大正 7年
△大正 7年 1月 優勝 大関 栃木山 守也 10勝 2
 太刀山が全休して引退し、西ノ海も全休した。国技館が全焼したため、靖国神社での興行。 どうしたわけか休場力士が相次ぎ、主に西方に多かったため東西対抗は東が完勝した。97−77、旗手は源氏山。 出場の 2横綱は大錦が 8勝して実力を示せば、鳳も 7勝を挙げて健闘した。大関栃木山はその上をいくかのような強さ、 全勝を果たして 2月に横綱を免許された。また、千葉ヶ崎と九州山の大関昇進が決まった。
・優勝決定の一番  9日目 栃木山(突き倒し)千葉ヶ崎
 栃木山は全勝で相手は千葉ヶ崎、これは好取組であるが、この場所は栃木山が強すぎた。 立つや栃木山が右筈、千葉ヶ崎が腰を固めて堪えると見るや右から掬うようにして一発で突き倒し圧勝した。
・好勝負
  7日目 栃木山(寄り倒し)鳳

 鳳は久しぶりに好調である。鳳の声で立って左四つ、鳳頭をつけて寄って出ると栃木山残して寄り返す力相撲。 鳳が苦しくなって右の首投げにいったがその手が外れ、栃木山が寄り倒して依然全勝。なかなかの大相撲だった。
  8日目 千葉ヶ崎(寄り切り)大錦
 立つや右四つ、千葉ヶ崎が激しく正面に寄り立て、さらに黒房に寄り詰め寄り切った。 土つかずの大錦が敗れ、千葉ヶ崎は好調振りを遺憾なく示した。
 千秋楽 大錦(打っ棄り)鳳
 鳳は気合もろとも突っ込んで左差し一気に出た。しかし大錦は落ち着いてすぐ左へ打っ棄りの体勢、これを決めて横綱戦を制した。
△大正 7年 5月 優勝 横綱 栃木山 守也  9勝 1敗 3
 新大関の両者は、千葉ヶ崎は 7勝を挙げて風格充分とみられたが、 九州山は体調不振の上に 2日目肩胛骨を挫き休場と、対照的だった。西ノ海は全休して引退し、大錦も全休、鳳は初日負けて休場、大関伊勢ノ濱も初日から休みと、 上位陣は今一つ頼りなかったが、栃木山・千葉ヶ崎・朝潮が場所を支えた。 そして栃木山が頭抜けていて、朝潮に敗れたが堂々の 3連覇を遂げた。東西対抗は93−84、旗手は常ノ花がこれを務めた。
・優勝決定の一番  9日目 栃木山(押し倒し)三杉礒
 両筈得意の形からあっさり押し倒した。新横綱栃木山は強すぎた。
・好勝負
  4日目 千葉ヶ崎(打っ棄り)常ノ花

 左四つ両褌を引き、千葉ヶ崎が寄るを常ノ花堪え、常ノ花は機を見て櫓に振り土俵際に千葉ヶ崎を運んだが、千葉ヶ崎は爪先立って辛くも打っ棄った。
  8日目 朝潮(叩き込み)栃木山
 栃木山左差し右筈で押せば朝潮防いで振りほどき、朝潮が攻めたてると栃木山は行司溜まりで弓なり。 栃木が押し返すと朝潮は右首投げ、これが悪く栃木山はまた得意の体勢から押す。 朝潮は土俵際に詰まったが廻り込んで右で叩くと栃木山は無念や左手を着いた。
前画面に戻る