平成29年3月場所
8日目

決まり手
徳勝龍寄り切り旭秀鵬
大翔丸押し出し錦木
妙義龍寄り出し石浦
貴景勝引き落とし栃ノ心
栃煌山肩透かし千代皇
押し出し佐田の海
宇良送り出し琴勇輝
大栄翔押し出し隠岐の海
魁聖寄り切り逸ノ城
遠藤寄り切り北勝富士
嘉風寄り出し碧山
千代の国とったり荒鷲
千代翔馬掬い投げ宝富士
豪風叩き込み玉鷲
琴奨菊寄り切り蒼国来
下手投げ
照ノ富士押し出し御嶽海
日馬富士上手投げ貴ノ岩
鶴竜寄り切り正代
稀勢の里小手捻り松鳳山
 稀勢の里の土俵入りは 1分29秒、松鳳山戦のため、露払いは再び輝。拝礼がないのは相変わらずだが、鶴竜と同じく土俵中央で両手を下げる動きが目立つようになった。これは要らない。鶴竜は 1分28秒、勢の右腕が青くなっており、日に日に目立つようになってきた。日馬富士は 1分37秒。

 徳勝龍額で当たろうとしながら左を固めて右から引っ張り込もうとすると、旭秀鵬は右を固めてかち上げ気味、左は前褌狙いかと思ったが差す形になる。徳勝龍左を差し勝ち、腰低く腹を利して黒房に寄り進み、旭秀鵬が左を上げようとすると徳勝龍そのまま寄り切った。旭秀鵬右の手着きなく、徳勝龍の左は不充分。

 錦木両差し狙いの恰好で立つと大翔丸頭で当たって左右で挟みつけ、錦木が右を抜いて引っ張り込もうとすると大翔丸左筈で押し上げ、錦木が嫌って左に廻ると大翔丸左外筈で押し、錦木が向正面を右に廻って撥こうとすると、大翔丸額で当たって左外筈右で胸を押し上げ、左で胸を突いて起こし、左で脇腹を押して赤房に押し出した。

 妙義龍右を固めながら左前褌狙いの恰好で立つと、石浦上体を沈めて左に廻り右足を取りにいったが、妙義龍右足を内に入れながら追って左筈で持ち上げ左を覗かせる。石浦また上体を沈めて左下手を取り頭を左腋に突っ込むと、妙義龍右小手に抱えて起こしながら正面に詰め込み、右で肩を突きながら左で胸を押して正面に寄り出し、砂かぶりに吹っ飛ばした。石浦の相撲の質が低すぎた。

 両者全く呼吸を測りかね、栃ノ心諦めてやり直し。栃ノ心右でかち上げたが貴景勝額で当たって左外筈右喉輪で突き放し、左で一つ突いて右で栃ノ心の左肘を押さえるや額で当たり、左右と胸を突き、栃ノ心が右で突き上げんとすると貴景勝左ではね上げ、両手で胸を突き上げるなり右で栃ノ心の左腕を払い落とし、土俵中央やや東寄りに引き落とした。

 千代皇右で胸を突きながら額で当たって左を固めたが、栃煌山左右を固めて立ち、右が空を切ったが左を覗かせんとし、千代皇が左を抜いて突き落としにいくと栃煌山右筈でついていかんとし、やや左に逸れて離れたが、両手突きで突き放し、一度見たあと右で張って左で肩を押さえながら右で胸を押さえ、千代皇が左足を引いて体勢を下げるところ、栃煌山左で顔を突いて左を覗かせ、肩透かしで千代皇を東に転がした。全く相手にならず。

 額同士でぶつかり合って輝左筈右喉輪。佐田の海右で肩を突きながら左ではね上げ、左で喉を押さえて右で宛がおうとしたが、輝右左右と喉を突き、佐田の海が右を覗かせようとすると輝左右でおっつける。佐田の海は引こうとしたのか腰が砕け、輝が左で抱えたまま右で肩を押し上げると佐田の海よろよろと西に後退、右で胸を押されて押し出され、砂かぶりの奥深くにまで走り込んでしまった。佐田の海左の手着きなし。

 琴勇輝の手着き不充分でやり直し。二度目は宇良が立たずやり直し。三度目、琴勇輝両手で肩を突いて突っ張ろうとすると宇良は宛がってはね上げ、寧ろ右筈で押し返す。琴勇輝両手突きで突き返さんとすると宇良右に開く。琴勇輝赤房に突っ走り、向き直ったところに宇良かまして両筈、琴勇輝堪えてはね上げ、宇良が再度かまして両筈になろうとすると琴勇輝右を固めながら左でかち上げる。宇良は天井向きになり、さらに左喉輪を浴びて反り返ったが、よく堪えて左で胸を押し右筈から両手で一突き、琴勇輝が攻め返さんとするところ、宇良右に飛んで去なし、後ろについて正面に送り出した。正面で琴勇輝が体を廻し右に払いのけたので、宇良も吹っ飛んで正面溜まりに落ちた。これは宇良の凄い腰。

 隠岐の海右腕をぶつけて左でおっつけんとすると、大栄翔額で当たって右で肩を突きながら左筈、右を伸ばして押し、さらに右喉輪で突き上げ左喉輪突き、突っ張って右で肩を押し左で胸を押し上げ、完全に起こして白房に押し出した。

 すぐに右四つ、魁聖両廻しを引き、右肘を張って青房に寄り進み、寄り切った。逸ノ城にとって安心して取れる相手かと思ったが、逆だった。

 遠藤左差しを狙いながら額で当たると北勝富士左で肩を突きながら右を外筈にしたが、遠藤右を肘に宛がって押していき、北勝富士が右筈で押し上げながら左で喉を押そうとすると遠藤右下手を探り、逆に遠藤突き上げて左差し右上手狙い、北勝富士左で肩を押さえて右外筈、額をつけると、遠藤右ではね上げんとし、次いで北勝富士の右を引っ掛けて泳がせ、右差し左おっつけから正面に攻めて左右と両差し、北勝富士が左で頭を押さえて右に廻ると両下手の遠藤ついていき、北勝富士が右で遠藤の左を切ろうとすると遠藤向正面に攻め入り左で肩を押しながら右で顔を押し上げ、左右と入って東に寄り、寄り切った。

 嘉風頭を下げて左を固めながら左肩を出すと、碧山額で当たって右外筈左で胸を押し、次いで左喉輪で押し上げようとしたが、嘉風右で肘を押し上げて外し、碧山が叩いて右に廻ろうとすると嘉風額で当たろうとしながら左差し、碧山左で頭を押さえながら右で突き落とそうとしたが、嘉風ついていってみぎでむねをおしあげ、額をつけて右で脇腹を押し上げ、東に寄り出した。

 荒鷲右四つ狙いで右肩で当たると千代の国左を固めながら頭で当たって右で胸を突こうとし、一度離れて荒鷲左で張り左下手を取って右上手もというところ、千代の国体を開いて右小手投げにいき、荒鷲が左を抜こうとすると千代の国とったりにいって豪快に東に一転させた。

 宝富士左差しを狙うも踏み込みがない。千代翔馬額で当たって右腕をぶつけながら左で喉を押し、宝富士が左に廻りながら千代翔馬の右喉輪をはね上げんとすると千代翔馬細かくついて右喉輪、宝富士外すと千代翔馬突っ張って左で喉を押し上げ、宝富士が左を差すと千代翔馬右上手を取って上手投げ気味に右に廻って左差し、宝富士追って右上手を引いたがついていくのがやっと、腰を据える前に掬われて向正面で巻き上げられ、打っ棄り気味に倒された。

 玉鷲先に立って額で当たろうとすると、豪風立ち遅れて左に飛び、右で頭を押さえて叩き込んだ。玉鷲の大失敗。豪風右を着けず。

 琴奨菊慎重に立って左を固めながら右で引っ張り込もうとすると、蒼国来左を差しにいって右を固め、向正面側で差し手を争った。琴奨菊左差しが捗らず少し青房に出られたが、土俵中央に戻して暫く争い、やおら煽って左を覗かせ、蒼国来が左に廻ると琴奨菊東に追い、蒼国来が右でおっつけて堪えんとすると琴奨菊左を返し、赤房に攻めて寄り切った。両者右の手着きなし。

 勢左を向いて右肩で当たると安左右を固めて胸で当たり、突っ張ろうとする。勢突き返して西に進むと安左で顎を押し上げる。勢右から払いのけて左を肩まで入れ、右でおっつけて上手を取る。安体勢が反ったが、左下手横褌を取る。勢は右上手が深く、しかも切られる。安下手を深くする。土俵中央で数呼吸、安上手を探るが取れない。数呼吸、安右から攻めて青房に進むと、勢両足を引いて俵に掛け、右でおっつけながら左を大きく返し、次いで右小手投げ気味に右に廻って左で頭を押さえるが、安ついていって土俵中央に戻し、また胸を合わせる。両者上手が取れず数呼吸、安が出んとするところ勢体を開いて右小手投げにいったが、安下手投げに返し、右足を一歩出しながら左を抜くと、勢這わされた。

 御嶽海左を固めて額で当たり右で胸を突こうとしたが、右を固めて左前褌狙いで立った照ノ富士左右で抱えて動ぜず、御嶽海右を抜いたものの左肘が極まり、青房に下がって左を抜こうとしたが左で喉を突かれて押し出された。

 貴ノ岩先に立って右差し左前褌を狙ったが、日馬富士額で当たりながら左後ろ褌、左に廻って右で膝を押さえながら上手投げにいき、赤房に出ながら投げ倒した。貴ノ岩左の手着きなし、左を着かずに先に立ち出し抜こうとして失敗している。

 正代左差しを狙いながら右は肘を張り、鶴竜の左前褌狙いを許さず、次いで左を筈にしたが、鶴竜左喉輪から突っ張る。正代左を筈にして喰い止めながら右腕ではね上げんとすると、鶴竜額をつけて両前褌狙い、正代与えず左後ろに下がると鶴竜突っ張って左喉輪、正代右から去なそうとしたが東に吹っ飛び、鶴竜がこれを見て両手で叩こうとすると正代右足で堪えたが、鶴竜左で張って左差し右上手、額をつけて正代の左につき、右で切り返しながら赤房に攻め、左で胸を押し、一呼吸して左から押し上げ、割り出し気味に寄り切った。

 稀勢の里左を固めて立つと松鳳山両手で突き上げ、額をつけて左から入ろうとしたが稀勢の里が左で胸を押さえると、松鳳山左右左と喉を突く。稀勢の里が左で胸を押しながら右で肩を突き、右で張り気味に突いて左からおっつけんとすると、松鳳山二本覗かせて土俵中央に戻し両下手。稀勢の里右で抱えるが左ではおっつけられず、肩越しに上手。松鳳山向正面白房寄りに寄り進む。稀勢の里堪えて左に振ろうとし、左上手が切れて左おっつけで突き落とし気味に右に振り、体を開いて左小手投げの形で左に廻り、西で右から首を突きながら左小手から大きく捻ると、タイミングが合って松鳳山振り捨てられた。
前画面に戻る