高砂時代終焉
 梅ヶ谷去った後は西ノ海等の時代になったと前記したが、すんなりそうなった訳ではなく、 西ノ海はせっかく大関になったのに翌年には大達に大関の座を奪われた。しかしこの両名とも高砂門下、 土俵の上でも、会所に於ても、高砂の勢威は凄かった。反対の西方は、劔山谷右衛門や大鳴門灘右衛門などが対抗したが、 意外に早く衰え、土俵の上から高砂派を脅かすには至らなかった。高砂派は、大達が急衰し、これに代わり、 これも高砂派の一ノ矢藤太郎が大関になったものの、西ノ海と入れ替えられていきなり大関から落とされてしまった。 西ノ海は一旦は小結にまで下げられたが、意外と持久力に優れ、終には横綱の免許まで授かったのである。 横綱力士として迎える最初の場所、元の 2大関に小錦八十吉と大鳴門灘右衛門が加わって 4大関となり、 しかも成績の関係で西ノ海は張り出されることが分かった。西ノ海は横綱という栄誉を楯に頑強に抵抗した。 結局張出のまま、番附には横綱と記すことで西ノ海を納得させた。これが、番附に「横綱」の名が載った最初である。 偶然といえば偶然、そして、高砂門下ゆえにこのゴリ押しが通ったものと考えられる。西ノ海は泉川の威力だけで第一人者の声名を保った。 しかも、この時にはもっと活きのいい小錦が大関に控えおり、まさに高砂時代は安泰であるかに思われた。 小錦の好敵手として足癖の八幡山定吉や、 3年間負けを知らなかった小錦を倒した司天龍政吉などが期待されたものの、 八幡山は早く退き、司天龍は後には敵し得なくなっていった。西方陣営は慢性的な人材不足に近い状態であったが、 そこに、相撲も強く頭も切れる大戸平が出現して、俄かに様相が変わってきた。

 高砂は角界最高の権力者となり、持ち前の政治力を生かし、視野の広さを称えられていた。 その高砂は、実は雨天でも興行が打てる屋内相撲場をつくりたいという願いを持っていた。だが、これに本気で協力しようという動きが少なく、 そればかりか、頭がおかしいのではないかという疑いさえ持たれる始末だった(雷は高砂と同じく屋内相撲場の必要性を認識していた。立案は22年 6月に為されていたが、 具体化したのは遥かに下って37年 5月)。その頃の高砂の言動は、確かにどこかおかしかったという。 自分の意見を絶対に枉げないのは相変わらずだが、この頃になると高砂の発言こそが絶対で、高砂の一言で全てが決まった。 当然多くの反発も招いた。高砂はその状況を力で覆すため、自派の年寄の承諾の下、24年 1月に永久取締就任を突然宣言したのである。 これは忽ち雷・尾車・友綱らの反発に遭い、数日いがみ合った末、警視総監園田安賢氏の手により調停が成り、高砂の永久取締は葬り去られ、 取締改選は毎年選挙で行われることになった。けれども高砂の天下は続いており、その高砂の行動に妙な点が見られるようにもなった。 西方力士には鬱憤が溜まっていた。当初は弱小集団だった西方も、東方の優秀な力士に負けず劣らず、 好力士を揃えて対抗するようになってきたところであった。その西方の不満を爆発させるような出来事が28年 6月に起こった。

  6月場所 6日目、泉川得意同士で話題を呼んだ鳳凰に西ノ海の一番、鳳凰の寄りを西ノ海は打っ棄ったが踵を先に踏み切った。 当然軍配は鳳凰に上がったが、東控えから物言いがつく。明らかに西ノ海が負けているが、あっさりとそう決めようにも西ノ海は高砂門下ゆえ祟りが恐い。 等々検査役が狼狽していると、高砂がやってきて蛇の目を払い、土を掘って「ここは俵だ」と。つまり踏み切りではないと戯けたことを抜かす。 西控えが赫怒し、その場は真夜中になって預かりになったが、怒れる西方に爆発の契機を与えることになった。 明くる29年 1月初日、割りを見た西方力士は驚き呆れた。問題の西前頭筆頭鳳凰が東に廻されている。鳳凰は断固として休場を決意、西方力士は同調した。協会は慌てて「強風のため入れ掛け」とした。 西方大関大戸平廣吉以下33名は、檄文を協会に叩きつけ、中村楼に立て籠った。これを「中村楼事件」と称す。檄文は次の通り(「相撲大鑑」より)。

   檄告書
一、今回の出来事に関する最大原因は、高砂部屋方の力士等が、或る一部の苦情の大場所挙行初日の当時、場所入せざりしに依るは、明々瞭々の事実なりとす。 然り而して、是が為め、協会の蒙りたる損害、蓋し尠少にあらざるべし。
我々は、事変の行掛り上、止を得ず団結したるが、事実明瞭する暁には、異議無、大場所へ出勤するは、勿論、興行に障害はなさざる可し。
我々は、不正なる取締の配下にあるを、潔とせず。
協会の年寄は、此の際、非常の決心を以て、今回の出来事に対し、充分の処決あらんことを望む。
協会に対しては、我々苦情を唱ふる者に非ず。唯々、年寄の一致力を以て、東京大角觝協会を永遠に継続せられんことを希望す。
敢て、回答あらんことを望む。
 一月十五日
大戸平廣吉     
外三十二人連名 
年寄より委任したる正取締を除くの外
 角力協会年寄御中

 回答文は、

貴殿方より檄告の趣旨に基き角觝協会の改革は拙者共に於て責任を帯び当一月の大相撲打揚後直に着手仕五月大場所興行を期し実行可致候右回答に及候也。
 二十九年一月十七日
雷 権太夫    友綱 貞太郎  
八角 灘右衛門  若藤 永吉   
尾車 文五郎   草苅 庄五郎  
武藏川 谷右衛門 青木 庄太郎  
伊勢海 五太夫          
大戸平 廣吉 殿
大碇 紋太郎 殿
大砲萬右衛門 殿
海山  太郎 殿
    外各関取衆

となっている。回答文に名を出した年寄は実は皆西方派なのである。つまり、西方の年寄と力士が相呼応して起こした高砂一派排撃運動なのである。 従って力士の要求は簡単に通り、「東京大角觝協会申合規約」70条が作られた。 1月場所は19日に初日、30日に千秋楽まで行われた。 また、取締を選出するに当たっては、雷と高砂が選出されはしたが、もうこの頃の高砂は協会を背負う力を持っていなかった。 当時、どういう訳か脳病・狂死が協会内に「流行って」いたようだが、高砂も脳病と診断され、30年に取締を辞任、33年に歿した。 高砂の後の取締には阿武松(高見山、後の 2代高砂)が就いたが、これは為人温厚、先代と違って野心家ではなかった。 従って協会は雷一門が栄えていった。

 高砂は排斥せられ、土俵上でも高砂派の勢力は決して衰えてはいないけれども、西方雷派の勢力が次第に圧していくようになった。 技倆第一等の小錦も、横綱を免許されてからは軽敵に名を成さしめることが多くなっていった。また、小錦の次を期待された大関朝汐太郎は、 惜しい哉案外早く衰えていき、協会における勢力と同様、反対側の巨人大砲萬右衛門率いる西方が主流となっていった。
・好勝負
 明治28年 6月 6日目 鳳凰(預かり)西ノ海

 西ノ海は東横綱、鳳凰は西筆頭である。鳳凰が左差し一気に寄り立て、正面土俵に詰まった西ノ海が打っ棄りを試みた。 これが決まったかに見えたが、西ノ海の踵が先に踏み切っている。従って軍配は鳳凰に上がった。 すぐさま東控えから物言いがついた。検査役は協議をしてはいるが、西ノ海の負けにすると、権力者高砂が何を言い出すか知れず、 かと言って預かりにすると鳳凰が納得しまい。そうこうするうちに、役員室から、高砂がやってきた。 そして土俵に上がるなり、鍬で土を掘り返し、この下は俵だから、踏み切りなどあるわけがないとか何とか一席ぶった。 今度は西控えが激昂。結局日附が変わるかどうかという頃、やっと「預かり」ということでごまかした。 この高砂の強引が、翌年の中村楼事件へつながっていく。
 明治30年 1月初日 荒岩(腕捻り)小錦
      5月 4日目 荒岩(蹴手繰り)小錦
 明治31年 1月 6日目 荒岩(突き出し)小錦

 がっぷりじっくりの四つ相撲が主流の角界にあって、小錦は素早い立ち合いと鋭い突き押しで忽ちにして大関となり、西ノ海の後を受けて横綱を免許された。 小胆で落ち着きがないということから「度量権式(見識)に至つては幕下にも劣つて殆んど三文の価値(ねうち)もない」(講釈師・双蝶亭貞鏡)と酷評した人もあるが、 背がやや低いとはいえ体格も充分、卓越した技能を併せ持っていた。他方荒岩は新入幕である。初日に横綱小錦と合わされた。 荒岩も力が強く技能抜群、初日に弱い小錦はやはり必要以上の警戒をしたようだ。 互いに離れて仕切った。立ち合いは小錦が頭から出た。そして右から攻めて押して出た。 この出足は流石小錦である。荒岩は忽ち土俵に詰まった。しかし荒岩は堪えるやお得意の蹴手繰りに出た。 さらに続けて右へ腕捻り(小手捻り、つまり今の網打ち)を放った。小錦はまんまとかかってコロリと倒れた。荒岩の大勝利は評判を取った。 小錦のこの場所は大不元気で 3敗である。明くる 5月、小錦は今度こそ一気に持っていこうと思い切って出た。 しかし荒岩も当たり返し、蹴手繰りでたちどころに小錦を引っ繰り返した。さあ小心小錦はますます弱気になった。 年が明けて 1月場所、出足が身上の小錦が立ち合いに迷った。すると荒岩は両筈でドッと押し込み、堪える小錦を突き出して 3連勝してしまった。 小錦は自分以上の素早さと力を持つ荒岩の出現に大いに悩み(以降荒岩戦はなかったが)、そして大きくて柔らかくて案外素早い梅ノ谷にも勝てず、 加えて高砂の看病も加わって精彩を失い、取り盛りの年齢で土俵を諦めざるを得なかった。
前ページへ 次ページへ
前画面に戻る