平成29年3月場所
13日目

決まり手
阿武咲押し倒し妙義龍
大翔丸押し出し佐田の海
大栄翔押し出し徳勝龍
琴勇輝引き落とし旭秀鵬
栃ノ心突き落とし
隠岐の海寄り出し石浦
魁聖掬い投げ錦木
宇良寄り切り千代翔馬
貴景勝引き落とし碧山
遠藤押し出し栃煌山
逸ノ城不戦荒鷲
北勝富士引き落とし松鳳山
貴ノ岩吊り出し千代の国
豪風叩き込み
御嶽海寄り切り蒼国来
琴奨菊寄り切り正代
嘉風寄り出し
玉鷲押し出し宝富士
照ノ富士上手投げ鶴竜
日馬富士寄り倒し稀勢の里
 日馬富士の土俵入りは 1分39秒、稀勢の里は 1分35秒、鶴竜は 1分27秒。稀勢の里の土俵入りの終わりの柝が早かった。

 阿武咲早すぎ二度やり直し。妙義龍右を固めながら額で当たって左を筈にすると、阿武咲額で当たって右で肩を突きながらやや左に立ち、左筈で押し上げ、右喉輪で押し、妙義龍が右から突き返すところ阿武咲左から突き落とし、妙義龍が右で張って右を差そうとすると阿武咲右から突き上げ、突っ張って攻めようとする。妙義龍が両手で突き返すと阿武咲挟みつけて右を筈にし、妙義龍が右首投げにいくと阿武咲左差し、右で胸を押して赤房に攻め、右を伸ばして左で脇腹を押し、押し倒した。

 大翔丸額で当たって右左と肩を突こうとし、佐田の海が両腕を下から出して左を差そうとすると大翔丸右外筈で押し、右筈左喉輪で正面に攻め、右を筈のまま攻め続けながら左でおっつけんとし、佐田の海が左おっつけで筈をやっと外すと、大翔丸右で胸をグイと押して正面に押し出した。佐田の海の右以外手着きなし。

 大栄翔両手で突きながら額で当たると徳勝龍額で当たって右で突きながら左でおっつけんとし、突っ張り合って大栄翔が右筈左喉輪の形で下から突くと、突き負けた徳勝龍嫌って左に払おうとしたが、大栄翔左で胸を押し、右で宛がって左で胸を押し白房に押し出した。

 琴勇輝両手突きから右で喉を押すと旭秀鵬左を肘に宛がって外し、琴勇輝が傾いたまままた両手で突くのを旭秀鵬左から去なしたが、琴勇輝が左に体を廻すと旭秀鵬左膝がグラついて両手から落ちた。旭秀鵬右をおろさず。

 輝右で胸を突くと栃ノ心右に変わり気味に立って右を差そうとしたが、輝左で肩を突いて右で胸を押し上げ、栃ノ心が突っ張るのを輝右からはね上げて右左と両差し、栃ノ心左で首を抱えて右に廻り、赤房で右突き落としにいってさらに右に廻りながら左で背を押さえると、輝全くついていけずゴロリと転がり東の溜まりに落ちた。輝右の手着きなし。

 隠岐の海両手で突いてから左を差そうとすると石浦額で当たって左筈右で肩を突き、次いで右でおっつける。隠岐の海赤房に押していこうとすると石浦左に引き落とし、左喉輪右おっつけから押し上げんとしたが、隠岐の海左に廻って左を割り込まんとしながら右で引っ張り込む。石浦左下手を浅く取るが、隠岐の海右上手を引く。石浦左腋に頭を突っ込んで右で隠岐の海の左を殺そうとしたが、却って自分で首を極めてしまう。隠岐の海一度右で石浦の左脛を蹴り、石浦が左から捻ると隠岐の海少し前にのめるが立ち直り、グイグイ黒房に進んで寄り出した。

 魁聖少し早く立ち寿之介の待ったでやり直し。魁聖左で突きながら右を固めて当たると錦木低く出て右で胸を押しながら左腕を畳み、魁聖が右を差そうとすると錦木左でおっつけ、魁聖も左でおっつけると錦木左に廻って横褌を取り右で前褌を引くと、魁聖左を徐々にこじ入れて両差し、正面に出る。錦木左右ともに切られ、黒房で左に振って廻り込み、東に下がって右に動き、やっと青房で振りほどく。一瞬見合って錦木額で当たり左おっつけ右筈で押すと魁聖左で首を抱えながら右を覗かせ、左上手を取って捻りながら体を開き、左は外れたが右掬い投げを続け、錦木が取った左上手を切って白房に投げ飛ばした。

 宇良立てずやり直し。千代翔馬先に立って左で肩を突きながら右腕をぶつけにいったが、宇良が頭を下げて立つと千代翔馬の右腕は肘が左肩に当たっただけ。宇良左差し右で胸を押しながら一気に西に突撃し、千代翔馬の右小手投げを左切り返しで防ぎ、追い込んで西土俵白房寄りに寄り切った。

 貴景勝両手で突きながら額で当たると碧山左右ではね上げ、少し突っ張って右左と頭を押さえながら右に廻り右を入れにいき、貴景勝が嫌って突っ張ろうとすると碧山突き返すが足が出ず、両手で頭を押さえる。貴景勝胸を突き、碧山が右筈で押さえて両手で押し放すと両者一度見合い、二人で引く恰好をしたあと貴景勝額で当たって両手で突くのを碧山下から押し返し、正面に突っ張っていったが、貴景勝左から去なし、碧山が左で頭を押さえようとしながら引くと貴景勝ついていって両手で胸を押し、右に引き落として東土俵赤房寄りに転がした。

 遠藤左右を固めて額で当たると栃煌山も左右を固めて胸で当たり、栃煌山左を覗かせ右を巻き替えんとすると遠藤左右のおっつけから右上手を探ったが取れず、遠藤が右後ろに動いて左を巻き替えんとすると栃煌山左で肩を押して右外筈で青房に進もうとしたが、遠藤右足を俵に掛けて体勢を下げると栃煌山叩こうとするも遠藤動ぜず、遠藤が見ながら突くと栃煌山左を差そうとしたが足はお留守。遠藤額をつけて左筈右おっつけで攻めると栃煌山右で背を叩いて左に下がり、両手で胸を突き上げられて西に詰まり、再度胸を突かれて押し出された。

 荒鷲は左足首を捻挫して休場。

 松鳳山右で張って左から入ろうとすると北勝富士額で当たって左で肩を突きながら右でおっつけんとし、松鳳山突っ張って右で一つ張り左を入れるところ北勝富士左右と喉を押し上げ、松鳳山また突き上げて右で張り左差しにいくと北勝富士頭を下げて左喉輪右おっつけ、青房に一気に押し込み、松鳳山が堪えると北勝富士右で一押しするや左に引き落とした。

 貴ノ岩右肩を出すと千代の国額で当たって右で肩を突きながら左で貴ノ岩の右を抱えて殺そうとし、右で喉を突こうとする。貴ノ岩受けて左に引き落とすと千代の国残して向き直りながら左を脇腹に宛がって額で当たり、手繰り気味に右に引き落として左に廻る。貴ノ岩が残すと千代の国青房から突き返さんとしたが、貴ノ岩右から去なして千代の国の左につかんとし、千代の国が体を時計廻りに廻して向き直ると貴ノ岩右差し下手を深く取り、次いで西に出ながら左で上手、千代の国が左おっつけや突き落としで抗うと、貴ノ岩右を返して寄り詰め、千代の国なお堪えると貴ノ岩抜き上げて吊り出した。

 豪風額で当たって右で肩を突き左おっつけ、押し上げて左に廻り、勢が右差し左を脇腹に宛がって追おうとすると、豪風右で首を押さえ叩き込む。勢左腕から落ち、豪風は飛び、容堂は珍しく一瞬の躊躇を見せて豪風に軍配、物言いは誰であろうか、東の竹縄審判だろうか。問題提起は豪風の飛ぶのが先で、結論は勢の左手が先、軍配通りとなった。同体でいいと思ったが、勢の左手は確かにかなりの速さで落ちていった。アナウンサーと解説者以外のスタッフの声も中継に加わったのは珍しかった。豪風右の手着きなし。

 御嶽海右を固めながら左で突いて額で当たり、左で胸を下から押して西に攻め込む。蒼国来右に廻って宛がおうとすると御嶽海体勢を上げず押し上げ、右喉輪で起こし、さらに喉を押し上げて赤房に攻めようとする。蒼国来左を手繰って右に廻り込み、挟みつけて一呼吸、右腕で押し上げて右四つ左上手の恰好に持ち込もうとしたが、御嶽海左で宛がって蒼国来に右を差させず、右を上げながら黒房に寄り進み、堪える蒼国来を正面に寄り切った。

 琴奨菊額で当たりながら右を固めて左前褌狙い、正代が両差し狙いで胸を出すと琴奨菊左を取り、正代が左を覗かせて起こそうとすると琴奨菊左を切られたがおっつけて右で抱えたままがぶり、左で宛がって右で廻しを押して寄り切った。

 安左を固めて左肩で当たろうとするが高い。嘉風右を固めて右肩を出しながら額で当たり、左で前褌を探る動き。次いで嘉風左で突くと安右でおっつけて左喉輪で押すが、嘉風堪えて突き返し、安が右を差すと嘉風左腕を上げながら右に廻って左を巻き替え、安立ち腰で右に廻ると嘉風両差し、安が右で首を抱えると嘉風左を突きつけて正面に寄り出した。

 宝富士左を差そうとしながら右ではおっつけると、玉鷲額で当たって左筈右を脇腹に宛がって起こし、左喉輪右おっつけで押し放し、右喉輪で押し、宝富士が左に廻ると玉鷲両手で喉を押し、左で胸を押して右で一つ張り、左で胸を押し上げながら右で肩を押し、額で当たって両手で胸を押し、青房に押し出した。

 鶴竜右を固めて左前褌を狙いながら額で当たると、照ノ富士右を差そうとしながら左前褌を狙って一枚取り、右を返す。鶴竜左が取れず巻き替える。照ノ富士右おっつけのあと上手を一枚。鶴竜左右と下手を取るが顎が上がる。照ノ富士黒房に寄る。鶴竜堪えて寄り返す。土俵中央やや西寄りで一呼吸、鶴竜出んとすると照ノ富士左を巻き替え、下手を深く取り、肘を張る。鶴竜右を巻き替える。照ノ富士左に廻って上手投げを打ちながら右を巻き替えんとすると鶴竜右外掛け気味に足を飛ばそうとする。照ノ富士また右上手一枚。土俵中央で一呼吸して照ノ富士腹に乗せて東に運び、鶴竜右に振ろうとすると照ノ富士引きつけ返して右上手投げで投げ出した。鶴竜は両差しになったが、顎が上がっ放しだったのが致命的だった。

 稀勢の里先に立って右で肩を突きながら左でおっつけんとしたが、やや左は甘かった。日馬富士右で踏み込んで額で当たり、左下手を取って右も覗かせ左肘を張り、稀勢の里が右で抱えると日馬富士西に突撃、稀勢の里左小手から捻りながら右小手投げにいかんとしたが左足は早くも俵の上、日馬富士煽ると稀勢の里右を首に巻いて左から突き落としにいったが、日馬富士が右を突きつけると稀勢の里は反対に左下に崩れ、寄り倒されて西溜まりに転げ落ちた。稀勢の里の左の踏み込みも悪かったとは思わないが、前日来日馬富士の右の踏み込みと突っ込みが冴えており、立ち合い負けした。稀勢の里は溜まりに落ちる際には土俵に倒れてから少し跳ねて転がり落ちたので、溜まりで強打してはいないとみられるが、左突き落としの際に左胸を痛めた模様、筋挫傷か断裂だろうか。
前画面に戻る