平成29年3月場所
千穐楽

決まり手
大栄翔突き出し琴勇輝
押し出し錦木
隠岐の海小手投げ佐田の海
貴景勝押し切り千代翔馬
宇良突き落とし逸ノ城
碧山突き落とし妙義龍
千代の国突き落とし徳勝龍
北勝富士突き落とし大翔丸
遠藤寄り切り栃ノ心
宝富士押し出し石浦
旭秀鵬寄り切り蒼国来
突き落とし魁聖
松鳳山押し出し豪風
貴ノ岩寄り出し正代
御嶽海引き落とし栃煌山
琴奨菊寄り切り嘉風
寄り出し玉鷲
稀勢の里突き落とし照ノ富士
鶴竜寄り切り日馬富士
決定戦
稀勢の里小手投げ照ノ富士
千穐万歳大々叶
幕内最高優勝
横綱 稀勢の里 寛 13-2 2回目
 三段目の取組、翠富士が前褌を一枚引いていて、これが大きく伸びたため、西山の前垂れが垂れ下がった。白房の九重審判が赤房の立川審判と数度相談していたが、西山の前垂れが土俵に着いたとして西山の負けを宣し、三番後に場内放送で説明がなされたが、締め込みの前の垂れが着いても負けにならないと勝負規定にあり(前縦褌が落ちると負けになるが、前垂れは前縦褌ではない。言うまでもないが、前の垂れは下がりのことではない)で、この裁きでは名横綱照國は相撲が取れない。行司が廻し待ったに入らなかったことや審判が行司をして廻しを締め直しにも行かせなかったのも併せて、不思議な土俵運営であった。その後、報道によれば二所ノ関審判部長と春日野広報部長が認識不足を認めて陳謝の上、担当審判団に厳重注意をしたとのことである。誤審というよりは規則の誤適用と言った方が良いのだろう。

 鶴竜の土俵入りは 1分28秒、日馬富士は 1分37秒、稀勢の里は 1分24秒。この日も稀勢の里の柏手に音はなし。

 琴勇輝両手で突いて大栄翔を仰け反らせると、大栄翔何とか右で宛がい、逆に左で押し返そうとして掌底で琴勇輝の鼻を押し上げる。琴勇輝左で喉を押そうとすると大栄翔左で顎を押し上げて押し勝ち、右喉輪左外筈から左喉輪突きで西に攻めて突き出した。

 錦木先に立って右で引っ張り込もうとしながら左でおっつけんとすると、輝額で当たって左筈右喉輪で押し放し、また額で当たって左筈右喉輪で再度押し放し、左で胸を押しながら右で脇腹を突いて西に押し出した。輝右の手着きなし。

 隠岐の海右腕をぶつけて左を差し、右で抱える。佐田の海左下手を取ったが起こされる。隠岐の海右上手も取って東に寄り進むと、右おっつけの佐田の海やおら右で肩を引きながら左下手投げを打ち、隠岐の海が堪えると佐田の海右を入れて両差しになろうとするが、隠岐の海左でおっつけて赤房に寄り、佐田の海が右を深く入れて返すと隠岐の海は佐田の海の腹に乗りかかった。佐田の海反り身に堪えて右下手を取ったが、隠岐の海が左で背を捻りながら右小手投げにいくと、佐田の海は自らの右下手で引っ張られて土俵中央に転がった。両者左の手着きなし。

 全然呼吸合わず、千代翔馬立たずやり直し。千代翔馬額で当たって右で肩を突きながら左で前褌を狙うと貴景勝額で当たって左を胸に宛がい右で肩を突き、千代翔馬が左を覗かせて右から挟みつけようとすると貴景勝突っ張る。千代翔馬突き返すと貴景勝右から去なして左喉輪で押し返し、千代翔馬が左に下がって叩くと貴景勝左筈右喉輪で黒房に押し放す。千代翔馬両足とも流れてつんのめるが左手を貴景勝の右腿に乗せて持ち堪え、貴景勝がまともに叩くと千代翔馬左手を右肩に置いてついていく。貴景勝両足とも流れたが千代翔馬の左手が髷に掛かったためか貴景勝体勢を戻し左で喉を突こうとする。千代翔馬右に廻ると貴景勝右で胸を押し、千代翔馬が黒房で右に飛び右から撥くと、貴景勝堪えながら左右と胸を押して赤房に追い込み、両手で胸を押して押し切った。

 宇良かなり後方に仕切って先に両足跳びで立ち、逸ノ城が見ながら立って右を固めながら左で突こうとすると宇良右に飛んで去なす。逸ノ城全く崩れなかったが見てしまう。宇良も出方を見る。逸ノ城両手で突こうとすると宇良右に飛び、赤房から東に廻り込み、次いで額で当たって右を脇腹に宛がい左おっつけ、逸ノ城右を覗かせ左で抱えようとし、次いで左で叩くが、宇良左で逸ノ城の右腕を押さえ、再度額をつけて右を覗かせ、かなり強引な肩透かしを引いて西に下がる。逸ノ城ついていって右で胸を押すが腰が引け、宇良が右腕を上げて白房で体を廻し、その右腕を突きつけると、逸ノ城先に飛んで右手から落ちた。元基の軍配は逸ノ城で、赤房の立川審判が物言いをつけようとし、白房の九重審判もつけようとしたが、それより先に物言いをつけた審判がいるような動きであった。宇良は最後には背中から落ちているが、逸ノ城の右手が落ちたときには宇良はまだ俯せ、こうなるとどちらが先に着いたかの勝負で決まる。協議は簡単に済み、差し違いとなった。

 碧山の両手突きを妙義龍はね上げんとしたが、碧山突っ張って右腕で首を押さえ、妙義龍がやや空を掻きながら右筈でついていくと碧山右を覗かせて右腕で突き落とし、妙義龍足が揃って白房に両手から落ちた。

 徳勝龍左を固めながら頭で当たって右で抱えようとすると、千代の国も額で当たって左を固めながら右で横ッ面を押し上げんとする。徳勝龍左で喉を押すと千代の国右から撥き、徳勝龍が右筈で押し上げんとすると千代の国左で顔を突き、徳勝龍が右肩で当たって左で肩を押そうとしながら青房に攻めようとすると、千代の国右おっつけではね上げ、徳勝龍が右下手を探るところ、千代の国サッと右差し手を抜いて左に廻り左突き落とし、右で背を押さえてあっという間に徳勝龍を沈めた。

 大翔丸額で当たって右で突きながら左を筈にせんとすると北勝富士やや左に立ちながら額で当たるや左から去なし、両手で突き上げんとする。大翔丸両筈で押し放し左おっつけ右喉輪で正面に攻め込むと、北勝富士右に廻り込みながら右を上げ、白房にまで廻り込んで右突き落とし、大翔丸白房に飛び出した。大翔丸はこの数場所見られた脆さ呆気なさがあまり見られず、勝ち越しを目指して突撃したが、惜しくも届かなかった。この相撲は悔しかろう。大翔丸左の手着きなく、着いたとすれば仕切り線オーバー。

 栃ノ心右左とかち上げを連続させたが遠藤右前褌を引きつけて動ぜず、次いで左右と両差し、栃ノ心左で首を左に捻じると右下手を深々と取った遠藤赤房に寄り進み、棒立ちになった栃ノ心を東に寄り切った。栃ノ心のかち上げはいわば「かち上げのためのかち上げ」でしかなかった。

 宝富士先に立って左を差しにいくと石浦額で当たって右外筈左筈の形にはなったが踏み込めなかった。宝富士東に進んで右からおっつける。石浦なおも右でおっつけて抗うが効かず、右に飛ぼうとして青房に押し出された。

 すぐに右のがっぷり四つ、引きつけ合って土俵中央でせり合ったが、旭秀鵬右を離して掬い気味にし、青房に寄り進み、寄り切った。旭秀鵬右の手着きなし。

 勢両差し狙いで右肩で当たると魁聖左で前褌を引き、右でおっつけてこちらも前褌、魁聖引きつけて白房に進むと勢左を抜き半身、おっつけながら右に廻り込む。魁聖左を取り直す。一呼吸、魁聖左を引きつけて東に出んとすると勢堪えるが、魁聖なおも寄る。勢右で掬い、東に詰まって左突き落とし、左に廻って右で首を押さえ、捻じ伏せた。魁聖右に寄れず。

 松鳳山右で張って左から入ろうとすると、豪風額で当たるが弱く、右でおっつけながら左で肩を押し上げ、右で松鳳山の左を嫌いながら赤房に下がって引く。松鳳山左筈右喉輪でいっぺんに押し出した。

 正代両差しを狙ったが貴ノ岩右を固めながら額で当たって左前褌、正代左を切りながら左に廻ると、貴ノ岩右で張ろうとしたあと右に廻って右で後ろ褌を探り、さらに右に廻って右横褌、正代両差しになろうとしながら青房に出んとすると貴ノ岩先に下がって左前褌、正代強引に出んとするも右が死ぬ。貴ノ岩額をつけて機を窺い、正代が右前褌に指を掛けると貴ノ岩引きつけ、正面青房寄りに攻め入り寄り出した。

 栃煌山両差しを狙って額で当たろうとし差し手争い、左右を固めて立った御嶽海寧ろ二本覗かせ、栃煌山嫌って左後ろに飛ぶと御嶽海突っ張って攻めんとし、栃煌山が左から去なして左おっつけ右喉輪で白房に押そうとすると御嶽海殆ど下がらず、逆に左おっつけ右筈から右で喉を押して正面に攻め、栃煌山を正面に詰めて両筈から引き落とし、栃煌山全く足が出ず土俵中央に這った。

 額で当たり合って琴奨菊両差し狙い、左を覗かせて右で抱え、左を返そうとしながら煽り、正面黒房寄りに寄り切った。

 安右で張って左を差しにいくと玉鷲額で当たったが右おっつけが上滑り、右で抱えて小手に振る。安右に崩れながらも何とかついていくと、玉鷲は右踵が正面黒房寄りで踏み切り、それから玉鷲の左足が角俵を踏むとほぼ同時に安も投げ出された。勘太夫は安に軍配、物言いは誰か分からないが、赤房の大鳴戸審判か。協議はさほど長くなく、同体という問題提起だったが通らなかった。安は矢を上から取り、右下に下げなかった。

 照ノ富士が右肩を出して右かち上げ気味に腕をぶつけんとしながら左で前褌を狙うと、稀勢の里はその場で見て左を固めながら右に変わって右上手狙い、そのまま突き落としにいき、止める理由は見つからないが伊之助の待ったでやり直しとなる。照ノ富士右差し左横褌狙いで立つと稀勢の里今度は左前に跳んで飛び違いにいき、左で突き落としながら右で頭を押さえて左に廻り、照ノ富士がついていって右を筈にすると稀勢の里右で横ッ面を押し放そうとし、照ノ富士が左で宛がって右を覗かせ左前褌を探ると稀勢の里左を巻き替えて右でおっつけ、照ノ富士が右から去なすと稀勢の里左を固め、照ノ富士が右を固めて額をつけんとすると稀勢の里も額をつけて右を覗かせ左でおっつけ、向正面赤房寄りに進んで右を抜き左を差そうとし、下手前褌を探る。照ノ富士右で強くおっつけるが、稀勢の里右で抱えて動ぜず、照ノ富士右で前褌を引くと、稀勢の里これを切ろうとし、右に廻って右突き落としにいく。照ノ富士左膝が崩れて右足が外に流れ、さらに稀勢の里が白房で右に廻って左で頭を押さえながら右で突き落とすと、照ノ富士白房に跪いた。稀勢の里の左は前日よりは利いた。

 鶴竜額で当たって右を固め左前褌を狙うと、日馬富士額から突っ込んで右で肩を突きながら左上手、次いで左に動いて右を巻き替え、出し投げ気味に左に廻り、左を横褌に替える。右下手一本の鶴竜機を見て左を巻き替えにいくと、日馬富士許さず再び右四つ、鶴竜また右を巻き替えんとするが日馬富士揺すり上げて許さず、白房に出んとする。鶴竜左でおっつけると日馬富士左足が左に流れ足が止まる。一呼吸、日馬富士右下手前褌を取って白房に出んとすると鶴竜左を入れて深く下手、日馬富士腰が入って崩れ、鶴竜赤房に寄り返す。日馬富士少し右から振ろうとしたが、完全に腰が立って諦め、寄り切られた。最後は日馬富士の退路に伊之助が入る形となり、伊之助辛うじて正面に逃れた。

 決定戦は本割と逆、稀勢の里が東で照ノ富士が西。行司は40代伊之助。呼吸合わず照ノ富士立って右差し左前褌狙いで額で当たったがやり直し。稀勢の里先に立ち珍しく両手で肩を突くと、照ノ富士右を固めて額で当たろうとする立ち合いから両差し左下手を引く。稀勢の里いきなり右腕で首を突き落としながら右に廻り、照ノ富士が左肘を張って右差し手を返そうとすると稀勢の里先に動いて右に廻り、黒房で体を開いて強引な右小手投げ、照ノ富士左足を大きく出して切り返し気味に防ごうとしたが巻き上げられ、稀勢の里がさらに左足を左に引いて小手投げを打つと、照ノ富士右足を送れず黒房に右肘から落ちた。照ノ富士はすべきことをしたのに足がついてこず、茫然自失の体。所詮結果でしかないが、引き合いに出される十三年夏の悪夢と相撲内容を比較すれば、今回はいくらか上廻ってはいる。それにしてもこの日は冒頭に記した三段目の取組での一件といい、信じられないことが起こる日だ。選抜高校野球では二試合連続引き分け再試合との由。

 世代交代の様相がかなり明瞭になった場所で、四五年前には既に上位にいた力士の多くが軒並み崩れ、新しい勢力の擡頭が(大関以上を狙うところまでは達しないものの)脅威といえる状況になり、その中間といえる力士たちの中でも浮沈が明瞭になってきた。浮を続けた側とと沈を防ぎたい側との鬩ぎ合いが活気を生み、十四日目がガクンと落ちて七日目も良くなかったが、それ以外は充実した場所で合格点以上の評価ができる。

 白鵬は二十四年から始まった低落傾向の角度が急になり、この間殆ど円熟しないばかりか、稽古が足りているのか疑うしかないような取り口が続いていたが、この一年半くらいは稽古を増やすと負傷するようで、この場所は右足裏の故障から右足を前に出しての体当たりで左前褌を狙ったが、左が取れないと引いてばかり、攻撃力も防禦力も乏しく上位力士の姿ではなかった。負傷をさらに加えたのが原因とはいえ、早期離脱は正解であろう。鶴竜と日馬富士は、ともに腰がすぐに浮いて相撲が軽かった。鶴竜については前場所中盤から立ち腰で取る場面が目立ったが、この場所もあまり良くなっていなかった。左前褌が取れないと突っ張りに応ずることが多いのがこの横綱だが、その突っ張りが高くて効かず、突き返されると一突きで飛ばされ、得意の右に廻っての去なしでますます墓穴を掘る悪循環に陥った。四つ相撲や押し相撲の相手だと特に問題なく取れたものの、突きがある相手には苦戦し、安戦以外にはこれといった見せ場もなかった。日馬富士は自分の左から振られると右足の踏ん張りがないので軽く崩されるのが目立ち、懐に飛び込もうとしても右足の反応が鈍く、二桁勝ったのが不思議なほどの状態だった。しかし、安戦と稀勢の里戦の立ち合いは突っ込みと踏み込みが見事に噛み合った素晴らしいもので、突っ込み重視で踏み込みを二の次にするような力士が多い中で範たり得るものがあった。稀勢の里は新横綱としては十二分に取ったといえる。基本的な相撲ぶりはいつも通り、左を固めて右で引っ張り込むようなおっつけんとするような立ち合い、左が入れば相手を起こして右で抱え、攻めながら右上手を取って寄る。左肩の使い方があまり良くないので相手を起こすにも引きつけるにも時間がかかるが、急がず体力を利して攻める。右四つや突っ張りの相手には左おっつけを繰り出し、浮かせてしまう。腰は相変わらず高めで柔軟性もなく、一発当たられて受け損なうことも少なくないが、この場所は後ろに余裕があるうちに下がって下から相手を揺さぶり崩した。十二日目までは稀勢の里の相撲として過去最高の内容だったとして良いが、日馬富士戦は左右ともにおっつけにいくような欲張った立ち合いが災い、これは日馬富士が平幕相手に突っ張り合ったあと飛び込むときにやってよく失敗する恰好であるが、完全に懐に貼りつかれて潰えた。赤房からの映像を見れば、左突き落としにいって左の胸から肩までの間のどこかの筋肉が切れたと思われる様子もある。稀勢の里が自分らしい良い相撲を取れる可能性がごく低いと考えられる状況に陥り、治癒に相応の時間を要するであろうことが見込まれるので、十四日目から休むべきところであって、この無理な出場については一年半前の照ノ富士と同様、全く評価しない。土俵入りについては別掲する。

 豪栄道は足首の故障が癒えておらず、ひとたび相撲が崩れ出すと止まりにくい性質もあって二日目から勝てず休場となった。場所直前に決断した出場であると聞くが、どういう稽古の状況だったのだろうか。照ノ富士はこの場所膝があまり崩れず、右四つ左前褌狙いの立ち合いがこの場所は比較的よく決まっており、左上手を掴んでいれば懐に入られていても意に介さなかった。懐に入った相手を投げではなく寄りで攻め返したところには成長をみたが(投げにいけば膝が持たない)、長引いた低空飛行の実績と、膝の状態が安定しているかどうかを見る必要性(この場所も十四日目から左膝のサポーターが少し大きくなった)、ちょっと骨のある相手に脆く飛ばされたり逃げてみたりする信頼性の低さ(この場所でいえば栃ノ心と同じ評価)、しかも横綱四名という現況から、少なくとも名古屋までは様子を見る必要があろう。

 三関脇は全員勝ち越しとなり、どうやら御嶽海が割を喰いそうである。玉鷲は前二場所と比べると出来はやや落ち、左右とも突きにいってしまう守りを忘れた相撲もまた顔を出してきたが、本当ならばあまり褒めてはいけない上から下への突きも、相手の腰をへし折るような威力を持つ。大関を窺うには星数が足りないものの、三役力士としてはまず立派としてよい。懐に入られて右腕が使えないときには脆さが際立ち、それを狙われる場面はかなりあり、増えてきているが、今後もどうはね返すか。安は前場所白鵬戦で決めた体当たりに味をしめたか、この場所は中盤まで多用した。しかし誰彼構わずという感じもあって、胸でくる相手には威力があるが、起こせる立ち合いではないので頭でくる相手にはあまり効かない。ただ、続けて突っ張ることで補完はできる。終盤はまた足が痛み出したか、すっかり大人しくなってしまったが、最近の出来から大関候補筆頭であることには疑いを容れない。琴奨菊は前場所より数段良かったが、煽るバネが足らず、従って両差しを狙って寧ろおっつけられるような相撲もあり、不調ではなかったろうが好調とも言えなかった。小結に下がって、御嶽海。非力が目立っていたが、この場所は突きっ放しが効いた相撲もあり、体の軸そのものもしっかりしてきた。相四つの安とどう取っていくかで地力が測れるだろう。正代は初日に白鵬を破ったものの、見るべきものがなかった。腰が引けた恰好で前のめりになっても転ばないという取り柄はあり、相手が廻しを探るのを嫌って腰を引くのは常套手段の一つとしてあるものの、腰を引きすぎるのと差し手が半端になってしまうのが問題で、玉鷲と松鳳山に猛烈な右小手投げを打たれ、出し投げも喰って星を落とし、褒められる箇所が探し出せない。

 平幕に目を転ずるが、力士個人の単位で印象的な者というのはさほどおらず、貴ノ岩と逸ノ城については敢えて名を書き残さねばと思うほど失望感が大きく、宝富士も途中からどうしてしまったのだろうかという感じである。まずは大栄翔から。このところ少し体が大きくなったが、大きすぎない動きやすそうな体で、この場所は額で当たりながら両手で突く立ち合いで先制し、突き放しが左も右も効き、片方を筈にするか胸に宛がうかで相手を押さえて他方で喉を攻めたり突いたりするのも効き、中日からは勝ちっ放した。一応左四つでも取るが、大栄翔の場合は組むと出足がなくなってしまい、下がって振る方が目立ってしまうが、この場所は全くなかった。これで幕内下位は卒業できそうで、中軸に進んで得意の突きをどう通用させるかというステージに移行する。次は貴景勝。出足で押すというタイプではないので、前場所蒼国来戦で隙を突かれて敗れたように、威力をもって仕留める相撲では全くないが、短身で前傾が崩れず、それで速い突っ張りがあり、筈押しも喉輪押しもあり突き放しもあり、冷静に見ながらの去なしもありで、相手にとっては厄介であろう。一つズドンと突かれるとさすがに苦しいが、押し相撲の中では個性的である。大栄翔に貴景勝の一番は好勝負だったのに、勝負がついたあとあまり盛り上がっていなかったのが不思議でならない。次は嘉風を挙げるが、概ね一昨年に書き尽した感もある。左が覗いて右からおっつける恰好になれば間違いなく強い。両差しからの出足速の寄りはよく知られるところだと思うが、型に嵌まれば相手が攻めようとしても動かないという守りの強さに目を瞠る。最後は千代の国で締める。一発ぶちかまして双腕に力を込めて突きっ放し、突っ張りで勝負をつけるのが大理想、それが駄目なら鋭い反射神経に物を言わせて激しく撥き、嘉風戦の引き落としは千代の国らしい身のこなしと言える。組みつかれても首投げで抗って振りほどこうとする。地力で取る人ではなく、このような取り口ゆえに怪我だらけで惜しまれるところだが、類稀な反射神経を発揮して対応力を見せ、なおかつこの対応力を相手を誤魔化すために濫用していると看做されることなく活用するのもまたプロだと考えれば、今の取り口を止めさせるのもまた惜しいこと、悩ましくはある。三段目にまで落ちた千代の国がこの勝ち越しで自己最高位をまた更新、横綱との対戦圏内に進出することになりそうで、壊されそうな心配もあるが、一波瀾の期待もかけたくなる。伊賀の生まれゆえに忍者と重ね合わせる向きもある様子、忍者があんなに派手な動きで目立つようなことはしないような気もするが…でも突如相手の目の前から消えるのだから、その譬えは面白くもある。

 稀勢の里の土俵入りについては、初日時点で誤っていたことのうち、運足は三日目から正しくなった。一方、塵を切る際の拝礼は、結局加わらなかったと評してよいだろう。蹲踞して両手を膝下に垂らす動きをした日もあったが、拝礼というよりは蹲踞した際の手の位置がたまたま下側だったというに過ぎない。このことは、最初に柏手を打つ際、両腕を上に伸ばしてから指先を伸ばす動きがみられたということも傍証として捉えることができる。そもそも塵浄水なのだということが理解されているかどうか、という疑問も発生する。土俵中央で両手を下に垂らす動きをする日もあったが、不要である。全体の型は、非常に良い。指導役であった大乃国の型をやや早間にして、大乃国が水平だった腕がやや高めになっているというようなものといえる。あと大乃国と違うところは、大乃国は柏手を打つ際に腕を二度止めていたが、稀勢の里は一度だけ、といったところか。徒に装飾過多に走らず、屁っ放り腰にならず、四股は足の裏が上を向かず、止めるべきところできちんと止め、視線の向きも忽せにせず、申し分がない。せり上がりについては、好みもあるだろうとは思うが、やや速い印象がある。全体としては上々の出来栄えであり、直すべきところを直しさえすれば、それ以外は今のままで一向差し支えがない。

 最後に一点だけ附記する。この場所のテレビ中継は不必要なアップ映像が多かった。まず初日の稀勢の里の土俵入りからそうで、取組後に振り返る際にも(足が映っていない映像はそもそも意味がないが)立ち合いの手の動きすら収まり切らないものが続出し、画像を使って解説できるテレビの特性が損なわれていた。
前画面に戻る