江戸勧進相撲の黎明期から隆盛期
 前項で「からくり」について述べたので、こちらでは割と多く語られている土俵上のことを中心に略記する。

 江戸が上方に肩を並べて興行するようになった宝暦 7年(1757)10月、江戸勧進相撲は新案の縦一枚番附を発行した。 尚古堂の番附帖に「宝暦丑のとし(宝暦 7年)春迄は東西二枚摺にて今上方の趣とおなじかりしを其冬より東西をあはして一枚摺になして二段目、三段目という事も是よりぞ知り安し」とあるという。 この番附は 7段あり、下から 2段目は「中」と書いてある本中、最下段は「前」と書いてある前相撲である。 残り 5段も現在のような階級呼称はなかったらしいが、資料不足で判然としない。段毎に階級が違うのでもなく、ただ単に序列を示したに過ぎないようで、上方二枚番附を一枚に押し込めたという起源を考え合わせると、 初期の縦一枚番附に「前頭」頭書が三段目から多い時には四段目途中にまで続くものも存在するのは、「前頭」頭書の力士が上方でいう上取(じょうどり)、つまり現在の幕内に当たるのではないかと考えられている。 但し、段が下るにつれ、現在の番附ほど極端ではないが、やはり字が細く小さくなっていくのを見ると、現在同様段毎に階級があったのではないかとも考えることができる。何れが真実なのかは、やはり資料不足ではっきりしない。 なお「前頭」頭書が二段目までになったのは宝暦13年(1763) 4月、二段目も「同」で一括されるようになったのは寛政10年 3月である。 また、番附には11年(1761)10月から「勧進角力」が「勧進大角力」と書かれるようになり(いくつかの例外が認められる)、 同時に下 2段が省かれて 5段になり、「此外中角力前角力御座候」としてまとめられるようになった(この場所は珍しく世話役が雷権太夫と「惣年寄」となっている)。 13年(1763) 4月から暫く 6段になり、明和 7年(1770) 3月から 5段に復して現在まで続いている。

 初期の縦番附には、有名なところでは古株の源氏山住右衛門や濱風今右衛門がおり、また雪見山堅太夫や大鳴戸淀右衛門、 礒碇平左衛門に関ノ戸億右衛門、不知火光右衛門、御所ノ浦礒右衛門などの名力士がいた。既述の通り明和元年(1764)には登場する力士がだいたい御馴染の人々になってくる。 大関の殆どは看板力士で、体躯長大の面々が彩ったが、所詮は客寄せに過ぎない。しかしその中から、大きくて強い釈迦ヶ嶽雲右衛門が登場、 以前から大鳥居の名で上方力士としていたが、明和 7年11月に江戸に登場し、安永 4年(1775) 2月に亡くなるまで土俵を賑わせた。 釈迦ヶ嶽よりも早い明和 6年(1769) 4月には、名を達ヶ関森右衛門といい、後に谷風梶之助と改めた強豪が、初めて土俵に上がった(彼は江戸が初土俵である)。 この達ヶ関は看板大関たること 3場所、実力がなければ二段目にあっさり落とされるところ、力を認められ前頭筆頭に据えられた。 そして安永10年(1781) 3月には実力で大関となった。この時反対の東方で大関に居たのが鷲ヶ濱音右衛門で、 7年(1778) 3月、鳴澤音右衛門として看板大関として出て以来、 安定した強みのある長身大関として土俵に在った。だが、谷風に遂に勝つことができず、後から擡頭してきた小野川喜三郎に戦功を奪われたのは不運、 谷風に並ぶような実力があったのに、お蔭で後世誰も「谷風・鷲ヶ濱時代」と言わないのであった。同様に出水川林右衛門という「撓め出し」専門の剛力士も鷲ヶ濱より前に出たが、 べらぼうな強さがあったものの急激に衰えてしまった。こうして天明 2年(1782) 2月に谷風が小野川に引っ繰り返されたことにより、以降の谷風小野川戦は爆発的人気を呼んで、 相撲の景気は上昇の傾向を見せ始めた。この流れの中で、寛政元年(1789)、谷風と小野川に横綱免許が下ったことで、爆発的な人気を見せるようになったのである。 なお、横綱についての仔細は「横綱」について参看。 次いで 3年(1791) 6月には将軍徳川家斉の上覧相撲が催され、相撲人気は沸騰点に達した。

 上覧相撲の意義の一つは、抱え大名ではなく年寄に開催の内意を伝えたということで、勧進相撲を行う団体を、技芸の担い手として認めたというところにある。 上覧相撲に至るまでの経緯は大雑把にいうとこうなる(以下「「横綱」について」より転載)。

 町奉行池田筑後守が寛政 3年 4月、この時の本場所の勧進元錣山喜平治、差添人伊勢ノ海村右衛門を奉行所に召し出して、上覧相撲の内意を伝え、 本場所のために集まった力士を解散させずに散逸させないようにすること、東西力士の名簿を提出すること、相撲の儀式次第を調べ整えることを命じた。 相撲年寄は吉田追風の登用を願い出たが、町奉行が許可しない。さんざ嘆願した末、 6月10日つまり上覧相撲の前日になって老中戸田采女正が追風を召し出し、上覧相撲の行司を務めるように命じ、 ここに至って追風は、その夜のうちに土俵を築(つ)き直させ、水引など装束を総て吉田家の品に取り替えさせて上覧相撲に備えた。 上覧相撲の予定日は当初の 6月 3日から 5日、さらに11日と延び延びになり、背景には、
  • 横綱免許の際追風の本場所検分を認めず、今度も登用は要らぬとする幕府当局
  • 故実を整えるために追風の登用を求める年寄
  • 上覧相撲を差配することで相撲社会に対する権威の確立を図る吉田追風および主家細川家
の間で駆け引きがあったものと推察される。

 こうして 6月11日に上覧相撲が開催された。詳細は「すまひ御覧の記」という成島峰雄の記録にある。 年寄・相撲取・行司らは暁六ッに城内へ入る。会場は江戸城吹上苑の特設相撲場、開始は巳の刻。 吉田追風が方屋開きの口上を述べる。次いで土俵入り・横綱土俵入りとあり、取組が催される。合計82番になる。 勝負ははっきりとつけられた。前年より江戸に登場の雷電為右衛門が、陣幕嶋之助の喉輪に敗れる大番狂わせがあり、 結び、小野川に谷風の一番は、下記の通り「小野川の気負け」とされた。その行司吉田追風の鮮やかな(?)裁きと明快な(?)説明により、 吉田家の権威が大いに揚がったのである。また、この上覧相撲は大成功、15日に町奉行に召され、褒美白銀 300枚が下された(これは年寄・相撲取・行司に分配)し、 見下される傾向のあった相撲が、将軍も御覧になられた(上覧相撲は江戸期に合計 7回行われた)立派な技芸として見直され、お蔭で再開された 4月場所後半は大入り続きの大盛況であったとの由。

 ここで、吉田司家というのが目に引っ掛かるのである。吉田家の家伝は(※1)のようになっている。大部分は事実ではない。 五條家(京で相撲の家を自称した家)の目代だったという説もあるが、証拠がない。但し、萬治 2年(1656)に京で細川家に召し抱えられ家臣となったのは事実である。 吉田家は、他の行司の家と同じように「相撲故実」を引っ提げていた家である。細川家抱えになったのも、それによるのだろう。 その後、寛延 2年(1749) 8月になり、江戸相撲の行司・木村庄之助(第一人者)と式守五太夫(年寄伊勢ノ海の変名とされるが完全には確認されていない)が吉田家の故実門人となった。 これにより、江戸相撲全体が吉田家傘下に入ったと見ることができる。その傘の下で、この両名は行司や力士に故実門人の証状を出した。 後には、全国に吉田家門人の行司が散在するようになった。こうして「全国支配」の礎を築いた吉田家、その19代追風は、寛政元年(1789)谷風と小野川に横綱免許を与えた。 この時の追風の「謀略」は、(※2)の文書に窺うことができる。これは、年寄連・行司連からのお願いという形で「相撲故実の家である細川家家来吉田追風から、 谷風・小野川を門弟に加え、相撲場を検分(見物とあるが、検分のこと)した上で、横綱を伝授したいという申し出があり、 これが叶うならば、我々相撲を生業とする者にとっては、渡世の助けとなるであろうから、是非認めていただきたい」と寺社奉行所に出された願書である。 この検分の願いは却下されてしまった。しかし、幕府は吉田家の由来を尋ね、それに対する返答として、司家は上記の如き由緒申立を提出することができた。 翌々年には上覧相撲が行われ、前述の経過によって吉田家の「権威」は幕府の認めるところとなった。 これで、吉田家は江戸相撲の支配権を確立したのである。「南部の角土俵」で名高い行司長瀬越後家も、文化年中(1804〜18)には勧進相撲に出ることを一條家・南部家より禁ぜられ、 南部領内で細々と独自の故実を伝えることになった。こうして吉田家は全国行司家の頂点に立ち、ほぼ全国を掌握した。 後に五條家と「相撲の司」を争い、五條家が斥けられた。この件の相撲史に占める比重は小さくないが、 その経緯は「横綱」についてに掲げてある。

 世は谷風・小野川時代で沸いている。谷風は江戸で主に修行したいわば「江戸方代表」、小野川は京都で修行し大坂で初登場した「上方代表」であった。 当時の書を見ると、江戸の書物にはたいてい小野川が悪し様に書かれ、上方の書物には逆に小野川は誉めちぎられている。 ある程度、その「善悪」の位置づけが土俵の勝負にも影響していたのではなかろうかとも言われる。 証拠などあろう筈もないが、谷風小野川の勝負は、上方では江戸ほどは小野川の分も悪くないようだし(対戦数は上覧含め27と割合多めだが、はっきり勝負がついた相撲が少ないため、「江戸のヒーロー谷風に花を持たせる」という「芸」があったかどうかは保し難い。 合計谷風 8勝(上覧含む、江戸 6、大坂 1、京 0)、小野川 4勝(江戸 3、大坂 1、京 0)、引き分け 7(江戸 3、大坂 2、京 2)、預かり 4(江戸 2、大坂 1、京 1)、無勝負 4(江戸 3、大坂 0、京 1)である)、 逆に江戸で横綱免許を明日に控えた目玉商品の小野川がはっきり負けたのに、物言い預かりになったというようなケースを見ると、寧ろ当時の「相撲技芸」は、「筋書きの多少あるドラマ」だったのかもしれない、とも思わせる。
・好勝負
 天明 2年 2月 7日目 小野川(小股掬い?大股?大渡し?)谷風

 江戸で63連勝(間に引き分け・預かりが各 2)を続けた谷風が、二段目 3枚目の小野川に屈した一番。 「角觝著聞」によれば、「七日目、谷風を合せしが、はじめははねてはねて、はねつけるを谷風西にてきつとこたへ、 すつともたるゝを前へはかせんとす、梶之助心得跡へ少ししりぞく所をつけ込、谷風が胸をつよく右の手にて押し左の手にて股をとりあをむけにこかしたり」という。 始めは小野川が猛然突っ張って出て、谷風が西で堪え前に重心をかけるところサッと引き、谷風が今度は後ろに重心をかけるところ、 小野川は谷風の胸を右手で強く押し、左手で股を掬って仰向けに転がしたのである。小野川は 4回目の挑戦で谷風を破った。 「手なれせし 手を蟷螂(=かまきり)の 小野(斧に通ずる)川や かつも車の わつといふ声 朱楽管江」 「谷風は 負けた負けたと 小野川が かつを(鰹・勝つを)よりね(値・音)の 高いとり沙汰 四方赤良」
 天明 6年11月 5日目 小野川(突き出し)三國山
 「角觝著聞」なる本にちょっと載っているだけだというトラブル相撲。小野川は一気に突き出したが、 控えの谷風が「三國山は気合充分ではなく、取り直すべきである」と激しく物言いをつける。 行司 6代庄之助は、「両声で立ったのだから問題なし」と拒絶する。中改め(審判)は庄之助を宥めようとしたが、 庄之助は立ち合いを観衆に説明し、小野川の勝ちと触れる。谷風は腹を立てる。中改めがまた庄之助を抑えようとしたが、 庄之助は、小野川の勝ちを再度触れ、軍配を土俵に叩きつけて帰ってしまったという。 谷風はよほどの立腹だったか、翌日から休場してしまった。
 天明 7年11月 8日目 武藏野(首投げ)小野川
 後に常ノ花が大関朝潮を倒したときにも似たような話がある。この時小野川は 4日目の休みはあるが勝ちっ放し、 武藏野は幕下の力士、見物とて平凡な取組として気にも留めていなかったが、意外や武藏野の首投げが決まって小野川は土俵中央に沈んでしまった。 さて武藏野は得意気に部屋に帰ったが、師匠の玉垣が「小野川ともあろう関取をあのような投げつけ方をするとは何事」と、どえらい剣幕でどやしつけ、 挙句には刀を抜いて武藏野を追いかけたので、武藏野は大いに驚いて河岸に逃れ、舟で品川沖にまで逃れたという。武藏野は翌日より休場した。
 寛政元年11月 6日目 関ノ戸(預かり)小野川
 小野川は東関脇、初日から 5連勝である。また翌日には横綱免許を控えているし、この日の勝負附にもそう書き添えられた。 この場所は16日に初日、翌日は将軍家外出で場所は休み、雨が続いて 2日目は22日、 5日目まで消化してまた雨。この日は28日である。 その小野川が、突っ張り合いから関ノ戸の叩きについていったものの左膝を着いてしまった。軍配も関ノ戸を指した。 しかしここで強引な、何とも強引な物言い。そして預かりとなった。横綱免許前日に黒星では体裁が悪い。そんな思惑が絡んでいるものと考えられる。
 寛政 3年 6月(上覧) 陣幕(喉詰め)雷電
           谷風(気勝ち)小野川

 初めての盛事、人気が盛り上がりつつあった相撲はいよいよ黄金時代に入った。 殊に記録すべき 2番、まずは雷電が陣幕に屈した大番狂わせである。「すまひ御覧の記」には、 「関脇東の陣幕に、雷電とてこの頃なる神よりもひゞきわたれるをあはす、立あふさまに陣幕、早雷電がのどへ手をかけのどづめといふ手してたゞ一度に土俵へおしつめたり、 このほどのうちとりには、いくらもすまひに立あひぬるも、とゞこほりなく勝ぬるは、おもひの外にあるかなと人いふ、けふの関脇にかなへりとて弦を陣幕にあたふ」とある。 立ち合いから陣幕は喉輪で一気に押し詰めて快勝したのであった。結び、小野川の気負けで有名な勝負。 「行事さしかまひたる団扇の下より、小野川、谷風にとりかゝる、追風左右をとりはなつてうちはを未だひかず、 声もかけざるに取かゝりたることわりなしとて、しきりにさへぎりにさへぎりふたゝびめし合す、しばしためらひて団扇ひく声と共に西の谷風ふとよせてはねたれば、 小野川あふにおよばず二あし三あしたじろぐ、追風善左衛門、谷風にうちはをあげけふの関にかなへりとて弓をさづく、谷風先のつよみ、小野川後のよはみとて勝負決せるなりとぞ」 ということで谷風の気合勝ち。将軍家からのお尋ねに対し、追風は、最初は行司が声をかけないうちに取りかかろうとしたから勝負をつけなかったが、 最後は行司が気合を見計らって声をかけたとき小野川が取りかからぬ、これは油断であるから勝負をつけた、と説明した。
(※1)「相撲講本」から引用。括弧内は「講本」の脱落と思しき文字。
吉田家の伝
一、朝廷にて相撲始り
一、垂仁天皇の御代に始る。其後、世々本町相撲専有りといへども、いまた作法勝負の理定らず、争多く悪事の端となる故、四十五代 聖武天皇の御時神亀年中、国富民栄世の豊なる事、 前代にも稀なりとて諸国一同に相撲業益々盛に起り、朝廷にも専行はれしなり。其外相撲の作法此事に道正敷定る。先作法勝負の理決しが(た)き故、其道に精しき者を御尋ね有しに、近江国志賀の里に志賀清林といふ者、 此道に達する事世の聞へ有故に、召上せられて相撲御行司人と定めらる。此事国々に沙汰有之。是に背く者を土相撲と名付て是を制すれば、四方の国々まで自相撲の作法正敷なれりとぞ。其後志賀家代々子孫に伝へ、御相撲の司と定るよし、相撲伝書に見えたり。
一、嵯峨天皇の御時都に相撲行はるといへども、神亀の故実すでに混乱して庭上の御相撲さへ、其勝負依怙によりて争を発し、土相撲の風儀に同じ、旧例もまたすたれんとせしに、天長年中 淳和天皇の御時節会相撲に司を置、故実を正し神亀のむかしにかへり、 志賀家より勝負を定て諸国まで其例に準じて勝負の道も正しくなりしとなり。是相撲の司といふ事の始なり。
一、聖武天皇の御時より、志賀家代々御相撲の御行司の司を勤、執行し来りしに、源平兵乱多年の間、朝廷の御相撲節会もすたれ、はた志賀家も断絶す。其後、
後鳥羽院の御時、すたれたる例ともを起したまひて、召合の節会行るべき御沙汰有りと云へども、御行司の家絶へて御相撲の司も不定、御相撲の節会行はるべき様なかりしに、其比越前の国に吉田豊後守家次といふ武士、志賀伝を得て故実作法伝へ、 常に此道に達しける事、世の聞えありければ都に召上せられ、御相撲節会の御行司人に定めらるべき官命により、辞退およびけれども、違勅の恐れあれば則命に応じ、此時官位に及追風の名を下されて、日本相撲司御行事と定らる。 御相撲の節会に用ひ来る木刀本朝に御相撲の御団扇并唐団扇是を賜。此御団扇に獅子の絵有を以て「獅子王の団」と名付、今に至るまで代々子孫是を持伝へたり。其作法皆古例にしたがひ、諸国一同に追風が作法に準じ、古への神亀の志賀清林の例の如し。 此時本朝御相撲司御行事の家是皆始也。此豊後守家次は元来木曾義仲の旗本に有しが、義仲のふるまひたゞしからざるにそむき、越前の国へ引退て有けるに、此時都へ召上せられ官位まで賜はる事、常に此道を学び神明の冥加に叶へり。
相撲御行事一人に定る事、此道混雑なれば却て争ひの端を開く、故に其二流無きしるしにとて、元亀二年二条関白公より相撲の道に二流なくたゞ一人なる事を御団扇へ記され吉田豊後守追風十二代の孫に是を持伝へたり。 相撲の力士は流儀を分つて其術鍛錬し、はげむべき事なり、行司は他流なく只一流なる事表裏なるやうなれども皆其理有事也。
由緒申立
一、相撲の起りは天照大神の御時より始まり朝廷にては 垂人天皇御宇相撲之節会行はれ候得共未作法不正、 争之端已に罷成勝負の裁断定かたく、 聖武天皇神亀年中奈良都に於近江国志賀の清林と申者を召、御行司に被定、之より相撲之式委敷相備り子孫相続之処多年兵乱打続節会行はれ不申。志賀家も自然と断絶仕り候
一、後鳥羽院文治年中、再相撲の節会可被行処志賀家断絶之上者御行司可相勤もの無之普く御尋御座候処拙者元祖吉田豊後守家次と申者越前国に罷在、志賀家の故実伝来仕候旨達叡聞被任五位追風の名を賜り朝廷御相撲の司行司の家と可被定旨蒙勅命、 此時召合せに用候木剣獅子王の御団扇を賜り代々相撲節会の御式相勤候之処、又候承久之兵乱発り節会も中絶仕候
一、正親町院永録年中相撲節会被行節十三代目追風罷出如旧例相勤申候
一、元亀年中二条関白晴良公より日本相撲の作法二流なしとの御事にて一味清風と申御団扇并烏帽子狩衣袴唐衣四幅袴被下置候、 其後信長公、秀吉公、権現様御代にも度々御相撲の式相勤申候
一、十四代追風朝廷御相撲之式相勤申候
元和五年於紀州和歌山東照宮御祭礼御相撲之式依御頼御祭礼奉行朝比奈惣左衛門殿と諸事申談相勤申候依之御刀一腰拝戴仕候
一、十五代目追風に至、朝廷御節会の相撲も自然と御中絶に成行申候
二條様御家には相撲にて御懇意の筋目御座候間他へ出申度段奉願候処願之通相叶申候に付萬治元年より当家へ罷出候
一、元禄年中常憲院(徳川綱吉)様牧野備前守様へ被為成相撲上覧の節彼方様御家来鈴木梶右衛門と申仁入門の御頼有之将軍家上覧之式一通及相伝品々拝領物仕候
一、元祖より拙者迄都合十九代前文之通禁裏其外之御方々様より追々拝領の品々今以持伝相撲の故実等伝授仕来申候
一、当時諸国之行司並力士共への免許拙者家より代々差出来候
 右之通御座候以上 
  十一月(寛政元酉年)吉田善左衛門 

(※2)根岸治右衛門家秘蔵文書(大相撲鑑識体系第三巻「江戸時代の大相撲」より・復刻「相撲講本」にもある)

 寛政元酉年八月二十三日北町奉行所届

本郷金助町嘉兵衛店             
勧進元  浦 風 林右衛門   
差 添  伊勢の海村右衛門   

 寺社御月番牧野備前守様へ御願に罷いづ

 同月二十六日御内寄合の御列席に於て御免仰付られ候、之によりて場所八幡宮境内、役僧多門院へ相対いたし、 即ち奥印相済ませ同九月十四日に相済み、新地御掛り藤方勘右衛門様同月十六日に御内寄合に於て小屋がけ御免あり、 之に依て同十一月十六日初日興行致し候、翌日葛西筋に御成に付相休み還御より後、願申上御道筋の外は太鼓相廻し、 御成筋は還御後相廻し候処雨天に付休み同二十二日より二日目、夫より五日目まで興行いたし亦々雨天に付休み、 同二十八日六日目興行いたし候、同十二月三日迄滞りなく相仕舞申候、右角力の節、細川様御家中、吉田善右衛門殿より東西の谷風、小野川へ横綱伝授遣すべき旨、 尤も角力三日目の頃善右衛門殿見物に御出成され候様申出らる、夫につき長柄等場所まで持入候儀に付右の旨内々寺社御役所へ相伺候処長柄等持ち入候儀決して相成間敷候様御内意有之候に付、 善右衛門殿見物入の儀相止め候、尤も横綱伝授の儀は木村庄之助罷り越し善右衛門殿の宅に於て右伝授免状とも申うけ候、之に依て右様披露等仕り度旨寺社御掛り牧野備前守様に御願申上候

 乍恐書付を以て奉申上候

、私共渡世として勧進角力御願奉申上候処、御慈悲を以て御免成し被下一同難有仕合せに奉存候、 然る処此度細川越中守様御家来、吉田善右衛門追風と申す仁、角力故実の家に御座候に付、勧進相撲の式等承り来り候、然る処此度東西の谷風、小野川右両人力士門弟に指加へ角力見物の上、 横綱と申す伝之を差し遣し度段、右善右衛門殿申出られ候、尤も其の儀は先年丸山権太左衛門、綾川五郎次などゝ申すもの共、右横綱の伝授申請候儀に御座候、尤も記録等焼失仕り御座なく候得共、 古き年寄共申伝ひ来り候儀に御座候、之に依つて右披露の義場所にて相触れ候はば、私共渡世の助力にも罷成り申すべくと乍恐奉存候に付、何卒側憐愍御慈悲を以て今日場所にて相触れ申す様御聞済み下し置かれ候はば難有仕合に奉存候   以上
  寛政元酉年十一月

 右の趣御願申上候処即ち御免の上、角力六日目に土俵にて相触れ翌七日目より谷風、小野川、右横綱を結び一人土俵入りいたし候、当日寺社奉行御掛板倉左近将監様へ一札差上申候

  差上申す一札の事

、今般吉田善右衛門追風殿より、東西谷風、小野川へ横綱伝授被致候、先年木村庄之助場所上草履相用ひ候義先日善右衛門殿より免許有之、 其節場所にて披露仕候例も御座候に付、此度も同様披露仕度旨、牧野備前守様へも御願申上候処苦しかる間敷仰せ渡され、有難畏り奉り候、尤も横綱伝授の義は吉田善右衛門殿宅に於て免許致され候儀に御座候、此段伝授牧野備前守様へも御届申上候、之に依つて一札申上候   以上

   寛政元酉年十一月二十六日

勧進元  浦 風 林右衛門   
差 添  伊勢の海村右衛門   
行 司  木村庄之助煩に付代  
          音羽山 峰右衛門 

  寺社奉行所様

前ページへ 次ページへ
前画面に戻る