明治44年・新橋倶楽部事件
  1月10日、回向院本堂の広間には関脇朝潮・玉椿以下番附順に車座をなしていた。 高見山や浪ノ音の高砂部屋勢が平生から力士の待遇について議論をしていたが、 そこに緑嶋などが加わって、給金上げの要求を団結して働きかけようという提案をしたわけである。 当時の給金は、新弟子検査に合格すると本場所10日間の給金が 1円、 1つの勝ち越しで25銭の増、 2つ勝ち越すと50銭、 3つ勝ち越すと 1円、それ以上は50銭ずつ増えていくようになっていた。 だいたい幕内上位の力士は45円程度、多い力士で65円だった。仕来りとして、部屋住まいの力士は 4割が自分のもので 6割を師匠に渡し、 部屋に住んでおらず別に居を構える力士は、 8割が取り分で 2割が師匠の分であった。 なお前後を含め本場所の期間中は食費も支給され、巡業中は力士の給金に応じて収入から配当していた。 しかし給金は微々たるもの、世は不景気で物価も高騰、だいたいの生活費は贔屓の援助を仰ぐことで漸う賄っていた。 それゆえ、天下のお関取といえども将来の見通しなど立とう筈もなく、時に協会幹部と掛け合ったものの要領を得ないのが常で、いつも有耶無耶に葬り去られた。 この日の力士会における提案によって(各力士は薄々承知ではあったが)意向を同じうする力士の多いことに勢いを得、 一挙に具体化した。「特別給金を関脇 400円、小結 300円、幕内 200円、十枚目 100円支給することを要求する」というもので、 交渉の委員として浪ノ音や緑嶋ら11人が選ばれ、常陸山・梅ヶ谷・駒ヶ嶽・太刀山・西ノ海・國見山の横綱大関陣を歴訪して趣旨を説明、協会との交渉を依頼したのである。
 常陸山は翌日梅ヶ谷以下の横綱大関を相撲茶屋高砂屋に招き、午前 7時より協議する。 当時の協会の年間支出は国技館建設時の借金の利息も合して 4万円ほど、利益が少なくて年寄連への配当もストップしていた。 常陸山案は、要求は正当であるが現状では無理、従って協会の損失をなくし、なおかつ特別給金をも捻り出すには、現在の10日間興行を15日間とすれば良いのではないか、というものであり、 梅ヶ谷以下も賛成したため、力士会側の委員である緑嶋・柏戸・上ヶ汐を呼んで伝えた。三者はこの案を持ち帰って協議したが、 力士側は「 9日間を10日間に延ばされただけでも苦しいのに」とて応ぜず、逆に「10日間のみの登場で、本場所ごとに損益にかかわらず収入の 3分の 1を特別給として支給せよ」と態度を硬化させた。 斯く聞いた常陸山は大慌て、取締の雷(梅ヶ谷)を訪ね事情説明の上協議をした。
 12日、協会は緊急の役員会を行い、妥協案を決定して両横綱に提示した。曰く、「収入を 4万円と仮定し、 3万 8千円の諸経費を差し引き、残りの 2千円を支給し、 4万円以上の収入があった場合は、その10分の 3を特別給として支給する」と。 両横綱は明くる13日午前に力士会側の委員鶴渡・綾浪を呼んで回答、夜に力士側は両国倶楽部に集結して協議、 しかしながら協会側の妥協案を不満として力士54人は部屋に戻らず、近くの西沢旅館に籠城して交渉拒絶を決定した。 初めから反対していた玉椿は同行を拒み、一人部屋に戻った。14日、力士側の委員綾浪・千年川・黒瀬川は両横綱を出羽ノ海部屋に訪ね、「協会が力士側の要求を入れぬので、我々は自由行動を取る」と通告、 両横綱は詮方なくこれを協会役員に報告、手を引いた。協会は同日役員総会を行い、さらに両横綱も加えて役員協議会で対抗策を決議、そして平年寄まで招集してこれを提示、全権を協会役員に委ねることに決した。 協会の決議は、「横綱大関の意見に背き、協会に叛き秩序を乱すような提案には、如何なる交渉を受けても応じない。そして万難を排して春場所の初日を21日に開く」というものである。 力士側は同日午後、本拠を芝浜館に移し、家族がある者にも理由なき外出は一切許さず、外出時は委員に報告することとした。 その後本拠は新橋倶楽部に移り、そこでは撞球場を改装して稽古場がつくられ、東西連合の稽古が行われた。 また、力士連は後援者をかき口説き、食糧や金銭を調達していよいよ備えを固めた。
 さて、困った常陸山は、出羽ノ海部屋後援会員の三宅碩夫氏(弁護士)に調停を依頼、三宅氏は高橋義信氏と黒岩周六(涙香)氏(萬朝報社長)と15日夜会合し、調停の件を諮った。 三氏は16日夕に新橋倶楽部を訪ね、さらに協会に赴いて意見を促す。協会は翌17日取締・検査役・理事・横綱らが集まって調停案を作り、熊ヶ谷(荒玉)と阿武松(大見崎)とを使者として調停役に提示した。 同日夕、調停者には磯部橘郎氏が加わり、調停案に修正を加えて決定稿とした。要旨は、「力士連は横綱大関に謝意を表し今後横綱大関を信頼すること。 協会は本場所後30日以内に決算を明らかにすること。興行毎の収入が 4万 5千円の場合は 1割、 4万 5千円未満の場合は 5分を横綱大関に与え、関取に分配させるが、賦方は従来通り。 但し横綱大関に渡る金額が 2千円を切った場合は、不足額を協会が立て替え、収入が 5万円を超えた場所の分で埋め合わせること。途中離脱した玉椿については、問題解決時に無条件で和解すること」である。 16日当時の力士連の要求は、「決算の時には東西幕内から各 2名の立会人を出すこと。本場所のための東京滞在時の生活費として 2千円を支給すること」であったから、 力士側は立会人の件が閑却されている点について甚だ不満を持った。18日も協議が持たれたが、結局決裂、調停者は手を引いた。
 同日、力士のうち43人が、本所警察署に鑑札を返納し、赤坂の料理屋「一力」に身を寄せて赤坂警察署から鑑札を買い受け、独立興行を打とうと策し始めた。 この動きに対し、「我々は給金の問題で行動に出たが、協会や師匠に楯突くために行動を起こしたのではない」と、 伊勢ノ濱・黒瀬川・土州山・鏡川・上ヶ汐・太刀音・寒玉子が19日に脱退を申し出た。 対して浪ノ音は「給金の談判で始めた行動だが、協会規約に欠陥が多いためにその点を改正させようと尽力しているのだ」と説得したが、 7人は「行動はともにするが、宿泊は部屋でする。但し稽古は新橋倶楽部で行う」と言って部屋に帰ってしまった。 さらに、緑嶋も同調して新橋倶楽部を去り、両國は常陸山に力士の動静を報告すると言ってこれまた帰ってしまった。 ここに新橋倶楽部側の団結は破綻を来したのである。
 そこに、今度は川村徳太郎・太刀川又八郎・片山保三・堀江善太郎・尾崎卯吉の五氏が調停を申し入れてきた。 そして20日夜から徹夜して新妥協案を作った。その間協会は21日初日の延期を発表している。 新案は「役員選挙は関取衆の意志に任せ干渉しないこと。役員の重任に制限を設けること。横綱大関以外に東西から各 2人と平年寄から 2人の立会人を互選して協会の決算に立ち会わせること。 毎場所総収入の 1割を慰労金として横綱大関以外の関取衆に給し、その 3分の 2を配当し、残りを養老金として積み立てること。関取衆は特に横綱大関に敬意を表し、役員は平年寄を優遇すること」の 5点である。 21日早朝、仲裁者は新橋倶楽部を訪ね、力士側の意見を質すと、別に 3つの要求を出してきた。 「国技館建設費から開館式までの支払い種目を明らかにするために、決算書の提出を求めること。 開館式後一同が不在の間、国技館を他の興行に貸し出した際の総収入の決算書の提出を求めること。 開館前の記念券の発行高を調べ、既に戻った分の切割切符の有無と、戻らない分の残り高を精算した決算書の提出を求めること」である。 仲裁者はこれを常陸山の許に持ち帰り、梅ヶ谷も呼んで示し、前調停者をも呼び寄せて協議した結果、 調停案の 5項のうち、 1・ 2・ 5項目はそのまま、 3項目のうち年寄に関しては協会に一任、力士代表は横綱の手による指名とし、 4項目の慰労金の支給対象には横綱大関も含む、という結論となった。 また、追加要求については、決算書は国技館にあるので閲覧を妨げないということでけりがついた。 仲裁者は修正案を新橋倶楽部に持ち返って力士側に示したが、力士側は、大体はよろしいが、立会人は横綱を選挙長としての互選でなければ認めぬとの由。 さて竹内広太郎氏を代理人としてこの修正案を協会に持ち帰ったのが22日深夜 0時、両横綱の返答は、「力士側の案は容れられないが、指名の際には充分に注意し、 力士全員が安心できるような者を指名する」というものであった。竹内氏は新橋に引き返して報告、力士側も遂に承諾した。この時22日午前 3時である。 この日、春場所の初日は 2月 4日とすることが発表されている。
 23日午後 3時に協会楼上にて協会代表者が調印(両横綱と駒ヶ嶽以外の大関、立会人12名、力士側より高見山・鳳・緑嶋・浪ノ音・綾浪・両國・大湊が列席)、 引き続いて国技館内にて和解式が行われた。力士側は翌24日に新橋倶楽部で解散式を行い、協会は 2月 2日に祝宴を催して大団円となった。

前画面に戻る