日本相撲史概略


 これまでに、江戸(東京)相撲の幕内(上段)に局限はしたが、曲がりなりにも「大相撲史」の一端を担う資料をば掲載してきた。 残るは旧両国国技館開館前の「相撲」に就いて記すだけであった。「だけ」としたが、これが途方もない難事である。 相撲の起源にせよ節会にせよ勧進相撲にせよ上方の興行にせよ、分からないことだらけで、相撲研究家や古代史家が日夜研究に勤しんでおられる。 斯く言う筆者は、専らその研究の恩恵を受ける側に立っているということでしかない。 だというのに、このホームページの大空白を多少なりとも埋めんがため、敢えて野蛮にも大鉈を振るい、いびつな恰好ながら、「日本相撲史概略」を掲載する。 「著者はこの書を成すに当り、何ら特別な材料を用いておらず、独自の研究と称すべきものも持合せていない」(「評伝 正岡子規」柴田宵曲著)を地でいったもので、汗顔の至りである。 江戸時代以降に「好勝負」なる項があるが、これは「新訂本場所記録」との連関を保つために記載したものである。 だが余りに少ない。他にあればお知らせ願いたい。なお、「「横綱」について」の時と同様、東京大学の新田一郎助教授には筆者の疑問に答えていただき、資料の提供も受けるなどのご協力を賜った。改めて感謝申し上げる。
 一、「相撲」起源?
 二、「神話・伝説」の中に…は見られぬ相撲の起源
 三、相撲節(前)
 四、相撲節(後)
 五、武士・大名と相撲との結びつき
 六、勧進相撲の成立・三都勧進相撲
 七、勧進相撲の「制度」
 八、江戸勧進相撲の黎明期から隆盛期
 九、幕末期の角界
 十、維新直後の危機
十一、高砂時代終焉
十二、梅常陸登場相撲景気沸き立つ
本場所記録へ
主 要 参 考 文 献
「好勝負」は除く
単行本・叢書
「相撲の歴史」新田一郎著
「古代国家と年中行事」大日方克己著・新田一郎氏蔵
「日本相撲史」横山健堂著
大相撲鑑識体系第一巻「相撲道綜鑑(復刻版)」彦山光三著
大相撲鑑識体系第三巻「江戸時代の大相撲」古河三樹著
「相撲五十年」相馬基著
「大相撲名力士 100選」和歌森太郎監修・小島貞二著
「雷電日記」渡邉一郎監修・小島貞二編
「相撲随筆」酒井忠正著
復刻「相撲講本」枡岡智・花坂吉兵衛共著

岩波新書「星の古記録」斉藤国治著

「看聞日記」後崇光院筆(「続群書類従(訂正 3版)」所収)・北海道大学図書館本館蔵

「相撲大鑑」常陸山谷右衛門著・北海道大学図書館北分館蔵
「一味清風」綾川五郎次著・北海道大学図書館北分館蔵

「日本相撲史 中巻」酒井忠正著・都立中央図書館蔵

雑誌類
「相撲」別冊秋季号(昭和52年)「国技相撲の歴史」
「相撲」別冊秋季号(平成 8年)「国技相撲のすべて」
「相撲」平成 9年 3月号・札幌中央図書館蔵
    平成10年 3月号・札幌中央図書館蔵
「大相撲」別冊(昭和60年)「新古今大相撲事典」
「大相撲」平成 6年12月号

日本相撲協会発行本場所パンフレット・平成 5年 9月以降

古典籍翻刻文庫本
「記紀歌謡集」岩波文庫本
「日本書紀(一)(三)(四)(五)」岩波文庫本
「平治物語」岩波文庫本
「吾妻鏡(三)」岩波文庫本
「王堂本 曾我物語 上巻」岩波文庫本

古典籍翻刻単行本
「儀式・内裏式」神道大系(朝儀祭祀編一)本・北海道大学図書館本館蔵
「続日本紀(二)」新日本古典文学大系本・北海道大学図書館本館蔵


Homeへ