大正 9年
 再建成った国技館の開館式は 1月15日に行われた。先立って未明午前 2時に土俵祭が行われ、 午後 1時、柝の音とともに開式。挨拶に続いて土俵開きが行われ、幾多の祝辞が披露されて次いで三段構えの式。 これは東に栃木山、西には鳳、行司は追風がこれを務める。その後は對馬洋と千葉ヶ崎による神相撲、 太刀持ち栃木山、露払いに鳳を従えた大錦の横綱土俵入りがあって、東西幕内力士の揃い踏み。 そして節会相撲の形式を襲って余興の相撲が行われて、最後に万歳が唱えられて無事滞りなく終了した。
◎大正 9年 1月 優勝 横綱 大錦 卯一郎  8勝 1敗 1分 2
 国技館落成開館の景気で初日から大賑わい、その土俵にあって初日に對馬洋が敗れ、 2日目は鳳に九州山が大物言いとなる。 3日目、日曜日で大入りの国技館、大錦が押し切られて大騒ぎとなり、 4日目から鳳が連敗して休場となる。そして 5日目、栃木山が大潮に渡し込まれて満場総立ち、 7日目にも栃木山は三杉礒に完敗して館内は阿鼻叫喚地獄絵巻と化してしまった。 かくて千秋楽、大錦は千葉ヶ崎と組んで右四つから動かず引き分けて個人優勝盃を受け、東西対抗は90− 101で西方鳳軍が初日からの優勢を保ち続けて完勝した。 旗手は大潮が務めた。對馬洋は大関を陥落。代わって常ノ花が大関となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 千葉ヶ崎(引き分け)大錦
 立つなり右四つとなり、千葉ヶ崎は上手を欲しがり大錦は巻き替えようとして互いに苦慮するうちに水。 再開後も千葉ヶ崎が寄って土俵を一巡半ほど大錦が廻り込んだだけで結局引き分け。大錦が逃げ切りの個人優勝となったが、 東京朝日新聞には「詰らぬ角力なりき」とある。
・好勝負
  2日目 鳳(上手投げ)九州山

 立って左四つから鳳すぐさま小手投げを打つ。病後の九州は残して一気に寄る。 鳳はこれに対して上手投げ、両者同体に土俵下に落ちていった。伊之助の軍配は鳳に向きかけて九州山を差す。 鳳に踏み越しがあると栃木山が主張して大物言い、検査役の意見を纒めた入間川が栃木山を説得して行司黒星となった。
  3日目 紅葉川(渡し込み)大錦
 初日對馬洋を破った紅葉川が横綱大錦に挑戦。 紅葉川が突っ張り、大錦も突き返して応戦していたが徐々に浮き上がり、紅葉川は飛び込んで左筈、右からあてがって一気に押して出た。 すると大錦は紅葉川の勢いに負けてどんどん後退、右から渡し込まれ土俵を割ってしまった。館内はこの場所初めての大騒ぎとなった。
  5日目 大潮(渡し込み)栃木山
 大潮が気合良く突っ張ったが栃木山は右筈で反撃、大潮は身をよじってこの筈を外して右手で捻った。 これで栃木山は大いに傾き、大潮は左筈から西へ押し進み、右で渡し込んで完勝した。
  7日目 三杉礒(捻り)栃木山
 右四つ栃木山が正面に寄って出ると三杉礒寄り返し、栃木山が下がったところ三杉礒が右から掬おうとした。 しかしその前に栃木山は腰が砕けて右膝を着き、脆くも 2敗目となって栃木山の時代は去ってしまったのかとも言われ、 土俵には空き瓶まで投げ込まれるという混乱振りであった。
 千秋楽 大潮(引き分け)常ノ花
 立って壮烈な突き合いから常がちょっと去なすも大潮残してなお突っ張り合い、 常ノ花が喉輪を利かせて西に大潮を追い詰めたが、大潮俵を伝って廻り込み、土俵中央で突っ張りから所謂手四つ。 この恰好で水が入り、再開後振りほどいて突っ張り合いから右四つ、双方腰を落として構え、大事を取るうちに水入り引き分けとなった。
△大正 9年 5月 優勝 横綱 大錦 卯一郎  9勝 1敗 3
 人気の新大関常ノ花は腹筋肉離れで結局全休した。ほかにも休場力士が多く、鳳は 6日目に引退した。 前場所不調でこの場所に捲土重来を懸けた栃木山は初日早々大戸平に預かりを取られて失望されてしまう。 その後は暫く何事もなかった。 6日目は栃木山に大潮の割りで客の入りも良かったが、 その期待の取組は仕切りに27分もかかったのに取組は 3秒弱で栃木山が簡単に勝つ。 しかしこの年の栃木山は今一つ調子が上がらなかった。 9日目には大錦が敗れ、栃木山は千葉ヶ崎と大相撲を取って引き分けた。 千秋楽、この場所 1敗 1分 1預(福柳に半星、千葉ヶ崎は負星なし)で好調の千葉ヶ崎が、 これまた 1敗で元気の大錦を倒せば果然横綱問題が生じてくるという大事な相撲を取ったが、僅か10秒で完敗し、長蛇を逸した。 この相撲に勝った大錦は個人優勝を連続で獲得した。東西対抗は97−69で東の圧勝に終わり、旗手は阿蘇ヶ嶽が務めた。 この場所は早々に優勝旗の行方が殆ど決まってしまったようなもので、西軍は大関を狙った源氏山まで途中休場して意気が揚がらなかった。客の入りもさほど良くなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 大錦(吊り出し)千葉ヶ崎
 大錦は個人優勝盃、千葉ヶ崎は横綱を懸けて入念な仕切り、 立つなり右四つとなって観衆は大相撲を期待したが、大錦はいきなり左を巻き替えて吊り上げた。 千葉ヶ崎は大いに慌てて足をバタつかせたが時既に遅く、大錦吊り出しの完勝に終わった。
・好勝負
 初日 栃木山(預かり)大戸平

 立ち合い栃木山押し勝って忽ち追い詰めたが、大戸平必死に残して左から掬う。 栃木山はずみを喰ってぐらついたが立ち直って再び左差しから押した。これで大戸平はあわやと思われたが、 ここぞと踏ん張って得意の巻き落とし、大戸平は左足から土俵を割ったが栃木山も東で四つん這いになり、 軍配は栃木山に上がったが三杉礒が物言い、長い協議の後協会でも揉めて結局丸預かりとなった。
  2日目 両國(送り倒し)大潮
 両者大元気でこの場所の好取組と期待された一番。立って両國は両差しとなり、 左で前褌を引いた。大潮は無茶苦茶相撲の家元、従って不利でも何でもお構いなく、 右で首を巻いて首投げにいった。しかし両國は委細構わず抱え上げ、大潮が左足で背後にいる両國の左足に外掛けを見せたが、 両國はそのまま持っていって東に送り倒した。
  9日目 三杉礒(突き倒し)大錦
 大錦が下がって仕切り、時間にして25分の後、立つや三杉礒が左差し、 大錦に左差しを許さず両差しとなって寄り立てたが大錦も寄り返して吊りにいった。 しかし三杉礒はやや半身になって防ぎ、頭をつけてその頭を突きつけた。大錦はこれで腰砕けになった。 そこを三杉礒が右からドッと突き倒すと大錦は跳ね飛んで行司溜まりに転げ落ちた。
  9日目 千葉ヶ崎(引き分け)栃木山
 左筈で栃木山が押し込むと千葉ヶ崎西に詰まったが右上手を引いて堪え、 左四つから寄り返した。すると栃木山は巻き替えて寄り、千葉ヶ崎残して右四つとする。 暫く機を窺って栃木山が再び両差しとなり頭をつけ、千葉ヶ崎は右上手を引き左で首を巻いて揉み合い水。再開後は両者疲れて動かず引き分けた。
前画面に戻る