平成29年7月場所
14日目

決まり手
豊響寄り切り臥牙丸
琴勇輝押し倒し旭秀鵬
千代の国上手投げ蒼国来
大翔丸引き落とし佐田の海
宝富士着き手千代大龍
松鳳山寄り出し錦木
碧山寄り切り豪風
逸ノ城寄り出し荒鷲
隠岐の海上手投げ千代翔馬
千代丸寄り切り
小手投げ徳勝龍
北勝富士押し出し石浦
貴ノ岩寄り切り正代
貴景勝押し出し大栄翔
阿武咲寄り切り嘉風
栃ノ心上手投げ琴奨菊
玉鷲叩き込み宇良
栃煌山寄り切り御嶽海
白鵬叩き込み豪栄道
日馬富士とったり
 東方の幕内力士土俵入り、小結嘉風の次は関脇玉鷲…のはずが、場内放送は「関脇 安」とやってしまい言い直した。

 日馬富士の土俵入りは 1分38秒、白鵬は 1分39秒。白鵬は花道に出てくるのが遅すぎた。

 両者額で当たって豊響当たり勝ち、右で肩を突いて左筈から左を深く入れて下手、右でおっつけて赤房に寄り進み、寄り切った。臥牙丸は両廻しを引いたが全く相撲にならず。臥牙丸左の手着きなし。

 琴勇輝両手突きから右で喉を突き上げると旭秀鵬左で前褌を探ったが取れず、旭秀鵬東に下がって左で喉を押し上げんとするが琴勇輝右腕ではね上げ、左右と喉を突き上げ、旭秀鵬が左腕で押し返さんとするのを右腕ではね上げた。旭秀鵬徳俵に掛けていた右足が躓き、青房に押し倒された。旭秀鵬右の手着きなし。

 千代の国額で当たって脇を締めながら両手で突かんとし、蒼国来が左を差そうとすると千代の国左で喉を突き上げ、体勢を下げて右を脇腹に宛がいながら左喉輪、左に引き落として右四つ両廻しを取る。蒼国来も両廻しを引きがっぷり、千代の国上手が深いが構わず西に寄っていくと蒼国来右に振ろうとしたが、千代の国右を深くして廻しの端を握り、蒼国来がさらに左に廻ると千代の国腰を落としながら正面黒房寄りに進み、蒼国来が堪えに堪えると千代の国体を大きく開いて上手投げにいく、蒼国来右を突きつけんとしたが、千代の国出し投げ気味に振り飛ばして向正面赤房寄りに倒した。

 両者かなり向正面寄りに仕切ったが、立ち合いはまともだった。両者額で当たり佐田の海右で肩を押し上げ、次いで体勢を下げんとしたが、大翔丸右で肩を押し上げながら左で胸を押し、佐田の海が左前褌に指を掛けると大翔丸嫌って右で首を引きながら西に下がって左に廻りながら佐田の海の右腕を外から押さえた。佐田の海足が出ず、泳いで西に腹這い。両者左の手着きなし。

 千代大龍左肩で当たったが宝富士左差し右前褌狙いで胸で当たり、千代大龍の突っ張りに対し宝富士右が取れずに右足を引いて左半身の恰好になったところ、千代大龍は左足がずっと引けたままで爪先立ち、右を突き外して勝手に両手から落ちた。

 松鳳山右で張って左差し、右前褌を狙って取れぬを見るや上手横褌を取って出し、左を筈にして一気に西に寄り出した。

 碧山両手突きから突き立てると豪風はね上げて応戦したが右突きを二つ顔面に貰い、耐えながら右を入れ、碧山が左上手を深く取って右で肩を押さえると豪風左も入れたが、碧山右で抱えて猛然西土俵白房寄りに攻め込み、左喉輪で寄り切った。

 荒鷲右を固めて左前褌を狙うが、逸ノ城左で上手を引いて右を入れ、すぐに返すや西に一気に進みながら左膝を寄せ寄り出した。稀にみる速い攻め。

 千代翔馬右で突こうとしながら額で当たって左を差しにいくと、隠岐の海は右腕をぶつけず引っ張り込みにいきながら左差し、千代翔馬左下手を引くと隠岐の海も左下手、次いで隠岐の海右上手を探ると千代翔馬は右で背を叩いて巻き替える素振りから右上手横褌を引き、一呼吸して上手投げから右外掛けに脅かそうとしながら東に出んとするが、隠岐の海左下手を引きつけ、右を巻き替える動きから上手を取ってがっぷり、上手は一枚から取り直し、一呼吸して引きつけ上手投げ気味に出んとする。千代翔馬堪えると隠岐の海再度上手投げを打ちながら白房に攻めんとすると千代翔馬左下手投げで抗い、土俵中央やや西寄りで一呼吸、また隠岐の海引きつけんとすると千代翔馬左足を内から左に飛ばしたが、隠岐の海白房に進み、右腰を寄せて右上手投げで白房に投げ倒した。隠岐の海左の手着きなし。

 千代丸胸を出して右を固めかち上げ気味、輝は額で当たって両筈、千代丸左に引き落としを見せると輝右ではね上げながら左で胸を突き、額で当たって左前褌を探る。千代丸右を差そうとすると輝右を入れて左上手横褌、右を返して煽る。千代丸左で抱えて腰を落としながらよく堪え、危なかった右踵も踏み切らず、腰を落としながら右差し手を上げると輝の上手は切れた。輝再度左上手を探りながら右で掬おうとすると、千代丸は素早く右に廻りながら右を返して左上手を探り、右下手の輝右腰を引いて許さなかったが、千代丸が右下手を探ると輝左を巻き替えんとする。千代丸右おっつけ左で抱えて腹に乗せながら猛然青房に寄り迫り、左で肩を押して寄り切った。巨腹偉大なり。この場所は寄り進んだ最後の詰めとしての押しを「押し出し」として公式の決まり手として採ってしまう例が少なからずあるが、良くない傾向のように思う。

 勢右差し左前褌狙いの恰好で立つと徳勝龍額で当たって左を固めて右喉輪、突っ張って右で抱え左を入れる。勢左を返して右上手を探るが徳勝龍右に廻って与えず、左下手を探るが、勢が右で抱えんとすると徳勝龍左を取らず差し手を返して青房に出る。勢左踵が踏み切りそうになったが堪えて左に廻る。徳勝龍は左足が流れて追い切れず、勢の左腕が効いて右足も送れず、勢が左から巻いて右小手投げを打つと、徳勝龍堪えようもなく赤房に倒された。

 石浦頭を下げて右で肩を突きながら左でおっつけんとし、やや左に廻ったが、踏み込みが足らず上体だけが先走った。北勝富士額で当たって右で下から胸を押そうとしながら左で引っ張り込もうとし、石浦が額をつけて左を巻き替えんとすると北勝富士左筈で肩を押し、腰が浮いた石浦が左に下がって右を手繰ろうとすると、北勝富士右をグイと伸ばして向正面白房寄りに押し出した。石浦立ち合いの失敗。

 正代両差しを狙ったが貴ノ岩右肩で当たって右差し左前褌、正代左を巻き替えて下手を引き右を抜くと、貴ノ岩左に廻って右を巻き替えんとするが入らず、正代右上手を取るがこれは深い。貴ノ岩左下手投げで振って右で絞り、右前褌を取る。正代左下手横褌、貴ノ岩左肘で正代の右を切りながら右上手出し投げで振り、正代が追って黒房に出ると貴ノ岩左でおっつけ、正代右で肩を押そうとすると貴ノ岩左でおっつけて上手前褌、腰を据えてグイグイ赤房に寄り進み、寄り切った。正代の左をきちんきちんと封じた貴ノ岩の右と腰。

 両者額で当たって右で肩を突き上げながら左でおっつけ、大栄翔の突っ張りを下からはね上げ、両手で僅かに突くなり左に引き落として泳がせ、左脇を締めて喉を突きながら右で胸を突き、額で当たって左を固めながら胸を突いて右喉輪、間をおかず両手で胸を突こうとし、大栄翔が嫌って引くと貴景勝正面青房寄りに出ながら右で肩を突いて左で胸を押し上げ、左に押し出した。

 阿武咲右で肩を突きながら額で当たって左で胸を突かんとすると嘉風額で当たり返して左から去なし、右で張って体勢を下げるが、阿武咲右左と喉を突き上げ、嘉風が体勢を下げて右でおっつけんとしながら左下手を探ると阿武咲左下手前褌、嘉風右上手を探るも届かず左下手を引いて右で抱えると、阿武咲左を返して右でおっつけ、下手を切ってさらに右でおっつけ、下手を取って肘を上げ、西に寄り進んで上手を浅く引き、寄り切った。

 琴奨菊右腕をぶつけながら額で当たって左前褌を狙うと、栃ノ心左前に立って上手を探って取れず、琴奨菊が右を返しながら左でおっつけると栃ノ心左で首を引いて右から起こそうとする。琴奨菊左は指が掛かるが起こされて取れず、栃ノ心左上手をやや深く引く。琴奨菊右下手を取って右に廻り左を巻き替えにいったが、栃ノ心左を引きつけて右でおっつけ、向正面赤房寄りに攻め、左上手投げで転がした。

 宇良右手を出して頭を下げ左前に立って左で玉鷲の右膝を狙うが、玉鷲左に立って両手で肩を突き、宇良が黒房に下がって上体を下げると玉鷲再び両手で肩を突き、宇良が突っ込んでくるところ玉鷲両手で首根を押さえつけ、豪快に叩き込んだ。

 御嶽海左右を固めて額で当たると栃煌山右肩で当たりながら右を固めて左筈、右上手を探って取れなかったが、右で抱えて左おっつけで西に攻めたあと閂。御嶽海左を上げんとしながら堪えると栃煌山左に廻って右で喉を押し、右で張って両差しになろうとする。御嶽海額をつけて右前褌を探るが取れず、栃煌山が左筈で押そうとすると御嶽海左に廻って左横褌を探りながら右で首を引いたが、栃煌山青房に攻め込んで右おっつけ左差し、御嶽海が探る右上手を与えず、栃煌山右上手を引いて左を返し、左に寄り進んで左を突きつけ寄り切った。栃煌山が腰で相撲を取っているのに対し、御嶽海全くの非力で歯が立たず。

 豪栄道左を固めて右を差そうとしながら額で当たろうとすると、白鵬左で張って右でかち上げにいき、豪栄道が左右とはね上げんとすると、白鵬両手で首を押さえて左に叩き込んだ。問題にせず。豪栄道左の手着きなく、白鵬左手着き不充分。

 安右前に立って左差し右上手を取りにいくが、腰が高く踏み込みが浅い。日馬富士額で当たって左筈、右に廻って小手に振りながら左も使ってとったりに替え、安が堪えて左を抜かんとしながら右で日馬富士の左を外そうとすると、日馬富士再度右に廻ってとったりを曳き、東に転がした。安の立ち合いが悪すぎ、これも全く問題にならず。

 この日は七日目に次ぐ内容。
前画面に戻る