大正 5年
×大正 5年 1月 優勝 大関 西ノ海 嘉治郎  8勝 1分 1休 1
 西方の首脳のうち太刀山・朝潮・伊勢ノ濱が休場してしまい、つまり鳳が独りで支えねばならず、 鳳本人は苦闘の末 6勝したが、到底支え切れたものではなく 108−61で東の圧勝、旗手は源氏山であった。 源氏山は 9勝 1敗、もし師匠の西ノ海が鳳戦に負けていたら新入幕で優勝額が揚がるということになるところだった。 西ノ海が 8勝を挙げ、太刀山戦がなかったという好条件も利し、千秋楽の鳳戦も引き分けで傷をつけず、 2月に横綱を免許された。新大関大錦は 8勝 2敗と好戦した。この場所から、疑わしい取組は取り直させることになったが、 長たらしい協議は解消されず、預かりが減ったというわけではなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 鳳(引き分け)西ノ海
 左四つ、鳳が上手褌で喰い下がり、西ノ海は鳳の寄りを懸命に堪え、水入り引き分け。 これで西ノ海は土つかずで優勝額を受け、横綱まで獲得した。
・好勝負
  2日目 九州山(寄り倒し)鳳

 九州山が立つや左を入れ腰を落としてジリジリ寄る。鳳は右から抱えて小手投げ、 しかし九州山は動ぜず。鳳はなお焦って足を飛ばそうとしたが、九州山の腰の備えは完璧で、 結局足が掛からず、仕方がなく鳳は再度の小手投げにいった。しかし九州山はその遑を与えず左から掬って西土俵に寄り倒した。
  9日目 鳳(小手投げ)大錦
 この場所最大の好取組だが、鳳が 3敗でやや色褪せた感があった。 この相撲も七分三分で大錦優勢と考えられていた。さてこの相撲、大錦の声で立って得意の左差しを狙った。 すると鳳は待ち受けて、いきなり引っ掛け気味に小手に振った。大錦は思わぬ奇襲に土俵に潰えてしまった。
△大正 5年 5月 優勝 横綱 太刀山 峰右エ門  9勝 1敗 9
 前場所の西方大敗の影響で、西方は負け越しても昇進する力士が多数出た。 この場所は西方が奮戦を見せ、東西対抗も80− 105で勝った。旗手は 8勝 1敗 1預で新横綱西ノ海をも破った大戸平である。 大錦はやや粗雑な取り口、常に指摘されているが今場所はそれが目立ち、 7勝 3敗の星。伊勢ノ濱は大敗してしまった。 新横綱西ノ海は大戸平に押されて腰の弱さを見せたのみで千秋楽に臨んだ。太刀山は場所前に左手を痛めて休場を申請しながら、 協会幹部に拝み倒されての出場、さらに 3日目に左手親指を突き指して片手で土俵を務め、 8日目栃木山に屈し天地が引っ繰り返るかのような大番狂わせを演じたが、これもそのまま千秋楽、西ノ海との決戦を迎えた。 この相撲は大相撲となったが太刀山が勝って優勝した。それにしても片腕で相撲を取って優勝するのだからやはり太刀山は怪人である。
・優勝決定の一番 千秋楽 太刀山(寄り倒し)西ノ海
  1敗同士の横綱決戦である。左四つに渡り合って大相撲を展開、西ノ海が強引な左下手投げを打って太刀山を傾かせたが、 太刀山はよく堪えて正面に寄り立て、西ノ海が堪えると右から上手投げ、西ノ海はこれも堪えたものの腰が砕けた。 太刀山はさらに寄り立て赤柱で勝負を決めた。検査役が避け損なって座蒲団から土俵下に転落、そこに西ノ海が腰を落として苦笑するおまけがついた。
・好勝負
  6日目 對馬洋(預かり)伊勢ノ濱

 激しい突き合いの後對馬洋が二本差し、伊勢ノ浜は閂に極めて振るが解けてまた突き合い。 今度は伊勢ノ濱が二本差し、對馬洋は両上手。伊勢ノ濱が吊り身に東へ出ると、對馬洋は長身を利して浴びせにかかった。 伊勢ノ濱はとうとう崩れて仰倒、對馬洋はその上に重ね餅。軍配は對馬洋に上がったが、 對馬洋の着き手が早いと物言いがつき、これが大物言いとなって丸預かりでけりがついた。
  8日目 栃木山(寄り切り)太刀山
 仕切り 3回目で立って栃木山がすぐ右を差し頭をつけた。太刀山は左から小手に振ろうとし、また右を筈にして割り出さんとしたが、 その遑を与えず栃木山は左も入れて二本差し、間髪入れず大きく掬って東に寄り立て、がぶり寄りに寄り切った。満場は百雷が一遍に轟いたかのような大騒ぎ、満場総立ち、 土俵に上って踊り狂う者が 2名あったという。
 千秋楽 朝潮(送り出し)栃木山
 栃木山が得意の右筈で出ると、朝潮はグイと堪えて右四つに捕まえ、両者右下手。 栃木山は左から抱えるも体が浮き、朝潮は猛然と寄り進み、栃木山が廻り込もうとして後ろを見せるを送り出した。
前画面に戻る