平成26年
 九重部屋
夏 合 宿

 今年は本場所にも巡業にも行く予定がないが、6月の木下大門氏講演会に続いて、九重部屋夏合宿の朝稽古を見学しようというのだから、我ながらよく動き廻っている。 ところは福島町の「横綱千代の山・千代の富士記念館」。函館からは70km少々、ここから出た横綱千代の山が興し、ここから出た横綱千代の富士が経営する九重部屋は、 記念館ができた平成9年から、ここで夏合宿を張り、来る秋場所に向けて、また洋々たる未来に向けて、英気を養うのである。


 今年は8月11日から24日までの日程、筆者が行ったのは23日である。1階奥の稽古場で行われる朝稽古の公開は8時から、入館料(大人500円)だけで見学可能だ。 係員から手渡された参加力士一覧には、以下の力士が参加するとある。

東前頭5千代鳳東前頭8千代大龍8/18来町
西前頭16千代丸8/18来町西十枚目7千代皇8/12来町
西十枚目11千代の国東幕下8千代翔馬8/18来町
東幕下37千代嵐西幕下41千代栄
東三段目30千代雷山8/23帰京西三段目36千代稀琉8/12来町
西三段目40千代疾風西三段目56千代の勝8/18来町
西序二段40田岡西序二段67千代青梅

 14人、つまり九重部屋所属の全力士が参加というわけなのだが、来町日が特記されているのにもちゃんとした理由がある。 この夏合宿は夏巡業と並行して行われていて、大半の十枚目力士は12日の秋田巡業までの参加だったので千代皇が12日に福島町入りとなり、 夏巡業最終日17日の釧路巡業まで参加していたのが幕内力士と双大竜・佐田の富士・旭大星だったので、千代大龍と千代丸は18日に合流したのである。 千代鳳と千代の国は巡業に帯同せず、合宿初日からの参加となった。


 筆者はほぼ8時ちょうどに入館したのだが、早くも盛況である。もっとも、朝稽古なので盛況とはいえ静かなのだが。

 九重部屋といえば、5関取を擁する一大勢力。14人のうち5人が関取ということは、彼らの世話を残り9人でするということでもあるから相当の苦労があろうと思われるが、 関取が比較的元気でしかも若く、幕下以下も見渡すと(30歳以上はいないが)年齢構成に偏りがなく、20歳前後の若手にとっては何を教わるにも都合が良さそうである。

 早くも関取衆も姿を見せて、稽古を見守っている。最もよく声をかけていたのは千代大龍だった。なお、親方は不在である。


 関取衆は、思い思いに体を動かす。取的たちに声をかけながらとなれば、一心不乱に四股を踏み続けるというわけにはいかないが。中でも千代皇、汗が滴る。


 この日最も鍛えられていたのが、18歳の田岡である。18歳といっても、1月初土俵でまだ髷の結えない序二段力士。九重部屋では三段目に上がると「千代」を頭につけた四股名をもらえるのが通常の例だそうだが、 田岡はまだ番附に載って3場所、三段目には届いていない。見ての通りで、まだ体が相撲仕様になっていない様子。かかる声も「腰をおろせ」「腰を出せ」というのが多かった。 中には「おでこ1つ分くらい低く当たれ」という声もあった。ぶつかり稽古をやって、それからすり足で土俵を廻る(土俵といっても、ここの土俵はいわゆる皿土俵。つまり俵は入っていない)。 すり足の最中にも「腰をおろせ」と声が飛ぶ。まず膝を外に開いて腰をおろす恰好を身につけるのには、それ相応の日数が要る。それでも、たいていは足を運んでいるうちに腰が浮いていく。 それが矯正されるまでにまた時間がかかる。ようよう終わったと思えば、千代大龍と千代皇の督励のもとで、四股踏みだ。


 土俵では、千代嵐や千代栄といった幕下力士が申し合いを始めたが、田岡は千代皇による個人授業を受けている。写真では尻しか見えないが、2人で腕立て伏せを数セット繰り返していた。そこまでしてくれる兄弟子は、他にどれほどいるだろう。


 1時間経過、客足はますます好調、観衆徐々に前につめる。土俵にはいよいよ関取登場、千代丸が入った。


 千代丸は、右肩の具合を確かめながら、最初数回はあっさりと土俵を割り、それから踏ん張って存分に押させる。ここまではごく普通のぶつかり稽古であるが、 そのあとおっつけの講義を始め、かと思えば左上手を取っておいて筈で押させるということもやり、なかなか実戦的だ。千代丸は左手ではあまり相撲を取らない人だが、この日は左手が大活躍。


 千代皇は引き続き田岡を鍛える。基本中の基本、額で当たった瞬間に両筈で突き放すことを教え込む千代皇。教わった田岡、当たってはみても、そう簡単に押せるものではないわけで、止まったが最後、逆に羽目板に一直線。


 千代鳳は、胸を出すのではなく、自身の調整を行った。千代鳳は前に落ちない力士として名を売っており、低さ比べが見ものの一つであるが、 立ち合いはぶちかますタイプで、しかも腰は意外と高い。腰が高いのに上体を水平に保てるというのもまた特異といえようか。右腕の具合を見ながら取る様子も見られたが、その割には組めば右四つばかりだった。 千代鳳の四つは左のはずで、前に出ると確かに左に詰めていくし、左上手が深くて右の差し手は不充分、右四つとしては不恰好だった。ただ左を差しても腕が返らないという大問題も抱えている。


 田岡は運足の稽古中。「もっと深く」という声が飛ぶかと思えば、「前にのめりすぎ」という言葉も浴びせられる。

 さてこの日唯一の関取の顔合わせ、千代鳳に千代皇の三番稽古は、5番ほどしかなかったが、千代鳳の完勝だった。千代皇にとっては最も取りにくい相手だろう。 千代皇は右四つになりたくて右肩で当たるが、千代鳳がかまして出ると防ぎ切れない。どうにか左上手を取って千代鳳に上手をやらなくても、起こされて負けている。 千代皇の力強い吊りは魅力的だが、なかなか充分に組めず、幕内の座をつかめない。


 最後に四股30回、伸脚、股割り、蹲踞を行い、神棚を拝して本日の稽古は終了となった。暦の上では処暑のはずだが熱気に満ちていた。 兄弟子の指導ぶりは頼もしく、取的の動きも良く、巡業の稽古より数段勝る迫力があった。
Homeへ