大正13年
△大正13年 1月 優勝 横綱 栃木山 守也  9勝 1分 7
 国技館炎上のため、本場所を名古屋で打ち、晴天10日間の興行である。 源氏山改メ西ノ海と太刀光が休場して東方は崩れ、西の栃木山・常ノ花・大ノ里に圧せられた感もある。 この場所栃木山は好調で、 9日目苦手の清瀬川に対し無理をせず引き分けたほかは全て勝って 9勝 1分で優勝した。 前場所横綱を見送られた常ノ花は、千秋楽射水川に足を取られて敗れたが 8勝 2敗、横綱に推された。 大ノ里も元気で 7勝 2敗 1分。常ノ花が横綱に上がるので大関になるだろうとも思われたが、役員に異論が出て見送られた。 東西対抗は東方が意外と善戦したものの73−79で西が逃げ切り、大ノ里が旗手を務めた。 千葉ヶ崎は初日黒星で休場、引退した。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃木山(寄り切り)若葉山
 この場所の栃木山は堅実そのもの、土つかずで千秋楽を迎え、若葉山を寄り切り優勝を決めた。
・好勝負
  5日目 三杉礒(下手投げ)常ノ花

 激しい突っ張りから右四つとなり、三杉礒が大きく下手投げを打つと常ノ花は土俵中央で仰向けに倒れて土がついた。
  9日目 清瀬川(引き分け)栃木山
 清瀬川が右差し左上手を取って頭をつければ、栃木山は清瀬川の右を撓める。 両者なかなか仕掛けず、清瀬川は右でも廻しを引き、栃木山は強引に出たが清瀬川守りを固め水。 再開後は栃木山が寄りを見せたが結局引き分けた。
 千秋楽 射水川(足取り)常ノ花
 常が一突き突くと射水川飛び込んで右足を取った。常ノ花は不意を突かれて土俵にコロリと倒れてしまった。
△大正13年 5月 優勝 横綱 栃木山 守也 10勝 1敗 8
 東京に戻って11日間興行。新横綱常ノ花を加えて人気は上々だったが、千秋楽は好取組が少なく客足の悪さは悲惨を極めた。 土俵は三杉礒が不調で途中休場し、さらには好調に勝っていた西ノ海が大ノ里と常ノ花に連敗するや睾丸炎で休場してしまったために協会幹部は頭を抱え、 西方は太刀光の一枚看板となり総崩れ。常ノ花は左腕の炎症を手術した後ということもあってか成績はさほど良くなかった。 土俵は栃木山と大ノ里が勝ち進み、栃木山は 6日目射水川の奇襲に敗れたが、全勝で進んでいた大ノ里が終盤 2連敗、栃木山が優勝額を受けた。 東西対抗は 101−85で東が勝って旗手は勿論大ノ里。
・優勝決定の一番 千秋楽 射水川(足取り)大ノ里
             栃木山(押し切り)若葉山

 大ノ里は 9連勝の後太刀光に押し倒されて千秋楽を迎えた。相手は栃木山を破った射水川。 大ノ里が突っかけると射水川は潜って大ノ里の左足を取り振り廻す奇襲。大ノ里はたまらず股裂きとなり敗れた。 次の相撲、栃木山は若葉山と筈の押し合い、若葉山はちょっと喉輪を見せたが栃木山は外して極め出そうとする。 今度は栃木山が喉輪押し、さらに左筈でグイと押し、土俵際で力を込めて押し切った。
・好勝負
  4日目 西ノ海(寄り倒し)常陸岩

 常陸岩が筈、西ノ海が前褌を狙うが互いに果たせず、西ノ海は両差しとなって鋭く寄り立てる。 横綱に得意の体勢を許したものの常陸岩はこれを堪えて左四つから逆に寄り立てる。西ノ海は上手投げ、常陸岩は泳いで剣ヶ峰、 俵を伝ってどうにか残したが西ノ海はしつこく上手投げを連発、常陸岩は辛うじて残り、西ノ海が頭をつけてグーッと出ると常陸岩打っ棄ろうとしたが西ノ海漸く寄り倒した。
  6日目 射水川(突き放し)栃木山
 射水川が回転の速い突っ張りで攻めると栃木山は受けるが手を出せず、 それでも向正面まで進んだが射水川はとったりで廻り込み、逆襲して西に押し込み突き飛ばして快勝した。
  6日目 常ノ花(出し投げ)三杉礒
 立って右四つ三杉礒が上手投げを打つと常ノ花は泳ぐも残して逆に上手出し投げで吹っ飛ばした。 このとき三杉礒は行司庄之助に激突、三杉礒は足を痛めて翌日から休場し、庄之助はヘナヘナと土俵に崩れてしまった。 検査役も控え力士も色を失って大慌て、「行司が死んだ」と大騒ぎの後漸く起こしたが、庄之助は足を痛めて立てない。 しかし勝ち名乗りは上げねばならず、すると敵方控えの清瀬川は両手に庄之助を座らせ、常ノ花のところへ運んでいった。 庄之助は顔面蒼白のまま堂々勝ち名乗りを上げ、清瀬川に乗せられたまま花道を下がっていった。
  9日目 大ノ里(渡し込み)清瀬川
 名人同士の一番。立つなり右四つ、大ノ里は下手一本、清瀬川は上手一本で、 反対側の争いとなり互いに許さない攻防。大ノ里はなおも廻しを取るべく寄る。清瀬川は廻り込んだが下手がさらに遠くなる。 清瀬川はここで上手投げにいこうとした。その瞬間に大ノ里が左で渡し込むと清瀬川はドウと倒れた。 名人互いに無理のない好一番。
 10日目 太刀光(押し切り)大ノ里
 太刀光が突っ張ってすぐ右を差そうとした時大ノ里が引っ掛けたが効果がなく、 大ノ里は今度は右差し左筈で押そうとしたが太刀光は動かない。太刀光は大ノ里の右を挟みつけグングン押して出ると、大ノ里は暫し堪えたが押し切られ、全勝に土がついた。
前画面に戻る