明治45年
△明治45年 1月 優勝 横綱 太刀山 峰右エ門  9勝 1敗 4
 梅ヶ谷はこの場所は元気に土俵を務め、慎重ながら西ノ海と駒ヶ嶽の両大関を倒し万丈の気を吐いた。 他方常陸山は鳳に投げ倒されてからはやけに慎重、引き分けばかりであった。 大関陣は西ノ海が比較的元気に土俵を務めたが、対してこの場所も引き続いて横綱を目指した駒ヶ嶽は、 前場所千秋楽の敗戦が尾を引いたかのような気の抜けた土俵、負け越しに終わって横綱どころではなくなってしまった。 太刀山は順当に 4連覇となったが、西ノ海に引き落とされ土をつけた。東西対抗は85−96で西が勝ち、旗手は近江冨士が務めた。
・優勝決定の一番  9日目 太刀山(押し出し)駒ヶ嶽
 太刀山は駒ヶ嶽の気を抜かせて立ち上がり、さっさと押し出した。卑怯この上ない天下の横綱の相撲振り。
・好勝負
 初日 緑嶋(押し出し)駒ヶ嶽

 駒ヶ嶽は緑嶋が大の苦手である。前場所の好成績で引き続きこの場所も横綱を狙う駒ヶ嶽だが、 緑嶋の突っ張りで早くも棒立ち、右おっつけ左筈で簡単に押し出され、この場所は大不元気で負け越してしまった。
  6日目 鳳(上手投げ)常陸山
 鳳が左を差すと常陸山はこれを引っ掛けて小手に振り廻すが、鳳は振りほどいて飛び込み左差し、 常陸山が左掬い投げから出るところを右から出し投げ気味に上手投げ、常陸山は東溜まりに吹っ飛んだ。
  8日目 西ノ海(引き落とし)太刀山
 太刀山が突いて出る端を西ノ海は右へ開いていきなり引き落とすと太刀山は呆気なく這って大番狂わせ。 太刀山が「あれは勝ちを譲ってやったのだ」と言うが、本当かどうか。
×明治45年 5月 優勝 横綱 太刀山 峰右エ門 10勝 5
 常陸山は全休、駒ヶ嶽はすっかり元気喪失、 6勝 2敗 2分と平凡な成績に終わった。 梅ヶ谷も途中休場に終わり、土俵は太刀山の一人天下、太刀駒時代など過去の話であった。 また西ノ海は善戦を見せたが、太刀山と比較するとまだまだ遜色が多分にあり、なおかつ太刀山の上昇速度のほうが早くて追いつけるとも思われない。 鳳が強みを増したのには希望が持てるが、太刀山一人天下では盛り上がろう筈もなく、平凡な本場所に終始した。 また、國見山が引退した。東西対抗は96−85で東が勝ち、旗手は千年川が 2度目の栄誉を担った。
・優勝決定の一番  9日目 太刀山(突き出し)大ノ川
 突っ張り合って大ノ川が土俵を半周ほど逃げ廻ったが結局太刀山が突き出した。
・好勝負
  3日目 太刀山(突き出し)千年川

 昭和の初期までは語り種だった珍勝負である。策士千年川はやけに慎重で全然立たない。 太刀山はじっと窺っているが当然立たない。かくして仕切り時間は 1時間12分。ある人が横浜まで行って戻ってきてもまだ仕切っていたとか言っているが、これはオーバー。 兎も角先に焦れた千年川が立った。太刀山もウンザリしてはいたがよく見て立つなり突いた。千年川は土俵に詰まった。 太刀山はもう一丁ちょっと突いて突き出した。勝負はたったの 2秒。
前画面に戻る