武士・大名と相撲との結びつき
 大雑把に見て、中世は武家の世であり、動乱の世であるということになっている。時代の中心を武家が握った以上、至極当然である。 ということでまずは「吾妻鏡」所載の相撲の記事を眺めると、鶴岡八幡宮において放生会などの祭礼に奉納される相撲の記事が目につく。 頼朝の臨席もあり、その頼朝が武士や相撲人を召しては相撲見物を楽しんだという記事もある。例として、

 建久二年
   三月小
三日、辛亥、鶴丘宮の法会、童舞十人箱根の垂髪、有り、又臨時祭、馬長(あげうま)十騎、流鏑馬十六騎、相撲十六番、幕下御参宮…(巻十一)
 建永元年
   六月小
二十一日、辛未、御所の南庭に於て相撲を覧る、相州、大官令等候せらる、南面の御簾を上ぐ、其後各庭の中央に進みて、勝負を決す、朝光之を奉行す、向後相撲の事を奉行す可き由と云々
 一番 三浦高井太郎 三毛大蔵三郎鎮西の住人
 二番 波多野五郎義景 大野藤八
 三番 広瀬四郎助広相州の侍 石井次郎義盛の近臣の侍、
禄物有り、兼ねて廊根の妻戸の間に置かる、羽、色革、砂金等之を積む、事終りて後、左右に之を賜はる、 勝負を論ぜず、悉く以て之を下さる、負方逐電すと雖も、之を召し返さると云々、(巻十八)

のような記事が載っている。鶴岡八幡宮における「競馬・流鏑馬・相撲」は、政権を担った頼朝が東国武士を一ヶ所に集結させ、 頼朝自らの主導によって奉仕させるという、いわば主導権の発露と想像される。これはその後の将軍にしても変わらない。 なお、鶴岡八幡宮は、康平 6年(1063)源頼義が前九年の役で阿倍氏を追討し、奥州を平定して鎌倉に帰った際に、 鎌倉郷由比の地に石清水八幡宮の分社(若宮八幡)を勧請したのが始まりとされる。源氏の氏神とされるが、これは義家(頼義の息子)が石清水八幡宮社前で元服したのが機縁である。 その後、頼朝が鎌倉に入って現在の地に八幡宮を移し祀ったものであるという。この八幡宮で行われる放生会は、石清水八幡宮でのそれを模したもので、 奉納される相撲も同じく石清水八幡宮と同様に行われた。石清水八幡宮での相撲は、相撲節を模倣したものと考えられていることから、 鶴岡八幡宮での相撲も、相撲節の様式を継承したものといえる。

 伊豆に流されていた頃の頼朝の前で、余興の相撲が行われたというのは、「曾我物語」にあるエピソード。

 頼朝はたいそう落ち込んでいた。それを元気づけるべく、武士たちが考えたのが「巻狩に連れ出すこと」だった。 その宴会の中で、若い連中に相撲を取らせようという話になった。幾番となく取り進んでいくうちに、登場したのは俣野五郎景久。 この男は「すまひの大番つとめに都へのぼり、三年のあひだすまひになれ、一度も不覚をとらぬものなり。其ゆへに院・内の御めにかゝり、日本一番の名をえたる」大物である。 31番を勝ち抜いた。しかしその行く手を阻まんものと、河津三郎祐泰が立ち上がった。河津は力一方で、技も何もない。 いざ両人闘ってみると、河津は俣野の両腕を引っ掴み、そのまま捩じって膝を着かせてしまった。俣野は、「木の根に躓いた」とてもう一番挑んだが、 今度は目よりも高く差し上げられ、そのまま叩きつけられてしまったのであった。
(ここまでの原文)
 さて河津(これは巻狩の主催者であるところの伊東祐親の嫡男)は男を上げたが、帰る途中、伊東氏と所領をめぐって争っていた工藤氏(同族である)に討たれ殺害された。 これが発端となり、河津の息子たちである曾我兄弟の仇討ちに発展する。

 河津の相撲は「ちからは強くおぼゆれども、すまひの故実は候はず」という不細工なものだが、 「すまふはちからによらず、手だに勝ればみぎはまさりのあい手をうつもの」という記述もあり、 加えて「聞つるに似ず、さしたるちからにてはなかりけり」と河津に言われた俣野は、前述の通り京で修行して「日本一番」という称を得たという。 とすれば、京における相撲は、「相撲節」を通して洗練された格闘競技であり、俣野はその練り上げられた技術を自家薬籠中のものとした名力士であったのであろう。 また、「古今著聞集」には、長居という東国最強の相撲人との対戦を頼朝に命ぜられた畠山重忠が、 金剛力を振るって長居の肩を砕いたという記述がある。

 これらから窺われることは、勝者の「(組み打ちに至る格闘的な)相撲」と敗者の「(京で洗練された技芸的な)相撲」との間の(大袈裟に言えば)「異種格闘戦」であったことであろう。 要するに、「相撲」は二極分化してしまったのである。そして、前者の「相撲」は、「武芸」として発展するでもなく、「組み打ち=格闘」に「成り下がって」しまった。 執権北条時頼が「近年、相撲などの武芸が廃れ」ていると慨歎し、建長 6年(1254)閏 5月 1日に、武士を引っ張り出して相撲大会を催したという記事もあるのだが、 武士・御家人自らが相撲をお勤めすることは殆どなくなり、代わって御家人が進めた相撲人(それも技芸を持った相撲人)によるお勤めが多くなった。 さて、祭礼における相撲では、技芸としての相撲を必要とした。前述のような鶴岡八幡宮での相撲人は、鎌倉初期には大体東国の武士であった。 しかし、数十年も経つと武士でない相撲人も見られるようになり、終には専門の職人たる相撲人が占めていくようになったものと考えられている。 平安時代、相撲節に出た相撲人は、節の後も京にいて、貴族の娯楽のために召し出されて相撲を披露したり、 寺社の祭礼の相撲を勤め上げたりしていたが、相撲節が絶えた後も完全に失業したわけでもなくて、 御家人となる者もあれば、寺社に雇われて(元来寺社の相撲は国家が集めた相撲節のための相撲人を「流用」していたが、 その相撲人を集める機構が瓦解し、再建努力が払われた形跡もないらしいため、寺社自らが調達する必要が出た)相撲人として働く者もあったらしい。 その後者が「職人たる相撲人」の源であろうと思われる(京都辺りの寺社に雇われて奉納相撲を勤めた相撲人集団を「京相撲」や「京都相撲」と呼んだ)。 武士の側から見ると、技芸としての相撲を自分たちが演ずることはなくなり、せいぜい鍛錬のために行うぐらいのものとなった。 逆に、「生年十二ノ春ノ比ヨリ好デ相撲ヲ取ケルニ、日本六十余州ノ中ニハ、遂ニ片手ニモ懸ル者無リケリ」と称えられる、 自称「薩摩氏長(仁明天皇( 833〜50)の頃の相撲節の強豪・伝説の相撲人)ガ末」の武士・妻鹿孫三郎長宗などの記事が「太平記」に出てくるが、 彼は日本全土で相撲を取ったのではなく、「それぐらい物凄い強さを持った武士なのだ」という意味である。兎も角も、武士の側からすれば、相撲なる芸能は「見るためのもの」であったようだ。

 時代は足利氏の天下となるが、足利将軍の上覧相撲も、大名の相撲見物も、よく行われた。 その場で相撲を取ったのは、やはり京で活動していた相撲人であり、さらに加えて諸国から上ってくる相撲人であったろう。 このような場での相撲に出ることによって、あわよくば禄にありつけるからである。 織田信長も相撲は好きだった。これは有名な話である。信長は、近江国の相撲人を集めた相撲をよく行い、 後には近江国と京の相撲人を召して行っている。その数は数百人から千数百人になる。ただ、その顔触れは大部分が固定されている。 しかも、特に優れた相撲人は、御家人にされたり、知行を与えられたりなどして、召し抱えられたのである。 この頃になると、豊臣秀吉をはじめとし、相撲人を抱えるのはよく見られるようになっていたし、公家の中にも抱え力士を持つものが存在したという。 大名にとっても、相撲はやはり見物するもので、そのために優秀な相撲人を召し抱え、育てた。相撲人は、抱えられることによって「禄にありつき」、安定した収入を得られるようになる。 こうして、近世の相撲史上何かにつけ話題となる「大名抱え」「抱え力士」の基礎と思しきものができていった。
前ページへ 次ページへ
前画面に戻る