大正11年
△大正11年 1月 優勝 前4 鶴ヶ濱 増太郎  9勝 1敗 1
 目玉は新大関源氏山、新入幕に若手も多く期待されたが、 大錦が風邪を押して稽古を続けた結果高熱と神経痛に悩まされ休場となったため、観衆及び源氏山の落胆は大きかった。 源氏山は 2日目鶴ヶ濱に完敗し早くも黒星。 4日目は栃木山が三杉礒に粘られ預かり。 6日目には常ノ花・栃木山が相次いで敗れ、うち萎れる東軍に追い討ちをかけるように「大錦死亡」の虚報が舞い込み大騒ぎになった。 全勝だった陸奥ノ山が 8日目に敗れて勝ちっ放しが消え、 1敗や 1敗 1預の力士が星の潰し合いをやったが、 4日目陸奥ノ山に負けただけの鶴ヶ濱が 2大関を倒して逃げ切ってしまった。東西対抗は 9日目で行方が決まり、 71−92で西が圧勝し、旗手は太刀光が務めた。千葉ヶ崎は大関を陥落した。
・優勝決定の一番 千秋楽 鶴ヶ濱(吊り出し)清瀬川
 清瀬川は鶴の左を引っ掛けたが鶴ヶ濱残して左四つ。清瀬川は小股掬いを見せたが、 鶴ヶ濱は腰を落として防ぎ、さらに寄り、清瀬川が廻り込もうとするを吊り上げ、 清瀬川なお外掛けに防ぐに構わず鶴ヶ濱は吊り出しに破って逃げ切りの優勝を決めた。
・好勝負
  2日目 鶴ヶ濱(突き出し)源氏山

 立ち上がり鶴ヶ濱が猛然突くと源氏山はたじろいで僅か 2発で突き飛ばされてしまった。 源氏山は差しにいったが喉輪でこられて為すところなく敗れた。
  4日目 太刀光(引き分け)大ノ里
 立ち合い大ノ里が変化、太刀光泳いで土俵に詰まったが素早く両差しとなり、 互いに寄り合う。大ノ里は機を見て左を巻き替え、さらに寄り合い水入り。 再開後は大ノ里が両褌を確と握っていたが、互いに疲れて手出しがならず、引き分けた。
  4日目 三杉礒(預かり)栃木山
 栃木が右筈にくるのを三杉礒素首落としの奇襲から左差し。 栃木山は両筈で押し立てるが、三杉礒は左で前褌を取って懸命に押し返し、一旦は完全に追い詰めた。 栃木山はなお筈で押すが、三杉礒は右でも前褌を引く。栃木山は東に押し詰めたが、三杉礒は左から捻って右から叩く。 栃木山は四つん這いになったが三杉礒も土俵を飛び出し、軍配は栃木山で物言いがついて預かり。
  5日目 清瀬川(掛け投げ)栃木山
 立つなり左四つとなり、清瀬川がいきなり右内掛けから掛け投げに栃木山を振り廻すと、 栃木山は堪えるもならず土俵の真ん中で転がされる大番狂わせとなった。
 千秋楽 矢筈山(送り出し)常ノ花
 常ノ花猛烈に突っ張って出たが矢筈山は廻り込んだ。すると常ノ花は勢い余って背中を向けた。 矢筈山はつけ入って抱きつき、胴捻りを見せて送り出すと常ノ花たまらず土俵外に投げつけられた。この場所の掉尾を飾る大番狂わせ、東軍大敗の象徴ともなった。
△大正11年 5月 優勝 横綱 大錦 卯一郎  8勝 1敗 1分 5
 元大関の九州山は番附に名を残して引退し、對馬洋も休んで引退した。源氏山は初日から休場。 初日に栃木山が阿久津川に敗れ、翌日には常ノ花も阿久津川にやられた。入りは徐々に良くなったが盛況というまでには至らない。 6日目、阿久津川は大錦と対戦、西軍首脳総なめなるかという全勝同士の激突は大錦が勝って面目を施す。 常ノ花は不調で 7日目で 3敗となった。栃木山は 8日目三杉礒戦が休みとなり、大錦の最優勝が 9日目で決まってしまった。 大錦は翌日太刀光に完敗したが、これが大錦最後の一番となった。千葉ヶ崎は奮戦して大関復帰が濃厚になった。 東西対抗は83−94で西が勝ち、旗手は阿蘇ヶ嶽が務めた。
・優勝決定の一番  9日目 大錦(極め倒し)若葉山
 大錦が押すと若葉山が左差しで寄り返すが、大錦は右で極めて極め倒した。
・好勝負
 初日 阿久津川(押し切り)栃木山

 阿久津川が右筈で押すと栃木山は残して右筈左からあてがって得意の体勢で押し進んだが、なぜか右筈が外れた。 阿久津川は助けられて突っ張りの猛攻、西に追い詰めてそのまま押し切り、横綱を破った。
  6日目 大錦(叩き込み)阿久津川
 全勝同士、阿久津川が勝てば西軍の横綱大関を総なめとなる。大錦は西軍の名誉にかけて、横綱の威信にかけて負けられぬ。 満場騒然の裡に立つや大錦突っ張り、阿久津川正面に詰まったが突っ張り返して左差し。大錦は右に首を巻いて吊り上げようとするところ、 阿久津川は左筈で押し立てた。大錦は浮いて下がったが、右から押し上げておいてサッとばかり引いた。 阿久津川は惜しい哉土俵に這った。
  7日目 栃木山(掬い投げ)紅葉川
 筈での攻め合いから栃木山が押し勝ったが、紅葉川が下がりながら透かしを見せると栃木山は土俵を割りそうになった。 紅葉川は得たりや応と筈で押し込んだので栃木山は土俵に詰まり、満場の観衆一様にハッとしたが、栃木ウンと堪えるや右筈でグイと持ち上げて自分の左後ろに紅葉川を叩きつけた。 恐ろしいばかりの怪力を見せつけた。
  9日目 千葉ヶ崎(突き倒し)常ノ花
 突っ張り合いは常ノ花が優勢で正面に攻め込んだが千葉ヶ崎立ち直って突き返し、 常ノ花の腰が崩れるところドッとばかり突き倒した。栃木山戦の引き分けも併せ、大関復帰の線が濃厚になった。
 千秋楽 太刀光(突き出し)大錦
 太刀気合を乗せて立つや大錦の右を引っ掛け、大錦は向正面に飛んでいったが残して向き直るところ太刀光鋭く突っ張り、 大錦は応戦したが太刀光の気魄の前に忽ち東に詰められ遂に突き出された。太刀光は師匠太刀山の怨念を晴らし、師匠ともども感涙した。 大錦はこの相撲が最後となったが、この時点ではかようなことは誰一人として知る由もない。
前画面に戻る