平成27年大相撲札幌場所初日観戦記(一)
稽古

 札幌場所は2年連続開催、今年は8月22日と23日、実に16年ぶりの複数日開催である。しかも幕内上位16名はトーナメント戦だ。 はるか昔、4日間興行だった時代の最終日に行われていたUHB杯大相撲トーナメントが懐かしく思い出される。だが当時と違い、テレビ中継はない。

 大相撲人気の復活が言われて2年ほど経つが、北海道巡業は札幌だけで、昨年の3日間(釧路・札幌・千歳各1日)より少ない。 いつもなら筆者は朝8時の開場より前に行くが、今回は8時半くらいに着いた。緑の中からてんつくてんつく太鼓の音、緑のポロシャツ姿の呼出はすっかり同化、己を消して撥音のみを響かせる。 入口すぐ左で握手会をやっている。一度入場してから左に廻るのだが、これがまた大行列。十重二十重といった感じ。土産物売店はさらに左にあって朝10時から営業を始めたが、 こちらにも大行列が発生した。1組ずつ入れたとかで…平成20年だったろうか、売れ残りが出て安売りまでしたのに、大変な違いである。


 この時刻なので、稽古をしているのは幕下以下の面々。椅子に座っている薄い水色のTシャツ姿は大乃国の芝田山親方なのだが、足をかなり引きずって歩いていた。 ぼつぼつ関取衆も顔を出し、少しずつ体慣らしを始める。


 天下の関取がそこに佇めば、サインをねだり写真をねだりする客が現れる。まだ朝8時台だが、さっそくこうなる。もっと時間が経つと、妙義龍は身動きが取れなくなり、大砂嵐は歩きながらサインを「捌く」という感じになってしまった。


 尾車巡業部長が西客席後ろをゆっくりと歩いてきた。大怪我で首から下が麻痺したのが3年余り前、リハビリを経て解説にはとうに復帰しているからテレビでは見るが、こうして歩く姿をこの目で見るのは初めてのことだ。

 吊り屋根も房もないが、赤房にあたるところで四股を踏んでいるのは逸ノ城。なんだか、やっとこさ足を上げている、という感じだった。 その隣にいた玉鷲は、10分ほど経つと握手会の出番、群がるファンと大相撲。隣の時天空、あのふてぶてしい相好も赤ちゃんの前ではあえなく崩れ、この笑顔だ。 一方、西花道から引き揚げたところでファンに囲まれてしまった力士がいた。このサインの主は、魁聖である。


 「東方、旭川市出身、旭大星」と紹介され、万雷の拍手を浴びながら申し合いに登場したのは、秋には関取に復帰するもののまだ黒廻しの旭大星。5番取った。 頭を下げるか時々ふっと両手を出すかして、右四つ左上手を浅く取ればという相撲、当たっていく相撲ではなく、子のほうの大関増位山のような立ち合いをする。 青房のところには早くも大関稀勢の里が陣取って四股を踏む。


 すっかりサインマシーンと化した魁聖、7分経過の図。まだ向正面に達していない。黒房では照ノ富士と宝富士の兄弟弟子が楽しげに語らう。 遠藤も姿を見せて、尾車さんと話しているのは膝談議…かどうかは分からないが、まだ蹲踞が少し右に傾ぐ遠藤にとって有益な教えがあればと思う。 握手会を終えた時天空が四股を踏めば、遠藤も四股を踏む。遠藤は土俵上で申し合いはしなかったが、四股はかなりの時間踏んでいた。足を上から引き上げるのが惜しまれる。 黒房側からは大関琴奨菊がやってきて、弟弟子の琴勇輝の脇を通る。


 「ぶつかります、旭川市出身、旭大星」の声にまたまた沸き返る館内。軽快な動きで鳴らす嘉風、重厚なる胸出しというべきか、力のこもった受けで注目に応えた。 時天空−大翔鵬、豊響−勝誠、貴ノ岩−高春日、佐田の海−琴仁成と続き、各々関取の貫禄を見せて充分にかわいがった。大砂嵐が芝田山さんのところで蹲踞して話し込む。 最後は団扇でおでこをペシッとやられ爆笑する大砂嵐、果たして何を話し合っていたのやら。ほどなく横綱鶴竜が西花道を入場、しばらく照ノ富士と喋っていたが、 照ノ富士はいつでも楽しそう。


 阿武咲が胸を出そうとしたが背後には豊響、野上に胸を出す。阿武咲は怪訝そうな顔をしていたが、今度こそ順番がめぐってきて、彩に胸を出した。 佐田の海−若龍勢、阿武咲−桜児竜のぶつかり稽古が終わって箒が入る。琴奨菊は壁際に引っ込んで黙々と四股。


 前場所稽古不足と散々な言われようだった逸ノ城、左肩にテープをつけて、申し合いに備える。土俵では東から佐田の海、左の脹脛はどこで痛めてしまったのか、 蹲踞も右に傾いていたが、取ってみたら負傷しているような動きではなかった。嘉風の押しを堪えて左右のおっつけから右四つ左前褌に捕まえ引きつける。押し一辺倒の阿武咲も受け止めて左前褌、左から振って右四つ充分。 案外立ち合いからパーッと走る人ではないのだが、幕内上位の地力がついているという印象を持った。一方、嘉風も負けじと佐田の海を翻弄、左を先に取っての寄り切りでお返しといったところ。 阿武咲は奮闘及ばず、嘉風に二本差しで勝った一番だけで、押すことは全くできず、力の差を思い知らされたが、よくやっていた。この3人の変則三番、佐田の海3勝、嘉風3勝、阿武咲1勝である。

 ちょうどその時、東の花道から現れたるは、横綱日馬富士である。名古屋は2日目から休場、夏巡業も途中から出る→やっぱり全休というように情報が二転三転しただけに、 来場者にはいいプレゼント。琴奨菊は琴勇輝と二人で突きを宛がう動き。


 ここで青房にいた稀勢の里が土俵に入り、嘉風を相手に三番稽古。主に左四つになろうとし、右上手を取って構えたり、左で肩を突いて押し倒したり、右から投げ飛ばしたりで5戦5勝。 次に佐田の海を相手にしようとするところ、東の花道から横綱白鵬が現れた。やけに上機嫌な白鵬である。


 稀勢の里は佐田の海と5番、右から入りたい佐田の海を左右から挟みつけ、左外筈で攻める相撲を取っていた。そしてまた嘉風と3番。 ここまでは右から入ってくる相手を左でどう阻むかという動きが多く、佐田の海には左攻めで勝ち、嘉風には左四つ右上手の恰好になる場面が多かった。 左四つの恰好は右上手が深く、全体の構えが高いので左差し手が充分に生きず、なかなか良くならない。


 次いで稀勢の里は阿武咲を相手に胸を出し、存分に当たらせて両筈で押させた。阿武咲は普通に仕切り、稀勢の里がぶつかり稽古のように胸を出す形。まずは4番そのまま押させ、5番目は右で叩き落とし、6番目には左おっつけ右喉輪で猛反撃、そしてぶつかり稽古に変じた。 阿武咲なのだが、ぶつかり稽古になると腰を割らずに闇雲に当たるようになり、飛びつきの恰好になっていた。四股を踏んでいた日馬富士がたまりかねたのか、当たり方やその角度を指導する。阿武松の「ハイ!」の声。 腰を割ってから当たった阿武咲が稀勢の里を押し切るとやんやの喝采だった。そういえば若き日の稀勢の里も中腰のまま突っ込んでいたっけ。


 照ノ富士−佐田の海、安−嘉風、遠藤−稀勢の里のぶつかり稽古と続き、箒が入って幕内力士の稽古第1部が終了。稀勢の里は遠藤の胸を借りたが、最後の転がりをやらないで終わったのが物足らない。


 申し合い稽古後編は、逸ノ城・安・誉富士の変則三番がほんの少し。安が逸ノ城・誉富士・逸ノ城と連勝し、最後に誉富士が安を押し出したという僅か4番だけだったが、 逸ノ城は動きが遅く、最初は右をおっつけられて絞り出され、次は突っ張られながら左右に動かれるとついていけずに二本差されと惨憺たる内容だった。 ここで早くも照ノ富士が土俵に入ったが、いくらなんでも早すぎるという感もないではなかった。


 照ノ富士はまず誉富士に右四つから寄らせて体を入れ替え体慣らしをしたあと、逸ノ城と三番。まずは当たらせて右四つ左上手で寄り切らせ、次は右下手投げで振って両差しで寄り切り、 3番目は逸ノ城の左上手を切って右喉輪、逸ノ城がまた左で引っ張り込むのを照ノ富士嫌って左上手右喉輪で攻め切り、次いで右がっぷり四つからの寄り切りと上手を切ってからの左上手投げで4勝1敗。 その次は誉富士と3つ取り、受けて右おっつけ左筈から寄り切られた1番目のあとは、右四つ狙いで当たっての押し出しと右四つ寄り切りで2勝し、安と1番取って左四つ両廻しで出る安を左で掬って崩し寄り切り。 また逸ノ城を相手にし、最初は右肩を出して受け、左上手の逸ノ城に全く寄らせず右下手を深く取って右肩で起こし、左を巻き替えて右で上手を切り、左下手投げで振ってから寄り切る。 次は右に廻っての左叩き込み、右四つ左上手を切っての寄り切りで3連勝。逸ノ城は左上手を取っても引きつけがなく、切られるのもあっさりしたもので、全く精彩がなかった。 土俵下、遠藤も日馬富士も鶴竜も淡々と四股を踏み、白鵬はつけ人に押し上げさせて堪える形。豪栄道はゴムを引っ張って筋肉を鍛えていたが、目立たない。


 ここで白鵬が安を相手に三番を始めたが、中途半端だった。1つ仕切ってから1番取るのか、待ったなしで取るのかが白鵬の気分次第で、 仕切るにしても中腰で見下ろすだけで手をおろさず汗を拭いに行き、それでも胸を出してしっかり当たらせているうちは良かったが、 中盤からは手もおろさずに自分の呼吸だけで立ち、両足跳びをしながら左肩を出したり、挙句には両手突きにいったり。白鵬が先の先を取って、それに安がやむなく立っていくような恰好で、 誰のための稽古にもなっていなかった。単なる白鵬のわがままという評にしかならない。番数としては12番だが、最後の3番くらいは白鵬も明らかにへばっていた。 日馬富士と貴ノ岩は25kgの塩袋を持ってスクワット。四股を踏んでいた逸ノ城は師匠湊親方の許に行ったが、そこで何と言われたか?


 ぶつかりは誉富士−照ノ富士のあと、貴ノ岩が胸を出して安がぶつかる。白鵬が現場監督といった趣。安は既にバラバラの状態だったが、白鵬が観客に「もう1かぁい、いくよっ」と言っては安も引き下がれまい(言われなくても引き下がる気はないだろうけれど)。 最後は照ノ富士−誉富士のぶつかりを以て、この日の朝稽古は終了した。力が入った安、顔をしかめて下がっていく。


 関取衆の稽古は、申し合いを称したものの実質的には三番稽古で、量が著しく少なく、巡業最終盤の光景とは思えなかった。見たところ、やりたくてもできない(体調不良という意味ではなく、場所がないという意味で)という様子でもないのが気にかかる。 ぶつかり稽古の方が見どころがあった。ただ一人の十枚目力士として出た阿武咲が大関に胸を出してもらい、横綱にアドバイスももらったのは、これぞ無上の光栄といったところだろう。
Homeへ 次ページへ