三役揃い踏み総覧


 千穐楽恒例の三役揃い踏み、勝ち力士は矢・弦・弓を受ける(ことになっている)のである。 尤もその起源はサッパリはっきりしないが。ところで、三役相撲に出る力士は、 大概は「上から六人」ということが言えるのであるが、時に「活躍力士の抜擢」もあるし「穴埋め」もある。 表を眺めて、その場所を違った面から思い出すのもまた一興。 但し、大正以前(と昭和21年)は取組編成が現今と全く異なるため、一驚こそあれ一興はない。 他に言いたいこととしては、揃い踏みに出るなら胸を張れということと、掌を二回確と合わせてくれということである。 前者はこの数十年ずっとなのであるが、後者については貴乃花が手を一回しか合わせずに足を上げる始末で、まずい例を残した。 本編(及び優勝決定戦総覧)では、曙などの用字は通常表示し得る字体に置き換えてあるが、本「三役揃い踏み総覧」については「幕内番附総覧」に準拠した。
明治42年〜大正15年
昭和 2年〜昭和 9年
昭和10年〜昭和19年
昭和20年〜昭和29年
昭和30年〜昭和39年
昭和40年〜昭和49年
昭和50年〜昭和63年
平成元年〜平成10年
平成11年〜平成20年
平成21年〜平成30年

前画面に戻る