維新直後の危機
 陣幕は大阪に去り、明治 2年 3月からは大阪は革新縦一枚番附を発行、独自の興行をするようになった。しかし 6年以降幾度も紛擾や分裂を繰り返し、 番附は二枚番附に復した時代もあり、抗争の仲裁には土地の顔役が首を突っ込む有様だった。21年の「広角組」脱退事件が特にひどく、 7年間も独自興行を打ち続け、東京方本場所にも出場して惨敗するなど、大阪会所に構わない勝手な行動を続けた。 大阪会所が組織改革を行い、府知事の認可を得た上で大阪角力協会となったのは30年のことである。その後数年はまあ賑やかだった。 しかし、明治の末年には合併相撲でしか収益を得られず、挙句には大正12年の紛擾で幕内力士の大半が脱退してしまい、 15年 1月(この場所の番附には期日も場所も記されていなかった)の台湾場所を最後に東京と合併した。

 京都はもっとひどかった。三都合併興行は明治 7年から定期的に打たれていたが、独力での興行は10年代半ばには打てなくなっており、 43年に横綱大碇紋太郎が日英博覧会で相撲を取るために主要力士を引き連れて渡英、帰国の噂が出て京都相撲は番附も発行したが、 大碇以下はヨーロッパのドサ廻りを続け、日本に帰ってこなかった。かくして京都相撲は解散、大碇一行も困窮の末現地解散となった。

 明治維新の流れの中、文明開化の声の中、断髪令が飛び出したが、政府内には相撲に好意を持つ者が多かったために辛うじて適用されずに済んだ。 だけれども「相撲は所詮裸踊りで野蛮そのもの」という見方も根強く、相撲の将来は暗澹たるものの如く思われた。 この批判に対しては、明治天皇の錦旗捧持役を仰せつかったり、招魂社神殿造営に従事したり、 9年〜11年には消防活動に従事したりして潜り抜けることができたが、版籍奉還( 2年)と廃藩置県( 4年)はより大きな痛手だった。 抱えを解かれた力士が多く、会所から力士へは収益が廻らない仕組みのため、力士の生活は一遍にどん底へと転落しかかった。 これは、資本家などが贔屓になることによって一応解決されたが、会所及び協会の経営方法は全然変わっていないため、根本的解決にはならず、後にも数回起こる事件の原因となる。

 土俵の上では、 2年に鬼面山が横綱免許を吉田司家から受け、不知火も現役として在ったが、既に旧時代の力士となりつつある。 代わって腹櫓の境川浪右衛門が最優力士として大関に在り、横綱を免許された。反対の大関として上手投げの綾瀬川山左衛門や、全盛時は途方もなく強かった雷電震右衛門がいたが、 境川の安定した強みは一級で、右四つで存分に相撲を取り、その上で怪力を見せて腹にかけ振り飛ばす立派さだった。 また、この時期は美男大関朝日嶽鶴之助や、提灯窄めの武藏潟伊之助などの脇役も土俵を盛り上げた。 そして、堅実強豪の梅ヶ谷藤太郎が土俵の中心となった。筈押しの若嶋久三郎が対峙したが梅ヶ谷には勝ち味が薄く、 この頃の相撲の人気は若干下がり気味だった。豪放大達羽左衛門が進出し、17年の天覧相撲で物凄い引分相撲を取り、 この評判が巷間に広がってから、相撲の人気は爆発したのである。梅ヶ谷は翌場所その大達を迎え討たんとして熱闘の末敗れこの場所 2敗、 引退を決めながら慰留され続けたが、18年11月の天覧相撲で完敗するに及び、ふっつりと髷を切った。 次の時代は、土俵の上では西ノ海等の時代、年寄の側は高砂専横時代として記録されるのである。

 後に放恣を極めた高砂浦五郎だが、力士時代は会所に不満を持っていた。実は高砂、前名高見山は慶應 4年(1868)幕下11枚目の時既に筆頭(玉垣額之助)と筆脇(伊勢ノ海五太夫)の専横に発憤、 何と同志を 250人も集め、連判状を用意して脱走準備、王子海老屋に集合した。その際は顔役北川南条氏の仲裁があり、幕下以下力士の待遇を良くするという約束で解決を見た。 だが会所には変化の兆しもない。高砂は幕内力士として土俵に在るが、宿願を果たす機会を窺う。明治 6年、美濃に於て、自身の念願を綾瀬川・小柳等に語る。 高砂の不満は、勧進相撲や巡業に出ても力士に俸給が払われないこと、筆頭・筆脇は権威をかさに、収入があれば私腹を肥やし、欠損が出たら年寄連に分担させるという不正が罷り通ること、この点にあった。 聞いた力士等は忽ち賛同し、血判の誓約書を仕立てた。一行は桑名に移り、蹶起の決意を固めた。 高砂は名古屋で地盤固め、綾瀬川(他に年寄大嶽や尾車等)は東京に戻って年寄の説得に当たった。綾瀬川は境川の賛同を得ることはできたが、 年寄連の賛成は得られる筈もなかった。そればかりか綾瀬川は逆に言いくるめられ、力不足ゆえ大事は果たせないと高砂に書き送って寝返ってしまった。 高砂は途方に暮れたが、折も折、発表されたる番附上、高砂一派は全て墨で塗り潰してあるではないか。これが逆に高砂の意志を鞏固にした。 7年、高砂は愛知県の許可を得、完全に東京会所を脱退して「高砂改正組」を旗揚げした。 しかし高砂とともに番附から抹消された小柳は高砂の許を離れて東京へ去った。 改正組は名古屋に本拠を構え、弟子の響矢(後の高見山宗五郎)や、京都からの熊ヶ嶽庄五郎、西ノ海嘉治郎(後の16代横綱)、そして行司の木村誠道など数十名から成り、翌年には東京神田に本部を置いた。 その後11年 2月、東京府は「角力取締規則」なるものを出した。それによれば、東京相撲は一団体のみに興行許可を出し、力士に営業鑑札を出すことになった。 東京相撲の面々は鑑札を受け取ったものの、巡業中の改正組は鑑札を貰えず、遂に東京から出ざるを得なくなった。改正組はせん術を失い、宮相撲に奉仕していたが、 元愛知県令鷲尾隆聚や好角家等の尽力により、 5月に調停が成立、力士は全員帰参することになった。高砂は頑強に「対等合併」を主張、これが通って響矢は幕内に据えられ、 高砂は検査役となったのである。高砂は勢威を増し、宿願の待遇改善案を実施、16年に取締となり会所の実権を握るに至り、22年に会所を「東京大角力協会」とし、申合規約を定め、 後に雷(梅ヶ谷)が取締になったものの高砂に一目置いたことで、高砂は独裁者となった。自身の門下にも俊英が多数育ち、高砂の行く手は今まさに順風満帆であった。 高砂のお蔭で基盤整備はおおよそ成ったが、ボスとなった高砂の言動は変質してきた。それによって大きな騒動が起こるが、それは次項に記述する。

 御一新でもう一つ揺らいだものがあった。それは吉田司家が持っていた「相撲の司」の「独占権」である。「司家」争いで吉田家に完敗した五條家は、35年ほどの時を経て、 江戸幕府の潰滅を横目に睨みながら、慶應 3年(1867) 1月、陣幕に横綱免許を公然と出した。吉田司家も同年10月に陣幕に免許、翌々年には鬼面山にも免許を出して健在を誇る。 さて、横綱免許力士陣幕は、江戸時代の終焉は相撲も「江戸」時代の終焉である、つまり天皇主権復活のお蔭でこれからは京坂の時代だ、と考えた(しかし東京遷都が決まってしまったのでそうはいかなかった)。 そうして京都の西郷隆盛を訪ねた足で、そのまま大坂に止まった。逆に陣幕の「降臨」を受けた大坂相撲は、これ幸いと三都連繋興行からの脱却を図った。陣幕は明治 2年に引退、頭取総長となった。 加えて不知火も 3年に引退、大阪に加わって京阪で土俵入りをやった。東京相撲を見捨てる力士が現れ、東京方は窮地に立った(と見えた)。 ここにつけ込んだ五條家は、京阪相撲を我が手に収めて「復権」と「司家の地位簒奪」を狙った。その為に、 3年に小野川才助(京都)、 4年に八陣信藏(大阪)と兜潟弥吉(京都)、 6年に高越山谷五郎(大阪)へと、 ポンポン横綱免許を出した。吉田司家の方は落ち目、まず吉田家を抱えている細川家が、時代の表舞台から後退を余儀なくされた。 さらに23世追風( 4年襲名)が10年に西郷軍従軍、しかしこの西南戦争は西郷軍の負け、追風は捕らえられてしまったのである。 9年には五城家が東京の境川浪右衛門にも横綱免許を出したが、吉田家は承認したものの免許状を出せない状態だった。吉田司家の手になる「相撲故実」の下に運営されていた相撲界が、 吉田家の形骸化によってバラバラになり始めた。各会所では紛擾が起こってますますバラバラになっていった。 その点で上記の「角力取締規則」が出たことは、誠に会所にとって好都合なことであった。自力のみでの収拾こそ無理だったが、どうやら時代の流れに沿う形で秩序の維持が図られることになったからである。 そして17年 3月に大規模な天覧相撲が催され、この相撲の評判高く、また折からの機構改革(まだ途上だったが)の成果もあり、どうやら東京の相撲興行は軌道に乗った。 その際、梅ヶ谷に横綱免許が出されることになったが、梅ヶ谷が吉田司家からの免許を希望した。 このために、五條家と吉田家の同時免許となり、吉田家は息を吹き返した。五條家は京阪にこだわったため、東京相撲の隆盛も我が利とし得ず、 興行内容的に大きく劣る京阪を押さえたところで、全日本を主導するなど夢のまた夢だった。一応29年 3月には小錦八十吉にも横綱免許を出した五條家だったが、 何の影響力もないのか、この免許は後世殆ど話題にもならず、平成 5年になってやっと陽の目を見る始末。 逆に上方が東京との合併興行に依存した状況にあっては、吉田家が唯一の「相撲の家」の地位に止まるのも、極々自然なことだった。
・好勝負
 明治 9年 4月 4日目 佐野山(蹴返し)境川

 豪放な腹櫓と、相手に存分に取らせる余裕ある相撲振りで「明治の谷風」と言われるほどの強豪振りを見せた境川が、 「腹櫓のかけ損じ」と呼ばれる大番狂わせの餌食となった一番で、明治の末までは語り種だった。 佐野山は西の 4枚目、境川は東の大関である。右四つで揉み合って後、境川が得意の腹櫓にかけんと引きつけた。 佐野山はこれを防がんと内掛けの強襲、しかし境川はなおも腹に乗せんと一つ踏み込んだ。 佐野山はもう浮き上がりそうになっていたが、捨て身の蹴返しを放った。その足は踏み込んだ境川の右足に見事に入った。 境川は佐野山を抱えたまま真後ろに腰からドッと倒れてしまった。
 明治14年 1月 9日目 若嶋(押し切り)梅ヶ谷
 若嶋の対梅ヶ谷の戦績は 1勝11敗 1分と、まさに惨敗だが、この 1勝は梅ヶ谷の59連勝を阻む燦たる白星であった。 この場所若嶋は新大関である。得意の筈押しで真っ向から押し切るという会心の内容だった。 家に帰った若嶋は嬉しさの余り妻を相手に取り口を再現するが、ついつい力を込めすぎて突き飛ばしてしまったという。
 明治17年 3月(天覧) 梅ヶ谷(引き分け)大達
 梅ヶ谷はこの天覧相撲で初めて横綱土俵入りを披露し、取組が一通り終わった(梅ヶ谷は楯山を叩き込む)後、お好みが 7番行われた。 この相撲はその結びである。大達は前頭 3枚目。両声で立って互いに暫し突っ張り合った後、左四つになって土俵中央で果てしもなく揉み合い水入り、 再開後ややあって梅ヶ谷が左下手を引きつけて寄っていけば、大達は左の差し手を抜いて梅ヶ谷の右を殺す。そしてまた左四つで右から抱える形となりまた水入りとなった。 力相撲、両者の顔は青ざめている。検査役として控える高砂と境川が近侍を通して明治天皇に引き分けの窺いを立てたが、 天皇は喰い入るように見つめている。戦闘再開したが勝負はつかず、このまま続けると両者とも倒れて逆に醜態を曝すことになる。 年寄の再度の言上に天皇も漸く引き分けを認め、行司庄三郎の手で引き分けが宣せられた。 さて引き分けたは良いが、両体は離れない。大達の指は硬直して動かず、指を一本ずつ伸ばして外した。 この相撲は天下に喧伝され、翌場所からは回向院には客が詰めかけるようになった。
 明治17年 5月 7日目 大達(突き出し)梅ヶ谷
 大達はこの場所新小結である。天覧の評判によりこの相撲は話題を集め、午前中には満員札止めとなった。 例の如く大達は中仕切りである。立って突き合いから大達は喉輪で押し立て両差しとなった。 梅ヶ谷は寄り身を堪えて閂から振り廻し、離れて四肢の張り身となり、次いで左四つに渡り合った。 そして暫しの攻防戦の後、水が入った。再開後も変わらず力のこもった大相撲、暫くして体離れ、大達は素首落としから梅ヶ谷の右を鉈に極めるが、 梅ヶ谷は突き放してまた四肢の張り身、そのまま寄って出ると、大達は堪えて数呼吸した。 控えの柏戸と、検査役の勝ノ浦(鬼若)が引き分けを指示したが、庄三郎の耳に入らなかった。 その瞬間、大達は振りほどいて両筈、東に押して出た。梅ヶ谷は必死に廻り込もうとしたが、大達は激しく突き立て、東に突き出した。 満場狂えるが如く、総立ちの大騒ぎとなった。梅ヶ谷は翌日高見山に引き落とされ 2敗となった。
 明治18年11月(天覧) 西ノ海(寄り倒し)梅ヶ谷
 梅ヶ谷は18年 5月を休んで(曰一説、巡業中に力比べにうち興じ、30貫の大岩石を頭上高く差し上げる弾みに胸を打って骨を痛めたのが原因とやら)引退の意を決したようだが、 引き止めに遭って戸惑っていた。天覧相撲では勿論結びに登場、西大関西ノ海と対戦した。 しかし西ノ海の左差し速攻に忽ち追い詰められ、渡し込みから寄り倒されてしまったのである。 梅ヶ谷が自ら髷を切ったのがその後間もなくというから、引退の直接原因はこの相撲ではないかとも考えられる。「相撲新書」は言う。 「或る夜一室に閉居して自ら髻を切り翌朝起出でたるに家内の驚き一方ならず早速斯くと協会へ通報したるより各年寄も大に驚きしが今は最早詮方なしとて遂に其意に任せ年寄専務を許したり」と。
前ページへ 次ページへ
前画面に戻る