平成29年3月場所
14日目

決まり手
錦木押し出し宇良
石浦寄り出し旭秀鵬
栃ノ心突き落とし徳勝龍
貴景勝叩き込み栃煌山
大栄翔寄り出し魁聖
佐田の海上手出し投げ逸ノ城
千代翔馬突き落とし妙義龍
碧山叩き込み大翔丸
押し出し遠藤
琴勇輝引き落とし北勝富士
隠岐の海寄り倒し嘉風
豪風引き落とし蒼国来
下手出し投げ貴ノ岩
御嶽海押し出し千代の国
松鳳山送り出し正代
寄り切り宝富士
照ノ富士叩き込み琴奨菊
玉鷲寄り倒し日馬富士
鶴竜寄り出し稀勢の里
 稀勢の里の土俵入りは 1分30秒、左肩にテープ、柏手は殆ど音なし。初めて東から土俵入りを行ったが、運足は誤らず。鶴竜は 1分28秒、日馬富士は 1分35秒。

 宇良左前に立ちながら右手を出して頭を下げ、左で錦木の右腿を取りにいったが、錦木見て立ち両差し狙いの恰好、左を覗かせて起こす。宇良担いで伝え反りにいったが、錦木左後ろから右筈で押し左でも胸を押し、宇良が右足を軸に体を廻して逃れんとするところ錦木右に押し出した。宇良も石浦もそうだが、足を狙いにいく恰好の立ち合いを多用しすぎる。相手に考えさせたい躊躇させたいという発想はあると思われるが、却って怖さを感じさせない。

 旭秀鵬右でかち上げ左で喉を押し上げるが、額で当たって左でおっつけんとした石浦左筈右おっつけから左右と入れ、旭秀鵬が閂に抱えると左下手の石浦右を抜いて前褌を探り、旭秀鵬が右小手投げから左を差そうとすると石浦再び右を差し勝ち、旭秀鵬が左右と上手を求めると石浦肘を張って与えず、煽って赤房に攻め、右で突き落とそうとする旭秀鵬を寄り出した。

 栃ノ心右を差すと徳勝龍全く踏み込まず右で胸を突いて左で抱え、小手投げで振ったが、栃ノ心が右を抜くと徳勝龍左前に崩れ、栃ノ心が左で首を引きながら右で突き落としにいくと、徳勝龍慌てて左差し右で廻しを押しながら西に出んとするものの足が伴わず、右手から倒れた。

 貴景勝額で当たって左で胸を押しながら右で肩を突き、栃煌山が両手で胸を押そうとすると左足が流れる。次いで栃煌山右で肩を突きながら左を差して右も入れんとすると貴景勝右左と肩を押し上げながら東土俵赤房寄りに下がり、栃煌山が足を揃えたまま押そうとするところ貴景勝右で頭を押さえると、栃煌山脆くも腹這い。貴景勝の左拳仕切り線オーバー。

 魁聖殆ど踏み込まず右を固めながらぬっと立つと大栄翔右で肩を突きながら額で当たって左おっつけ右喉輪、魁聖右で引っ張り込まんとすると大栄翔左筈で東に押し込み、右に崩してさらに攻め、魁聖が左に廻って左腕で突き落とそうとするところ、大栄翔右を突きつけて向正面に寄り出した。

 佐田の海両差し狙いで立つと逸ノ城右を固めて左上手狙い、逸ノ城右を差し勝ったが左を取れず、佐田の海は右下手を取って左は上手前褌。逸ノ城は佐田の海が出んとするところ右から掬い、左でおっつけて東土俵赤房寄りに寄り切ろうとし、さらに左上手を引いたが、まるで引きつけがなく土俵中央に戻される。数呼吸、佐田の海右を筈にして上手を切らんとするも切れず、また右下手。逸ノ城吊り身に引きつけんとすると佐田の海上手投げを打とうとし、逸ノ城が左を離して右から掬うと佐田の海東で左にサッと廻り、左上手出し投げで砂かぶりに投げ出した。佐田の海左の手着きなし。

 額同士で当たり合って千代翔馬下に入り左で肩を突きながら右で前褌を探るが取り切れず、妙義龍が両差しを狙って右を上げると千代翔馬左腕で首を突き落としにいく。妙義龍左足が躓き、ゴロリと向正面に転がった。

 碧山両差し狙いの恰好で立つと大翔丸左右でおっつけ、碧山が右を抜いて引っ張り込む動きをしながら少し出んとすると大翔丸左を筈にして堪えたが、碧山が右で首を引いて左でも押さえると、大翔丸両手から落ちた。

 遠藤額で当たって左差し右でおっつけんとしたが、輝右左と喉を押し、右で小さく張って左筈、右で喉を押し放し、遠藤がまた左を差そうとすると輝左で胸を押し上げて右外筈、左で脇腹を押して赤房に押し出した。輝右の手着きなし。

 琴勇輝両手突きで立ち、左は上に抜けたが右で喉を押し上げ、左に引き落とすと、北勝富士足が縺れて右肩から東に倒れた。

 嘉風左を固めて頭で当たると隠岐の海右腕をぶつけて左を差しにいく。嘉風一度右でおっつけるが、左下手を引いて右を首に巻いてしまう。隠岐の海左を上げて起こしながら右に攻めんとし、嘉風が左を引きつけて左に廻ろうとすると隠岐の海右で上手、一気に黒房に攻め、右は切れたが宛がい、嘉風が右でおっつけて両差しになると隠岐の海右上手を再度取り、嘉風が左に打っ棄ろうとするところ、隠岐の海右足で堪えて左腕を預け、寄り倒した。

 やっと呼吸を合わせて立ち上がり、蒼国来右を固めながら左を差しにいくと、豪風右で肩を突きながら額で当たって左筈、蒼国来は右で横ッ面を突き、豪風は左筈を伸ばし、豪風が左で顔を突いてから引き落としを見せると蒼国来見ながら突いて左で顔を突くが、豪風左おっつけ右筈、蒼国来左に廻ると豪風突っ張って出んとする。蒼国来右を手繰って廻り込み両手で肩を突くと、豪風左から払いのけて西から黒房に廻り左筈、蒼国来右で顎を押さえると豪風左から去なして右で頭を引き、正面から左に左に廻って青房、蒼国来左筈右で横ッ面を押さえ、さらに左で顎を押さえて右も顎に当てて赤房に押し放すと、豪風ひらりと左に飛んで引き落とす。蒼国来踏み堪えんとして右足親指が蛇の目に触れたようで、それから東の徳俵を経由して向き直ったところで東の田子ノ浦審判が挙手、両者当たり合って豪風左筈右おっつけで赤房から向正面に押すところ、容堂が勝負ありを告げながら軍配を西の蒼国来にあげかけ、正面二所ノ関審判長が挙手、次いで赤房入間川審判も挙手、左四つになって蒼国来が出んとするところで容堂が止め、容堂は田子ノ浦審判に話を聞いてまた蒼国来に軍配をあげ、また田子ノ浦審判に再度指示されたようで豪風にあげ直したようである。

 貴ノ岩畳んだ右腕をバッと伸ばして右差しにいき左前褌を取ると、勢右肩で当たって右を差そうとしながら左でおっつけ、右で喉を押しながら赤房に攻め入り、また右を差そうとするが、いきなり右腕をぶつけて突き落としにいく。貴ノ岩左を離さずついていって右を差したが、勢が右を差そうとすると貴ノ岩左を深くしてしまう。貴ノ岩左から出そうとしたが右下手の勢左でおっつけて東に進み、貴ノ岩が右に廻ると勢右肩を寄せ、貴ノ岩が頭をつけると勢左おっつけで起こし、次いで左を強引に巻き替えにいき、貴ノ岩が中腰になって右でおっつけんとするところ、勢体を開いて右下手出し投げ、貴ノ岩を赤房に這わせた。貴ノ岩の取り口が近視眼的なのが気になる。貴ノ岩左右とも手着きなし。

 千代の国低く当たって右で喉を突きながら左で御嶽海の右腕をはね上げんとしたが、御嶽海右で喉を突きながら左腕ではね上げつつ左で胸を押し放し、千代の国が左を固めながら額で当たると御嶽海左を覗かせて右おっつけ、千代の国右が使えず引き落として右に廻ろうとしたが、御嶽海鋭くついていって両手で廻しを押しながら白房に押し出した。

 松鳳山両手突きから突っ張ると正代左を筈にして右腕ではね上げんとしながら東に進むが、松鳳山体勢を下げて左を固めながら右でおっつけ、次いで右左と喉を突いて左でそのまま喉を押さえ、正代が外すと松鳳山両差しを狙い、正代が青房で腰を引いて左右でおっつけんとすると松鳳山右に下がって引き落とし、正代が左を入れると松鳳山右上手を探り、正代が腰を引いて嫌い右で絞らんとすると松鳳山手を組んで物凄い威力の右小手投げ、正代大きく振られ、左を抜きながら向正面に飛び出した。

 宝富士左を固めて左差し右前褌を狙うと、安両手で突きながら額で当たり、右おっつけ左喉輪、右に廻って右から攻めんとする。宝富士左に体を寄せて右で肩を突きながら左差し、安左下手を引くと宝富士も下手を取り、右上手が両者取れず欲しがったりおっつけたり。安下手を切り、下手捻り。宝富士右で外枠に膝を取ろうとしながらついていく。安土俵中央に戻すが反り腰。宝富士右上手を取るが安腰を入れて切る。この頃入間川審判から宝富士の結び目が解けている旨指示、勘太夫飛び込んで廻し待った。両者組み手を解してしまうがそれは駄目、勘太夫が宝富士の背後から組むように指示を出し、宝富士の廻しを締める。安の廻しは緩みがない。勝負再開、両者下手を切りながら右で攻めんとし、宝富士右に体勢を下げて安の左を殺そうとするが、安右から攻めて体勢を取り戻し、左下手を引き、一呼吸して右から攻める。宝富士は右でおっつけようとするが疲れる。ややあって安左を引きつけて東に進み、右で胸を押して寄り切った。

 照ノ富士早すぎ琴奨菊やや遅く、照ノ富士立ってやり直し。琴奨菊右を固めて左前褌狙いで額で当たろうとすると、照ノ富士右で頭を叩いて右に逃げる。琴奨菊足がついてこず右肩から西にゴロリと倒れ、二字口で一礼もせず土俵を降りた。

 日馬富士額で当たって右で前褌を取ったが、玉鷲額で当たって両手で突く恰好、左腕で胸を押し上げながら右で肩を押し上げ、左で日馬富士の右を切り、突っ張る。日馬富士はね上げて応戦、上体を沈めてから両差し狙いで飛び込もうとしたが、玉鷲右からおっつけると日馬富士右下手を取ったが玉鷲の右腕に乗ってしまい、玉鷲が左でおっつけながら正面に走ると日馬富士右に廻る遑もなく、右足が崩れて正面黒房寄りに尻から倒れた。

 稀勢の里右で張って左を差そうとしたが全く踏み込みがなく、鶴竜右を固めながら額で当たって左を脇腹に宛がうと、稀勢の里は左が空を切って果然両差しを許し、鶴竜が両下手を引いて青房に攻め入ると稀勢の里右から僅かに振ろうとしたものの寄り出された。稀勢の里力を出すどころではない。

 この場所初めて薄い相撲が多かった日で、満員の観衆にとっては不運と言わざるを得ない一日。
前画面に戻る