大正10年
○大正10年 1月 優勝 横綱 大錦 卯一郎 10勝 4
 雨のため初日からとんでもない不入り、盛り上がらぬ滑り出し。 翌日は晴れたのに客足はやはり鈍く心配されたが 3日目からは大入り続きだった。 土俵は大錦・栃木山・常ノ花の三強の牙城、これがなかなか揺るがない。 4日目栃木山は清瀬川に打っ棄られて預かりとなったが、 それのみで終盤まで土俵は進み、千秋楽常ノ花は負けたが栃木山と大錦が勝って大錦の全勝優勝となった。 前場所で横綱目前とした千葉ヶ崎は糖尿病のためヨタヨタの土俵、ボロ負けして横綱どころか大関も危うくなった。 東西対抗は一進一退、88−90で西軍大錦方が制した。旗手は両國。
・優勝決定の一番 千秋楽 大錦(鯖折り)千葉ヶ崎
 千葉ヶ崎はこの場所不元気そのもので相撲にならなかった。 右四つから大錦がグイグイ寄り進み、千葉ヶ崎が寄り返すところを引き落とす。千葉ヶ崎は右膝を着いて完敗。 この相撲で千葉ヶ崎が勝っていれば東西対抗は同点だったが、大錦が勝って西が優勝旗を奪還、大錦は個人優勝も決めた。
・好勝負
  2日目 栃木山(叩き込み)射水川

 射水川が飛び込んで右で栃木山の左足を取り左差しの猛攻を見せたので栃木山は大慌てしたが、 無理矢理突いて相手を崩し、自分は右差しから速攻に転じた。射水川はこれを振り切って去なし、栃木山が背を見せるのにつけ入ってまた栃木山の左足を取ろうとしたが、 栃木山が向き直って左で叩いたので射水川とうとう土俵に手を着いて敗れた。
  4日目 栃木山(預かり)清瀬川
 左四つ、栃木山一気に寄ると清瀬川は下手投げで反撃せんとする。 しかし栃木山がなお出ると、清瀬川は堪えて右に打っ棄り、軍配は栃木山に上がったが、 阿蘇ヶ嶽が物言いをつけ、結局預かりとなった。実情は、互いに胸を合わせたままで倒れたので栃木山が勝っていた相撲である。
 千秋楽 清瀬川(切り返し)常ノ花
 突っ張りあって常ノ花が喉を攻めると清瀬がその腕を取ってとったり。 右四つとなってすぐ常ノ花が内掛けに出ると清瀬川は小股を掬って切り返した。
×大正10年 5月 優勝 大関 常ノ花 寛市 10勝 1
 東西格差が余りに大きすぎた。 5日目、 7日目の紛擾のお蔭もあって入りはなかなか良かったが、 場所自体は面白くも何ともなかった。 3日目栃木山が敗れ、紛擾で 7日目大錦が分け。常ノ花は気合良く勝ち続けて全勝した。 東西対抗は 104−74で東の圧勝。旗手は源氏山。源氏山は大関に昇進。
・優勝決定の一番 千秋楽 常ノ花(靠れ込み)矢筈山
 常ノ花烈しく突っ張ったが矢筈山が二本差しから吊り上げる。常ノ花は外掛けで耐え、 向正面から正面まで進む。矢筈山はやっと常ノ花の外掛けを外して寄り身に出たが、常ノ花は逆に持ち上げて最後は靠れ込み、全勝を果たした。
・好勝負
  2日目 栃木山(寄り倒し)太刀光

 太刀光が両差しから寄ったが栃木山は寄り返し、今度は太刀光が右筈で出ると栃木山懸命に残して左差し、 右を筈にしてグーッと出、太刀光は土俵際で暫し堪えたが遂に寄り倒された。力の入った押し合いの好一番。
  3日目 琴ヶ浦(巻き落とし)栃木山
 琴ヶ浦が素早く右差し、栃木山は右筈で互いに押し合い、土俵を 2周ほどしたところ栃木山の筈が外れた。 琴ヶ浦はこれにつけ入り向正面にグイグイ押し込み、栃木山が逃れようとすると右から小手に振って左巻き落としで振り倒した。
  5日目 大錦(寄り切り)鞍ヶ嶽
 左四つ大錦が出ると鞍ヶ嶽は堪えたが、大錦は再度猛然と寄り進み、 西に詰めたところで鞍ヶ嶽は得意の左打っ棄りをやった。庄之助の軍配は鞍ヶ嶽に上がったが、 検査役が鞍ヶ嶽に踏み切りありとて差し違いの判定、西控えの紅葉川を説いて納得させ、 庄之助には大錦に軍配を上げさせた。17代庄之助はこれを恥じ、引責辞職した。
  7日目 大錦(引き分け)三杉礒
 仕切り直し30回余り、所要時間54分の後、立つや三杉礒両差しで頭をつける。 大錦は右から抱え左で首を巻き吊り身。三杉礒懸命に堪え、左から掬い投げを打ったが大錦残して右の小手投げ。 三杉礒は土俵に詰まったものの寄り返す。大錦は右を捻じ込み下手、三杉礒左上手を取り右四つとなった。 大錦が捻りを見せると三杉礒はぐらついたが渡し込みを見せて残す。この瞬間大錦は両差しとなる。 三杉礒は左上手、右に前褌を引いて出る。大錦は差し手が窮屈だが、強引に前褌から吊ろうとした。 そうすると、三杉礒の一重廻しは胸まで上がってしまったのである。この時、行司朝之助は、「廻し廻し」と叫びつつ、 実際緩んだだけで解けてもいないのに、いきなり飛び込んで相撲を止めさせた。いよいよ佳境に入らんとするところである。 常ノ花は「分けだ」と叫ぶ。これを耳にした三杉礒、廻しを締め直すや、土俵から降りてしまった。 これを受けて大錦も土俵を下りたので、なぜか水入りの形になった。さて組み直さんとしたものの、そもそも廻しを締め直した後であるから、 元と全く同じ組み手にはなる筈もないのであるが、大錦の左が三杉礒の右脇に入って差し手の形になってしまうもので、 大錦も三杉礒も異議を言い立てる。組み手を解いて水をつけにいく繰り返しが10回を超える。 行司朝之助は狼狽て、挙句には組み手を忘れる迂闊千万。館内は総立ち、怒号が飛び交い大混乱となった。 検査役の雷(二代梅ヶ谷)が控え行司勘太夫に指示を出しても駄目、四本柱の検査役全部を動員したが納まりがつかず、 雷が勘太夫を相手に見本を示せば、二十山(二代小錦)が異論を挟み、三杉礒の師匠である峰崎(幕内行司木村銀治郎)も意見を述べるが、 三杉礒は承知せず、これだけで50分もかかり、両者は気合も抜けて疲れ果て、三杉礒は「もう相撲は取らぬ」と四本柱の蔭で泣き出す始末。 西方後援会員が三杉礒を唆して引き揚げさせる。高野相生警察署々長が飛び出して説諭するが三杉礒なお承知せぬ。 さらには取締友綱(海山)が「取らぬなら負けとした上破門する」と言ってくる。ここまで言われては三杉礒も取らぬ訳にいかず、 大錦の両差しで再開。大錦は吊りを見せるが、左が利かず上がらないので、左を抜いて右四つになった。検査役や控え力士は水入りを指示する。 朝之助はまたまた慌て、廻し待ったと勘違いして三杉礒の後ろ廻しを引っ張った。引き分けと思った三杉礒はさっさと土俵を下りる。 大錦は訳が分からず土俵中央仁王立ち、朝之助を睨めつける。検査役は慌てて再度引き分けを伝えるという有様。兎も角何とか相撲は終わった。 これが中入り前だったから大変だ。打ち出しは晩の 8時25分だった。 水入りなしの引き分けも異例なら、計 2時間 5分もかかった阿呆らしいばかりの長さも異例、しかも行司の失態による空費ときて、控えの常ノ花は怒った。 曰く「水を入れずに引き分けるとは何事、横綱を土俵に立たせておいて検査役が傍観しているとは何事」と。 検査役は大錦に謝罪、駄々をこねた三杉礒は謝って奮闘を誓ったものの翌日には右腕の腫れ物が悪化して診断書つきで休場した。 主役になってしまった朝之助は、木村瀬平に連れられ、出羽ノ海(常陸山)・友綱両取締へ進退伺いを提出した。 役員は「相撲始まって以来の大失態である。特に大錦は優勝掲額が懸かっているからなおさら問題だ」とて非難囂々、 朝之助の軍配を取り上げて次場所からは顔触れ専門にせよ(この朝之助は裁きは今一つだが顔触れが逸品だったと伝わる)という意見まで出るほどで、 結局は 8日目の出場停止ということになった。これほどの大失態をやった朝之助だが、次の場所には何と18代木村庄之助となって土俵にいた。 17代庄之助は上述の通りで引責辞職、12代伊之助は11月に引退という「幸運」が重なったのである。
前画面に戻る