平成29年
○平成29年 1月 優勝 大関 稀勢の里 寛 14勝 1敗 1
 西横綱日馬富士は調整不良のまま出場したが 5日目に右大腿を痛め、翌日無理矢理出て白星を得たものの結局 7日目から休場した。 東横綱鶴竜も崩れて11日目から休場となり、 3横綱の中でいちばん下、東の 2番目だった白鵬は 8日目から西に廻され、12日目からまた東に戻される慌ただしさだった。 照ノ富士も琴奨菊も膝が利かず、照ノ富士は 4勝で琴奨菊は 5勝、琴奨菊は大関から陥落した。腰痛が重かった豪栄道は勝ち越したものの12日目に右足首を捻じって休場し(これで稀勢の里が不戦勝となり拍手が沸き上がったのは珍奇な光景であった)、 新年早々上位は大崩れとなった。中日を終えて勝ちっ放しは稀勢の里のみ、 1敗で白鵬と貴ノ岩が並んでいたが、 9日目白鵬は安にはね飛ばされて連敗となり、 稀勢の里が琴奨菊に敗れて貴ノ岩と並ぶ。10日目に貴ノ岩が 2敗となり、 2敗には逸ノ城と蒼国来もいた。12日目に蒼国来が 3敗となり、 13日目に安に逆転負けし 3敗となった貴ノ岩が、翌日 2敗の白鵬に当てられて完勝、このとき稀勢の里は既に 1敗を守っており、14日目で稀勢の里の優勝が決定、 稀勢の里は千秋楽、白鵬の無謀な突撃を堪え、左から突き落として14勝とし、これまでの高い安定度を買われて横綱に推された。 玉鷲・安・蒼国来・御嶽海・北勝富士と活躍力士が多く、活気があって上位の崩壊を充分に補った。
・優勝決定の一番 14日目 稀勢の里(寄り切り)逸ノ城
             貴ノ岩(寄り切り)白鵬

 ここまで 1敗の稀勢の里は 3敗の13枚目逸ノ城と対戦。逸ノ城立たんとしたが稀勢の里動かず逸ノ城両手を着いて止まり、再度逸ノ城両拳を着いて稀勢の里の呼吸で立つ。稀勢の里両足跳びで立って左を固め右を筈にしながら額で当たると逸ノ城は右を固めて左でおっつけんとするが、稀勢の里左を固めて押し合いながら差し手争い、逸ノ城右を入れようとすると稀勢の里左でおっつけ、右を覗かせて左を割り込み、左を返して正面に攻め入り、左膝で退路を断って寄り切った。 稀勢の里の取組は結び 3番前だったので、稀勢の里は支度部屋に引き揚げている。辛うじて 2敗を守ってきた白鵬は 3敗で抜擢された10枚目の貴ノ岩戦。 白鵬見て立ち両差しを狙うと貴ノ岩やや右に立って左を固め右上手を取りにいく珍しい動き。白鵬左を一度抜いて右を差しにいき左もこじ入れんとしたが貴ノ岩体勢を下げて左右でおっつけ、白鵬が左を抜いて肩越しに上手を欲しがると貴ノ岩右差し下手、白鵬も右下手を取ったが貴ノ岩左でおっつけ、猛然と東土俵青房寄りに攻め込んだ。白鵬右下手を頼りに堪え右に廻るが腰が浮き、貴ノ岩左上手をやや深く取ってなお煽ろうとすると、白鵬右から捻って力ずくで左突き落としにいったが、貴ノ岩左足で踏ん張りながら右を突きつけると、白鵬右を抜いて上手を切ろうとしたが逆に自分が浮いて寄り切られた。白鵬両差しに拘って後手を踏み、貴ノ岩の猛攻の前に自体を支え切れなかった。 難産だった稀勢の里の優勝は、この場所あと 1日を残して決まった。
・好勝負
 初日 嘉風(吊り落とし)千代翔馬

 千代翔馬左で肩を突いてから頭で当たり右前褌を探るが、嘉風額で当たって右で宛がいながら左を差しにいく。千代翔馬右が取れず、左で首を引いて右に廻ったが、嘉風つけ入って右で宛がって正面に進み右を覗かせ、千代翔馬が困って左に逃れながら外網打ちにいこうとすると嘉風ついていきながら左後ろ立て褌をサッと取り、千代翔馬の右につくや持ち上げ、逆さまにして東に千代翔馬を左手から落とした。豪快無比の勝ち方、対して初顔でこうやられた千代翔馬のショックはいかばかりか。
  4日目 稀勢の里(突き落とし)松鳳山
 稀勢の里先に立って左を固めると、松鳳山頭で胸に当たって右左と両差し、稀勢の里すぐに左で松鳳山の右腕つけ根を掴みながら左に廻り、松鳳山が両筈で追いかけると稀勢の里白房下で余裕を持って左突き落とし、右で頭を押さえて引っ繰り返した。 相撲そのものは全くどうということもない内容で、行司玉治郎は逃げ場こそなかったもののしっかり足許を見ていたが、軍配を何と西の松鳳山にあげ、すぐに白房の大鳴戸(出島)審判が物言いをつけたが、友綱(魁輝)審判長が玉治郎と話をすると、玉治郎は稀勢の里が西ではなかったことに気づいて東に再度軍配をあげる。 その間に大鳴戸審判だけでなく東の放駒(玉乃島)審判も立ち上がり、当然のことながら物言い協議、これは簡単に終わったが、審判長の説明は考え考えだった。「只今の、協議について、説明致します。行司軍配、松鳳山に、一度あげましたので、えー、行司、本人も、あげたのを、分かって、えー、勝負つい、(言い直す)稀勢の里が勝ちということで、 あげ直しましたけども、協議の結果、稀勢の里の勝ちとします」という苦心惨憺ぶりが滲む説明を読み解けば、玉治郎は稀勢の里の勝ちであることを認識していたが東西を間違えたということ、それと「あげ直しました」の次に「けども」と続けたので稀勢の里にあげ直したことは無視され差し違いとして扱われるということが表されてはいるので、上手ではなかったが説明としては足りている。 問題があったのは物言い協議によらず審判長指示だけで軍配をあげ直させようとしたらしく見えた最初の処理方法で、若手行司を指導する場合ならば良いと思うが、十枚目以上の行司に行うべきことではなかった。一方、捗々しくなかった説明ぶりを責めるのは、この珍しい事態の場合は酷にすぎよう。尤も、過去には行司軍配がどちらにもあがっていなかったために柏戸の鏡山審判長が困ってしまった例(昭和55年 5月の楽日・鳳凰−蔵玉錦)もある。
  4日目 御嶽海(押し出し)鶴竜
 鶴竜頭を下げながら右を固めて左で前褌を狙うと御嶽海額で当たって右左と突き上げ、突っ張らんとする。鶴竜捌いて左差し右上手を探ったが指が掛からず、次いで左右と喉を突き上げ白房に攻めて仰け反らせたのに、右で首を引いたのは早まった。御嶽海立ち直って右左と突くと鶴竜正面で右横褌を取って左で首を引きながら右に廻るが、御嶽海左を筈にしながら左に体を寄せ、右で鶴竜の左腿を押しながら攻め込み、右でおっつけて向正面に押し出した。御嶽海の当たりはまだ腰が浮き加減だが、その場で足踏みすることなく踏み込めた。他方鶴竜は引きが早すぎて大失敗、大崩れして途中休場した。御嶽海は 2横綱 2大関を倒して11勝。
  6日目 日馬富士(寄り倒し)玉鷲
 日馬富士は前日隠岐の海に左下手投げを打ったとき右大腿に肉離れを起こし、休めば良いのに出場、右肘のサポーターはつけていないが右腿全体にテーピング。玉鷲頭を下げて両手で肩を突こうとすると日馬富士低く突っ込んで左右でおっつけんとし、玉鷲の突っ張りを宛がい、左を覗かせて右でおっつけんとする。 玉鷲右で抱えて左で日馬富士の右腕を押さえ、右小手投げで振る。日馬富士右下手前褌を引いて青房に進むと玉鷲左おっつけで右上に振り飛ばそうとしたが、日馬富士右足を大きく上げながらも左足で堪え右下手を突きつけて寄り倒した。勝つには勝ったが負傷は悪化、施すべき治療を遅らせることがそもそもおかしなことで、やはり 7日目から休場した。
  6日目 荒鷲(寄り切り)鶴竜
  8日目 荒鷲(寄り切り)白鵬

 初めて上位と当たる地位にまで上がった荒鷲は序盤 1勝どまりだったが、 6日目から 2横綱を倒して驚かれた。鶴竜右を固めて右肩で当たりながら左前褌を狙って取ったが、荒鷲右を固めて右肩で当たりこれまた左前褌、次いで右でおっつけながら左に廻って出すと鶴竜は左が切れ、鶴竜右腕と左手で押すが荒鷲左を離さず右を差さんとしながら出んとする。鶴竜左で叩いて右に廻ろうとしたが荒鷲右で胸を押しながら鋭く白房に寄り迫り、鶴竜左で宛がわんとするところ荒鷲右喉輪で西に寄り切った。額ではなく右肩で当たって左前褌を許した鶴竜、調子を一枚おろすつもりのところ二枚おろしたような相撲で敗れた。 7日目は宝富士に敗れた荒鷲、中日は初めての結びで白鵬戦。白鵬右を固めて右を差そうとしながら左を開けて後ろ褌を取りにいくところ、荒鷲右肩を出し加減に右を固めると見せながら左に出てサッと横褌、素早く左に廻り込む。白鵬手を掛けた左上手が切れ、右足を軸にしてついていったあと左足で支えながら左で抱えて右から起こそうとしたが、荒鷲右を大きく返して向正面に攻め入り、左上手を突きつけて堂々寄り出した。白鵬は三枚おろしたような立ち合いをして崩され脆敗し、初顔相手の連勝も28で止められ、朝青龍が記録した34に届かなかった。荒鷲は作戦勝ち、一から十まで思う通りに事が運び、左の引きつけ右の返しの型の良さも存分に見せた。荒鷲は翌日照ノ富士にも勝ち、 6勝のうち横綱大関から 3勝で大物喰いとして頭角を現し、翌場所も日馬富士を破った。
  7日目 蒼国来(寄り切り)千代皇
 蒼国来の呼吸で立ち、千代皇額で当たって右差し左で上手を狙うと、蒼国来右を差して下手を引き左で抱え、次いで左でおっつけるが、千代皇右を入れ、蒼国来が左前褌を狙って取れずにいると千代皇右を上げんとしながら左でおっつけて黒房に進む。蒼国来は左上手を取るも一枚、大いに伸びるが寄り返す。千代皇左でおっつけてなお白房に攻めんとするが、右を肘まで入れる。千代皇右で掬うが、蒼国来腰を据えて白房に寄り詰め、腹に乗せるようにして寄り切ろうとする。 千代皇左上手を取って堪え、蒼国来が寄りに寄って腰をさらに落とし、寄り切ろうとすると、千代皇耐え抜いて上手投げ気味に左に廻ろうとし、蒼国来の右外掛けをもよく堪えて西土俵黒房寄りで一呼吸、場内大いに沸くところ、蒼国来また引きつけて出んとする。千代皇右下手投げ気味に振ろうとしたが、左爪先で蛇の目を踏んで敗れた。蒼国来は12勝の大勝ち、左四つの型を評価されて技能賞を与えられた。
  8日目 豪風(一本背負い)魁聖
 魁聖右を固めながら左でおっつけんとすると豪風額で当たって右で肩を突きながら左おっつけ、次いで右で頭を押さえて左突き落とし、左を巻き替えて両差し、左を大きく返し、左上手を取った魁聖が右上手をも肩越しに探ると豪風左を浅くして許さず右を返そうとし、魁聖が右をおっつけに替えて前褌を探ると豪風腰を引いて与えず、魁聖が出んとするところ豪風左に廻って左を抜き、魁聖の右を泉川に取って黒房で思い切り良く腕捻り、豪快に捻じ伏せた。 公式には一本背負いが採られ、場内どよめき渡ったが、典型的な腕捻りであった。豪風が前回に一本背負いを採ってもらったときはねちっこく引っ張り続けてのもので、それに対して今回は誠に鮮やかだった。 十枚目で13日目に宇良が天風を倒した一番が公式には「襷反り」と発表されたが全く襷に掛かっておらず、決まり手が些か大袈裟な印象を受けた。
 12日目 玉鷲(押し出し)琴奨菊
 玉鷲動かずやり直し。琴奨菊額で当たって右で引っ張り込みながら左を下から差そうとしたが、玉鷲頭で当たって右で肩を押さえながら左筈、次いで右喉輪で西に押す。琴奨菊左膝が利かず左足を大きく下げて徳俵に掛けたが、玉鷲が左筈右喉輪で仰け反らせたあと右で胸を押して左を脇腹に宛がうと、琴奨菊全く堪えられず押し出された。琴奨菊の大関陥落が決まった。
◎平成29年 3月 優勝 横綱 稀勢の里 寛 13勝 2敗 2
 新横綱稀勢の里と最古参の白鵬とがどう争うか、という前評判のはずが、初日早々白鵬が呆気なく這ってしまい、白鵬はあえなく 5日目から休場となった。 日馬富士と鶴竜はいずれも琴奨菊に初黒星をつけられ、振るわないままやっと10勝に乗せた。 2横綱に勝った琴奨菊だが終盤に息切れ、 9勝にとどまり大関復帰を逸した。 豪栄道は右足首が治らず 6日目から休場となり、大関は照ノ富士が 1人残された。稀勢の里と安の兄弟弟子が初日から10連勝し、16年 3月以来( 2人だけということならば15日制下初)の快記録を樹立、 照ノ富士が安に吹っ飛ばされただけの 1敗で追っていた。安は11日目から 3連敗したが、稀勢の里は12連勝まで星を伸ばす。下位に下がった栃煌山も 1敗でいたが12日目から 4連敗、 結果からみれば12日目には稀勢の里と照ノ富士に絞られていた。稀勢の里は押される相撲が 5番あったものの、概ね余裕のある動きで星を落とさない。 照ノ富士は左前褌狙いが決まっていたが、10日目から相撲が長引き始め、左膝は限界に近づいてきた。13日目、照ノ富士は鶴竜を懐に入れて苦闘したが強引に寄り切る。 一方の稀勢の里は日馬富士の猛攻を突き落とそうとして左腕から胸の筋肉を痛めたが、休まず出続ける。14日目、照ノ富士は琴奨菊を呆気なく退けるも、稀勢の里は相撲にならず鶴竜に敗れ、 ここで照ノ富士が稀勢の里を追い抜いた。千秋楽は稀勢の里に照ノ富士の顔合わせ、稀勢の里動き勝って右突き落としの勝ち。両者相星となっての決定戦、両差しの照ノ富士を右小手投げで振り倒した稀勢の里が再逆転して連続優勝となった。 熱狂的な物凄い喚声だったが、強引な出場を目の当たりにしては、喜ぶのは不思議なことだった。若手が伸びて上位陣を突き上げ、上位陣の大崩れにもかかわらず充実著しい場所ではあったものの、稀勢の里・勢・魁聖あたりの強行出場は大問題といえよう。 千秋楽の三段目、翠富士に前褌を引かれた西山の前垂れが土俵に着いたところ、九重(千代大海)審判の指示で勝負ありとされてしまう規則の誤適用があった。
・優勝決定の一番 千秋楽 稀勢の里(突き落とし)照ノ富士
             稀勢の里(小手投げ)照ノ富士

 前日来稀勢の里は左肩から腕にかけてテープ、前日より範囲が広がる。照ノ富士も前日来左膝のサポーターの範囲が広くなっている。 照ノ富士が右肩を出して右かち上げ気味に腕をぶつけんとしながら左で前褌を狙うと、稀勢の里はその場で見て左を固めながら右に変わって右上手狙い、そのまま突き落としにいき、止める理由は見つからないが伊之助の待ったでやり直しとなる。 照ノ富士右差し左横褌狙いで立つと稀勢の里今度は左前に跳んで飛び違いにいき、左で突き落としながら右で頭を押さえて左に廻り、照ノ富士がついていって右を筈にすると稀勢の里右で横ッ面を押し放そうとし、 照ノ富士が左で宛がって右を覗かせ左前褌を探ると稀勢の里左を巻き替えて右でおっつけ、照ノ富士が右から去なすと稀勢の里左を固め、照ノ富士が右を固めて額をつけんとすると稀勢の里も額をつけて右を覗かせ左でおっつけ、向正面赤房寄りに進んで右を抜き左を差そうとし、下手前褌を探る。 照ノ富士右で強くおっつけるが、稀勢の里右で抱えて動ぜず、照ノ富士右で前褌を引くと、稀勢の里これを切ろうとし、右に廻って右突き落としにいく。照ノ富士左膝が崩れて右足が外に流れ、さらに稀勢の里が白房で右に廻って左で頭を押さえながら右で突き落とすと、照ノ富士白房に跪いた。照ノ富士は右で稀勢の里の左をよく攻め右前褌も取ったが、稀勢の里の左が前日よりは利いていた。 結びの一番を挟み、東西入れ替わって決定戦。呼吸合わず照ノ富士立って右差し左前褌狙いで額で当たったがやり直し。稀勢の里先に立ち珍しく両手で肩を突くと、照ノ富士右を固めて額で当たろうとする立ち合いから両差し左下手を引く。 稀勢の里いきなり右腕で首を突き落としながら右に廻り、照ノ富士が左肘を張って右差し手を返そうとすると稀勢の里先に動いて右に廻り、黒房で体を開いて強引な右小手投げ、照ノ富士左足を大きく出して切り返し気味に防ごうとしたが巻き上げられ、稀勢の里がさらに左足を左に引いて小手投げを打つと、照ノ富士右足を送れず黒房に右肘から落ち、稀勢の里の連続優勝となった。 照ノ富士はすべきことをしたのに足がついてこず、熱狂の渦の中、茫然自失の体。
・好勝負
  3日目 蒼国来(叩き込み)日馬富士

 蒼国来は33歳にして初めて結びを務める。綺麗に立って日馬富士左で喉を突きながら額で左肩に当たって右外筈、左で押し上げて白房に進もうとし、蒼国来が左を抜いて左に引き落とすと日馬富士踏ん張って額で右肩に当たり左右で挟みつけるが、足が動かず腰が上がってしまう。 蒼国来向正面で左を覗かせて右でおっつけると、日馬富士右が上がってしまい左に飛んで右で叩く。蒼国来が残ると日馬富士右で肩を押しながら左外筈で西から押していこうとしたが、蒼国来が引いて黒房に下がると日馬富士右足がついてこず、その右足で跳びながら右手で廻しを押し左も伸ばしたものの、 蒼国来が西の徳俵に右足を乗せると、日馬富士は届かず右肘と右膝から黒房に落ちた。解雇無効の訴訟を勝ち抜き復帰してから 4年弱、蒼国来遂に初金星を獲得した。
  4日目 勢(寄り倒し)白鵬
 白鵬は場所前田子ノ浦部屋で安や稀勢の里と稽古をしたが、安との稽古で右足裏の皮がめくれてしまった。仕方がないので右足親指を痛めたときのように両足跳びで体当たりの立ち合いに頼ったが、 初日早々正代に敗れ、このとき再び皮がめくれてしまった。 2勝 1敗の 4日目は勢戦。勢先に左前褌狙いの恰好で左手を出し、それから右差し狙いの形。白鵬は両足跳びで右肩から当たり左前褌を狙うが全然取れず、右を差そうとしながら腰を落として左でおっつけんとしたが、 その左がひどく甘く、勢が左おっつけで出ると白鵬は左足を大きく引いたものの根こそぎ赤房に下げられ、勢が右をガバッと返すと白鵬の腰は一度に上がってしまい、右に廻って左で引っ張り込んだあと、覗いた右を抜きながら左小手投げにいって体を廻そうとしたものの、勢が右を突きつけると白鵬は頼みの左足が呆気なく上がって飛ばされ脆くも敗れ去った。 伊之助の軍配は何らの躊躇もなく西の勢で、そのまま勢の勝ち名乗りも済んだところで正面藤島(武双山)審判長が物言いをつけた。多賀竜の鏡山審判長時代に随分難ぜられていた通り、物言いをつけて良いタイミングを逸したもので、あってはならないことである。 相撲自体も微妙さがあまりなく、白鵬が飛ばされるのがあまりにも早すぎて小手投げを認めることが困難、協議はやや長かったが白鵬の体がなくなるのが先と認められ、軍配通りに決した。得られた結論はこれ以外にないものだが、物言いの手続きに瑕瑾があったのが惜しかった。 白鵬は右足親指を再び痛め、右大腿も打って腫れ、 5日目から休場した。勢も右上腕の筋肉を痛め、日を追うごとに患部が青く変色したが、出場を強行した。
  5日目 大栄翔(押し出し)貴景勝
 額同士で当たり合って貴景勝両手で突こうとすると大栄翔右の突きが効かないが左で胸を突き、突き返す。土俵中央やや正面寄りで突っ張り合い、貴景勝額で当たって突っ張りで赤房に攻めようとすると大栄翔突き返そうとするが、貴景勝右から宛がって左に崩し左喉輪、大栄翔青房で外し右腕で胸を押しながら左喉輪で押し返し、右に廻って土俵中央、額をつけ合って右で肩を押さえ合い数呼吸。 貴景勝押し上げんとすると大栄翔腰を入れて堪え左横褌を探り、次いで大栄翔猛然と突き返して東に攻め込み、左に引き落とそうとする。貴景勝両手で突くが大栄翔右おっつけで去なし、正面に突っ張って攻め込む。貴景勝左に廻って逃れんとしたが棒立ちとなり、青房に押し出された。いい相撲だったと思うが、その割に拍手が少なかったのは意外だった。 両者ともに11勝を挙げ、貴景勝は敢闘賞を受けた。
  6日目 安(押し出し)照ノ富士
 照ノ富士右を差そうとしたが左は引っ張り込むのかおっつけるのか不明な動き、安右肩で当たって撥ね飛ばそうというような立ち合い。照ノ富士やや黒房に後退すると安左喉輪右で肩を押し、左で仰け反らせて右で胸を押し上げ、照ノ富士が左でおっつけんとすると安右喉輪、両手で胸を突いて正面に押し出した。安は前場所の白鵬戦と同様、一方的に勝った。
  8日目 宇良(送り出し)琴勇輝
 琴勇輝の手着き不充分でやり直し。 2度目は宇良が立たずやり直し。 3度目、琴勇輝両手で肩を突いて突っ張ろうとすると宇良は宛がってはね上げ、寧ろ右筈で押し返す。琴勇輝両手突きで突き返さんとすると宇良右に開く。琴勇輝赤房に突っ走り、向き直ったところに宇良かまして両筈、琴勇輝堪えてはね上げ、宇良が再度かまして両筈になろうとすると琴勇輝右を固めながら左でかち上げる。 宇良は天井向きになり、さらに左喉輪を浴びて反り返ったが、よく堪えて左で胸を押し右筈から両手で一突き、琴勇輝が攻め返さんとするところ、宇良右に飛んで去なし、後ろについて正面に送り出した。正面で琴勇輝が体を廻し右に払いのけたので、宇良も吹っ飛んで正面溜まりに落ちた。これは宇良の凄い腰。
 11日目 鶴竜(上手出し投げ)安
 安左右を固めて胸で当たろうとすると鶴竜右を固めながら左で胸を突いて額で鋭く当たり、右左と小さく突いて右下手を取りにいく。安右に廻って左をこじ入れると鶴竜額をつける。安は左半身、少し東に出んとする形で下手を引き、右からおっつけんとするが、鶴竜左を返す。 安左下手を深くし、またさらに深くし、下手投げで振る。鶴竜起きず、左に廻って向正面、安の右巻き替えを許さず、安が左下手投げで振って土俵中央で右を入れんとすると鶴竜左前褌を探る動きで許さず、安が右で抱えんとするところ、鶴竜左を抜きながら鋭く右に廻って右上手出し投げ、左で首を押さえて西溜まりに投げ落とした。 勝ちっ放しの安を止め、翌日は日馬富士も安を一蹴、不調の両横綱が意地を見せた。
 12日目 照ノ富士(浴びせ倒し)遠藤
 遠藤左を固めながら右を筈にせんとすると照ノ富士左で張って右でかち上げ、左を差そうとする。遠藤これを引っ掛けて右上手を探ると照ノ富士も右に廻り、右でおっつける。遠藤右喉輪で突き上げんとすると照ノ富士左おっつけで外し右を差そうとする。遠藤左を巻き替えると照ノ富士右でおっつけんとしたが空を切って右上手を肩越しに引く。 遠藤左下手を深く引き、少し差し手を争って両差し、右下手も深く取って右下手投げ気味に東に寄り立てる。照ノ富士右上手を頼りに堪え、左で抱えて腹に乗せるというよりぶら下げる形で土俵中央に戻し、右に切り返して東寄りに捻じ伏せた。化け物級の相撲。
 13日目 日馬富士(寄り倒し)稀勢の里
 稀勢の里先に立って右で肩を突きながら左でおっつけんとしたが、やや左は甘かった。日馬富士右で踏み込んで額で当たり、左下手を取って右も覗かせ左肘を張り、稀勢の里が右で抱えると日馬富士西に突撃、稀勢の里左小手から捻りながら右小手投げにいかんとしたが左足は早くも俵の上、 日馬富士煽ると稀勢の里右を首に巻いて左から突き落としにいったが、日馬富士が右を突きつけると稀勢の里は反対に左下に崩れ、寄り倒されて西溜まりに転げ落ちた。稀勢の里の左の踏み込みも悪かったとは思わないが、前日来日馬富士の右の踏み込みと突っ込みが冴えており、立ち合い負けした。 稀勢の里は溜まりに落ちる際には土俵に倒れてから少し跳ねて転がり落ちたので、溜まりで強打してはいないとみられるが、左突き落としの際に日馬富士の一煽りの威力を受けて左腕から胸を痛め、溜まりで30秒ほど立ち上がれず、呼出に廻しを引っ張って貰って立ち上がり、呻き声を出しながら引き揚げたあと、救急車に乗り病院に向かった。
 14日目 照ノ富士(叩き込み)琴奨菊
 照ノ富士早すぎ琴奨菊やや遅く、照ノ富士立ってやり直し。琴奨菊右を固めて左前褌狙いで額で当たろうとすると、照ノ富士右で頭を叩いて右に逃げる。琴奨菊足がついてこず右肩から西にゴロリと倒れ、二字口で一礼もせず土俵を降りた。琴奨菊これで 6敗、場所後の大関復帰がなくなった。館内激しいブーイングの嵐。
前画面に戻る