ、鮮やかの一語。
・好勝負
  2日目 荒鷲(寄り切り)北勝富士

 北勝富士は新入幕。荒鷲右差し左前褌狙いで立つと北勝富士やや左に立ちながら額で当たって左おっつけ右喉輪、荒鷲左を伸ばして前褌を探ると北勝富士左に透かして右に廻り、荒鷲腰が崩れて向正面に下がると北勝富士向正面に追って額で当たり左右と喉輪、荒鷲右を手繰って左に逃れると北勝富士左前に走って体を廻し、荒鷲が左で張って左横褌を探りながら右を入れんとすると北勝富士左でおっつけんとし、荒鷲右腕で押し放してから右で胸を突いて左横褌を探ると北勝富士赤房を左に廻り込んで逃れ土俵中央で右から掬う。荒鷲残して右前褌を探る。北勝富士右下手を引いて左で荒鷲の右を嫌う。荒鷲とうとう右前褌も取り、引きつけて西土俵白房寄りに攻め、北勝富士が堪えると荒鷲左上手投げで振って正面に追い込み、右で胸を押して寄り切った。見事な攻防、この日は当年初めて満員にならなかった日、そのことが惜しいと思わせる一番。
  3日目 白鵬(上手投げ)魁聖
 すぐに右四つ、両者上手前褌を取ったが、白鵬右下手を浅く取って左に鋭く廻りながら上手を切り、魁聖が左を巻き替えんとすると白鵬右を上げて許さず差し手を返し、魁聖が右から起こそうとしながら西に出んとすると白鵬体勢を低く保たんとしながら堪え、再度魁聖が西に出んとするところ白鵬上手投げで大きく振り、西に叩きつけた。白鵬通算1,000勝に到達。
  6日目 玉鷲(突き落とし)豪栄道
 前場所から20連勝と波に乗る豪栄道と、小結となって押し相撲の破壊力が猛威を振るう玉鷲の一戦。豪栄道踏み込むというより左右と足を前に出し、額で当たって右を差そうとする。 玉鷲額で当たって両手で肩を突かんとし、両肘で押し上げるような恰好、次いで右喉輪で東に押し放そうとする。豪栄道東に下がって左に廻り込み、一度見合って額で当たり玉鷲の両手突きをはね上げ、 玉鷲が右腕を振って突き落とすと豪栄道右で突き上げんとするが高く、玉鷲左筈で押し上げ、右で突いて左でおっつけ、豪栄道が右左と覗かせると玉鷲右で抱えて右に下がると見せ、白房で逆に左突き落とし、右足一本で体を倒しながら左で押さえつけ、背に乗りかかって向正面寄りに潰した。 股関節の硬い玉鷲として、奇跡的な土俵際、前場所の負けで優勝を決めさせた屈辱を晴らした。玉鷲は 1横綱 3大関を破って10勝、千秋楽に殊勲賞が懸かっていた遠藤も押し潰した。
  6日目 遠藤(寄り切り)白鵬
 遠藤一瞬早く立って額で当たろうとしながら左肘を外に出し、右ではおっつけんとする。白鵬右で張って左を差しにいったが、結果遠藤の左肩が胸に当たった。 遠藤左差し右おっつけの形になると白鵬右で攻めにいかず左に下がって右で首を引きながら左を差そうとしたが、遠藤額で当たって左差し右で抱えて赤房に急襲し上手を取る。 白鵬持ち堪えられず腰が浮き、左が充分に入らず右おっつけも効かず、やっと腰を入れて左を上げながら右で引っ張り込もうとすると、足が流れていた遠藤を寧ろ助けてしまう悪循環。 遠藤体を寄せ、上手を離して体を突きつけ、堂々と寄り切った。白鵬は右の張り手で遠藤の角度をさらに良くしてしまい、動こうとすればするほど体勢を保てなくなり、遠藤の猛襲に一方的に敗れた。 遠藤も玉鷲同様 1横綱 3大関を降し、しかもこれを 6日目までに達成しており、まさか負け越すとは思いもしなかった。
 10日目 稀勢の里(寄り切り)白鵬
 11日目 稀勢の里(小手投げ)鶴竜
 12日目 稀勢の里(寄り切り)日馬富士

  7勝 2敗の稀勢の里が横綱戦 3連勝を飾り、勝ちっ放しだった鶴竜に土をつけたので俄かに期待が高くなった。最初の関門は白鵬戦。白鵬左で張ろうとしながら立って右肩で当たり右を差そうとすると、稀勢の里右で肩を突きながら額で当たって左おっつけから突き落とす。白鵬左に傾いで白房にのめる。稀勢の里次いで右左と喉を突き上げ、左で喉を押し上げながら右を筈にすると白鵬右に廻って右で宛がい、稀勢の里の右喉輪を左腕でおっつけて外すが、稀勢の里も右足が大きく上がるものの白鵬は左足が流れる。白鵬右喉輪突きのあと額で当たって左を固めたまま右おっつけで押して右に動きながら左に引き落とし、左で張り気味に顔を突いて右を差しにいったが、左足がまた流れて右足が出遅れる。稀勢の里右で顔を押し放し、突っ張ろうとする。白鵬左右で宛がって右を覗かせ、左で上手を求めるが、今度は左足がついてこない。 稀勢の里右手で白鵬の左を嫌いながら西から正面に廻り、白鵬が左で胸を押そうとすると稀勢の里左に傾きながら右から去なす。白鵬横向きになり、立ち直りざま左を入れるが、左足一本だった稀勢の里右で宛がって立ち直り、左を差しながら右に廻って右上手、青房に出る。白鵬左下手を取って半身になり、右足だけで堪えるが、稀勢の里は左で前褌も取り、その左を横褌に替え、左肘を張って寄り切った。稀勢の里の足が浮いて傾くのは全然珍しくないが、白鵬の下半身にも余裕がなく、特に左足の利きが著しく悪く、二度三度とバランスを崩して動きが途切れた。 11日目は勝ちっ放しの鶴竜戦。鶴竜額で当たって右差し左を筈にして押し上げんとすると、稀勢の里右で肩を突きながら額で当たり左おっつけから突き落としにいくが、鶴竜右を突きつけて崩れず左を再び筈にしようとした。稀勢の里左おっつけ右喉輪で押そうとするが鶴竜右筈左で宛がって寧ろ向正面赤房寄りに押し込む。稀勢の里左足を引いてさらに右で喉を押し、鶴竜の右喉輪を左おっつけで外して左四つ、鶴竜左下手を取ったが右の巻き替えが早すぎた。稀勢の里右上手が取れないが抱えて寄り返し、鶴竜の左下手投げを右小手投げに返し、左がすっぽ抜けた鶴竜の背を右で押して正面青房寄りに這わせた。鶴竜攻め勝っていたにもかかわらず焦ってしまった。 そして日馬富士戦。稀勢の里先に立つと日馬富士左で突こうとし、両者額と額でぶつかり合い、稀勢の里右は何をしたいのかよく分からなかったが左は筈にして押さえ、日馬富士左を伸ばせないまま右で胸を押しながら左腕でも胸を押し上げんとすると稀勢の里挟みつけ、日馬富士の右喉輪を左おっつけで外し、日馬富士が体勢を下げて額で当たり左四つ両廻しを取ろうとすると、稀勢の里上体が立ったが右で首を左に突き、左をこじ入れんとしながら右で抱えんとする。日馬富士右が空いて上手が取れず、右を巻き替えんとしたが稀勢の里の左腕に乗ってしまった。稀勢の里は日馬富士を宙に浮かせて赤房に突撃、日馬富士が右を抜いて突き落とさんとするところ稀勢の里全く構わず寄り切った。立ち合いは五分、そのあとは日馬富士僅かに優勢で稀勢の里は上体が立ったが、珍しく左足一本で堪えた。 稀勢の里は序盤戦左腕が殆ど使えず苦戦していたのが嘘のよう、日馬富士戦の圧勝で総仕上げ…かと思ったが、13日目栃ノ心にゴロリと倒され、そちらが仕上げのようになってしまった。
 13日目 鶴竜(寄り切り)白鵬
 鶴竜の呼吸で立ち、白鵬右でかち上げ気味に当たって左で踏み込もうとするも足が出ない。鶴竜右を固めて頭で当たり左前褌、白鵬右左と胸を突いて鶴竜の上手を切ったが、鶴竜は白鵬の突きを右腕ではね上げて左で払い、白鵬が左を向いて右腕で喉を押さえながら左で突こうとすると鶴竜額をつけて左右と差そうとし、白鵬が逆に額をつけて左でおっつけると右差しの鶴竜左で胸を押さえてから差そうとする。白鵬右左と喉を突こうとしたが鶴竜が挟みつけると白鵬上体が立ち、鶴竜左筈で押し込むと白鵬腰も立って東に後退、鶴竜右腕で喉輪を外し左喉輪、白鵬右で下から喉輪を外したが鶴竜崩れず左筈右喉輪で突いて右左と両差し、白鵬左上手を肩越しに取るも右が宙を彷徨い、両下手の鶴竜が右に寄ると白鵬左上手投げ気味に左に逃れんとしながら右を巻き替えたが、鶴竜左を引きつけて上手投げ気味に赤房に寄り切って圧勝。調子の高低が如実に出た一番。
前画面に戻る