平成28年
 九重部屋
夏 合 宿

 函館場所は無事終わり、日本相撲協会の巡業御一行様が苫小牧で稽古に励む8月20日(土)の朝8時、筆者は2年振りに福島町の横綱記念館に足を伸ばした。

 2年も経てば変わるものは変わる。「歓迎!!北海道新幹線」とある通り、春には北海道新幹線が開業、北海道新幹線スペシャルサイト観光情報には、 九重部屋夏合宿の案内も出ていた。 九重部屋当主の横綱千代の富士は、昨平成27年の5月に還暦土俵入りを行い、そのときの綱もこの記念館に収められた(赤富士をバックに赤い幣というのは、どうにもこうにも納得がいきかねたが…)。 しかし最も大きな、大きすぎる変化といえば、当主がおかくれになってしまったことである。還暦土俵入りから僅か1年2か月、北の湖の歿から僅か7か月、大鵬の歿から数えても僅か3年半でしかない。 これで現存する大横綱としては、些か躊躇しないでもないとはいえ貴乃花の名は挙げられるが、その後に続く者が皆無で、今や絶滅危惧種である。

 千代の富士の急逝を受け、記念館は8月1日から入館料を無料にし、当初は6日までとしていたが、中止も検討された夏合宿の実施が決まったことから、 夏合宿の最終日(21日)まで無料開放を延長したのだった。8時10分くらいに着いてみると、なかなかの盛況である。一昨年の経験からすると、別に無料だから盛況だというわけではないだろう。


 臍下丹田、力を込めて四股を踏む。名古屋で好調な土俵を展開しながら、右膝が耐え切れず途中休場となってしまった千代の国、右膝にのみテープを巻いて黙々と。 土俵では、すり足の稽古。まずは直進して攻め切るすり足、次いで腕を返して差し手の方に廻るすり足。腕の返しを見ていると、四つ相撲の千代皇と比べて、離れて取る千代丸は何となくぎこちない。 右膝の恢復途上の千代の国は、すり足の稽古には参加しない。捻じれるような力を膝にかけると、治るものも治らないし。


 こちらが新しい当主、千代の山が興したという考えに立つと、4代目ということになる、大関千代大海の佐ノ山改め九重親方である。 千代の富士の定年まであと4年、ゆくゆくは継承の運びとなってはいたろうが、かくも早いとは思いもよらなかったろう。


 小兵の序二段力士、門倉が千代の勝に鍛えられる三番稽古。千代の勝の右差しを門倉がまず左で殺し、左おっつけ右喉輪突き主体で攻めていこうとする。 千代の勝は右から入って捕まえようとする。なかなかの迫力。

 元結が切れてザンバラ、結んでもらってもまた切れてザンバラ、激しい稽古振り。


 門倉は、続いて千代の国の胸にぶつかっていく。千代皇が監督役。幕内の地位を取り戻した千代の国だ、そうそう簡単に動いてはくれない。 その千代の国に挑む門倉の表情を見よ。


 千代丸の出番。突き放す相撲ではないが、額から当たって喉をグイと押し上げ、その距離を詰めさせないようにしながら次の動きにつなげていく。 相手にとっては、距離を詰めても肘が邪魔、肉はさらに邪魔。


 ところが、千代皇が相手となると千代丸は分が悪かった。右から押し上げられるか、千代皇が左を取るか、という争いになるが、 千代皇の左の攻めの方が少し上という感じ。


 上がり框に腰かけていた新九重親方、土俵に下りて軽く鉄砲のあと、さすがに胸を出すことまではしなかったが、いろいろな角度で目を配る。8月3日の九重継承から半月余、来年で創設50年となる九重部屋をどう運営していくだろうか。 新九重親方は40歳とまだまだ若いが、よく考えると千代の富士が部屋を継いだとき36歳(平成4年4月)だったのだから意外の感もある。


 千代丸−千代皇はぶつかり稽古に移行したが、千代皇が滑ってしまい崩れ落ちてしまった。やむなく取的相手にぶつかる千代丸。


 千代の国が胸を出し、四股→伸脚→股割り→蹲踞と最後を締め、神を拝んで午前10時10分、この日の稽古は終了。拍手が沸き起こる。


 この日の公開は稽古だけではなくて、結髪の実演も。モデルは千代皇、そして床山は自称「カリスマ床山」二等床山の床九。

 この実演、何が良いかというと、丁髷の実演だったということだ。巡業で行われる実演はいつも大銀杏だから。大銀杏こそ床山技術の精華であることに間違いはないが、 基本はやはり丁髷なのだ。

 床山の右に道具箱(上がり框側のは水桶)、ポケットには元結。まずは今ついている元結を切り、癖直しをする。


 揃い櫛をかけて髪を揃えたら、梳き油を手に取って練り、髪につけてゆく。


 油をつけたら、梳櫛で髪を梳く。梳櫛には毛がついていて(「わざとです」と床九)、これで汚れや雲脂を取る。日々髪を洗うわけではないというので驚かれる。洗えばシャンプー1本飛んでしまうのでますます驚かれる。 廻しも洗わないので、洗わないものばかりで大爆笑。


 荒櫛で髪を梳かす。数ある櫛の中で最も傷むのが荒櫛である。油をまとった髪が相手だ。床九の櫛もかなり減っている。


 髪を揃えて、いよいよ元結をかける。丁髷の場合は元結2本。まず1本目の元結をかける位置は、通常揃い櫛で髪を揃えて決める(根揃えという)。

 人間、手は2つなので、髪を支えながら元結の両端を持つことはできない。なので、元結の左端を奥歯で噛み締める。床山の奥歯はガタガタになっていく。


 グッと折り曲げ、根元を掴み、2本目の元結。先を右に曲げ、千代皇の丁髷ができあがる。右に曲げているのは、それが粋に見えるからだとか。筆者は常ノ花以来と聞いているが、調査したことはない。


 髪結いの記事は、「相撲」の昭和53年11月号に「力士髷結髪法(おすもうさんのかみのゆいかた)」があって詳しい。

 そうしている間に土俵は掃き清められ、土俵中央に砂が盛り上げられる。麓に段をつけた五角形の頂に御幣が立ち、塩を盛る。 日の出を表現するとされている。頂上近くのくぼみが太陽の出ているところ、麓の段で光が届くさまを示すとか。 そして正面から三方に塩をまき、これで本当に稽古が終わったということになる。


 福島町での夏合宿、来年以降も継続されることを望むばかりだ。
Homeへ