大正14年
△大正14年 1月 優勝 横綱 栃木山 守也 10勝 1分 9
 大ノ里がせっかく大関となったのに膝の故障で全休して場所の興味は大きく殺がれた。 また常ノ花は糖尿病で、太刀光は 5日目の綾鬼戦で頭突きを胸に受けて失神、ともに途中休場した。 場所自体は平凡で、入りもさほど良くないまま終盤まで進んだが、東西対抗が接戦で緊張を呼び、また 1分の栃木山と 1敗の西ノ海の決戦が呼び物となって千秋楽だけは盛り上がった。 東西対抗は96− 104で西が逃げ切り、若葉山が旗手となった。若葉山のほかに、常陸岩・能代潟が活躍した。 新入幕の出羽ヶ嶽も話題を集めていたが、 8勝はしたものの立ち合いの呼吸が悪いのと脆さが目立つのとで期待通りとはいかなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃木山(捻り)西ノ海
 栃木山が左を差そうとし、西ノ海は喉輪から両差しを狙ったが栃木山はグーッと絞り出して左四つ、 栃木山は右筈押しから二本差しとなり頭をつける。西ノ海は栃木山の右を泉川に抱え、栃木山は引き分けでも優勝ということからか無理をせぬ。 従ってなかなか動かず水入りとなる。再開後、西ノ海は左を巻き替えようとし、入って猛然出んとした。その瞬間、栃木山が右から捻って左突き落とし、 鮮やかに決まって西ノ海は遂に倒れた。栃木山も勝負がついてから膝を着いて倒れるという大相撲。これで栃木山は 3場所連続の優勝を飾った。
  4月29日、東宮(昭和天皇)の24歳の誕生日の祝賀会に大相撲が招かれ、東宮はこれを台覧、 この協会の奉仕に対して宮内省は金一封を、それも莫大な金額を、東宮の思し召しということで下賜した。 協会はこの拝領した大金で、優勝者に贈る大優勝盃を製作し、永久に記念したいと徳川家達公爵を通じて宮内省に願い出、認可された。
×大正14年 5月 優勝 横綱 西ノ海 嘉治郎  9勝 2敗 1
 この場所から初日に優勝旗の返還式を行うことになった。 栃木山が場所前に突如引退、同じ横綱の西ノ海や常ノ花と比較しても、まだ実力はこの両者をはるかに凌ぎ、 今後まだまだ何枚も掲額を果たせるはずの栃木山だが、何人もその引退の決意を翻させることはできなかった。 常ノ花は 6日目土俵入り後突如発熱してしまい、この日も相撲を取れず前場所に引き続いての休場、大ノ里も膝負傷が癒えず途中休場で、 また前場所健闘の常陸岩までが休んでしまい、東方は出羽ヶ嶽だけが元気。 他方、西の総帥たる横綱西ノ海は好調でも不調でもなく、 2敗したものの栃木山引退、常ノ花らの不調に助けられて優勝掲額を遂げた。 能代潟と清水川は健闘して評判となったが、大関の太刀光は初日から不調で、 7勝 4敗は不成績と言って差し支えない。 東西対抗は 101−88で東が順当に勝った。旗手は能代潟。ひどい不入りで盛り上がらなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 西ノ海(掬い投げ)山錦
 西ノ海は二本差して掬い投げ、あっさり決まって優勝額を受けた。
・好勝負
  4日目 西ノ海(押し倒し)出羽ヶ嶽

 満場注目の初顔合わせである。両者仕切りの長さには定評のあるところだが、仕切り直し13回目、出羽ヶ嶽が根負けして立った。 西ノ海は猛然立ち上がり右筈で押し込み、巨人出羽ヶ嶽を土俵際に追い込んだが、出羽ヶ嶽も残してやや押し返した。 しかし西ノ海はここで筈を外して両差し、グイグイ煽って寄り立て、遂に押し倒し喝采を浴びた。
前画面に戻る