平成27年大相撲札幌場所初日観戦記(三)
土俵入り

 東西の花道奥、化粧廻しを身につけて、土俵入りを待つ幕内力士の群れ。そして彼らを取り囲むファンの群れ。逸ノ城が急ぎ足で西を目指すが、スローな小走り。 さて東から、夏でも並ぶや唐錦といった風情。豊ノ島は小さく手を振り、大砂嵐も笑みを浮かべて手を振れば、臥牙丸は手を振り振り律義にずっと観客に視線を送り、そのまま玉鷲にわざとぶつかった。 大砂嵐はカメラに向かって力瘤をつくるサービスまで。西は、木村秋治郎のすぐ後ろを歩いたのが阿武咲。十枚目力士は七戸場所から不参加だが、若の里と阿武咲は青森出身ということで参加を続け、 阿武咲に限っては札幌場所にも参加、幕内土俵入りの輪に加わる。次は本物の幕内力士として土俵入りに臨みたいところ。


 東では白鵬が待機中。旭天鵬が引退して巡業には出ていないので、露払いは旭秀鵬。先頭を切って入場する呼出拓郎は札幌出身、紹介されて大喝采。


 白鵬の土俵入りは、いじりすぎて統一感を失ったまま現在に至り、最後の塵浄水をダラダラと流してしまうこともあって、土俵中央で矢鱈に力む割には散漫な印象を与える。 四股だけは3横綱の中で最も力が入っていると思うのだが。


 取組には入らないが、土俵入りは務める横綱日馬富士。こちらは四股が軽く、せり上がりに入るまでに時間をかけすぎ、せり上がりは腰が引け加減であるために、力感の点では損をしているが、 大きな型崩れがなく、蹲踞してすぐに行う礼を含めて塵浄水が最もしっかりしており、安心感がある。久しぶりすぎたか、土俵入りを終えて体を廻す方向を誤った。花道を下がって、赤ん坊を抱く日馬富士。 見事なタイミングで大泣き、これだけ泣けば丈夫に育つ!


 3人目、鶴竜が東から歩んでくると、館内「ウォーッ」と盛り上がる。ただ土俵入りそのものの出来は今一つ。塵浄水は上体が前に倒れ、 両掌を返して腕を止めずに下げるのを見ると、気が抜けてしまう。四股も上体の恰好が悪いためか力強さを欠き、せり上がりも腰が落ち着かず軽い。 白鵬もそうだが、塵浄水時の礼として両手を下げる動きを土俵中央でもやる。ガチッとしたものになるのは、かなり先のことになりそうだ。


 土俵入りが終わると、すぐに柝が入って中入後取組が始まる。ということは…
前ページへ Homeへ 次ページへ