大正 6年
◎大正 6年 1月 優勝 大関 大錦 卯一郎 10勝 1
 西ノ海は途中休場でもう先が見えたが、ここのところずっと不振の鳳が復調して 8勝 2敗。 伊勢ノ濱もこの場所は奮戦し、個人優勝・団体優勝ともに予断を許さぬ展開となった。 特に団体のほうは三役相撲になってやっと決着がつくという大接戦、80−79の結果で東が辛勝し、旗手には新入幕の千葉ヶ崎が選ばれた。 個人優勝は、全勝同士の大関大錦−横綱太刀山の一番で決着し、太刀山優勝の予想は裏切られ、大錦が完勝して初の優勝掲額、 3月には横綱を免許された。
・優勝決定の一番 千秋楽 大錦(寄り切り)太刀山
 仕切り直し 5回、太刀山が化粧立ちを見せると大錦が受けない、と見るや大錦猛然立ち上がって両差し、 太刀山は土俵に詰まり、抱えて堪え、そして左を巻き替えるも果たせず、小手に振るもならず、大錦腰を落としてグイグイ寄り立て、 遂に東に寄り切った。館内は表現しようのない大騒ぎ、正面桟敷の客まで立ち上がる総立ち、 蜜柑は投げ込まれる、土俵に上がって逆立ちする贔屓もある、大錦に飛びついて泣く贔屓もある、後の双葉山70連勝ならずを遥かに凌駕する古今未曾有の大騒動となった。
・好勝負
  6日目 太刀山(小手投げ)栃木山

 前場所太刀山を破った栃木山は太刀山に 3度目の挑戦である。 太刀山から立って突っ張ると、栃木山堪えて左から右と両差し一気に出た。 観衆すわ今場所もかと瞠目する中、太刀山土俵に詰まって小手投げで危うく勝った。 太刀山はこの場所右足骨折が治っていないが強引に出場していた。
  9日目 大錦(吊り出し)鳳
 両者全勝という大一番である。前々場所の対戦は奇襲に呆気なく這った大錦、 この場所も左から入った。鳳は当然のように右から小手投げ、大錦はその手に乗らぬと攻勢に転じ、グッと吊り上げ吊り出した。 かくて大錦は 9戦 9勝、優勝を太刀山戦に懸けることとなった。
△大正 6年 5月 優勝 大関 栃木山 守也  9勝 1預 1
 初の 4横綱時代となったが、もう時代は新横綱大錦と新大関栃木山のものとなりつつあった。 事実、太刀山は巡業中に矢筈山と稽古していて再び右足を折り全休、西ノ海・鳳ともに途中休場、伊勢ノ濱も不振であった。 また、東西対抗は、東方には老いた力士と未熟な力士が集まったために散々な結果となり、 81− 115と大差がついた。旗手は大潮。個人優勝は大錦・栃木山・大潮の争いとなって、 ちょっと悶着があったが栃木山と大潮が同星、栃木山の手に帰した。大錦は大鳴門に叩かれて 9勝 1敗であった。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃木山(押し切り)黒瀬川
             大潮(預かり)紅葉川

  5番前の駒泉−琴ヶ浦戦が終わって、検査役団は一様に協会に引き揚げた。 栃木山が黒瀬川戦に勝ったら全勝で額を掲げるべきだという意見と、栃木山が敷嶋戦で預かりになっているから、 もし大潮が勝って全勝になった場合は大潮を正位の全勝者として認めるべきだという意見の 2つに分かれ、 協会は優勝額を 2枚揚げるのはどうかという折衷案まで持ち出していろいろ詮議、40分も土俵が空いた。 出羽ノ海(常陸山)は「土俵が早く進みすぎているので20分休憩を取った」と言っているが、 疑いなく全勝問題だろうといわれた。結局、栃木山は受けて立って黒瀬川の左をおっつけて右筈で押し切り、 大潮は紅葉川と右四つで揉み合ううちに左を巻き替えられて慌て、閂で吊ったが同体に倒れ、軍配は大潮が受けたが物言い、 これまた20分の悶着となり、結果は丸預かりに落ち着いた。これで栃木山の上位優勝ということとなり、すんなり決着した。 しかし栃木山は自分の取組(中入り前)が終わると、大潮の取組(中入り後)前にもかかわらず優勝者に贈られる懸賞の優勝杯を受けているという。 ということは、やはり栃木山の預かりは白星と看做されたということであろう。
・好勝負
  3日目 西ノ海(小手投げ)土州山

 土州山が二本入れて一気に寄ると、西ノ海は辛くも右からの小手投げで勝った。 西ノ海は翌日より右足捻挫と称して休場、その後出場せず引退した。
  4日目 栃木山(預かり)敷嶋
 立つや敷嶋突進、栃木山は左四つから寄り返すと、敷嶋は正面に詰まって右上手を取り右へ打っ棄ったが、右足を踏み切った。 行司与太夫は軍配を敷嶋に上げたが、西控えの九州山から物言い。検査役も敷嶋の踏み切りを認めたが、東控えの鳳が頑として納得せず、 40分もかかって預かり、協議の結果栃木山の勝ち、敷嶋の負けと決まった。
  5日目 大錦(寄り切り)朝潮
 右四つ、朝潮が右下手を取ると大錦はやや焦り気味に出て左外掛け、 朝潮は下手投げで廻り込んで寄り返し数呼吸。機を見て朝潮が下手投げを打つと、大錦はここぞと吊り運んで寄り切った。
前画面に戻る