明治43年
△明治43年 1月 優勝 横綱 常陸山 谷右エ門  8勝 2分 1
 新大関に西ノ海。この場所は東方が奮闘し、総帥の常陸山が土つかずのまま優勝額を受けた。 西ノ海は分けだの預かりだのが山をなし、ひどい不成績。他方駒ヶ嶽は元気を取り戻した。 梅ヶ谷は前年来の神経痛がひどく、場所前にはどっと床に就いてしまい、初日無理して出たが完敗して休んだ。 國見山は途中休場、鳳は期待外れの大不振で西方は引き離された。従って東西対抗は69−58で東の勝ち。旗手は千年川。
・優勝決定の一番 千秋楽 太刀山(引き分け)常陸山
 常陸山は風邪で高熱を発していたが無理に出場した。太刀山がちょっと突いて左四つ、常陸山は上から抱き込んだ。 太刀山は自分の身長が邪魔して動きが取れず、ちょっと下手投げを見せてすぐ水。 再開後も太刀山ちょっと下手投げを打っただけで動けず引き分けた。 常陸山は 8勝 2分、駒ヶ嶽の 6勝 2預(蔭星 1)を抑えて最優勝力士となった。
・好勝負
 初日 山泉(去なし)梅ヶ谷

 神経痛を押して無理に出た横綱梅ヶ谷である。山泉がぶちかますと梅ヶ谷は突き返し、 梅ヶ谷はさらに右を差そうとしつつ出たが、山泉は梅ヶ谷の左を引っ掛けて去なした。 梅ヶ谷は大いに泳いで東溜まりに走り込み完敗。やはり休場した。
  5日目 西ノ海(預かり)鳳
 左四つから投げの打ち合いとなり、鳳が寄り詰め、西ノ海が残して寄り返し、 逆に西ノ海が吊り身に出て寄り倒そうとするところ鳳が打っ棄り。軍配は鳳で物言いがついて預かり。
  6日目 國見山(引き分け)朝嵐
 立って國見山が右でちょっとあてがって左四つ、互いに上手を引き合った途端、國見山の膝がガクリと外れてしまった。 朝嵐は國見山を支えてやって水とし、國見山がなお組もうとするが控えの常陸山が「痛み分けにせよ」と言ったので痛み分けに落ち着いた。 当時「情けの八百長」と言って評判になったものである。
×明治43年 6月 優勝 大関 太刀山 峰右エ門  9勝 1分 1
 常陸山は 3日目から休場、梅ヶ谷は神経痛が良くならず指の怪我もあって初日から休場、乞われて 5日目に出場して引き分け、翌日より休場した。 太刀山が 9日間全勝、千秋楽は駒ヶ嶽と力相撲の末引き分けて危なげなく優勝した。 西方は太刀山の他に國見山が元気であった。東方は駒ヶ嶽の成績不振、西ノ海は途中休場、総帥常陸山も途中休場で大いに危うかったが、 朝嵐改メ朝汐の奮闘に救われて東西対抗を73−68で制した。旗手は朝汐。
・優勝決定の一番  9日目 太刀山(押し切り)大湊
 大湊が右を差すところ太刀山はそれを抱えて右筈一気に出て押し切り呆気なく優勝。
・好勝負
  3日目 太刀山(突き出し)小常陸

 後援者の謀略であまりにも有名になった一番である。小常陸の後援者は、 太刀山戦を前にして太刀山を宴席に招き、酒を勧めてどんどん飲ませた。太刀山も喜んでぐびぐび飲り、 機嫌良くその夜を過ごした。計略に拠れば、あれだけしこたま飲ませれば、太刀山とて所詮人間、 二日酔いで腰砕けになるはずだった。果たして新小結の小常陸、丸い体躯を太刀山にぶっつけた。 次の瞬間、小常陸は太刀山の前にはいなかった。小常陸は突き飛ばされて空中遊泳、砂かぶりを飛び越えて、桟敷の仕切り板をメリメリ破り、 4列目に墜落。右足首負傷で翌日から休場の憂き目に遭った。
  4日目 陣立(衣被き)駒ヶ嶽
 立つなり陣立は首を駒ヶ嶽の右腋下に突っ込んで襷になり、駒ヶ嶽が残ると今度は衣被きの形に担ぎ上げ、 そのまま落として勝ってしまった。
  8日目 太刀山(寄り切り)八嶋山
 太刀山は大成長して人間離れした恐ろしいばかりの強みを示して 7戦全勝。 この日は初挑戦の八嶋山が相手である。観衆は八嶋がどんな負けっぷりを見せるかと半ば揶揄いながらの見物である。 東京朝日新聞の記事を要約すると、「八嶋山の右差しを太刀山は抱えて出ながら右差し、渡し込んで簡単に勝つ」とのことだが、 どうやら太刀山が両腕を広げて歩むと、八嶋山はジリジリ後退、結局ただの一度も太刀山の体に触れることなく八嶋山は土俵を割った、 というのが真相のようだ。
 千秋楽 太刀山(引き分け)駒ヶ嶽
 烈しく突き合って駒ヶ嶽が必死に喉を押すと、太刀山はこれを外し左腕を引っ掛ける。 駒ヶ嶽は泳いだが残して、駒ヶ嶽は左下手、太刀山は右上手。駒ヶ嶽が下手投げを打ったが太刀山動ぜず水入り。 再開後太刀山が左をねじ込もうとすると駒ヶ嶽は下手投げ、太刀山は外掛けに防いで投げを打ち返す。 そして互いに両廻しを引いて大相撲、互いに吊ろうとしたが決まらず、引き分けとなる。 盛り上がらないこの場所随一の力相撲。
前画面に戻る