大正15年
○大正15年 1月 優勝 横綱 常ノ花 寛市 11勝 3
 前年に行われた台覧相撲後の下賜金でつくられた摂政盃が、初日の土俵上でお披露目され、 協会役員及び横綱大関が宣誓式を行った。高さ 3尺 6寸( 110cm)、重さ 7貫 800匁( 29.25kg)の純銀製で、 表面には金で桜花を象りその上に菊の紋をつけ、「賜盃」と刻したもの。裏面には「御下賜」「大正十四年四月二十九日 東京大相撲協会」と彫られている。 さて、せっかく披露された賜盃だが、菊の紋が問題とされ、仕方なく模盃(東宮殿下記念盃・高さ 1尺 5寸)をつくって認めてもらった。 大賜盃はお蔵入りとなり、再び陽の目を見たのは昭和 2年 3月である。 この場所より引き分け預かりは原則として当日再戦となった。また、初日の桟敷以外の席を50銭で開放する「大衆デー」が始まり、戦中まで続いた。 西ノ海は心臓病で休場となり、東方では 7勝 4敗の太刀光、 8勝 3敗の能代潟・若葉山・小野川が健闘したが、 休場が多く東西対抗は不利となった。常ノ花は前年の大不調で背負った不名誉を一気に挽回、 気合が乗ると流石に強く、見事に全勝した。また、常陸岩は10勝 1敗の好成績、福柳や外ヶ濱・鶴ヶ濱・玉錦が善戦を見せた。 東西対抗は90− 112で西の完勝、旗手は常陸岩が務める。
・優勝決定の一番 10日目 常ノ花(寄り倒し)太刀光
 太刀光が頭を下げて出て押そうとするを常ノ花は突っ張って先制、太刀光がなお押すところ常ノ花は叩いた。 太刀光はさらに押し立て向正面に進むと、常ノ花は右四つ充分に組み止め、ドッと寄り立て寄り倒し、優勝を決めた。
・好勝負
  4日目 常陸岩(寄り倒し)太刀光

 常陸岩が両差しとなり、太刀光はこれを嫌って振りほどくが、常陸岩はさらに飛び込んで左差し、グイグイ煽って寄り倒す。 常陸岩はこの場所絶好調であった。
  6日目 小野川(寄り切り)出羽ヶ嶽
 小野川が喉輪で攻めると出羽ヶ嶽は左を覗かせ右上手、寄り身の逆襲を見せる。 小野川はこれを怪力で吊り上げて堪え、出羽ヶ嶽は体重を預けて防ぐ。熱の入った攻防、小野川が向正面に吊り身に寄り立て、遂に寄り切った。 小野川はヨロヨロ、勝ち名乗りを受けようと正面土俵に向かわんとしたという。
  7日目 大ノ里(押し出し)三杉礒
 当日結びの一番である。右四つから三杉礒が上手投げを打つと大ノ里は外掛け、さらに三杉礒が吊ると大ノ里堪えて寄り返す。 三杉礒はさらに上手投げで攻めるが大ノ里これも堪えて動かず水入り。再開したが動きが少なく、再度水入りとなって20分後取り直しとなった。 取り直しは、大ノ里が烈しく突きまくって押し出しの完勝だった。例によって仕切りが無制限で長いため、打ち出しは午後 8時25分だった。 この場所からの分け預かりを再戦させる件に関し、不手際が多く、不満の声が洩れた。
  8日目 常陸岩(打っ棄り)能代潟
  1敗同士の対戦、能代潟の声で立ち、常陸岩が左を素早く差す。能代潟は極めんとしたが諦めて左四つ、 常陸岩が寄るところ能代潟は掬い投げから下手投げで白柱に逆に出た。常陸岩はこれを外掛けに防ぎ、それでも土俵に詰まったが弓なりになって打っ棄った。
  9日目 大ノ里(叩き込み)太刀光
 大ノ里の声で立って突っ張り合いから太刀光が突き勝って大ノ里は土俵に詰まったが、 これをよく残して突き返す。太刀光はなおも突っ張ろうとしたが、その端を大ノ里は叩き込んで決めた。 名人大関同士のこの対戦の最終戦である。
 千秋楽 常ノ花(突き出し)能代潟
 常ノ花が右差しにくると能代潟はこれをおっつけて防ぐ。常ノ花は戦術を変えて突っ張り、能代潟は残して右四つとする。 しかし常ノ花は大きく上手出し投げ、能代潟が大きく泳ぐところ突き飛ばして勝ち、全勝優勝を決めた。
○大正15年 5月 優勝 前2 大蛇山 酉之助 10勝 1敗 1
 常ノ花は風邪のため休場したが、西ノ海は体調を戻して出場した。 大ノ里がこの場所素晴らしく好調で、初日から 8連勝して初優勝を狙うかと思われたが、最後に崩れ 8勝 3敗となった。しかしながらその立派な土俵は称讃ものだった。 西ノ海は 9勝したが、良からず悪からずといったところ。太刀光が出羽ヶ嶽に潰されて昏倒、途中休場となった。 能代潟・小野川・清水川が好戦して場所を盛り立て、大蛇山や錦洋が10勝を挙げて実力以上の成績。 大蛇山が上位で優勝掲額をものにした。対抗戦は75− 118で西が勝ち、大蛇山は旗手も務めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 大蛇山(捻り)若常陸
 大蛇山は左差しから右をも入れて両差し、一気に寄り立て土俵際、左下手から捻って決め優勝した。
・好勝負
 初日 大蛇山(巻き落とし)常陸岩

 突っ張り合い、常陸岩が左差しから寄るところ大蛇山は左掬い投げの強襲、 常陸岩がよろめくところ大蛇山は逆に左へ巻き落として関脇を倒し、波に乗った。
  4日目 出羽ヶ嶽(浴びせ倒し)太刀光
 太刀光が左に変わり、両差しから一気に出る。出羽ヶ嶽は右から小手投げを打ち、土俵際に飛ばして巨体を浴びせた。 太刀光は右へ打っ棄ろうとしたが重ね餅となって潰された。太刀光は右膝や足首を挫いてさらに人事不省に陥り、担架で病院へ運ばれた。 この大怪我で太刀光はほぼ土俵生命を断たれた。
  5日目 出羽ヶ嶽(浴びせ倒し)西ノ海
 西ノ海が両筈から押すと、出羽ヶ嶽は思い切って引っ張り込み閂に極めて残し、 土俵中央に戻した。さらに出羽ヶ嶽、小手投げから鯖折り、さらに小手投げと攻め立て、右小手投げから浴びせ倒した。 白熱戦、横綱無惨に潰された。
  6日目 能代潟(切り返し)出羽ヶ嶽
 能代潟は両差しから寄り立てた。出羽ヶ嶽は閂から吊り、さらに右の小手投げで防戦する。 しかし能代潟は左から外掛け、さらに切り返して横転させた。出羽ヶ嶽は大関横綱を自身の重量で潰したが、 己の重量で自分の腰と右膝を痛め、休場となった。
  9日目 若葉山(押し倒し)大ノ里
 大ノ里が突いて出るが若葉山は受け止める。大ノ里は次いで右を差そうとするが、若葉山は振りほどいて右筈から押す。 こうして押し合いとなり、若葉山が勝って押し倒した。全勝の大ノ里に土がついた。
 小結の福柳は12月11日、巡業地の福岡県戸畑で急死した。福柳にとって福岡は地元である。 小学校の同窓生である退役陸軍少佐の蒲瀬と会うことになっていた。蒲瀬は河豚を探したが、不漁続きで古いのばかり 3尾しか出てこなかった。 行司式守義松(のち24代木村庄之助)が、チャンコ番の諏訪錦を指揮してチャンコを作らせていた。 かくて河豚鍋をつついたが、やはり古い河豚はまずく、まず蒲瀬がやられ、次いで福柳、式守義松とやられていった。 蒲瀬は相撲場にいっていたが、おかしいと言って家(薬屋)に帰った。諏訪錦は慌てて医者を呼び、福柳には注射をした(義松は拒否)。 そして胃を洗ったが、酒を飲んだ義松は吐いたが、福柳は吐けなかった。蒲瀬は 4時間後の午後 3時に死んだ。 福柳と義松は相変わらず苦しんでいる。巡業の一行は両人を残して高松へ渡ったが、港に着いた時、福柳死亡の報が届いた。 福柳の最高位は関脇である。行司義松は助かり、義松は福柳の下の名である伊三郎と改名、自分の娘 2人には福子・柳子と名づけた。
 賜盃をつくった東京協会は、この光栄を東京だけで占めるのは忍びないと、 大阪方に合併を呼び掛けた。東京方は関東大震災による大欠損があって、法人格のない協会は金も借りられず苦境に立っている。 その対策として、財団法人の協会とすべく準備を始めたが、そのためには角界を一本化する必要があった。 かねてより交渉は持たれていたが、賜盃の力は絶大で(大阪も12年 5月の紛擾による弱体化で悩んでいたが)、一気に事が運び、出羽ノ海が14年 7月に小野川を訪問、 9月には大阪の岩友・時津風が上京、覚書を作って調印し、 9月24日に発表された。 財団法人の申請は 9月 3日に提出され(設立代表者・古川九八(両國の出羽ノ海))、12月28日附で許可を得た(認可から 7日間は異議を唱えることができるとされ、それを封じるために、御用始めの前に 7日間が過ぎるよう12月28日に認可されるようにしたという話もある)。 東西合同のため、大日本大相撲連盟を特別に作り、横綱と立行司(大阪の木村清之助を除く。従って庄之助・伊之助・玉之助)を例外として他を無資格とし、 実力審査のために合併興行を打った。まずは11月14日から京都八坂新道で晴天10日間(この時既に引退していた横綱栃木山は太刀持ち西ノ海、露払い常ノ花の陣容で土俵入りを披露していたが、 千秋楽の土俵入りが終わって花道を引き揚げる途中、西ノ海が心臓発作で倒れた)、次いで15年 3月12日から大阪市北区扇町公園で行われた。 この時行司清之助は立行司(紫白)から三役格(緋房)に格下げされた。 3回目は10月 7日から大阪市上本町 6丁目大軌電鉄停留場脇で11日間興行、 この時は連盟番附を発表し、大阪に年寄小野川がいる関係で小野川は豊國喜一郎として登場している(のちに東京でも豊國福馬と改名した)。 さらにこの場所に限り摂政盃が授与され、常ノ花が全勝で獲得した。取り敢えず番附は決まり、合併の準備はあらかた整い、 大阪は 1月の台北での本場所(番附には日時及び場所の記載がない。連盟相撲で惨敗した大阪は、人気を失って興行場所を探しあぐねたためと考えられている。台北に決まったのは台湾総督府の相撲部長の計らいによる)を最後に解散、 昭和 2年 1月より一本化されての興行が始まったが、実際に財団法人として発足したのは 3年 1月である(寄附行為の内容は立派だが具体的内容を詰めていなかったためではないかと推測されている)。
前画面に戻る