大正 2年
○大正 2年 1月 優勝 大関 鳳 谷五郎  7勝 1分 1預 1休 1
 鳳が新大関として土俵に上がった。この場所は太刀山が風邪をこじらせて休場したが、 西方は奮起して常に優勢、対して東方は朝潮・千年川・高見山らが休んで活気に乏しく、 対抗戦は差がつき、67−85で西の完勝、旗手は浦ノ濱がこれを務めた。常陸山・梅ヶ谷の両横綱は衰えが隠せなくなったが、それなりの相撲を取って貫禄を示した。 逆に西ノ海や駒ヶ嶽は不振だった。一方、新大関鳳は常陸山に完勝し、駒ヶ嶽にも勝つ堂々の大関振りを示し、そのまま個人優勝を獲得した。 伊勢ノ濱や玉椿といった西の三役陣も元気で団体優勝に大きく貢献した。
・優勝決定の一番  9日目 鳳(預かり)西ノ海
 鳳が突っ込む端を西ノ海、鳳の左の引っ掛けて振り、鳳は土俵を飛び出しそうになったが辛うじて堪える。 西ノ海は突き立てて攻めるが、土俵を背にした鳳は必死に突き返しさらに右小手投げで逆転を狙い、西ノ海が先に倒れて鳳が軍配を受けた。 しかし鳳の左足に踏み越しがあるとかで常陸山が無理矢理物言い。預かりとなって星は鳳に与えられた。 翌日常陸山は梅ヶ谷と引き分け。この時点で鳳の初の優勝掲額が決定、鳳は結びの一番で勝って好調の場所を締めた。
・好勝負
  4日目 駒ヶ嶽(小手投げ)梅ヶ谷

 駒ヶ嶽は初日から元気がない。しかしこの日は強かった。駒ヶ嶽がまず左喉輪、梅ヶ谷が外して左四つとする。 駒ヶ嶽はここから煽って寄り立て、梅ヶ谷が打っ棄りを見せるのであと一息のところで用心して水入り。 再開後駒ヶ嶽が再度寄り、左掬い投げを打って梅ヶ谷がぐらつくところ逆に小手投げで転がした。
  5日目 鳳(渡し込み)駒ヶ嶽
 鳳が左を差すと駒ヶ嶽はすぐ小手投げ。鳳はそれを堪えて一気に寄り、内枠から右で渡し込んで完勝した。新大関鳳は元気そのものである。
  7日目 鳳(押し切り)常陸山
 事実上の決勝戦とも言うべき大一番。立って鳳左差し、常陸山がちょっと引くと鳳つけ入って左筈右おっつけで一気に押し切った。 常陸山に何もさせない鳳の強さが目立った。
△大正 2年 5月 優勝 横綱 太刀山 峰右エ門 10勝 6
 前場所に引き続いて東方は元気、そこに太刀山が帰ってきては西方に勝機などあろうはずもなく、 98−66という大差がついて西の圧勝となった。旗手は伊勢ノ濱。西は駒ヶ嶽と西ノ海がともに不成績で失望された。 東は太刀山が全勝、鳳が 8勝 1敗 1分、伊勢ノ濱が 9勝 1敗と首脳陣が荒稼ぎ、西方は手も足も出なかった。 本場所も盛り上がりに欠けた。
・優勝決定の一番  9日目 太刀山(押し倒し)駒ヶ嶽
 太刀山は左喉輪一遍に出て駒ヶ嶽を押し倒した。全く相撲にならず観衆の落胆は大きかった。
・好勝負
  4日目 玉椿(下手投げ)西ノ海

 玉椿突っ張ると西ノ海は逃げる。玉椿はすかさず左を入れ、西ノ海は勝手が悪く右から抱え上げるが玉椿は例によって喰い下がり、 右に前褌を取り、左足を飛ばして三所攻めをやろうとし、西ノ海は暫く用心していたが、強引に投げ出そうとするところ玉椿は左の下手投げを打って西ノ海を転がした。 西ノ海は玉椿戦連敗である。
  7日目 駒ヶ嶽(掬い投げ)鳳
 鳳が左差しに一気に出ようとしたが、駒ヶ嶽が踏み止まって廻り込み、すかさず掬い投げを打った。 これで鳳は土俵を走り出してしまった。駒ヶ嶽は不元気だが鳳の浮いた速攻に助けられた。
前画面に戻る