大正 8年
×大正 8年 1月 優勝 横綱 栃木山 守也  9勝 1休 4
 伊勢ノ濱がこの場所全休して引退した。土俵はさほど面白くなく、 さらに西方は鳳と朝潮が途中休場したために士気は一向に揚がらず、東西対抗の結果は 119−60というとんでもない大差となってしまった。 結局土俵は、大錦が 2日目に早くも敗れたことから栃木山の天下となり、朝潮の休場による休みがあるが、他は総て勝って難なく 4連覇となった。 東西対抗の旗手は大ノ里である。なお對馬洋の大関昇進が決まった。
・優勝決定の一番  9日目 栃木山(突き放し)千葉ヶ崎
 栃木山は左から巻いて右筈一気に押し進み、突き飛ばして圧勝した。恐るべき栃木山の強み。
・好勝負
  2日目 福柳(上手投げ)鳳

 右四つから鳳が吊り寄りに攻めるところ福柳が上手投げに横綱を切って落とし、館内大喝采となった。
  2日目 藤ノ川(寄り切り)大錦
 藤ノ川左を差すや猛烈に寄り立て、慌てた大錦が廻り込もうとしたものの寄り切られてしまった。藤ノ川完勝。
  5日目 鳳(小手投げ)宮城山
 宮城が二本差しにくるところ鳳小手に振って寄り、宮城山が廻り込むと再度鳳は小手投げ。 宮城山はこれを掬い投げに返して渡し込んだが、行司は宮城山に踏み切りありと鳳に軍配を上げた。 ここで九州山が物言いをつけ、延々70分の協議から取り敢えず土俵預かりの形式とし、更に協議して鳳の勝ちとなった。 しかし鳳は 3勝 1敗 1預から腎臓病を理由として突然休んでしまった。
×大正 8年 5月 優勝 横綱 栃木山 守也 10勝 5
 對馬洋の新大関に代わって前場所五分の九州山は小結に落とされた。 さてこの場所も東西対抗戦はちっとも面白くなく、西軍は全く歯が立たない。平幕陣は善戦したが、総帥の鳳が負け越しではどうすることもできず、 さらに朝潮が引退してしまったので惨敗した。点数は95−80で、旗手は源氏山。 東は栃木山が全勝、大錦は 8勝 2敗、さらに常ノ花と源氏山が絶好調である。西方唯一の救いは、鳳が大錦を倒したことぐらいか。
・優勝決定の一番  9日目 栃木山(押し切り)大潮
 この場所の栃木山にまともに対せるのは大潮のみならんと満場注目したが、 立つなり栃木山は右から左と両筈、右を効かせて一気に押し切ってしまった。翌日、源氏山が敗れて栃木山は優勝。
・好勝負
  3日目 三杉礒(掬い投げ)大錦

 大錦は立ち合いに迷ったようだ。三杉礒はつけ入って一気に押し込んだ。 大錦は慌てて右から引っ張り込み、腹櫓にかけようとしたが、三杉礒は堪えて左から掬い横綱を倒した。
  8日目 鳳(小手投げ)大錦
 大錦が左差しから一気に出ると、鳳その左をとったりで引っ張り廻し、 大錦が残して再度左差しで寄れば、鳳さらに右から小手投げ。大錦の体はぐらついた。 鳳はさらに大得意の掛け投げを強襲、大錦は遂に耐えられず土俵外に投げ出された。この日まで 2勝のみの鳳が面目を見せた一瞬間だった。
 千秋楽 栃木山(打っ棄り)鳳
 鳳が栃木山の左をとったり、さらに左差しとなって鳳一気に寄り立てたが、 栃木山は残して楽に打っ棄り、全勝を飾った。
前画面に戻る