勧進相撲の「制度」
 以降は江戸を中心に記述するが、春は江戸、夏は京、秋は大坂、冬は江戸で「四季勧進相撲」を行う体制が確立したこの時代を記述するに当たっては 「江戸べったり」だと、片手落ちの相撲史になってしまう。江戸相撲・京都相撲・大坂相撲の各々が独立した相撲集団であるのではなく、 各国にある相撲集団が勧進元との契約によって招かれて相撲興行に参加するという「合併相撲」を打つ形であるから、なおさらである。

 さて、勧進元等の興行責任者は、江戸の年寄にせよ京坂の頭取にせよ大差なく、順繰りに務めることになっていた。 その年寄や頭取が相撲取乃至行司の出身者で固定されるようになったのは、江戸の場合は明和の頃(1764〜72)であろうと考えられており、 また、名跡が固定化したのはさらに後のことである。また、大坂頭取には侠客などがいた。 年寄や頭取は、勧進相撲を組織し運営するばかりでなく、相撲取出身者として弟子を取り、 小団体を成していた。江戸番附に見られる「江戸」頭書の相撲取は、そうした小団体(部屋に相当すると考えられる)所属の相撲取であろう。 同じく、江戸番附を見れば、他に「九州」「奥州」といった頭書の相撲取が多数おり、場合によっては番附の一方を占めることもあった。 これらは、地方各地の相撲集団に属する相撲取である。そして、図体の大きな者を大関はじめ上位に据える「看板相撲」がこれに加わる(客の興味を惹く役割を果たしたが、不出場の場合が多い)。 これが大雑把なところの興行形態であった。

 三都興行が軌道に乗り、相撲興行の中心地となると、実力上位の相撲取はだいたいいつも三都の興行に顔を出し、 地方集団の相撲取も三都の年寄・頭取の許に弟子入りし、腕を磨く。三都が相撲取を育成する面でも中心地域になったためである。 果然、番附の顔触れも明和ごろにはほぼ一定になり、三都の相撲取と藩抱えの相撲取との混成となった。

 その後には、三都のうち、江戸が中心地としてのし上がるようになった。これは、大名抱えの関係と考えられる。 そもそも江戸には大名屋敷がある。参覲交代制度のお蔭である。相撲取にとって、禄にありつかんとして大名に抱えられようと欲するならば、 上方よりも江戸で活動するのが早道となる。そうして、抱えられたとする。相撲取りを抱える側の大名は、参覲交代により自国と江戸を往復する。 相撲取もつき従う場合が殆ど。こういう生活の大名が、相撲取を修行させるために部屋に預けようとするならば、当然江戸年寄に預けようとするだろう。 この流れに沿い、京坂頭取の弟子も、江戸年寄に弟子入りする場合が間々見られる。このように、三都中心の鼎立体制から、江戸を中心とし上方がそれに附随する形へと変化していった。 大名の抱えに関しては、それが顕在化する時代を主に記す次項に譲る。

 「年寄」「頭取」が登場してきたが、その起源は以下の如く説明されている。江戸の場合を掲げているが、上方でも同様に考えられている。

 もと力士として大名、旗本に抱えられていたのが、老齢になって暇を出され、これを相撲浪人といった。 相撲興行はこれらの浪人が中心で、相撲集団を監督して、喧嘩が起こらぬよう取り締る責任者であった。 貞享元年の公許興行は、勧進元の雷権太夫以下十四名が「株仲間」を組織して、毎年願い出てやっとこの年に認可を得たのである。
 この年寄制度の原型といえる十五人の株仲間も七年後の元禄四年になると二十人に増え、その顔ぶれも雷、大獅子、中川の三人だけ残して変り、いまに残る年寄名としては大竹(大嶽)、尾上、浅香山の名が見える。 当時は一代年寄で消えていく者が多く、これは年寄創成期ころの通常といえよう。
 この相撲年寄も、専業とする者だけに興行許可を与えるという幕府の方針が決まったのは、享保年間からである。 それからは、年寄株仲間が結束し、年寄名跡がしだいに重んじられてきた。(別冊相撲「国技相撲の歴史」)

 なお先代の跡を襲ぐケースもあれば、現役時に何らかの資格(詳細不明)を得て年寄となり、それが受け継がれる場合もあり、 従って人数は増加する一方であった。江戸末には50人に達し、明治半ばには80の多きを数えたが、明治22年東京大角力協会設立時の申合規約で88家の名跡が定められた。 大正末に大阪協会と合併した際に17家が加わり、その後休眠させられていた大阪協会の名跡を改称の上復活させたり、 また根岸家が昭和26年に廃家となり一市井人と変わり、また昭和34年に木村庄之助と式守伊之助が年寄兼務でなくなるなどあり、 現在は 105家(及び特例の一代年寄)で固定された。また、平成10〜18年には準年寄制度も存在した。元来大坂の弟子だったものが後に江戸でも弟子入りした場合は、 継承時には元来の系統が重んぜられたことから、大坂の名跡を継ぐ場合が多かった。

 さて、制度とくれば「相撲会所」である。ここでも江戸を例に取る。会所は年寄による組織で、力士らが運営に容喙することは許されない。 逆に言えば、会所が成立するということは、年寄による相撲興行及び力士の独占支配が成り立っているということである(これは部屋制度などに窺うことができるが、省略する。相撲部屋制度の確立も18世紀末頃と思われる)。 力士らをまとめ、興行の権益を独占し、収益を年寄を通じて分配する組織である。上下関係で完全な統制が図られた。 勧進元・差添といった興行責任者を順繰りに務めるのは、「歩持(ぶもち)」という主だった年寄で、また、世話人は 2人、当初は雷ともう一人(順繰りに交代)であったが、 錣山喜平治の就任(宝暦13年(1763))以降は、両者がそのまま務めた。他方が退いたあとを誰かが継ぐというようになった。 その後文政(1818〜30)辺りから、筆頭・筆脇と呼ばれて権勢を大いに振るうようになった。何しろ筆頭・筆脇は引退までその座にいられるのだから、やりたい放題。 経理は年寄にさえも示さず、収益も上層の年寄で占め、番附編成は両人に三河屋治右衛門(後根岸)と 3人で(船の上で盃を交わしながらと伝わる)やり、 つまり会所は独裁に近い組織になり、長くその傾向が匡されなかったのである。好取組で沸く相撲興行の裏は、見たところ極めて強引な手法で統制されていたのである。
前ページへ 次ページへ
前画面に戻る