平成29年3月場所取組結果


初  日 2 日 目 3 日 目 4 日 目 5 日 目
6 日 目 7 日 目 8 日 目 9 日 目 10 日 目
11 日 目 12 日 目 13 日 目 14 日 目 千 穐 楽

 過去の取組結果や相撲内容を知るためには、もちろん映像を見られればそれに越したことはありません。 映像がないならば、新聞なり雑誌なりの記事をいくつか集めれば、その取組を再現することはだいたいできるでしょう。 ところが困ったことに、「紙幅の制限」というものがつきまといます。いきおい全てを再現することは困難になります。 そのため、自分が見たままに中入後取組を文字に起こして、記録としてとどめようという意図のもとに平成10年3月から始めたのが「当場所取組結果」です。
 掲載を始めて10年余を経過しました。決まり手は筆者が独断で採っています。現行の82手よりやや広めに採っていますが、 長くやっているとだいたいの傾向が現れてきました。その決まり手について改めて決まり手概説としてまとめてみました。 また、横綱土俵入りの時間を載せています。最初に踏み俵に足をかけてから、最後の塵浄水で掌を返すまでをその時間としています。 その日の状態が時間に意外と現れたりします。長期的には土俵入りの演出の変動によって時間が変わったりするようです。 更新遅れがたびたび生ずることはあろうかと思いますが、今後も続けていければと思っています。
平成20年9月

 掲載開始から17年になりますが、掲載の遅れや順序の狂いこそあったものの、技量審査場所を除き休載なくここまで続けることができました。 録画をし損ねた際にお助け下さった方も何人もおられます。厚く御礼申し上げます。
 中入後取組の手捌きをカットなく書き残し、楽日の最後に寸評を附記する形で、資料として残すということが本来の意図です。せっかく大相撲を見るのだから、 星よりも誰がどういう取り口かを見たいというのが筆者の基本的な希望で、一時期(23年9月から26年11月まで)中入後全取組の手捌きを記載した出版物がなくなったということもあり、 ますます仔細に書こうとするあまり、文字数は増加の一途を辿っています(情報量が増加しているかどうかまでは判断しかねますが…)。 また、寸評も膨脹して「寸」かどうかが怪しくなっています。なるべく速く書き(時として力士名等を誤記することがあり、ひどい時には勝者も敗者も同一力士名だったこともあり、気づいた限りにおいて訂正しているものの、 それでも残存しているものもあろうかと思います。ここにお詫び申し上げます)、早く載せるために、原則として「ですます調」を採らないということを除いて文体についての吟味はさほどしておらず、自分の書きやすいように書いています。
 おおよそお気づきかとは思いますが、寸評に記載する事項の概要を以下に示します。まず、力士評に採り上げる力士については、次のような原則に拠っております。 まず役力士は、皆勤者全員及び休場者のうち書くべき事項があると筆者が判断した者ですが、あまりにも内容が低すぎると考える場合は一言で済ませたり、省くことも(関脇小結には時として、横綱大関も稀に)あります。 平幕力士については勝ち越し者のうち内容が優れていると筆者が考える者を原則としますが、負け越し者でも進歩があって筆者が喜ぶ場合は特掲することもありますし、 逆に大勝した者や賞を受けた者の中で内容があまりに伴っていないと感じた場合について記すこともあります。場所全体の評は、優勝争いよりも相撲内容を重視します。 また、目についた疑点を附記することもあります(これは内容に応じ発生当日に記載する場合もあります)。引退力士については、幕内に昇進した経験のある者について必ず取り上げることとしており、 基本としては引退声明日に記しますが、場所中でない場合には翌場所初日とし、また長文になることが見込まれる力士については楽日に載せることとしています。
平成27年1月

Homeへ