大正 4年
×大正 4年 1月 優勝 大関 鳳 谷五郎 10勝 2
 朝潮が大関となったが、初日前日になって太刀山・西ノ海・朝潮・黒瀬川が休場することが分かり協会は大慌て、 これにより初日を 1週間延期することになった。そして蓋を開けると新入幕の大錦や栃木山に期待が集まり景気は上々、 入りはなかなか良かったが、西ノ海は出場に踏み切ったが今一つ、また伊勢ノ濱も不調、朝潮は 6・ 7日目のみの出場。鳳が全勝したが下位力士との対戦ばかり、西ノ海が途中休場したせいで大関戦もなく、 価値は甚だ低い。活躍したのは東方出羽ノ海陣営の中堅以下ばかりで、内容の乏しい本場所であった。 東西対抗は96−73で東が勝ち、旗手は 8勝 1敗 1休(柏戸が痼疾の足首をまた捻挫して休場したことによる休み)の好成績を挙げた新入幕大錦であった。 尚早論を押し切り 2月に鳳は横綱を免許された。
・優勝決定の一番  9日目 鳳(押し切り)小錦
 小錦が左を差すところ、鳳は右から抱えて得意の小手投げ、小錦が残るを押し切って鳳の楽勝。翌日大錦が敗れて鳳の優勝が決まった。
・好勝負
  3日目 梅ヶ谷(打っ棄り)四海波

 四海波が左差し、梅ヶ谷はこれを泉川に撓めさらに右に前褌を取ると、 四海波は二本差しとして右外掛け、これは効かず水入りとなる。再開後は四海波が猛然と寄る。 梅ヶ谷が辛うじて残すと今度は四海波、右を内掛けに変えて出た。梅ヶ谷は大いに危なかったが辛くも打っ棄った。 梅ヶ谷は翌日より例によって神経痛で休場、この相撲が最後となった。
 千秋楽 大蛇潟(上手投げ)大錦
 大錦は土つかずである。立って大蛇潟が去なすと大錦は立ち直ってすぐに両差し、煽って出る。 大蛇潟は廻り込んで右四つとする。一呼吸後大蛇潟は左上手を取るや強引に投げ捨て、綺麗に決まった。
△大正 4年 6月 優勝 横綱 太刀山 峰右エ門 10勝 8
 紛擾が重なって初日が延引した。この場所は横綱梅ヶ谷と小結玉手山を西から東に動かし、 大関朝潮が西に移され張り出された。梅ヶ谷は結局出場せず遂に引退した。前場所不調の西ノ海は調子を取り戻した。 新横綱の鳳は不調に陥り 5日目から休場してしまった。個人優勝の争いは、負傷も癒えた横綱太刀山と、片屋が変わった大関朝潮、そして入幕 2場所目にいきなり小結とされた大錦によって争われた。 8日目大錦は朝潮を破り、全勝だった朝潮は土がついた上に休場。翌日 9日目は太刀山に大錦、太刀山が勝ちこれで太刀山が個人優勝を決定、 千秋楽太刀山は西ノ海に圧勝して全勝の掲額となった。しかしこの場所は不入りだった。東西対抗は91−85で東が勝ち、 旗手は連続で大錦。その大錦は関脇を飛んで大関が約束された。
・優勝決定の一番  9日目 太刀山(踏み切り)大錦
 全勝同士の絶好の一番、仕切り直し 8回。立つや大錦素早く左差しから煽ると太刀山右から小手投げ、 大錦が外掛けに防ぐを外して両筈、体が離れると太刀山は得意の鉄砲で迫り、大錦は土俵を割ったが気づかずまだ抗うので行司に引っ離されて悄然と下がっていった。
・好勝負
  3日目 栃木山(切り返し)鳳

 栃木山が左差しから寄ると鳳は寄り返して右から得意のケンケンにいった。 しかしその端、栃木山が左から切り返すと鳳は仰向けに引っ繰り返って新横綱に土がついた。
  4日目 大錦(寄り倒し)鳳
 大錦立ち合い鋭く二本差し、グイグイ寄り立て、鳳が土俵に詰まるを左から掬えば、鳳は右へ廻り込むもならず土俵に倒れ惨敗、休場となった。
  8日目 大錦(寄り倒し)朝潮
 朝潮が得意の右を入れたが、大錦左から抱えて腹を突きつけ一気に寄り立て、右外掛けから寄り倒した。 全勝の朝潮に土がつき、さらに朝潮は鼻の出血が止まらず休場した。
前画面に戻る