平成29年7月場所
3日目

決まり手
錦木押し倒し千代丸
佐田の海寄り切り臥牙丸
琴勇輝押し出し蒼国来
宝富士引き落とし荒鷲
豪風突き落とし大翔丸
千代大龍突き落とし松鳳山
千代の国上手投げ隠岐の海
碧山突き落とし石浦
大栄翔突き落とし徳勝龍
阿武咲寄り切り逸ノ城
栃煌山押し出し貴ノ岩
突き倒し宇良
遠藤突き落とし千代翔馬
嘉風寄り切り玉鷲
豪栄道押し出し御嶽海
照ノ富士寄り切り
小手投げ琴奨菊
日馬富士寄り切り貴景勝
白鵬突き落とし正代
北勝富士押し倒し鶴竜
栃ノ心寄り切り稀勢の里
 稀勢の里の土俵入りは 1分27秒、柏手の腕の廻し方を変えようとしているようだが、躊躇しているように見えてしまう。鶴竜は 1分24秒、白鵬は 1分33秒、日馬富士は 1分35秒。

 千代丸左で小さく張りながら胸で当たって両差しを狙うと、一瞬早く立った錦木右を固めながら左でおっつけて押し返し、千代丸やや黒房に下がって再度胸で当たろうとすると錦木額で当たり、千代丸が右に引き落としを見せながら少し左に廻り、また胸で当たろうとすると錦木額で当たって右で胸を押しながら左でおっつけ、右に崩すや額で当たって左を脇腹に宛がいながら右で胸を押し上げて青房に攻め込み、赤房に逃れんとする千代丸を押し倒した。

 額で当たり合って佐田の海右から左と両差し左右とも下手を引き、臥牙丸が右で抱えて右に廻ると佐田の海赤房に攻め込み、寄り切って完勝。臥牙丸の右以外手着きなし。

 蒼国来左に変わって右に引き落としを見せるが中途半端、両手で突かんとした琴勇輝左で喉を押しながらついていき、蒼国来がこれを手繰ろうとするところ、琴勇輝左肘を突きつけて黒房に押し出した。

 宝富士左を固めてかち上げ気味、荒鷲右を固めて左前褌を狙い下手、宝富士左をなおも固めながら右で抱えて荒鷲の左を切る。荒鷲は右で宝富士の左を殺すべく押し上げるが頼みの左足が下がりすぎ、宝富士が右に引き落とすと荒鷲左手から落ちた。

 大翔丸低く当たろうとするところ豪風サッと左に飛んで右で首を押さえ、さらに左に廻って大翔丸を懐に入れず、大翔丸が辛うじて堪え右で喉を押そうとするところ、豪風左で首を突き落とした。

 まるで呼吸合わず松鳳山立ってやり直し。松鳳山額で当たるのを千代大龍左肩で当たり返して右から突かんとし、松鳳山がこれをはね上げると千代大龍手先で突くが、松鳳山機を見て右で張り左を差したが右横褌に届かず、左下手を引いて右から攻めながら出んとしたところ、千代大龍先んじて青房に下がりながら下手を切り、左を抜いて強引に腕で肩を突き落とし、体を廻して躱した。松鳳山右を思うように使わせてくれず手順が狂った。

 隠岐の海右腕をぶつけて左でおっつけ、左で張って左を入れ、千代の国が右小手投げ気味に振ろうとすると隠岐の海右上手を引いて東に進むが、千代の国左下手投げで抗い、隠岐の海が右上手投げで振って再度左を差そうとしながら青房に詰めると千代の国右で隠岐の海に左を差させまいとし、次いで右に飛びざま右上手を取って上手投げ、正面に倒した。

 石浦行司の声より先に蹲踞から立ち、早く構えたが、勝手に立ってやり直し。碧山両手で肩を突き、見ながら肩を突っ張る。石浦右に引き落としを見せ、左で横褌を取りながら出そうとしたが、碧山なおも見ながら突っ張ろうとし、石浦が引いて左後ろに下がろうとすると碧山右で叩きを見せ、次いで左腕で起こして突っ張り、石浦が青房で再度左から出そうとすると碧山難なく向き直り、石浦が両腕を伸ばして引き落とす恰好をすると碧山逆に右で首を押さえ、右膝が挫けた石浦を右突き落としで正面に潰した。石浦の仕切りの呼吸が相変わらずまずいが、教わるべき人に恵まれているのかどうか。

 両者額で当たり大栄翔右で突きながら左を脇腹に宛がうと、徳勝龍右で横ッ面を押し上げるなり右に廻って引き落とす。大栄翔ついていって左喉輪右で胸を押して白房に攻め入り、徳勝龍が両手で喉を押そうとすると大栄翔挟みつけ、左喉輪で押し上げ、徳勝龍がやや浮きながら右おっつけで外して右に廻り左で頭を押すと、大栄翔やや体が捻じれたが左喉輪右腕で左肘を押し上げ、徳勝龍が右に廻って横向きになるところ、大栄翔左から突き落として土俵中央やや向正面寄りに四つん這いにした。

 逸ノ城右差し左前褌狙いで立つが阿武咲額で当たって右喉輪左を脇腹に宛がうと逸ノ城早くも腰が引け、阿武咲再度額で当たって左おっつけ右で胸を押し上げんとすると、逸ノ城挟みつけて阿武咲の右を空振りさせたが、阿武咲サッと左右と両差し、一気に赤房に突っ走って寄り切った。

 貴ノ岩右を固めながら左で前褌を狙って取るが、栃煌山両差し狙いから右下手前褌、左を巻き替えて両差しになろうとする。貴ノ岩左でも前褌を引いて挟みつけたあと右を巻き替え、巻き替え合いから栃煌山浅い両差し、両上手の貴ノ岩引きつけて寄り返さんとしたが栃煌山右左の順で切り、貴ノ岩が右を巻き替えたあと左で栃煌山の右を切ろうとすると栃煌山左外筈右で胸を押し上げ、左で宛がって右筈で黒房に押し出した。

 輝が両拳を置いたのに誘われて宇良立ち上がり、額で胸に当たりながら左で輝の右腕を押さえて右で宛がわんとしたが、輝下から両筈、次いで突っ張ろうとする。宇良低く構えて右で宛がいながら左で肩を押し、懐に入ろうとするが、輝左で押し放して右で張り、一瞬見た宇良が頭を下げて当たろうとするところ輝右腕で喉を押し上げ、徐々に青房に押し、右で突き上げる。宇良左に逃れんとして東土俵赤房寄りに反り身となり、腰を沈めて懐に入ろうとするところ、またとないタイミングで両手突きを浴び、突き倒された。

 遠藤左差し右前褌狙いで左肩で当たろうとすると千代翔馬右を固めながら額で鋭く当たって左前褌狙い。遠藤立ち合い負けで右後ろに反ったが、左で首を引きながら右に廻り、左で首を押さえながら右外筈で突き落とした。

 嘉風先に立って頭で当たると玉鷲も頭で当たって右で肩を突きながら左筈、突き起こして右喉輪、さらに突っ張りを続けるが手先だけ。嘉風はね上げながら寧ろ東に進む。玉鷲左で首を叩いて右を入れ突き落とす恰好で差し手を突きつける。嘉風右に傾いだが堪えて左右と喉を突く。玉鷲左筈で押し返し、右から突こうとすると、嘉風堪えながら右に払い、玉鷲が両手で首を挟んで引くと嘉風突っ張って右で張り、玉鷲が突き返さんとして上に抜けると嘉風左から右と両差し左下手を深く取り、次いで右も下手を引き、玉鷲が左小手投げで左に廻りながら右を巻き替えると嘉風左横褌を探りながら東に寄り、左で胸を押して寄り切った。

 両者額で当たって両差し狙いの恰好、豪栄道当たり勝って額をつけ左差し右おっつけ、御嶽海が右を巻き替えると豪栄道左おっつけ、御嶽海これを嫌って左後ろに飛び退ったが、赤房下で諦め、両手で胸を突かれて押し出された。

 勢両差し狙いで右肩で当たると照ノ富士右差しを狙いながら左で上手を取り、右で勢の左を殺しながら西に出んとし、勢が堪えると照ノ富士左上手投げ気味に振り右でおっつけんとする。勢右下手を引くと照ノ富士西に再度出んとし、勢が右下手投げで右に廻ると照ノ富士堪えて右でおっつける。勢額をつけるが、照ノ富士右おっつけのあと右を巻き替えて差し手を返し、赤房に出る。勢右を頼りに堪え、下手出し投げ気味に廻り込む。照ノ富士は上手が切れて辛抱。一呼吸して勢拝んで青房に押すが、押し切れずに右に引き落とす。照ノ富士残して正面で左から右と両差し、左下手を深々と取り、黒房に寄り切った。

 安両差し狙いのような恰好で胸で受けると琴奨菊額で当たって左右を固め、安の右おっつけを突破して左を覗かせ右で抱えて煽ろうとしたが、安左を入れて受け止め、琴奨菊の体が伸びると、安左を抜いて右小手投げ、琴奨菊を青房に転がした。

 額同士でぶつかり合って貴景勝両手で突かんとしながら左喉輪で押し上げると、日馬富士当たり勝って右で肩を突きながら左筈で押し上げ、左で張って一つかまし、再度左で張って額で当たり左下手横褌、貴景勝左を差して掬うと日馬富士右上手を引いて残し、煽って赤房に寄り進み寄り切った。

 正代顎を上げると白鵬右で強く張り、右に立って胸で当たり右上手を探ろうとしたが、正代は誰もいない方に立って倒れていた。

 額で当たり合って鶴竜右を固めたあと左を胸に宛がい右前褌狙い、北勝富士右でおっつけながら左外筈で突き落とし気味に左に廻り、左筈で押し上げんとする。鶴竜右で突き上げ、左で張って右から入ろうとしながら左上手を探るが取れない。北勝富士右に廻って体勢を下げ挟みつけんとする。鶴竜左で首を突き落として右で背を引き左に下がると、北勝富士つけ入って右で胸を押しながら正面に出た。鶴竜俵に詰まって右から突き落とそうとするが押し倒され、右足を土俵の縁に引っ掛けた。前場所初日もそうだったが、鶴竜の引きが左に下がる不得手な動きに変わっている。

 稀勢の里額で当たって左足を出し、右で肩を突き上げながら左を差そうとしたが、左足は大きく出したものの踏み込みは軽く、相手に何ら応えなかった。栃ノ心右腕をぶつけて左腕ではね上げ、右を外筈にして稀勢の里に左を差させず、左で胸を押し上げたあと額をつけて左下手横褌、次いで右でも前褌を取る。稀勢の里左が死に、抜いて抱えようとしたが栃ノ心は左も前褌、稀勢の里相変わらず左が使えず、栃ノ心が低い構えのまま右に出ると、稀勢の里は右突き落としも効かず西に寄り切られた。

 だんだん盛り上がりつつあるようだ。
前画面に戻る