勧進相撲の成立・三都勧進相撲
 前述の「京相撲」若しくは「京都相撲」の如き専門的相撲人集団は、京都近辺の寺社で奉納相撲が行われるときには当然雇い入れられ、 これを勤め上げるのだが、京以外の寺社にも招かれることがあった。相撲節の故実に通暁していることを買われてであり(誰も彼もが直接相撲節相撲人との連続性を持っているというわけではないが)、 鶴岡八幡宮や出雲大社などの大寺社の記録に窺うことができる。但し、出雲の場合は、元来は出雲国内から相撲人を召し出していたのだが、 恐らく様式の整備を目的としたのであろう、態々京都から相撲人を呼んで行うようになったという。その「京相撲」を雇うのに費用が嵩んで、 終には訴訟沙汰に発展したこともあった。こうして、「相撲を見せる」ことを専門とした、高度かつ専門的な芸能者集団が成立したものと考えられる。

 兎に角、専門的相撲人が擡頭したことで、つまり「見る」ためのものとしての相撲が確立してくると、 いよいよ勧進相撲から現代の大相撲に繋がる、「銭を取って客の観覧に供する」興行へと話が進む…かと思えば、そうでもない。 元来「勧進」とは「営利」を目的とするものではないのだから。

 抑々「勧進」の目的とは、まず寺・神社・橋などを建てる際に資金を集めるための募金活動、つまり喜捨による功徳を説き、それを募ることであった。 ところが、資金調達の効率化の側面を持つ変化が生じた。荘園などにおける租税取りや、芸能の見物料徴収がそれである。 相撲は無論後者に入る。「新形態の」勧進、つまり大衆受けしない限りは銭は取れない。そのためには技芸が極めて高度でなければならず、 自然、その技芸を演ずる者は、専業化して専一に芸を磨くことになったろうし、収入を得て生業とするを得たろう。 田楽などの勧進興行は13世紀の末頃には見られるが、相撲の場合、観衆から銭を取って行う興行の記録は殆ど見当たらず、 14世紀になってやっと見つかる(七十一番歌合)。しかし、営利興行の印象が濃い「勧進相撲」の語は、案外早く15世紀には出てくるのである。 「看聞日記(伏見宮貞成親王(後崇光院)の日記)」応永26年(1419)10月の条である。

三日。晴。(中略)抑法安寺為造営有勧進相撲。今夜始之。可有三ヶ月云々。他郷者共群集。 密々見物ニ行。薬師堂内搆桟敷。椎野。三位。重有・長資朝臣相伴。深更相撲了。勧進相撲目珍事也。此間諸方有此事。(後略)
四日。雨降。(中略)相撲依雨延引云々。
五日。晴。(中略)彼相撲今夜千人許群集云々。及暁天取之。不見物無念也。
六日。晴。相撲密々見物。三位。重有。長資等朝臣。慶寿丸。寿蔵王。梵祐喝食等相伴。 今夜相撲更不寄。無人也。御所侍善祐取之。負了。而善祐申所存。勝負相論。行事批判猶不用之間。 行事無興。其後早出了。其以後無指相撲。深更事了。後日善祐突鼻了。

 しかも、ここに出る「勧進相撲」は、本来の「勧進」に近く、資金集めの目的は、「法安寺為造営(法安寺造営のため)」であった。 「勧進相撲目珍事也(勧進相撲めづらしき事なり)」ではあるものの「此間諸方有此事(この間諸方にてこの事あり)」ともいうから、「勧進相撲第一号」ではないとはいえ、 まだ始まって間もないものと考えられる。この勧進相撲に出場した相撲人がどのような面々かは史料に何も書かれていないというが、 この頃にはすでに興行で得た収入で生活し、維持される芸能者の集団ができていたとされている。

 「大友興廃記(杉谷宗重の著せる戦国大名大友家の興亡を描いた戦記)」や「義残後覚(愚軒が著した雑話集)」には、京都から下ってきた相撲人の話や、 後者には京都における勧進相撲の話も出てくる。

 京伏見はんじやうせしかば、諸国より名誉のすまふども到来しけるほどに、内野七本松にて勧進すまふを張行す。 くわんじんもとの取手にハ、立石・ふせ石・あらなみ・たつなみ・岩さき・そりはし・藤らふ・玉かつら・くろ雲・追風・すぢがね・くわんぬきなどをはじめとして、 都合三十ばかり有けり。よりには、京・辺土・畿内、さてハしよこくの武家よりあ(つ)まりてとりけれども、さすかに勧進すまふをとるほどのものなれハ、いつにてもとりかちけり。(「義残後覚」)

 既に、諸国から集まって諸国へと巡業する(九州や秋田の勧進相撲の記事も存在するという)相撲人の集団ができていて、勧進相撲もよく行われるようになっていたらしい。 また、「さすかに勧進すまふをとるほどのものなれハ」というから、相撲人が高度な技芸を専門とする職人であることもわかる。

 当時の勧進相撲の形態として、「元方(勧進元側の相撲人)」と「寄方(近隣から集まった相撲人)」との対抗だったことと、 勝抜制だったということが特徴的であった。最後まで残った者は「関を取る」と言われたという(「関取」の語源と考えられている)。

 近世に入る。三都がメインとなる。その記録をあっさりと辿る。

 京における勧進相撲は「義残後覚」の記事の後は、慶長10年(1605) 7月23日山城国醍醐郷での郷民による勧進相撲の記録(「義演准后日記」)、 寛永21年(1644)山城国愛宕(おたぎ)郡田中村なる干菜山光福寺の住持宗円が鎮守八幡宮再建のための勧進相撲を願い出て許可を受け、 翌正保 2年(1645) 6月に鴨の糺ノ森で10日間興行があったという記録(「古今相撲大全」)があるが、 その後暫く途絶える。

 大坂の勧進相撲は確実な記録が18世紀にならないと出てこない。「灘のひゞきといふ讃州の相撲」が興行したと「相撲家伝抄」にあり、 また同書には、寛文年間(1661〜73)に行司小作兵庫が恵比寿島で興行したものの喧嘩口論のため停止(ちょうじ)された、とあることはある。

 江戸の勧進相撲は、明石志賀之助に関する記事が「古今相撲大全」にあるが、信用に足るものではない(「横綱」について参看)。 「相撲家伝抄」には、古閑貫(こかんぬき)なる相撲取が神田明神原で興行したのが初めという。これも信じられるものとは言えない。 寛永期(明石志賀之助の興行は寛永元年(1624)とされているが)には江戸で勧進相撲がよく行われていたということがわかっているが、 慶安元年(1648) 2月28日に勧進相撲の禁令が出たため、数十年の中絶がある。この禁令は京も大坂も準じているため、勧進相撲はパッタリと止んでしまった。

 表札が江戸市中の盛り場の辻々に立てられたという慶安の禁令は以下の如し。

一、辻相撲取申間敷事。
一、勧進相撲とらせ申間敷事。
一、相撲取共の下帯、絹布にて、仕間敷、屋敷方へ被呼候共、布木綿の下帯可仕事。

 慶安 4年(1651) 7月には、

一、志こ名之異名を付候者有之候はゞ、早々可申上候、いにしへより相撲取候もの、異名付候共向後は名堅可為無用事。

と、四股名をも禁ぜられてしまった。なお、四股名らしいものが文献に登場するのは、「大友興廃記」が最初とみられる。 さらに寛文元年(1661)には芝居・相撲・能に関する触れが出た。相撲の部分は次の通り。

一、勧進相撲毎々より町中にて御法度に候間、弥其旨相心得、町中に而為仕申間敷候事。

 また(依然として)勧進相撲を町中で行うことは禁ぜられている。ただでさえ勧進相撲の興行は定期的なものでないのに、 これを禁止されては相撲取は生活に困ってしまう。恐らく専門の相撲取は各藩に技量を売り込んで、力量のある者は藩抱えになったのであろう。 ちょうどこの時期は、大名による力士抱えが大変多くなりゆく時代であった。 力ある相撲取を抱え、各藩毎に競い合い、他藩に負けまいとしたであろう(無論抱えられた相撲取は生活の安定を掌中にし、対抗意識を植えつけられて錬磨に励んだと思われる)。

 元禄時代になり、幕府の方針が変わって、勧進相撲が許可されるようになってきた。但し、あくまで公共投資用の資金調達目的に限られた。 ちょくちょく出された禁令が、町人の相撲(見物)熱昂揚の証左であると見るならば、逆にこの熱を利用しようと考えたのかもしれない。 京における勧進相撲の再開は、元禄12年(1699) 5月の岡崎天王社修復のための勧進相撲( 7日間)が初めである。 大坂周辺では困窮救済を目的とした勧進相撲が見られ、江戸の場合は貞享元年(1684)に雷権太夫以下が寺社奉行本多淡路守に願い出て、深川新開地繁盛を名目に深川八幡宮境内で晴天 8日間の勧進相撲を行ったのが、 江戸勧進相撲再興の事蹟であるとされている。三都とも、その後勧進相撲は年に数回程許しが下りている。 また、この頃の勧進相撲からは、抱え力士を中心とした相撲取の集団が挙って興行に参加するようになった。 段々に勧進相撲は申請すれば許可が下り、定期的な興行が打たれるようになり、そればかりか「渡世のため」という「勧進」から逸れた目的でも許可が下りるようになった。 そして、主催(勧進元と、それを補佐する差添)も町の興行師から、相撲取の手に移り始めていた。この間、辻相撲の禁令は度々出されたが、そこには衰えない相撲熱が垣間見える。 だが、順調に興行が続けられていたところに、正徳の禁令(正徳元年(1711)の触れ)が出された。 これは何かといえば、勧進相撲といいながら世渡りの金稼ぎのための興行が打たれるようになったことに対する幕府の猛反撃である。 武家に召し抱えられた者こそが「実の相撲取」とされ、そうでない者との差、つまり渡世のための興行によって金を稼ぐ者との差が明確にされてしまったのである。 幕府は態度を硬化させ、江戸においては享保の末から寛保の初めまで(つまり1740年代はじめまで)、勧進興行がまるで認められなかったという。

 正徳禁令が出た時には、もう相撲取は相撲興行を世渡りの手段として認識していたらしい。 しかも、江戸で勧進相撲が行われなかった間、京坂では相変わらず行われていた。つまり、相撲取は京坂で主に活動するようになり、 自ら京坂の勧進相撲は隆盛に向かった。京都における興行の番附記録は、上記の元禄12年のもの(大江俊光記)が最も古いという。 当時は板番附であったが、享保頃から木版刷りで発行されるようになった。享保 2年(1717)のものから現存する。 大坂の番附記録は、元禄15年(1702) 4月の堀江勧進相撲公許興行のものが最古で、京都と共に享保年間からの番附は多く残る。 そして興行の際には散在する有力な力士団(主なところでは秋田・南部・津軽・仙台・大坂・京・尾張・紀伊・讃岐・播磨・因幡・長崎・肥後・薩摩)から、相撲取並びに行司が参加する。 京坂興行は、殊に享保から宝暦期(1716〜64)にかけてはまさに檜舞台で、幾多の名力士が出て人気を呼んだ。 例えば、谷風梶之助(讃岐谷風)・八角楯之助(待ったの開祖とされるが、研究熱心の力士)・相引森右衛門(美男と伝わる人気力士)・丸山権太左衛門( 3代横綱に据えられている強豪)・阿蘇ヶ嶽桐右衛門(司家門人となった大関)などが有名である。

 いつしか勧進相撲は、名目はどうあれ許可を求めればすんなり下りるようになり(「勧進」の名は寺社奉行の許可を求めるためにずっと残り、明治になって一旦 7年12月に消え、「勧進元」も「願人」と改まったが、「勧進相撲」の後こそ復活しなかったものの42年 6月から何故か「勧進元」が蘇り、とうとう昭和19年まで使われ続けた)、 また相撲取のうち、実力者や人気者は興行あるごとに招かれ、常に上位に格づけされるようになった。つまり、興行に連続性が認められるようになったのである。 こうして、相撲取にとっては渡世の手段として、民衆にとっては娯楽として、定期的な興行体制が築かれつつあった。

 さらに、江戸において勧進興行の一切が解禁され(寛保 2年(1742))ると、翌年には京の番附に江戸力士源氏山住右衛門・綾川五郎次らが登場、 そして江戸は、瞬く間に京坂と並び称される興行の中心地として体制が整っていった。 江戸相撲の他の特徴としては、興行はすべて渡世のためのもので、勧進元は元相撲取である年寄がこれを務めたということが挙げられる。 春は江戸、夏は京、秋は大坂、冬は江戸で「四季勧進相撲」が行われる体制が、遂に確立した。
前ページへ 次ページへ
前画面に戻る