優勝決定戦総覧


 大関時代の東冨士が提案したことによって実現したといわれる、幕内最高優勝を決める優勝決定戦、 昭和22年 6月から行われて現在に至る。そもそも優勝制度自体に無理があり、それでもなお優勝力士を決めるのであれば、 番附があるのだから上位者優勝のほうがすっきりするのではあるが、もう60年にもなる制度でもあり、 本編とは完全に重複するけれども、別記することにする。但し本編の見出しでは勝者を左に出しているが、ここでは実際の東西で表記し、 左を東として勝者に白星、敗者には黒星を附し、優勝が決まる一番での勝者は太字とした。平成 9年 7月からは優勝決定戦の結果を番附編成に反映させることになってしまった。 優勝決定戦は所詮番外勝負なのだから、現在のように成績のみで番附編成を行っている状況であれば、この措置は笑止の限りといえる。 逆に、昭和14年 1月に横綱双葉山が横綱男女ノ川より成績が劣ったのに、翌場所の番附でも双葉山のほうが上にされたというようなことが許される状況になったならば、 優勝決定戦も考慮に入れることも許されよう。それよりも興味があるのは、「優勝決定戦の裁きは、庄之助と伊之助が交互に行う」というのが実際にそうなっているかどうかである。 そうなりにくいということは、庄之助や伊之助は代替わりするし、伊之助から庄之助に昇進するのが通例ということは、前回裁いた伊之助と今回裁く庄之助が同一人物たり得るということでもある。 しかもこの一番で退職という場面に際会したら、「花を持たせる」ということもあり得よう。そんなわけで、ここでは行司名を併記することとする。 これまでの例を見ると、これといった取り決めはないようであるが、進出者の地位によって判断しているらしく思われる。
昭和22年〜昭和29年
昭和30年〜昭和39年
昭和40年〜昭和49年
昭和50年〜昭和63年
平成元年〜平成10年
平成11年〜平成20年
平成21年〜平成30年

前画面に戻る