平成29年3月場所
12日目

決まり手
旭秀鵬下手投げ臥牙丸
大栄翔突き出し佐田の海
栃ノ心掬い投げ錦木
妙義龍寄り出し栃煌山
押し倒し大翔丸
琴勇輝押し出し魁聖
隠岐の海寄り切り徳勝龍
貴景勝突き落とし逸ノ城
千代の国押し倒し石浦
碧山叩き込み宇良
嘉風寄り倒し千代翔馬
蒼国来肩透かし北勝富士
貴ノ岩引き落とし松鳳山
御嶽海押し出し豪風
引き落とし正代
宝富士叩き込み琴奨菊
照ノ富士切り返し遠藤
稀勢の里寄り出し荒鷲
日馬富士小股掬い
玉鷲押し出し鶴竜
 鶴竜の土俵入りは 1分27秒、日馬富士は 1分39秒、稀勢の里は 1分31秒。

 臥牙丸額で当たって右で肩を突きながら左を筈にせんとすると旭秀鵬左を割り込み、臥牙丸が左差し右上手で西に進もうとすると旭秀鵬左下手横褌、体を廻して左下手投げにいき、黒房に投げ捨てた。旭秀鵬の右と臥牙丸の左手着きなし。

 両者右で突きながら額で当たり、佐田の海左を筈にして右で仰け反らせるが、大栄翔両手で押し放して突っ張る。佐田の海腰を引いて上体を下げようとすると大栄翔左で首を突き落としながら左に廻って右で背を叩き、佐田の海が右差しで雪崩れ込もうとすると大栄翔白房に下がって左から突き落とすが、佐田の海が右を突きつけるというより右腕でぶら下がるようにして体を預けると、大栄翔は左足の支えを失って土俵を割り、佐田の海は両脛から倒れる。錦太夫の軍配は佐田の海で、物言いは西の湊審判か。大栄翔の体がどこでなくなったかという難しい判断を迫られ、同体取り直しは妥当といえよう。額で当たり合って両者右喉輪、佐田の海取り直し前と同様に左を筈にして右で突き起こし、大栄翔が右から左と喉を攻めようとすると佐田の海右から首根を突き落とし右横褌を狙ったが、大栄翔が泳ぎながら左手で顔面を突くと佐田の海腰が崩れて西に後退、大栄翔猛然と突き立て突き出した。

 栃ノ心両手で叩いて左に変わろうとしたが、錦木立たずやり直し。栃ノ心先に立って右差しにいきながら左で引っ張り込まんとし、錦木が額で当たって右筈左でおっつけんとすると、栃ノ心左で首を引きながら右を入れ、掬い投げで赤房に叩きつけた。

 栃煌山両手で突いて右に引こうとするが足は全く動かず、妙義龍両筈になろうとしながら額で当たり、右を差そうとしながら左腕ではね上げて左で廻しを押し、正面に一気に寄り出した。ここまで一敗ながら不調の栃煌山、全く相撲にならず完敗。

 大翔丸額で当たろうとするが輝右で肩を突きながら左を胸に宛がい、大翔丸がやや右に廻ると輝胸を突き、左筈右外筈から右で喉を押して西に攻め、大翔丸が左に廻ろうとして右足が崩れるところ、輝左を効かせて右前に押し倒した。輝右をおろさず。

 琴勇輝両手で突いて右で喉を押し上げると魁聖右を入れんとするが体勢が立つ。琴勇輝左でおっつけ、魁聖左おっつけで琴勇輝の右を外すと琴勇輝手繰り気味に左に下がって僅かに引き落としを見せ、額で当たって左右で挟みつけ、右を筈にして押し上げる。魁聖覗かせた右を返し、さらに右から去なすが、腰が定まらないので攻めにならず、琴勇輝右喉輪で突き上げて左腕を伸ばし横ッ面を押し、右で胸を二度突きながら左で脇腹を押して西土俵黒房寄りに押し出した。

 徳勝龍左右を固めながら額で当たると隠岐の海右腕をぶつけて起こし左前褌は取れなかったが左を差し、右でおっつけんとする。徳勝龍左を差して右で抱えんとするが、右肘が大きく開いて抱えられない。隠岐の海赤房に攻めようとすると徳勝龍堪えて動じなかったが、隠岐の海なおも右おっつけで攻めると徳勝龍徐々に圧される。隠岐の海は徳勝龍の左掬い投げを堪え、徳勝龍が左に廻って一呼吸すると隠岐の海右でおっつけ、白房に出んとし、徳勝龍向正面に下がると隠岐の海右上手に指が掛かる。徳勝龍右に廻って切るが、隠岐の海おっつけて赤房に出て上手を取り、引きつけて寄り切った。

 逸ノ城左で張って右を差そうとすると貴景勝額で当たって左おっつけ右で肩を押し、前傾を保って突っ張りを見せる。逸ノ城左で突いて右を差そうとしたり、体当たりして起こしたりしたが、貴景勝堪える。逸ノ城右で頭を引いて右を差しにいくが、貴景勝突っ張って嫌い、逸ノ城がやっと右下手前褌を引き西に出ると貴景勝右で突き落としながら右に廻り、逸ノ城がバタ足で向正面に追いかけると貴景勝渾身の左突き落とし一閃、逸ノ城を赤房に豪快に飛ばして転がした。

 石浦額で当たろうとしながら右で肩を突いて左でおっつけんとしたが、千代の国よく見て両手で肩を突き、突っ張らんとする。石浦再度頭を下げると千代の国右で首根を突き落とし、泳ぎかかる石浦の左脇腹を右手で押し放し、向正面に飛ばして押し倒した。

 碧山が先に立つと宇良頭で当たって右筈左でおっつけんとしたが、碧山左右左と突いて仰け反らせ、すぐさま右で頭を叩く。右足を引いていっぱいいっぱいだった宇良、左足が流れてバタッと這わされた。

 千代翔馬額で当たって左で肩を突き、右上手を探ると、嘉風額で受けて右で宛がい左を差し、千代翔馬右を取れず抱えながら左で肩を押そうとすると、嘉風左を返して右おっつけを効かせ、千代翔馬に右小手投げの遑も与えず白房に追い詰め右で胸を突いて寄り倒した。

 僅かに呼吸ずれ、庄太郎の待ったでやり直し。蒼国来左を差そうとすると北勝富士額で当たり左で突きながら右でおっつけんとし、両手で突いて額で当たり左喉輪右おっつけの形、次いで右喉輪で突いて額で当たり左右で挟みつける恰好。蒼国来受けて右を覗かせ左でおっつけ、北勝富士が少し黒房に押してから蒼国来の右を手繰り気味に去なし、左おっつけ右喉輪で押し上げる。蒼国来右を手繰って東を左に廻り込み、一瞬見合って北勝富士が額で当たらんとするところ、蒼国来左に廻って左を覗かせ肩透かし、北勝富士が右足を蹴上げながら左足で跳ねてついていくところ、蒼国来土俵中央に強引に透かし落とした。

 貴ノ岩右を固めて立つと松鳳山右で喉を突きながらやや左に立って左を固め、右喉輪で押し上げてから両差しに入ろうとする。貴ノ岩右でおっつけながら左で首を引き、松鳳山が白房に進むと貴ノ岩右に廻り右で抱えて引き、赤房に引き落とした。凡戦。貴ノ岩左右とも手着きなし、松鳳山の呼吸が汚くて注意されたことがあったが、貴ノ岩はそれに輪をかけて穢い。

 両者額で当たって御嶽海左を筈にしながら右で顔を押し上げんとすると、豪風右で肩を押しながら左腕ではね上げ、次いで両手で胸を押すなり右へ引いて左に廻る。御嶽海ついていって左で肩を突きながら右喉輪突き、両手で胸を突いて青房に押し出した。豪風右の手着きなし。

 正代両差しを狙うと勢右差し左前褌狙い、勢右でおっつけながら左ではね上げんとすると正代左右とおっつけ返さんとするが、勢右を抜いて上手、正代左下手を取って右で攻めながら青房に進むと勢右上手投げ、正代堪えて右を差そうとすると勢左でおっつけ、右を巻き替える。左上手の正代白房に寄るが腰高、勢右から掬おうとすると正代左上手投げ気味に引っ張るが、勢左で額を押して正面に進もうとする。正代体を開いて左上手投げ、勢青房で堪えて掬い投げに返そうとすると正代は上手が切れ、尻を引いて額で当たったが、勢左腕と右手で胸を押し上げて東に攻め、右に引き落とした。正代左の手着きなし。

 琴奨菊左で突きながら額で当たって右を固め、左喉輪で押し上げて両差しを狙うが、宝富士左上手前褌を引いて右でおっつける。琴奨菊左は覗くが右が入らないまま正面黒房に寄りに出んとするものの、宝富士俵にも詰まらずに堪え、琴奨菊が腰を引くと宝富士左が切れたが右に廻って左を差そうとする。琴奨菊両差しに拘って西に出んとするが、宝富士が左でおっつけると琴奨菊は宙を舞い、宝富士が黒房を左に廻って右で叩くと、琴奨菊両手から落ちた。琴奨菊無茶攻めの祟り。

 遠藤左を固めながら右を筈にせんとすると照ノ富士左で張って右でかち上げ、左を差そうとする。遠藤これを引っ掛けて右上手を探ると照ノ富士も右に廻り、右でおっつける。遠藤右喉輪で突き上げんとすると照ノ富士左おっつけで外し右を差そうとする。遠藤左を巻き替えると照ノ富士右でおっつけんとしたが空を切って右上手を肩越しに引く。遠藤左下手を深く引き、少し差し手を争って両差し、右下手も深く取って右下手投げ気味に東に寄り立てる。照ノ富士右上手を頼りに堪え、左で抱えて腹に乗せるというよりぶら下げる形で土俵中央に戻し、右に切り返して東寄りに捻じ伏せた。化け物級の相撲。遠藤左の手着きなし。

 稀勢の里は左を固め、荒鷲は右を固めて当たり合い、荒鷲左前褌を狙ったが取れず、稀勢の里左を差して右で抱え東に進む。荒鷲右上手横褌を取り、右に飛んで上手投げにいこうとしたが、稀勢の里左を突きつけて雪崩れ込み青房に寄り出した。

 安先に立って左右を固めるが当たりが弱い。日馬富士額で当たって右で踏み込み左筈右で前褌、額をつけて白房に寄り進み、安が左を抜くと日馬富士右を後ろ褌に替えるや安の左後ろに廻り左で小股を掬い、赤房に運んで右に倒した。小股掬いにまでいく必要があっただろうかとは思うが、立ち合いで圧倒したのは間違いない。

 鶴竜右を固めながら額で当たり右差し左前褌を取りにいくかと思ったが左は脇腹に宛がった。玉鷲両手で突いて喉を細かく突き立てると鶴竜右筈で押さえるが、玉鷲右喉輪で仰け反らせる。鶴竜左おっつけで外し、玉鷲の突っ張りをはね上げ、右左と喉を押し上げてから右に飛んで右から撥こうとしたが、玉鷲が右外筈で左に押し放したので鶴竜は向正面赤房寄りの土俵際にまで飛ばされ、額で当たって右前褌を探ったものの、玉鷲が左腕で胸を押し上げ右で腹を押すと鶴竜押し出され完敗。鶴竜左の手着きなく、玉鷲の右は不充分。
前画面に戻る