大正12年
三河島事件
×大正12年 1月 優勝 横綱 栃木山 守也  8勝 1敗 1分 6
 大錦引退、せっかく大関に戻った千葉ヶ崎が休場と散々な状態で返り初日を迎えた。 2日目に源氏山が敗れ、 4日目は三杉礒が動こうとしないため常ノ花は動けず引き分けとなり、 5日目常ノ花は土をつけられた。 6日目には栃木山が四つん這いになり、 7日目からはもう 2月。 この日は大入りとなったが常ノ花があっさり敗れ、引き続き満員の 8日目は 1分の太刀光が栃木山に屈し、常ノ花は 2つ目の引き分け。 優勝旗の行方もほぼ決まった 9日目は一転して不入り、太刀光は休み。源氏山と常ノ花が当たって源氏が勝ち 1敗を守った。 千秋楽はなかなかの大入りで、常ノ花は太刀光に負けて 3敗 2分は近来稀な不成績。栃木山に源氏山が挑む大一番は栃木にも勝ち味がなく引き分けに終わった。 ともに 8勝 1敗 1分。東西対抗は79−97で西が完勝し、旗手は太刀光だった。 人気回復のために源氏山を横綱にし、空席となる大関に太刀光を上げるという観測があり、 常識論から言って見送られると思われたにもかかわらず、場所後には両方とも本決まりとなってしまった。
・優勝決定の一番 千秋楽 源氏山(引き分け)栃木山
 栃木山は引き分けさえすれば最優勝者となる。立って栃木右筈で一気に押せば源氏山土俵際で堪えて押し返し、 栃木山は左を差して頭をつけた。源氏山は左筈、右上手の体勢で持久戦となり水入り。 再開後は栃木山がちょっと煽っただけで動かず引き分けた。
・好勝負
  6日目 清瀬川(叩き込み)栃木山

 栃木山が右筈で一気に出ると清瀬川廻り込み、栃木山がなお筈押しでくるところを清瀬川が引き落とせば、 栃木山は四つん這いになった。清瀬川も土俵を飛び出したので常ノ花が物言いをつけたが、栃木山の落ちるのが早く痛い黒星となった。
  9日目 源氏山(寄り切り)常ノ花
 常ノ花が喉輪で攻めたが源氏山は突き返して両差しに成功し右から下手投げを打てば、 常ノ花は外掛けで堪えようとする。しかし源氏山はまた右下手投げ、常ノ花も再三にわたって外掛けに防ごうとしたがとうとう土俵を割ってしまった。源氏山は 1敗を守った。
×大正12年 5月 優勝 大関 常ノ花 寛市  9勝 1敗 1預 2
 この場所より11日間興行で、分け・預かりの割を千秋楽に取り直させることになった。新横綱・新大関の看板を立てるも客足は鈍い。 2日目の常ノ花−琴ヶ浦の判定に不満を持っていた栃木山が、感冒ということで翌日から休み、 源氏山も 6日目から休み、太刀光も10日目から休む。源氏山は 9日目は土俵入りのみ、10日目からは取組も行った。 他にも流感で休場者が続出、内容の薄い本場所で終わり、常ノ花が優勝。横綱に推されるかと思われたが、あっさり見送られてしまった。 東西対抗は96−77で東が勝った。旗手は大蛇山。
・優勝決定の一番 10日目 常ノ花(突き倒し)源氏山
 源氏山は再出場であるが、殆ど相撲にならなかった。常ノ花が右を差すと源氏山は焦って右を差した。 常ノ花はそこを一気に寄り立て、源氏山が弓なりに堪えるところを突き出した。
・好勝負
  2日目 常ノ花(預かり)琴ヶ浦
 千秋楽 常ノ花(寄り倒し)琴ヶ浦

 互いに呼吸が合って立ち、琴ヶ浦が常ノ花の右手をとったり、一周して正面に押し切ったが、 常ノ花はその前から「待った」と数回叫んだ。琴ヶ浦も錦太夫も聞き入れなかったが、常ノ花が文句をつけて検査役協議、 検査役の結論は「琴が突っかけて常に立つ気があったのは明らかだが、常が待ったと三度呼ばわった。 しかしその声が行司の耳に入らず残った残ったと言ったので琴は遂に押し切ったのであれば丸預かりが至当であろう」、 で東西の控え(東・紅葉川、西・栃木山)に諮ったが互いに自軍の利益ばかり主張して埒があかない。 協会から井筒が出てくるなど馬鹿馬鹿しい騒ぎに40分も空費して勝負なしとなった。千秋楽に組まれた再戦は、 琴ヶ浦の右下手投げを残して常ノ花寄り立て寄り倒した。
前画面に戻る