明治42年
 両國相撲常設館開館式は 6月 2日、好天に恵まれて堂々挙行された。 4人の宮様、米国英国の大使、他多くの名士が顔を揃えた。午後 2時に土俵祭りが23世追風の司祭、庄之助・伊之助の介添で執行され、 方屋開き、梅常陸による三段構え、余興の取組と滞りなく済んだ。また、江見水蔭の命名により「国技館」と名づけられた。
○明治42年 6月 優勝 前7 高見山 酉之助  7勝 3分 1
 この場所より常設館での興行、幕内力士も10日間出るようになった。また正面と向正面が逆になるなどの変化も出た。 新大関に太刀山。東西対抗制度が確立し、幕内最優勝者には、協会からではないが表彰が行われ優勝額が贈られるようになった。 物珍しさも手伝って好況である。 2日目には太刀山が高見山に敗れて騒がれ、翌日には常陸山も太刀山に屈して凄まじい騒ぎとなった。 結局常陸山は 7勝 1敗 2分で優勝額には手が届かず、太刀山も 8勝 2敗では駄目で、梅ヶ谷や國見山には分けが多くいよいよ晩年に傾いていることを示す。 駒ヶ嶽に至っては怪我があって負け越した。結局意外にも初の優勝掲額は鈍州高見山のものとなった。 東西対抗は85−59で東の常陸山陣営が勝って、高見山が旗手も務めた。千秋楽も幕内力士が出ることにはなったが、気の入らぬ相撲が続出して評判は散々だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 鳳(引き分け)高見山
 立つや所謂手四つとなり、鳳が振りほどいて左を差すと高見山は右から巻き込み、 鳳は勝手が悪いので振りほどき手四つ、鳳は突いたり蹴ったりするが高見山は動かず、 鳳焦れて左差し、高見山は右から抱えて左差しとなり、動けず水入り。再開後は鳳まず右掛け投げ、次いで左掛け投げにいったが、 高見山には効かず遂に引き分け、これにより高見山は 7勝 3分で第 1回の優勝額を獲得した。
・好勝負
  2日目 高見山(寄り倒し)太刀山

 太刀山はいきなり素首落としから足を掛けるが、高見山は動かず右四つとなってどんどん寄り進み寄り倒した。 国技館内がどよめきわたる大番狂わせ。
  3日目 太刀山(押し倒し)常陸山
 太刀山は常陸山の気を逸らして立ち上がり猛然突っ張り。常陸山はこれを受け止め右差しから寄り詰めたが、 太刀山は振りほどいてまた突き合い、常陸が右差しで出ると太刀山再度振りほどいて突っ張る。 遂に太刀山突き勝って見事に押し倒した。館内は座蒲団や火鉢が舞う凄まじい光景を呈した。
  4日目 鳳(内掛け)駒ヶ嶽
 鳳は左差しから例によってケンケン、 2度は防いだが 3度目で駒ヶ嶽はコロリと横転した。
 千秋楽 梅ヶ谷(引き分け)常陸山
 左四つ互いに廻しが取れず、梅ヶ谷が下手を取ると常陸山も取る。互いに出ず水。 再び取り組もうとすると四囲から罵声が飛び交い、その中で再開。常陸山は梅ヶ谷の下手を切りにいくが切れず、 上手を狙うも取れず。梅ヶ谷は全然動かず、結局引き分けた。
前画面に戻る