相撲評論家之頁10周年記念連載
大相撲東風西雅

力戦の跡をとどむる乱れ髪
平成17年9月6日目(朝青龍)

  − まえがき − (平成18年8月28日)
 平成8年11月に開設した「相撲評論家之頁」も、いよいよ10周年を迎えることになりました。 時により更新に遅滞を来すことも多々あり、おいで下さる方々には多大なるご迷惑をおかけしましたが、ここまで続けてこられましたのもひとえに皆様のご愛顧の賜であり、ここに厚く御礼申し上げます。 さて、サイトは筆者の文体のせいで極めて硬い印象を与え、また実際に硬い内容で成り立っておりますが、 ここらで一念発起(?)して、大相撲の概説でも連載の恰好でやってみようかなぁと思い立ちました。 むかしむかし、サイトの初期の頃、「相撲雑記」のタイトルで不定期に掲載していたこともありましたが、 長いブランクを経ての新生ということになるでしょうか。「10周年記念」を称していながら2年ぐらいの期間を見込んでいるので、 看板倒れの感は否めないのですが、1ヶ月に1本程度のペースで掲載していく予定(平成20年5月26日22回で完結)でおります。なお、筆者の撮影した写真・映像を元手にしますので、 既出のものと重なる部分が多くあると思います。ご容赦の程よろしくお願いします。また、内容については掲載時点のものとしてご理解ください。 折に触れ伝言板に書くことですが、あくまでサイトの内容は筆者の色眼鏡を通して見たもので、 本連載も、筆者の意見にわたる部分が現れるとすれば、その傾向を帯びるはずです。全国数多の好角家の皆様には、いろいろな人の見方に必要以上にとらわれることなく(むろん賛成反対はあるでしょうし、あるべきでしょうから)、 自分の視座を持っていただきたく思います。本連載及びサイトが、そのたたき台もしくは取捨選択の材料にでもなれば、と願っています。 タイトルに使った「東風西雅」とは「東西お国ぶり」とか「東西よもやまばなし」の意味で、東洋史学者・宮崎市定のエッセイから引っ張りました。大相撲は東と西の争いでもありますので、ちょうど良いかなと考えた次第です。
  − 追 記 − (平成21年12月20日)
 引用の統一や、僅かにあった誤記の訂正を行いました。内容については一切変えておりません。 連載完結からも1年半を経過しており、書き加えるべきことも少しずつ出てきていますが、本連載の内容は掲載日におけるものとしてご理解ください。 なお、第9回に「筆者が知る限りでは」という留保条件をつけて三段構えの回数を25回としていますが、どうやら他にもまだあることは分かっています。 現在のところ、全く整理できておりません。また、第17回における、戦前の優勝額が昭和18年夏の双葉山で止まったという記述については、 19年春に優勝した佐賀ノ花の優勝額も存在したことが判明しているものの、反映できておりません。ご諒解のほど、よろしくお願いします。
1・「技」のはなし(平成18年8月28日掲載)
2・「技」のはなし続(平成18年9月20日掲載)
3・「技」のはなし続々(平成18年10月29日掲載)
4・「所作」のはなし(平成18年11月24日掲載)
5・「番附」のはなし(平成18年12月21日掲載)
6・「横綱」のはなし(平成19年1月21日掲載)
7・「土俵」のはなし(平成19年2月22日掲載)
8・「土俵入り」のはなし(平成19年3月26日掲載)
9・「土俵入り」のはなし続(平成19年4月23日掲載)
             (平成19年7月1日補訂)
10・「弓取式」のはなし(平成19年5月20日掲載)
11・「行司」のはなし(平成19年6月20日掲載)
12・「行司」のはなし続(平成19年7月20日掲載)
           (平成19年9月1日補訂)
13・「呼出」のはなし(平成19年8月21日掲載)
14・「脇役」のはなし(平成19年9月20日掲載)
15・「稽古」のはなし(平成19年10月20日掲載)
16・「巡業」のはなし(平成19年11月20日掲載)
17・「本場所」のはなし(平成19年12月22日掲載)
18・「歴史」のはなし(平成20年1月20日掲載)
19・「歴史」のはなし続(平成20年2月20日掲載)
20・「歴史」のはなし三(平成20年3月19日掲載)
21・「歴史」のはなし四(平成20年4月20日掲載)
22・「歴史」のはなし終(平成20年5月26日掲載)

Homeへ