幕末期の角界
 大名抱えの話から。三都勧進相撲成立前から、大名は自邸で相撲を取らせて楽しむために力士を抱えていたが、 勧進相撲興行が基盤を整えた今、力士を抱える目的は、藩の威光を高からしめんためへと変わっていった。 そのためには興行の土俵で抱え力士に勝って貰わねばならぬ。だから当然、藩は力士の訓練に力を入れる…かといえば、そうではない。 嘗てはそうだった。しかしもうこの時代になると、力士は相撲部屋に属する、つまり年寄・頭取を師匠としている。従って、力士の育成は大名の仕事ではなく部屋の仕事である。 ということは、力士が土俵で勝てるように大名自らが仕込むのではなく、強い力士若しくは将来性のある力士を興行時に見出だして抱え上げるのが普通であった(そうでないこともある)。 抱え力士の「特典」は、藩邸への立ち入りを許され、番附に抱え藩名が明記されること、場合によっては化粧廻しを貰えることが挙げられる。なお、禄(扶持米)が貰えるのはその実力を認められてからである。 この頃の抱え力士は年寄・頭取に所属しながら大名に抱えられる、二重の属性を持っていた。番附編成に関し東西の均衡を考える際は、抱え藩の関係を先に考えた。 従って「同部屋対戦」は、抱え藩が異なる場合に限り、あった。ここにも大名の優先性が見られるが、 そもそも、勧進元が大名から力士を借り受ける形式で興行を打っていた(雨天による繰り延べの場合は再度借り受けるために願書を出す)のだから当然であった。 藩命による不出場もある。

一 子年春相撲 東関庄助申者 勧進元仕候所 私共
一 御座敷様ヨリ久々 御国元御召被遊候付 二月廿八日 江戸表出立仕候 御国元へ 閏二月廿日罷帰申候
(「諸国相撲控帳(通称雷電日記)」寛政 4年(1792)より)

 つまり、この場所は東関庄助が勧進元であったが、我々(松江藩の)相撲衆は、殿の久々の帰国のお供を仰せつかったため、 2月28日に江戸を出発したというのである。 従って本場所には不出場であった。また、下記の如く、勝負判定にいちゃもんをつけることさえよくあった(おっとり刀で武士が控える殺風景さ)。 会所側としては、下手な判定を下そうものなら、その藩から力士を借りられなくなるやも知れず、以降の興行にも響くため苦慮した。 抱えられた力士は、通例、引退したら抱えを解かれ(相撲技芸に秀でて実際に行使することで藩の声名を上げてくれる者を抱えて援助するのであるから、技芸を見せなくなった者は必要ないのである)、年寄・頭取専務となる。

 「幕末」と一括りにしたが、谷風小野川時代が去ってから江戸幕府が倒れるまでには70年程ある。谷風小野川の次が雷電の時代だという言い方も一向悪くないが、 何しろ雷電は寛政 2年(1790)に、つまり谷風小野川横綱免許の翌年に江戸に登場し、しかも始めからバカ強かった。あくまで伝説であり真実味は全くないが、張り手・鉄砲・閂を禁手にされたという風説も、起こらないとは言えまい。 雷電が相対した反対方屋の大関のうち、実力大関と見られるのは、小野川・陣幕嶋之助・不知火光右衛門・平石七太夫・柏戸宗五郎であるが、小野川は下り坂で勝ち味に乏しく、 陣幕・不知火・平石とても対抗馬たり得ず、肉薄し得たのは柏戸だけであった。横綱雷電実現せずの怪は未だによく語られるところであるが、谷風小野川への免許がそもそも相撲関係者の渡世を助ける一手段としてのものであり、 その場限りのものとして行われたもの。これが大当たりして隆盛期を迎え、所期の目的は達せられたのであるから新横綱は不要、横綱雷電というものは意識に浮かばなかったということであろう。 晩年の雷電は腰が悪かったようだが、強味は失せず文化 8年(1811) 2月限りで引退するまで強豪の名を擅にした。ただ、雷電だけが矢鱈と強かったこともあって、頂点を迎えていた相撲人気は下り坂になっていった。 雷電の対抗馬になりそうだった花頂山五郎吉は、大関になって雷電と対峙しようとするところまでは進んだが、そこで病没してしまった。上述の柏戸にとっての好敵手は雷電よりも、寧ろ千田川の玉垣額之助であり、 この両者の対戦と、柏戸利助と越ノ海の玉垣額之助との対戦とは、過ぎし谷風小野川時代を(若干小さくした形で)想起させた。また、怪童力士大童山文五郎が人気を集めたのは寛政の末頃であった。

 二代に亙った柏戸−玉垣時代が去った後は、異例の猛速出世を見せた四賀峰東吉や弘前抱えの源氏山吉太夫らが土俵を彩り、次いで「文政の三傑」が活躍する時代となる。 温厚な慎重居士の阿武松緑之助、怪力第一人者の稲妻雷五郎、童顔の人気者緋縅力弥の 3人である。このうち、阿武松だけが東方であった。阿武松と稲妻の対戦は、詳細は分からないようだが、 残された成績だけで見ると阿武松の方が分がいいようだ。また緋縅も阿武松と対戦しているが、阿武松の方が分が良い。実力の阿武松・稲妻と、人気者の緋縅といった図式が想像できる。 阿武松と稲妻を繞って展開された吉田家と五條家の司家争いは、吉田家の手に勝利が帰したが、この経緯は「横綱」についてに譲る。

 文政の 3人の後を受けて大関も幾人か出たが、記録さるべき名大関は、取りこぼしの少ない安定した地力の手柄山繁右衛門くらいのものである。そして今度は「天保の三傑」が土俵を支配する。 波瀾の横綱不知火諾右衛門、短身肥満体横綱秀ノ山雷五郎、横綱級名人大関劔山谷右衛門が主役で、そこに巧者の関脇稲川政右衛門や、上に勝たず下に敗れずの地味な人気大関鏡岩濱之助、やや遅れて超肥満体の大器小柳常吉らが絡んだ。 おまけに極端な巨人力士生月鯨太左衛門が土俵入りをやって度肝を抜いた。もうここら辺になると幕末も幕末である。秀ノ山が現役を退いたのが嘉永 3年(1850)年、江戸幕府の余命は20年を切った。 土俵では無造作な力大関猪王山森右衛門や、長身の吊り大関境川浪右衛門、柳川藩主に忠誠を誓った横綱雲龍久吉、右差し磐石の巧者横綱不知火光右衛門、堅実一方の負けない横綱陣幕久五郎、力感に満ちた大まか相撲の横綱鬼面山谷五郎と、 幕末の動乱期を彩る力士たちが、それぞれに強みを発揮して活躍し、京都に行った強い関脇小野川才助や、ケレン相撲の旗頭両國梶之助らもまた名を残した。 とは言っても世の中は変転めまぐるしく、土俵上にも覇者はいないし、そればかりか幕藩体制の緩みから、それを基にして成り立つ相撲故実によって箍を嵌められていた角界もぐらつき始めた。 陣幕は、次項に記す通り、江戸中心体制の崩壊を予想して、慶應 4年(1868)に大坂へ去った。

 角界内部の事件として名高いのは、「伊勢ノ海訴訟事件」である。寛政 8年(1796) 5月、相撲興行の手腕に長けた豪傑 3代伊勢ノ海(初代柏戸)が没すると、 3代未亡人すみと、 2代(初代関ノ戸)未亡人かのとが相続を巡って対立し、各々門下を味方につけてこじれた。 4代目を柏戸宗五郎が襲名することに対し、かのは反発、仙台藩抱え力士と共に猛反対したが、 先代一周忌の 9年 5月、すみの側が 2代目門を相手取り、御番所に訴訟を起こすに至った。この件は、年寄14名で伊勢ノ海の名乗りと 3代未亡人が所持していた故実巻物を預かることでまとまり、翌月訴訟取り下げとなったのであるが、 3代側はこの巻物を手放したがらず、年寄連中の中にも、預かりに難色を示す者まで現れて、今度は年寄27名で吟味を願い出た。これは翌 7月になって年寄方から両方に預かり証文を入れて決着したのであった。 ところが今度は触れ太鼓一件で紛擾が起こった。太鼓は初代伊勢ノ海以来伝わるとかいうものがあり、その「五柄の太鼓」を興行毎に借り受け、伊勢ノ海家には損料を払ってきた。その後太鼓はかのの所有になっていたが、 9年10月場所に当たってかのに無断で借用され、 損料が支払われなかったことから、かのが訴訟を起こした。結局これは勧進元玉ノ井村右衛門から損料の支払いがあって済んだが、明くる10年 3月場所に年寄側が太鼓を新調して使ったため、かのは先例を説明した上で勧進元(佐野山丈助)と差添(東関庄助)とを訴えた。 訴えられた佐野山は「太鼓は元々は年寄で拵えていたのだが、初代伊勢ノ海が自分で新調して用いたところ、新しくて鳴りも良いので、以降は勧進元がそれを借り受けて損料を払ったものである」として対抗、今後は伊勢ノ海家のと年寄連で新たに作った太鼓の両方を用いることと、 かのに損料として晴天札(木戸札と考えられる)25枚を渡すことで話がついた。数度の訴訟で伊勢ノ海は宙に浮いたままである。10年 5月10日、柏戸宗五郎を伊勢ノ海に改名させることを決議した旨、年寄 5人が御番所に届け、かのにも告げた。 かのは翌々日逆に訴えた。柏戸は 3月場所 4日目の 5月24日に伊勢ノ海を襲名したが、翌10月場所には柏戸に戻っている。その後11年 2月までには仲裁が図られたようだが、結果として伊勢ノ海家は二派に分裂した。 年月が流れ、文化 9年(1809) 4月に柏戸は現役を退き、兼ねていた年寄業に専念することとなった。大勢力を持っていたとみられるかのも老い、周囲の勧めもあって和解した模様で、10〜11年の間に柏戸は正式に伊勢ノ海を継承した。かのは文政13年(1830)歿し、 2代伊勢ノ海一族は絶えた。 序に言うと太鼓は伊勢ノ海家の占有となった模様である。さらに太鼓の件を書けば、勧進相撲の太鼓と勧進能の太鼓が同時に廻され、紛らわしくて迷惑だと勧進能の方から提訴があったという。 どうやら幕閣の中でも意見が割れてどうにもならず、雨天で相撲興行が止まっている間に能の方が終わってしまい、かち合うこともなくなったので自然消滅したらしいとのことである。

 文化 2年(1802) 2月16日、「め組の喧嘩」という有名な事件があった。講談で言われるほどの誇張されたものではなくて、ごく簡単になぞる。鳶の富士松という者が数人の者と連れ立って無銭で相撲を見物しようとしたのを咎められ、 以来ずっと恨んでいた。事件当日、九龍山扉平(くりゅうざんとびらへい・二段目)が相撲場と同じ境内で行われていた香具師芝居を桟敷で見ていたところ、火消し「め組」の鳶人足である辰五郎等に足蹴にされ、口論となった。 「め組」の鳶人足長治郎が火の見梯子に登って半鐘を乱打し、仲間を 160人ほど集める。九龍山が芝居小屋から逃げ出してくると、後ろから突き倒して棍棒などでぶん殴って負傷させたが、九龍山は却って逆上、刃物で右肩を切りつけられたが、その刃物を奪って振り廻し、 火消し数人に傷を負わせ、富士松はその傷で後に死んだ。四ッ車大八は同部屋の幕内力士、宿にいたが、師匠から喧嘩を聞き、九龍山を宿に連れ戻すよう指示を受けて境内に向かったが、打ちかかられて境内の店へ逃げ込む。 すると人足はその店の脇を壊す。四ッ車は服を脱いで表へ出た。再度打ちかかられる。これまた怒った四ッ車、相手をはねのけ武器を奪っているうちに人足数人に怪我を負わせたが、自身も前歯を 3本折った。 取組を終えた藤ノ戸(後の年寄若藤)が相撲小屋から出てきたら、木戸で額を切りつけられた。手で受け止めて血が流れ、覚えず脇差を抜いたが、仲間に相撲小屋へ引っ張り込まれた。 勧進元藤嶋甚助と差添の粂川福五郎と、力士 3者の師匠柏戸宗五郎は、寺社奉行の検視を仰ぎ、 3人とも療治が必要であり、彼らの身柄は 3年寄に預けるという仰せを受けた。 そして 2月19日、この一件を御番所に訴えた。残り 3日の興行は差し止められていたが、勧進元等の嘆願により 3月28日に興行許可が下りた。判決は 9月 2日、力士側は九龍山だけが江戸払い、他 2名は無罪。 人足側は、長治郎が江戸追放、辰五郎は叩かれた上に江戸から追放、他の鳶は科料徴収という具合で、火消し側に重い判決が下った。九龍山は上方で相撲を取った。 これが有名な「め組の喧嘩」の一伍一什である。

 他に取り上ぐべき事件が一つある。横綱免許力士の秀ノ山が、嘉永 3年(1850)引退して中改め(検査役→審判)秀ノ山となり、年が明けた 2月場所中にその騒動は発生した。 5日目、本中力士 100名余りが誰一人として場所入りしない。揃いも揃って回向院の念仏堂に結束して籠ったのである。そして取組編成を論難し、会所の非を追及した。 何が悪いって、前場所から秀ノ山が権限を恃み、自分の愛弟子(萩ノ森・赤沼、ともに本中)は 2日毎に相撲を取らせるのに、 他の本中力士は 3日毎しか取組を組まない。こんな馬鹿な話があるかと、本中力士は怒っているのである。 しかし会所の最高幹部である世話役の雷権太夫・追手風喜太郎は歯牙にもかけず、秀ノ山本人も、所詮本中どもの戯言として構わず、この 5日目は本中の取組を省いて強引に行おうとした。 本中力士は激昂し、終には秀ノ山を殺ってから脱走しようと、草鞋と脚絆の仕入れを始め、竹も買い込んで竹槍を作り、会所と秀ノ山部屋へ向ける総攻撃の手筈を整えた。 回向院の住職が慌てて会所へ知らせる。世話役も流石に慌て、秀ノ山を呼び出して状況説明。秀ノ山も余りのことに魂消て、本中力士の集う念仏堂へ急行、詫びを入れて公平を約した。 本中力士も、要求が通るならと相撲場へ引き揚げ、改めて組んだ割で取組が行われた。危うく血で血を洗う大騒動になるところであった。
・好勝負
 寛政 5年 3月 8日目 常山(胴捻り)雷電

 雷電は西の関脇、初挑戦の常山は幕下二段目の 2枚目である。 雷電が激しく突っ張ってくるが、常山はかいくぐって頭をつけ、両差しとなった。 そして右から攻め立てた。雷電はこれを堪えて上から抱え、寄り返す。その端、常山は右から掬って左から巻く、胴捻りの大技を仕掛けた。 出端を突かれた雷電は地響き打って膝から倒れた。この大番狂わせで常山は人気を高めた。
 寛政 5年 7月(大坂) 9日目 谷風(預かり)小野川
 「大相撲評判記」には寛政 3年と書いてあるが、この年は谷風が出ていない。 翌年も然り。 5年 7月難波新地での場所と思われる。行司は玉之助、立って小野川が力を込めて押し立てると、 谷風はジッと踏み堪える。押し合い、小野川が勇を揮ってグイグイと東に押し迫る。 谷風はウンと一踏ん張り、土俵中央に押し戻した。小野川は右を入れ、左で宛がい、攻めに攻めて西に追い込む。 谷風は俵で踏み止まったが、体勢の立て直しが全からざるうち、小野川は下手を取るや引き摺り投げにいき、谷風の上に倒れたという。 玉之助の軍配は小野川を差すが、東の関ノ戸が立ち上がって物言いをつけた。観客は納得がいかず煙草盆をぶん投げる。 調停によって預かりとなったが、決着を見た時には明け方に近かった。 8月京都二条での場所では、この預かり相撲が評判となり、朝早くから見物が殺到、死人まで出るという騒ぎであった。
 寛政 9年 3月 7日目 花頂山(寄り切り)雷電
 雷電は常山と名乗っていた花頂山に負けて以降、江戸ではずっと黒星なしで43連勝を続けていた。 雷電は西の大関、花頂山は東の 2枚目。この相撲も花頂山は両差しを果たしての寄り切りで超豪を降したのである。 春英は早速錦絵に仕立てて売り出した。江戸の土俵で雷電に 2つ黒星をつけたのは花頂山ただ一人である。
 寛政12年10月初日 鯱(叩き込み)雷電
 単なる大番狂わせといえば古今随一はこれだとさえ言われる。幕下 3枚目の鯱に不覚を取った。 大江丸(大坂の飛脚問屋の主人)が「あがたの三月四月」に書いたところによると、「結びの相撲は鯱と雷電、これはしれたこと、 日も暮れたればと大方は見物も出でて残り少なく、われらも帰り支度せしうち、雷天南の方へ飛び出したり、うちはは鯱へ上がり、 残りの見物ハアハアといふたばかりなのにへうしもなく苦笑ひして
 負けてこそ 人にこそあれ 相撲取
とあまりのことに申しぬ」。

 文政13年 3月(上覧) 阿武松(巻き落とし)稲妻
 行司庄之助が軍配を引いたので稲妻は鋭く出て突っ張ったが、阿武松は待ったとて応ぜず、 仕切り直しで立って四つに組み、寄り合った後、稲妻が出てくるところを巻き落として阿武松が勝った。 将軍家斉は稲妻の気勝ちではないのかと不審に思って質問をした。すると庄之助は「不調法を致しました」と平謝り。 兎も角この勝負は巷で評判になったが、待ったといえば阿武松と言われるようになり、阿武松は大分損をしている。
 嘉永 6年11月 4日目 雲龍(寄り倒し)六ッヶ峰
 六ッヶ峰は後の大関境川(横綱境川の師匠)であるが、雲龍がどうにも苦手で幕下の頃から 4連敗していた。 この場所の対戦も、四つに組んで雲龍に寄り倒され、行司溜まりに重ね餅のまま転落、 下敷きになった六ッヶ峰は不幸にも悶絶してしまった。途端に大騒ぎとなり、江戸の町中には「雲龍が六ッヶ峰を投げ殺した」という噂が早速広まったほどである。 その後、雲龍が六ッヶ峰改メ境川になかなか勝てなくなり、逆に大の苦手になってしまったという、不思議な不思議な物語。
 安政 4年正月 2日目 陣幕(大逆手?)不知火
 東幕下11枚目の陣幕は、普通ならば西前頭 6枚目の不知火とは当たらないが、 陣幕を抱える阿州侯が例によって横鑓を入れてきた。自藩の大物陣幕を不知火と組ませろと。 会所の年寄連は不承不承 2日目に組ませる割を作った。実際の相撲は、ちょっと突き合って不知火が右差しにいくところ、 陣幕は腕を掴んで逆に左を入れ、一気に寄った。不知火は土俵に詰まって右で首を巻き、左の外掛けを見せた。 陣幕はその外掛けを外し、右横に振って投げ捨ててしまった。陣幕は調子に乗って、後年横綱力士碑を建てた際、この取組の石碑もつくってしまった。 不知火はこの敗戦が尾を引いてか、遂に陣幕に勝てなかった。
 文久 2年 3月 7日目 小柳(打っ棄り)陣幕
 陣幕一世一代の大不覚である。陣幕は東 2枚目、小柳は西 3枚目であった。 立って突っ張り合いの後陣幕が左筈右で肩を押さえて東に押し詰めた。こうなっては間違いなく陣幕のものであったが、 小柳は土俵際で堪えて咄嗟の打っ棄り、見事に決めて大敵の首級を掻き取った。 ところが、この相撲はとんでもない事件を生んだ。小柳は普段から傲慢であったが、 兄弟子不知火が大の苦手とするところの陣幕を破り意気揚々、しかも大酒を飲んでベロンベロンで肥後抱え力士が泊まっている「下総屋」という宿に帰ってきた。 そして幕下の殿と三段目の不動山を捕まえて怒鳴り散らしたのである。数刻の後、頭にきた両人は、寝ている小柳に斬りつけたのだ。 気づいた不知火が一喝、殿は逃げたが、不動山は逃げる前に小柳の脇腹を抉った。これぞ「小柳殺害事件」、 小柳は翌日死亡、不知火は休場、殿は自首して牢死、不動山はどこかへ逃亡した。
 慶應元年11月 3日目 鬼面山(預かり)両國
 放胆な鬼面山が珍しく慎重で、いつまで経っても立たない。聞くに、鬼面山の待ったは60回余り、 両國の待ったは30回余り、延々 2時間の仕切りが行われたが、立つ様子もない。 挙句には日も暮れてしまった。結局一方が歯茎から血を出したのを機に痛み分けとし、預かりとなった。 慶應 3年 4月 6日目という可能性もある。
 慶應 2年11月 5日目 不知火(足取り)両國
 札止めの大人気、初顔合わせ。両國の褄取りは夙に知られたところ、不知火は片足を引いて構え、 両國が足を狙ってきたら叩いてやろうと悠々たる構え。両國とてその狙いは察するところ、仕切り直しを数多重ねたが、 いつまで経っても埒があかぬと、不知火はちょっとばかり隙を見せた。案の定両國は突っ込んでくる。 不知火は受けて暫し揉み合う。そして機を見た不知火、両國の足を取って土俵中央、見事に投げつけて奇勝を博した。 「足を取る相撲上手の両國関も足を取られてスッテンコロリ」なる甚句が流行った曲者退治の珍勝負。 尾鰭がついて「不知火が自分の足に鬢つけ油を塗って足を取られないようにした」という話すら出たが、 そんなことをやれば自分が辷るだろうに。
 慶應 3年 4月 7日目 鬼面山(引き分け)陣幕
 元々鬼面山も陣幕も阿波藩が抱えていたが、陣幕は薩摩藩に抱え替えになった。 そして陣幕は前場所から西方に移って大関となった。鬼面山は前場所を欠場、この場所は小結格とみられる張り出しであった。 従ってこの対戦は今度が初めてで、午前中には札止めになる大盛況であった。 「丸上老人六十年実見談」に曰く、「行司は式守伊之助、東西溜りには薩州の御家来、阿州の御家来、いづれも御出張でこの相撲をかたづを飲んで御見物。 行司のうちはのあげかたに間違ひなどあつたらさいご、たゞ一刀に斬り捨てくれんとの意気組み、おつとり刀にて両溜りへ控へおられるありさまといつたら、 実に今日では見られぬ光景でありました。念入つて仕切り一、二度待つたがありまして三、四度目に立合ひ、手四つより陣幕は左を差す、鬼面山すかさず陣幕の差したる左を引つかけ、 たがひに押し合ひ、陣幕より少々寄り進むを鬼面山よくこたへ、こんどは鬼面山より陣幕の左差しを引つかけて押し切らんと寄り進むを、 陣幕金剛力を出して、これをこたへ、つひに水入りとなりました。その時の場中の騒ぎといつたらほとんど天地も崩るゝかと怪しむばかり、両力士は申すに及ばず、行司の式守伊之助まで、 三人共顔色を変じてをり、このやうな相撲といふものは前後に見たことはありません。 じつに終り初物であらうと存じます。それから前通りに組み合はせましたが、両人とも一寸も動かず、とゞ引き分けになりました。 その後両三日たつて式守伊之助がわたくしの宅に参りましたとき、過日の御大役、察し申すとわたくしがいひますと、 式守は、お察しありがたうございます。実は命がけの行司を致しました。相撲係の御役人のお話では、もし見誤りなどあつたときは、 両家の侍一刀のもとに行司を斬り捨て、返す刀にて腹かつさばくといふ覚悟ださうだから注意しろとのことでありましたので、いやわたくしもたいていではありません。 八百万神は申すに及ばず、摩利支天様に祈請をかけたしだいでございました、と話しました」と。 薩摩と阿波の反目の大きさが窺われる。但し、遺恨相撲とは言えない。鬼面山・陣幕両名には遺恨があったわけではない。
 慶應 3年11月 7日目 千羽ヶ嶽(打っ棄り)國見山
 千羽ヶ嶽は東前頭 5枚目、國見山は西幕下 3枚目。激しく突っ張り合って國見山が押して出る。 土俵際、千羽ヶ嶽は両上手から抱えて腹に乗せ打っ棄った。軍配は千羽ヶ嶽に上がった。 しかし当時としては珍しく、中改めが自ら物言いをつけ、千羽ヶ嶽に踏み切りがあるとて軍配を上げ直すよう指示した。 阿波藩の相撲係、要するに横槍軍団が怒った。白刃を煌かせて詰め寄ってくる。 他方、西控えは國見山の勝ちを主張する。有耶無耶のまま土俵は進行したが、翌日、千羽ヶ嶽は場所に出てこない。 東方の一部も場所入りしない。年寄連はたじろいだ。阿波藩の留守居役に、千羽ヶ嶽の勝ちを認めるということで詫びを入れ、どうやら興行は続行できた。 江戸時代には、大名同士の対抗意識から、いろいろなところに横槍が入った。
前ページへ 次ページへ
前画面に戻る