平成27年大相撲札幌場所初日観戦記(二)
お好み・幕下以下取組

 稽古が終わって、休みなく大山親方による相撲講座が始まる。3年前は、相撲健康体操の普及を主としていたような印象だったが、 相撲故実の普及に軸足を移したようで、垂れ幕までつくられていた。立派な1コーナーになったのに、割紙には載っていないのが不思議。握手会は載っているのだが…

 取的3人が実演役というのは、以前行われていた「相撲基本動作」のときと変わらない(若き日の北勝力もやってたっけ…)。白房のところに大山さんが立ち、まずは「蹲踞」から。 「足へんに尊い、足へんに居る」で、「相手を尊ぶ、そしてそこに居る」ということは、「相手に敬意を払う姿勢」ということだという説明。 もともとは「蹲」の字義に尊ぶ意味はなかったらしいのではあるが、いつしか「尊」が含まれているところからそう釈かれるようになったというのはあっても良いし、面白いことでもある。 次が塵手水。夜露に濡れた草を取って、それを手で揉んで、手を綺麗にした、という所作といい、神社に行ったら口を濯いで(これは水つけに相当)手を洗うのと同じことだとする。 掌を返すことは、塵を払うことという話をされていた。武器なく素手で戦うということには言及がなかったし、塵浄水の塵は「塵草」つまり雑草のこととかつて協会自ら解していたはずだが…


 次は、四股。「醜」の字を示し、「四股」でも間違いではないが、「本来はこう(=醜と)書く」と言って、悪霊が出てこないように足で踏み固めるものだから、「四股を踏む」とは言うけれども、「四股をやる」とは言わないと語った。 四股は足の上がり具合ばかりが注目され、踏む方が等閑視されているように思われ、筆者は苦々しく思っていたところである。なお、語源説は「四股名」との関連もあって、先後関係がはっきりしない。


 ここからは、力士のハイライト、股割り。ここで一つ「おーっ」と驚嘆の声が漏れる。腕を上げての上体の運動は、観客が一斉にやるのでそれはそれは不思議な光景。 これが終わって力士はいよいよ、上体を前にペタンと。これでこそプロ力士、拍手が沸く。「こんな簡単なことを、拍手もらって、ありがたいことです」とのことだが、いやいやそんなに簡単じゃない。


 打っ棄り、四つ身(腕の返し)、深呼吸と進んで、取的3名は土俵を下りた。

 相撲講座はあと少し。「土俵入り」は、横綱が1人でやっているものではなく、大勢でやっている方の話。柏手の次に右手を挙げるのは上段の構えであるとしたが、伸ばした腕が攻めで、肘を曲げて手を脇腹につけているほうを守りとする説明は不可解である。 上段の構えというからには三段構えの話にならざるを得ないが、三段構えの場合は中段が攻撃で下段を防禦の型として説明されるところである(創始とされる明治42年にはそのような説明でもなかったようであるが)。左右の腕に特段攻防を配したりはしていない(これは横綱土俵入りでも同様である)。 化粧廻しをつまみ上げるのは四股の、最後に両手を挙げるのは塵浄水のそれぞれ省略形であるとの説明であるが、これも諸書により記載が異なり、最初に柏手を打って右手を挙げるのを塵浄水、化粧廻しをつまみ上げるのを三段構え、 両手を挙げるのを四股の略としているものがいくつもある(相撲大事典も後者を採っている)。その他種々の説明があり混乱しているが、化粧廻しをつまみ上げるのが四股の省略形ということで良いのではないか。

 手刀を左・右・中の順で切ることについては、昭和41年に双葉山の理事長がお触れを出したが、それまでは自由だったと述べ、心という字を書くという人もいたがそれは間違いとした。 現行の切り方とその意味づけもおよそ確固たる根拠があるとは言い難く、統一のためこうしたというのならばまだしも、間違いと言い切り得るものかどうかは大いに疑問である。


 最後は、弓取り。弓を振って周りの悪霊を払い、次いで悪霊を掘り起こし、再度均して、土俵を3つ突くのを「天・地・人」と言い、四股を踏んで悪霊払いをするという説明。 弓取りで「天・地・人」とは初めて聞いたが、だとすると「智・仁・勇」はどこにあるのか、と考えてしまう(横綱土俵入りで四股を3つ踏むのは「天・地・人」「智・仁・勇」を併せて意味するとされるが、弓取式での四股は2回のみ)。


 これで相撲講座はおしまい。キーワードは「清め」ということで、塩だけではなくて、四股を踏んで清め、口を清め手を清め、弓を振って清め、相撲は単なるスポーツではないということを分かって欲しいとのことだった。

 土俵は序二段から幕下力士の取組。そんな中、大銀杏を結った黒廻しが股割りをしている。彼は、取組は務めないが何番も取り直しをさせられるという、初切の若山である。

 全部で28番、最後に西から上がるのが、関取として凱旋の旭大星。関取として、と書いたが、関取復帰が発表されているものの、番附が出ているわけではなく、黒廻しのまま。

●大翔鵬(寄り切り)旭大星○ すぐに右四つ、旭大星左上手を浅く引き、徐々に左に廻りながら肘を締め、右下手を探って取り、左を巻き替えて下手前褌、これを深くして肘を張り、右を突きつけながら西に寄り、寄り切った。

 大拍手を背に旭大星が引き揚げると、すれ違いに6人の甚句班が入場。勢翔太隊長が休場のため、丁髷姿の6人衆。 今回は反響がひどすぎハウリングもあり、特に1曲目は歌詞がよく聞き取れなかった。なお、2曲目以降は「蛙づくし」「数え唄」「川づくし」である。 例の「みかん、きんかん、夏みかん…」と調子良く始まったはやし唄も途中で躓いてしまい、今一つの出来で終わった。 この相撲甚句、今でこそ全員化粧廻しをつけているが(関取でなければ大銀杏は結わない)、過去には取り廻しのままの力士が混在したり、全員取り廻しだったりしたこともあったとかで、 統一されたのは昭和55年夏巡業からだそうだ(別冊グラフNHK「大相撲特集号」秋場所(昭和55年))。


 髪結実演は、佐田の海がモデルで、実演は三等床山の床隆(とこりゅう)。本当ならば、十数年前のように2組で実演してもらえると嬉しいところだが、 支度部屋での人手不足の可能性もあるので欲を張るわけにもいかない。


 東にアンコの若山、西にソップの篠原、行司と呼出はもっとソップ(?)の三段目・式守友和と序ノ口・俊太朗、以上のメンバーでの初切。 篠原は筆者のカメラ(かどうかは知らないが…)の方を見てポーズを決め、塩撒き芸のあと塵を切る。3年も経てば演目(?)も変わっていて、 四股のあとに呼吸もぴったりに伸脚。もともと土俵で踏む四股は伸脚の意味があって、様式化する前は四股の回数も筋のほぐし方も各人各様だったのだから、 ある意味で先祖返りというべきか。さらに股割りにまで発展、時間をかけて準備していただけのことはある。


 仕切りの位置で悶着したり、足が飛んだりするのはいつもの流れ。


 待ったで揉めるのもいつもの通りだが、耳元で「まぁったぁ!」と大声ではやらなかった。このあとが新しい。まずは跳馬で始まり、右四つに組んで投げを打ち合い、一旦離れてまた右四つ、この辺までは以前にもあったが、 内無双と外無双の応酬は珍しい。しかもそのあと同体に倒れた!


 ダメ行司友和は、首を捻って軍配を東に、もひとつ首を捻って軍配を西に。さっそく若山は友和の右腕を引っ張って名乗りをあげてもらおうとする。 すると篠原は友和を抱きかかえて西にさらっていこうとする。友和振りほどいて「ちょっと待って」とばかり…

 東の勝負審判・某観客親方に聞きに行ってしまった!協議(?)は短く、結局取り直しだ。


 両力士、怨みを込めて友和に塩を投げつけ、今度こそ取り直し。右四つから若山が目よりも高く振り上げると、負けじと篠原腰を据えるが上がらない。 例によって頭をずらし合って、若山が髷を引っ張って引き据えた。若山やっぱり名乗りが欲しくて友和を持っていく。このあとの水芸、とったりから(自称)外無双のあとの揉めようはいつもと同じで、 勝負がついたあとは柄杓ではなく張り扇で、バシンとやって篠原2連勝。こうして大団円、勝った篠原より負けた若山の方が意気揚々と去っていった。


 綱締実演はチーム白鵬。白房側の席が最も得をする数少ない場面。

 白鵬は正面から東、向、西と礼をしたが、四方に礼をする場合は、最後にもう一度正面に礼をして締めるのが例であるところ、白鵬はそれをスキップして東花道から引き揚げてしまった。


 お好みの最後は、太鼓打分。拓郎がすっかり偉くなり、今となっては副立呼出、呼出界のトップになった。そのため、20年以降に筆者が見た巡業では吾郎か隆二が担当していて、今回は吾郎が務めた。 いつもながらの軽快な撥捌き。

 気がついたら、青房のところに拓郎がいて、吾郎の実演ぶりをじっと見ていた。
前ページへ Homeへ 次ページへ