梅常陸登場相撲景気沸き立つ
 土俵上、小錦が横綱を張っている時、既に世人の注目は常陸山谷右衛門と梅ノ谷音松に向いていた。梅ノ谷は雷の養子、 鬼ヶ谷才治の直接指導の下、肥躯を利して素早く巧みに相撲を取る稀代の名人たるべく成長を続けてきた。 常陸山の方は一時名古屋の群れに身を投じたが、天賦の膂力をなお伸ばして豪放な取り口で期待をされた。 この両者は三段目で対戦があるが、大きな注目を集めてからは、その初対戦が待たれていた。実現したのが31年 5月、 両者の角逐は好角家の期待を上廻るもので、 2〜 3年のうちに大関(梅ノ谷が 1年先行)となった。常陸山が大関になったのは34年 5月である。

 この34年 5月は、小錦が番附から姿を消し、代わって大砲が横綱を帯びて登場した場所であった。 大砲は不細工を絵に描いたような力士、本当に相撲が下手で、突き立てて突き飛ばすか叩く、或いはいきなり右四つに引っ抱えて寄る、およそこれぐらいしか芸がなかった。 それでも怪力のお蔭で、うまくすれば相手を吹っ飛ばすだけの力はあった。ただ、横綱免許は多分に幸運によった。 大砲の場合、まず横綱として小錦が残っていたとしたら、大砲は横綱にするほどの剛力士ではないから、協会としても恐らく横綱の免許は申請しない。 かといって梅ノ谷はまだ実績が不足し、その上に常陸山の方がより強い。しかし常陸山はやっと大関になったところである。 こういう場面で、小錦が欠けた。恐らく興行上横綱はいてほしいと思われる時代となったのだろう。 大砲とて大関はまだ 4場所、「功労賞横綱」とするにも実績が少ない。しかも実働 2場所半である。だが、驚いたことに大関としては黒星が一つもない。 何となく消去法で大砲にお鉢が廻ってきたのではなかろうか。兎も角、大砲が横綱として、名目上最高力士となっていた。 そして、可もなし不可もなしといった成績を残していたが、日露戦争従軍のため、土俵から姿を消した。

 今度こそ、梅ノ谷改メ梅ヶ谷藤太郎と常陸山の時代になった。両者とも大関で、角界を代表する立派な力士として貫禄充分に土俵を務めていた。 加えて、機智縦横の名大関荒岩亀之助や、電光石火の早業力士逆鉾与治郎、怪力の海山太郎、臍下に喰い込む玉椿憲太郎や、筈押し鋭い緑嶋友之助、 奇手に長じた両國梶之助などが活躍した。人気は沸き立ち、その実力から、両者は同時に横綱力士となった。 常陸山の推薦が決まると、常陸山本人が梅ヶ谷も同時に推薦するのが望ましいと答えた、そう伝わる。 そうしているうちに、戦野から大砲が還ってきた。しかし、悪化したリウマチも引き連れて帰ってきた。 ただでさえのろい相撲が、もっとのろくなった。若左倉に負けて、さらにのろくなった。右四つになったら、動かなくなった。 大砲は初日から全てを引き分けて最後の花道を飾り、引退した。

 両雄並び立つ安定した時代が続いていた。好角家は、早くも次代に目を向けていた。その期待に応えそうな偉材が出てきた。 それが太刀山峰右衛門と駒ヶ嶽國力であった。地力ある大関國見山悦吉も健在だった。錦洋改メ西ノ海嘉治郎や、右差しが十八番の朝嵐長太郎(後の朝潮太郎)、 親子幕内伊勢ノ濱慶太郎、そして驕健軽快変化自在と評された鳳谷五郎の入幕を以て、小屋掛け興行の時代は幕となった。 旧時代の代表常陸山と、新時代の代表太刀山との相撲は注目を集めた。下記の通り太刀山自慢の鉄砲を、常陸山は無造作に胸で受け止め、徐に捕まえて吹っ飛ばしたり捻り潰したりした。 40年 5月に太刀山は初めて勝ったが、常設館ができる前の段階では五分の力だった。

 常設館に関しては前項にも少し記したが、前記の如く名力士好力士が続々出現する史上空前の黄金時代を現出した今、その人気に応えるためには立派な器が必要であろうという判断が働いたものと考えられる。 37年に計画が具体化し、費用調達に手間取ったが39年に愈々実行に踏み切った。雷個人の信用で川崎銀行から15万円の融資を受けたという。 この間、回向院の本堂移転や墓地の移動整理などの為、天保 4年(1833)10月以来定場所としていた回向院を興行に使えなくなり、 東両国元町で明治40年 5月より 4場所興行した。半分川にはみ出したような相撲場で、川風が強く、人夫が天幕を押さえたともいう。 夏は暑く、冬は寒い。しかし常設館完成までの辛抱と、客も協会も我慢したとの由。そして42年 6月の常設館開館を迎えたのであった。
・好勝負
 明治31年 5月 2日目 常陸山(小手捻り)梅ノ谷

 常陸山はまだ幕下十両であるが、この相撲はかねてより期待された取組であった。 満場大拍手、注目の大一番は、立つや 2、 3発突き合い、梅ノ谷が左差しにくると常陸山は右から巻き込み、 梅ノ谷が鋭く出ると常陸山は強引に小手に振る。梅ノ谷がそれを嫌うと常陸山は寄り返し、梅ノ谷がやや反り身になるところ常陸山が右小手から左へ捻れば(今で言う網打ち)、 梅ノ谷は土俵中央に倒れた。満場は総立ちとなり、観衆が投ずる纒頭(はな)が土俵に山をなし、 3人がかりで集めても持て余すほどの人気であった。
 明治32年 5月 5日目 大見崎(引き落とし)梅ノ谷
 珍相撲に数えられる。立ち合い大見崎が猫騙しを仕掛け、突っ張り合って大見崎が梅ノ谷の右手を取って素早く引き落とすと、 梅ノ谷はついていけず四つん這いになってしまった。数少ない猫騙しの成功例として後に語り伝えられたが、 困ったことに梅ノ谷が大見崎を苦手としたのである。翌場所は足を取られて放り捨てられ、 1つ勝ったが34年 5月には右喉輪を外されて送り出されてしまった。
 明治33年 1月 5日目 逆鉾(叩き込み)國見山
 國見山は小兵封じを得意とした、なかなか強い大関である。この場所は新入幕だった。 その國見山が小兵の逆鉾に頭から出て一気に突き立て攻め込んだ。逆鉾は忽ちにして土俵際に追い詰められた。 最後の詰めで國見山は足がやや流れたらしい。その時、逆鉾は國見山の背中に両手を掛けて飛び上がり、 見事な跳び箱で土俵中央に立った。國見山は当然土俵から走り出していった。
 明治33年 5月 4日目 大砲(預かり)稲川
 互いに待ったを繰り返し、稲川が突っかけて突っ張った。大砲は一旦受けたが、「待った」の声を掛けながら土俵を割る。 大砲は待ったを主張し、伊之助も気合が定まっていないから待ったであると言うが、稲川は伊之助が軍配を引いたから当然待ったなしであると、二字口に蹲踞して勝ち名乗りを受けようとする。 場内騒然、検査役の長い協議の末、預かりと決まった。前々場所 6日目にも大見崎の大股で土俵を割ったが、大砲が待ったを主張して預かりになっている。 その時は新大関大砲が卑怯千万であると散々酷評されたが…
 明治33年 5月 9日目 荒岩(押し倒し)常陸山
 待望の初顔合わせ、荒岩は 8勝、常陸山は 7勝 1分とあってはなお盛り上がる。 立ち上がるや荒岩が左差し、常陸山がこれを泉川に撓め、そのまま撓め出そうとした。 荒岩は後退しながらも右筈で喰い下がり、土俵際まで下がったものの左の掬い投げで廻り込んだ。 常陸山の体がやや浮いた。荒岩はすかさず両筈となって押し立てる。常陸山は右おっつけで防ごうとしたが、 弓なりで堪えようとしたもののたまらず溜まりに吹っ飛んで転落してしまった。 総立ちの大喝采、羽織などの纒頭が宙を舞い、土俵にはそれが山をなす。 前々年の梅常陸を遥かに凌ぎ、梅ヶ谷−大達以来という凄まじい光景であった。 以降常に好戦として迎えられ、常陸山 4勝、荒岩 2勝であった。
 明治36年 1月初日 常陸山(突き倒し)太刀山
 古老は言う。「あの太刀山の鉄砲をどしんどしんと胸で受け止める様は壮観だった」と。 この対戦は常陸山の 4勝 3敗 3分(うち 1痛分)であるが、常陸山の強さを最も如実に示した相撲といえばこの相撲と後述のもう 1番だろう。 初対戦、太刀山が突っかけるを常陸山は受けて立ち、太刀山得意の鉄砲で猛然として突き立てるを、 常陸山は 2歩ばかり下がったものの厚い胸板でどしんどしんと受け止める。そして常陸山が猛然と突き返せば太刀山は忽ち土俵際にすっ飛んだ。 太刀山右に廻って立ち直り、再度突き立てようとしたところ、常陸山は下から押し上げ突き放し、ドンと豪快に突き倒して圧勝した。
 明治36年 5月 9日目 常陸山(突き放し)梅ヶ谷
 勝ちっ放し同士の大一番。仕切り13回目の立ち合い、梅ヶ谷が機先を制して右から左と両差し、巨腹を煽り差し手を返して寄り立てた。 常陸山は閂に極めるが次第に後退、剣ヶ峰に詰まったが腰を割ってウンと堪え、 右から左へと振って廻り込み、左からおっつけて突き放した。梅ヶ谷の体が浮いて離れるところ常陸山はさらに右からドンと一発。 梅ヶ谷は土俵際に下がってやっと立ち直るところ、常陸山は追って左の一突き、激しく突き放すと梅ヶ谷は土俵外に転げ落ちた。 梅常陸対決のハイライトといえる。
 明治37年 1月 5日目 常陸山(捻り)太刀山
  3回目の対戦、太刀山が渾身の力を両腕に込めて突っ張ると、大常陸もズルズルと下がるかに見えたが、 ウンと堪えて突き返し、凄まじい突き合いとなった。ややあって常陸山は矢庭に太刀山の両腕を掴むや一気に押し立て土俵際に詰めた。 そして太刀山がここから押し返そうとするところ、常陸山は気合もろともエイヤッと、いとも無造作に捻り潰してしまったのである。 いやいや強いのなんの。
 明治37年 1月 6日目 荒岩(突き出し)常陸山
 立ち合いすぐ左四つ、荒岩が頭を常陸山の胸につけ、完全に喰い下がった。常陸山は力で起こそうとするが、 荒岩は左から内掛けに出て崩し、さらに胸板に頭突きを見舞った。常陸山がたまりかねてたじろぐところ、 荒岩は両筈で押し立て、突き出して快勝した。この相撲も満場総立ち、纒頭が大量に舞った。
 明治38年 5月 3日目 若左倉(押し切り)大砲
 大砲は前々場所まで 3場所を野砲第二戦隊入隊のため休場している。 そして前場所は負傷して途中休場、加えてリウマチがひどくなって下降線を描き始めた。 その大砲が「分け綱」へと鮮やかに変貌するきっかけとなった不覚の黒星である。 若左倉があまりに小さいために場内からは失笑も聞こえたが、若左倉巧いこと大砲の懐に飛び込んでしまった。 しかも大砲は真っ向から叩いてしまう。若左倉は乗じて押し切ってしまったのであった。 大砲は負けが怖くなった。以降の成績は 2勝 1敗25分である。
 明治40年 5月 8日目 常陸山(引き分け)大砲
        9日目 大砲(引き分け)駒ヶ嶽

 この分け綱大砲は初日からずっと引き分け、 8日目には横綱常陸山を相手に迎えた。 互いに突き合ってから四肢の張り身、そして右四つとなり、大砲が両廻しを引いた。 常陸山は左上手のみ。これは大砲の充分である。暫し揉み合って水が入った。 再開後、常陸山は下手も引いたが、引きつけ合うものの動かない。常陸山をもってしても分け綱を阻めず引き分けとなってしまった。 明くる 9日目は大関の駒ヶ嶽である。また四肢の張り身から駒ヶ嶽が先に右を差すが、 大砲は閂に極め、再び四肢の張り身の睨み合い。この恰好で水が入り、再開後も攻めに出られず、見事に引き分けた。 嗚呼横綱大砲、遂に初日から 9戦 9分けの大記録を樹立し、翌場所を休場して引退した。
前ページへ
前画面に戻る