大相撲東風西雅
1:「技」のはなし

平成17年3月8日目
朝青龍(寄り切り)岩木山


平成17年9月7日目
 なにごともとっかかりが肝腎…とはいえ、これがなかなか難しい話。何から語り始めようかと考えてみたとき、目にも綾なすとりどりの「技」の話からにするのが一番いいのかな、という思いつきで、連載スタートとしましょう。 一口に「技」と言っても、現在通用している決まり手だけでも82もありますから、全部を取り上げないにしてもそれなりの分量になります。「技」のはなしは3回に分けてやることにします。

 本当ならさっそく華やかな技の話に入りたいところですが、その前に、基本となる「体勢」の話からやりましょう。体勢をつくらないで技を仕掛けても潰れてしまうのがオチなので。

・四つ身


左四つから玉乃島が攻める
平成17年9月8日目
玉乃島(寄り切り)琴奨菊

右四つがっぷり
平成16年5月8日目
琴ノ若(寄り切り)霜鳥

両差し普天王、外四つ琴欧州に屈服
平成17年9月6日目
琴欧州(寄り倒し)普天王

貴ノ浪、閂で攻め込むが…
平成13年5月初日(V)
海鵬(打っ棄り)貴ノ浪
*(V)は筆者撮影映像からの切り出しを示す
 大雑把に言えば、相手と組み合っている状態を「四つ身」(略して「四つ」)といいます。四本足で立っているから、ということだそうで、誹風柳多留には「蛸角力 団扇を引と 八ツに組」(*)なんていう川柳もあります。 もっと厳しくいうと、組み合って互いに腕を一本ずつ相手の脇に差し込み合っている体勢が四つ身です。腕を差し込むことを「差す」といい、そうなっている腕を「差し手(さしで)」または「下手」といいます。 ただ、「下手」というと差して廻しを引いた場合(「下手を引く(取る)」または「下手廻しを引く(取る)」)を指すことが多いので、「差し手」を用います。 差し手のうち、せいぜい手首までしか差していない状態を「のぞく」といい、そうすることを「のぞかせる」といいます。半端のように思われがちですが、意外に使い道の広い差し方で、のちのち実例が出てきます。 相手に差されて外側になってしまった腕を「上手」といいますが、「上手」というとやっぱり廻しを引いた状態を指すことが多いので、ここでも廻しを取っているときに「上手」の語を使うことにします。

(*)「誹風柳多留百十三篇」天保2年(活字本:岡田甫校訂「誹風柳多留全集(九)」三省堂、昭和53年)

 四つ相撲が得意な力士は、どちらか一方の腕を差して使いたいものです。左腕だけを差せば「左四つ」、右腕だけなら「右四つ」です。同じ四つを得意とする人同士が対戦するときは「相四つ」といい、すぐに得意の四つに組み合うことが多くなります。 得意の四つが異なると「喧嘩四つ」となり、得意の形に組みたいので激しく争います。どちらの四つでも取れる人を「なまくら四つ」といい、一見良さそうに思われますが、貴乃花のように右四つでも左四つでも型になっていればまだしも、 そうでもない場合はすんなりと相手得意の四つに吸い込まれる弊害の方が大きいので、必ずしも褒められはしません。 四つに組んで左右とも廻しを取り合って、胸を合わせている体勢を「がっぷり四つ」といい、ここから力相撲になるか、相手に取られた廻しを切って攻めるかが見どころになっていきます。

 場合によっては両腕とも差すこともあります。体が大きくない人は、それを得意とする場合もあります。この体勢を「両差し(もろざし)」といいます。相手の懐に入って切り崩せる一方で、差し方が半端だと身動きが取れなくなる場合もあります。 相手に両差しに入られた場合、左右ともに上手廻しを取った体勢を通称「外四つ」といいます。また関節を締め上げてしまうことを「極める(きめる)」といい、いろいろな手段がありますが、両差しに入られた場合は、外側から両腕で極めてしまう「閂(かんぬき)」を使います。

 組んでみたら自分の力が出ない恰好だったという場合にやるのが「巻き替え」です。つまり、差されてしまって上手側になっている腕を差し込みにかかることです。 ということは、相手の腕と自分の体との間に隙間をつくらなければならないので、例えば右を巻き替えようとするならば、左に動きながらやるというような工夫が要ります。 それでも相手は防ごうとしますから、スピードも当然要求されます。横綱北の湖が速さの代表でしょうか。 腕を差し込むので、特に窮してからやると自分の上体が浮く可能性が高く、「相手が巻き替えにきたら出ろ」と言われます。 差し手を抜いて上手側に変えるのも巻き替えなのですが、一般には上手側の腕を差し手に変えるときを指しています。


千代大海の突っ張り
平成17年9月8日目
千代大海(押し出し)琴光喜

出島両差しから左を筈に替える詰め
平成17年9月8日目
出島(寄り切り)安美錦

北勝力右のど輪で魁皇を倒す
平成16年5月初日(V)
北勝力(押し出し)魁皇

若乃花の峻烈極まりないおっつけ
平成10年9月初日(V)
若乃花(押し出し)栃東
・突き押し

 よく「突っ張り」と「張り手」とが混同されますが、張り手は相手の頬を平手で叩くことで、これで相手を怯ませて差すことを「張り差し」といいます。 突っ張りは腕を回転させながら掌で相手の胸元や顎を連続して突く技で、回転が遅いと腕を取られ、手がよく出ても足がついてこなければ転ぶことになりますが、うまく決まると相手に攻撃のひまをやらずに攻め切ることができます。

 押しの手は、人差し指から小指までを揃え、親指を立てた形にして行うのが基本で、これを「筈」または「矢筈」といいます。この形で相手の腋や脇腹あたりを押していくのが「筈押し」で、うまくかかれば相手が持ち上がるほどの威力を発揮します。 また顎下にかけて押し上げるのが「のど輪」で、古くは「矢筈攻め」ともいいましたが、あまり聞かなくなりました。

 もう一つ、「おっつけ」があります。相手が差したり喉を押したりする時に、自分は脇を固めて相手の腕に掌を当て、下から上に絞り上げるようにする技で、攻めの緒をつくる上で極めて重要な技です。

 基本はざっとこれぐらいですが、これでは勝負がつきませんね。勝負師たる者、決め技がなければ。ということで、決まり手の紹介に入ります。 決まり手82手は、大きく6つに分類されています。順に「基本技」「投げ手」「掛け手」「反り手」「捻り手」「特殊技」で、そのうち30も知っておけば、ほとんどの取組はカバーできます。 逆に「反り手」は半ば錆びついたような技ばかりですから、見られただけでも幸運、写真や映像が撮れたらもう言葉にもならないというものです。今回は基本技を取り上げます。

・基本技

 「突き出し」「突き倒し」「押し出し」「押し倒し」「寄り切り」「寄り倒し」「浴びせ倒し」の7つが基本技で、要するに前に出て勝った場合の決まり手ということになります。 「押すに手なし 押さば押せ 引かば押せ 押して勝つのが相撲の極意」などと言われ、前に出ることこそが相撲の基本、その力がないとどの技も決まりません。


平成17年9月8日目
琴ノ若(寄り切り)時津海

平成17年3月8日目
十文字(寄り倒し)霜鳥
・寄り切り・寄り倒し

 基本技の中でもとりわけ出現頻度が高いのが「寄り」です。体を密着させて相手を運んでいく手で、廻しを取ったら引きつけ、廻しを取らなくても差し手で起こすとかおっつけながら体を寄せるとか、いろいろな方法で相手の重心を高くして前に攻めます。 地味ですが、肩を使って相手を起こすという攻めもあります。四つに組んで寄っていくときは差し手側に寄るのが基本で、右四つ得意の人はやや右寄りに出ていきます。 逆転を許さないための定石がいくつかあって、例えば「両差しで相手を追い詰めたときには力を抜く」「上手を引きつけて寄り詰めたときには上手を離す」といったものがあります。 これらは、伸び切った相手に頼るところを与えないためで、粘っこくて柔軟な相手に上手を引きつけっ放しで覆い被さると…結果は見え見えですね(40年前の大相撲をご存知の方は、のち大関大麒麟となった当時の麒麟児に何回も打っ棄られた横綱柏戸を思い出してください)。 ところが、土俵際まで攻め込みはしたけれど、まだ相手もそんなに崩れていない状態のときに、漫然と上手を離してしまったら、これはこれで逃げられてしまいます。他にも差し手を突きつけたり、体を相手に預けたりといった手法があり、その場面に応じた使い分けが難しいのが現実というものです。


平成17年3月8日目
露鵬(浴びせ倒し)高見盛
・浴びせ倒し

 寄り倒しと似ていますが、相手にのしかかるようにして潰してしまうような印象の技です。引きつけ合いに負けて腰が崩れてしまったような場合に現れます。


平成17年9月6日目
安馬(押し出し)玉乃島

平成16年5月千秋楽
闘牙(押し倒し)高見盛
・押し出し・押し倒し

 押して勝てば押し出しか押し倒しということになります。腕だけでなく下半身もきちんとついてくることが成功の秘訣ですが、なかなか難しいものです。 腰が前に出ないと、つんのめって前に落ちてしまいます。のど輪の場合は、腕の角度を誤ったり出足が止まったりすると、その腕をおっつけられたり取られたりして、引き落とされるか、懐に入られるかしてしまうこともよくあります。 筈押しで攻めるときは、相手はこれを嫌って腕を引っ張り込もうとしますから、差さずに我慢するのもポイントの一つです。おっつけはその逆で、もし甘ければ差されてしまいます。また、押しはその性質から相手と距離ができます。 その距離が適切ならば絶大な威力を発揮しますが、そうでなければ相手に変化されて崩されてしまいます。基本だ基本だといいながら、その蘊奥を窮めた人というのは、なかなか現れません。最近では横綱北勝海ぐらいのものです。


平成17年9月6日目
栃東(突き出し)垣添
・突き出し・突き倒し

 突っ張って勝負をつけた場合は、突き出しか突き倒しということになります。張り手だけで相手を倒しても突き倒しに分類されます。手と足のバランスが重要なのは押しと同じ。 威力に自信のある人ならば大きな突っ張りで破壊力を見せつけるのもいいですし、相手が小さい場合は細かい突っ張りで相手の身動きを封じてしまう方法もあります。 自分が大きくなければ、これまた素早く突っ張ってから横に動いて崩す(このあたりは次回にしますが)という手法をとります。

 今回は本当に基本の技で終わってしまいました。前に出る迫力もいいですけど、たまには派手な投げも見たいですよね。次回は投げ手から紹介していきます。
前画面に戻る