明治44年
新橋倶楽部事件
○明治44年 2月 優勝 大関 太刀山 峰右エ門  8勝 1分 1預 2
 紛擾のため初日が延び延びとなり、やっと蓋を明けたところが今度は 2日目の大物言いで西方からの苦情が出て解決に 2日を要した。 そのせいか却って人気が上がり大盛況、梅常陸の両横綱は盛りを過ぎ、引き分けが多くなってきた。 太刀山・駒ヶ嶽による新時代が訪れようと期待も大きく、両大関(駒ヶ嶽は 4日目より出場)は元気だった。 太刀山が土つかずで連続の優勝掲額を受け、 5月に横綱免許を受けた。東西対抗は75−72で東が勝ち、旗手は雲竜である。
検査役不信任問題
・優勝決定の一番 千秋楽 太刀山(引き落とし)西ノ海
 立つなり西ノ海の出端を太刀山が引いた。西ノ海は右手を太刀山の左足にかけて残そうとしたがならず、脆くも這ってしまった。
・好勝負
  2日目 鳳(預かり)西ノ海

 鳳が素早く左四つとし上手を取るや上手投げを打ち西へ出ていった。西ノ海は堪えるが鳳はすかさず浴びせ倒して軍配を貰った。 しかし常陸山、体が割れたと物言いをつけ、勝負附は預かりで鳳の丸星、西ノ海は星なしとなったが、この相撲が元で西方力士が激昂、検査役不信任問題が起こった。 土俵も 1時間空き、さらに結びの常陸山−千年川は中止引き分けとなってしまった。
  3日目 伊勢ノ濱(押し倒し)常陸山
 常陸山は前日の紛擾で頭に血が上ったままの土俵、 1回目の仕切りで突っかけてきた伊勢ノ濱を漫然と受けてしまった。 伊勢ノ濱は勇んで両筈、グイグイ出て押し倒してしまった。満場は大喝采だが常陸山には衰色が見えた一番ともなってしまった。
  8日目 太刀山(突き放し)常陸山
 仕切り直しに時間を費やすこと30分、常陸山が声を掛けて立つと太刀山は立つ気を見せず、 常陸山の気を逸らすや猛然太刀山立ち上がり突きまくる。常陸山大いにたじろぐところ、太刀山なお突っ張って突き放した。
  9日目 常陸山(引き分け)玉椿
 左四つとなり、玉椿は右前褌を取って喰い下がった。常陸山は玉椿の左を泉川に抱え、 振り廻そうと試みるが、玉椿は腰を割って低く構え、持久戦となって常陸山持て余し、遂に引き分けとなって評判を取った。
△明治44年 6月 優勝 横綱 太刀山 峰右エ門 10勝 3
 梅ヶ谷と常陸山の両横綱はともに休場した。また國見山も休んだ。 この場所は太刀山と駒ヶ嶽のための本場所であった。両者期待に違わず白星を重ね、 千秋楽は半星差の対戦となった。駒ヶ嶽はこの相撲に勝てば横綱も確実であったが、残念ながら完敗し、 太刀山の全勝優勝となった。東西対抗は79−86で、旗手は玉椿。相撲の内容は悪くなかったのに、 2人だけの本場所というせいだろうか、不入りが続いた。
・優勝決定の一番 千秋楽 太刀山(渡し込み)駒ヶ嶽
 太刀山突き立て左喉輪攻め、駒ヶ嶽はやや下がって右喉輪、太刀山が突き放せば駒ヶ嶽はなお喉を攻める。 太刀山はこの喉輪を外して突き立て左喉輪で押しながら右渡し込み、駒ヶ嶽は正面土俵にドッと倒れた。 駒ヶ嶽はこの敗戦で優勝と横綱を一遍に失った。
・好勝負
  3日目 駒ヶ嶽(引き分け)鳳

 鳳左を入れて寄り詰め、駒ヶ嶽が寄り返して右小手投げ、鳳は残したが駒ヶ嶽今度は高々と吊り上げて胴突きの猛攻。 鳳はよく残し、双方両廻しを引いて大相撲、水入り後は互いに仕掛けず引き分けた。
前画面に戻る