大正 3年
△大正 3年 1月 優勝 横綱 太刀山 峰右エ門 10勝 7
 伊勢ノ濱が大関に躍進した。太刀山はこの場所もなお強みを増し、連続全勝という途方もない強さ。 豪勇無双の大横綱となって天下を睥睨している。伊勢ノ濱は調子が上がらなかったが、鳳の方はこの場所も好調に勝って 8勝 2敗。 西は常陸山が初日緑嶋に完敗、 3日目にも敗れるに及んで休場、遂に引退した。また駒ヶ嶽は 5日目と 6日目に出て連敗してまた休場した。 かくて西方上位の好調者は朝潮のみ。上位は東が圧倒的優勢だったが、下位は東に休場者が多く、東西対抗は76−90で西が勝ち、旗手は宇都宮であった。
・優勝決定の一番  9日目 太刀山(掬い投げ)近江冨士
 近江冨士は立つなり太刀山の左足を取るが、太刀山は委細構わず左上手から高々と引き上げて、さらに右で投げ飛ばして勝つ。
・好勝負
  3日目 大蛇潟(寄り切り)常陸山

 立ってすぐ左四つ、常陸山が寄って出たが大蛇潟の下手投げの連発に土俵を割って投げ倒されてしまった。 常陸山は翌日から休み、引退した。
  8日目 朝潮(寄り倒し)伊勢ノ濱
 朝潮突き立てて右差し左まで入れ、伊勢ノ濱が閂に極めようとするに構わず寄り立て、真っ向微塵寄り倒した。 この場所朝潮は絶好調、成長を跡づけた。
△大正 3年 5月 優勝 前14 両國 勇治郎  9勝 1休 1
 巡業中に駒ヶ嶽が急死して番附から消えた。常陸山は番附に名を残しているが引退。 西の梅ヶ谷は初日出て引き分け、翌日から休んだ。太刀山は初日から快調に勝っていたが、 6日目に小常陸に休まれて全勝の両國との間に星の差ができた。 太刀山は優勝掲額を目指しているので必死、自分の弟子の寒玉子を休ませて両國と相星にしたのだが、 9日目朝潮と預かり相撲を取ってしまったため結局両國に掲額をさらわれた。 西軍はいくら太刀山が強くとも、鳳が欠場したこともあって支え切れず、東西対抗は敗れた。87−71、旗手は両國。
・優勝決定の一番 千秋楽 両國(撓め倒し)石山
 中入り前に太刀山は西ノ海を破って 8勝 1預 1休。両國は立つや石山の右を泉川に撓め、 そのまま強引に撓め倒して 9勝 1休、太刀山を押さえて新入幕で最優勝者となった。
・好勝負
  4日目 綾川(掛け靠れ)鳳

 綾川が右喉輪で鋭く押すと鳳は残し、押し返そうとしたがその瞬間に綾川右首投げ、 鳳は危うく残したが足を掛けられ掛け投げで振り倒されてしまった。鳳はお株を奪われた。
  5日目 朝潮(預かり)金ノ花
 突っ張り合って朝潮得意の右を入れれば、金ノ花は嫌って巻き替えようとし、揉み合っているうち朝潮がいきなり肩透かし。 金ノ花倒れて朝潮に軍配が上がったが、朝潮にも踏み切りがあって物言い、これが大物言いとなって都合 4時間、晩の 8時20分に落着し朝潮に蔭星、打ち出しは 9時30分だった。
  9日目 朝潮(預かり)太刀山
 朝潮が激しく突き立て、太刀山突き返したが朝潮驀進して右差し、廻しを引きつけジリジリ寄ると、 太刀山は上手投げを打って逆に寄る。朝潮は右足外掛けから渡し込もうとし、太刀山は体を預けて殆ど同体、 軍配は太刀山に上がって大物言い、 5日目ので懲りて20分という規約が出来ており、丸預かりで落ち着く。
前画面に戻る