大相撲東風西雅
2:「技」のはなし続

平成17年9月6日目
旭天鵬(寄り切り)黒海

 「技」のはなしといいながら、皆さんがイメージするような「技」が前回はたぶん出なかったものと思います。今回は投げ手と掛け手を紹介しましょう。華のある技はこのあたりに多く出てきます。

・投げ手

 「上手投げ」「下手投げ」「小手投げ」「掬い投げ」「上手出し投げ」「下手出し投げ」「腰投げ」「首投げ」「一本背負い」「二丁投げ」「櫓(やぐら)投げ」「掛け投げ」「つかみ投げ」と13ありますが、よく見かけるのは半分ぐらいです。 出し投げ以外は腰を入れるのがポイントになってきます。


平成16年5月8日目
魁皇(上手投げ)雅山

平成10年9月初日(V)
水戸泉(小手投げ)琴錦
・上手投げ・小手投げ

 上手を取って投げれば上手投げです…と、説明は簡単に終わってしまいますが、上手を取ってただ投げればいいかといえば、そうでもありません。 以下、一方の腕を差している状態を想定して話を進めますが、差し手のほうから捻ると、相手の上半身が引っ張られる効果や、捻られた側の足が流れて捻じれる効果が加わり、綺麗に転がります。 あるいは、差している側の足を引いて上手側の方に廻り(「体を開く」という)、下向きに投げて叩きつけるという方法もあります。上手が遠い場合(上手が「深い」という)、無理に投げようとするとまともに呼び込んでしまうことになります。 もし自分が差せないで上手を片方だけ取っているなら、上手を取っていないほうの腕で首を捻りながら投げるという手段もありますが、よほどの力の差がない限りは危なくてできるものではありません。 上手を取らないで投げれば小手投げで、思い切り良くやらないとつけ入られるせいか、決まるときは大変豪快です。本当に体を開くか腰をぶつけるかしないと、上手投げ以上に危険なことになります。


平成9年1月2日目(V)
舞の海(下手投げ)彩豪

平成16年5月千秋楽(V)
豊桜(掬い投げ)萩原
・下手投げ・掬い投げ

 下手を引いて投げると下手投げです。下手投げというと横綱輪島が最も有名なところですが、この人の場合は、左下手を引いて右で強くおっつけ、相手がなお左をこじ入れようとすると、輪島は右手で相手の左腕を巻き込みながら、腰に乗せて左下手投げを打って投げ捨てていました。 小結舞の海の下手投げは少し違って、こちらにはおっつけがなく、相手の懐の中で素早く体を開きながら、強い左の引きつけを使って投げ転がしていました。 横綱大鵬は昭和37〜38年の最初の六連覇中、右で首を捻りながら左下手投げをたくさん打って白星を稼ぎました。この手は左右が逆になりますが、戦前の横綱武藏山が大関時代に多用していたものです。 ところが大鵬は昭和38年7月に青ノ里につけ入られて負けたもので、すっかり封印してしまいました。 下手を取らないで差し手から投げると掬い投げとなります。綺麗に決まれば相手は大きく回転して倒れますが、横綱旭富士を最後に名手は出ていません。 掬い投げを決めるためには重要な技法がありますが、次回にまわします。


平成17年9月6日目
玉飛鳥(上手出し投げ)琴ノ若

平成14年5月14日目(V)
追風海(下手出し投げ)大碇
・上手出し投げ・下手出し投げ

 ポイントは自分の肘を締めることです。上手出し投げの場合はそうすることによって相手の肘が利かなくなります。 下手出し投げは殺せる差し手がないのでその分難易度も上がり、廻り込む速さの方が重要とも考えられます。 肘を締めて、相手を向こうに押し出すような感じで下向きに投げを打つと、相手はひしゃげた蛙のように這わされることが多く、切れ味のいい上手出し投げの場合は向こう側にすっ飛ばされます。


平成17年9月8日目
朝青龍(首投げ)岩木山
・首投げ

 だいたいが逆転狙いの荒技で、めったに褒められることのない技です。相手の首に腕を巻きつけること自体、脇があいた証拠ですから、褒めようがないわけです。 思い切って一瞬腹に乗せてコロリとやるか、残った手で腕を引っ張って捻じり倒すか、腰をぶつけるかしなければ決まりません。 古い相撲ファンにとっては昭和30年夏の千秋楽、横綱栃錦と大関大内山の死闘で印象深い大技ではありますが。 横綱三代若乃花も若い頃は首投げの癖がついていて、矯正するのに短日月では済みませんでした。 関脇安芸乃島はかなり多用したもので、平成12年9月初日の横綱曙戦といった代表作もありますが、おっつけ失敗の代償という趣で、あまりうまくはいきませんでした。 現役では豪風が右首投げをよくやりますが、これもまた右おっつけからの突進を止められたときの裏技なので、誰も褒めてはくれません。 体勢を壊されても一発逆転を狙う思い切りの良さだけは称えられますが、やっぱり「攻めを強くしろ」「堪えて体勢を取り戻せ」という声に覆われてしまいます。


平成16年5月千秋楽(V)
豪風(一本背負い)金開山
・一本背負い

 平成16年5月の千秋楽に豪風がやりました。一本背負いは腕捻り(かいなひねり:相撲では腕を「かいな」と読みます)に似ています。 一本背負いは相手の一本の腕を両手で取って担ぎ、相手を腰に乗せて前または横に投げつける強引技です。腕捻りの場合は、相手の一本の腕を両手で取り、体を開いて横に捻ります。 実は豪風は右前に引っ張り続けて強引に向正面に振り落としたというもので、筆者ならば腕捻りとするところです。幕内では豪風の前には平成12年11月に大関魁皇が横綱武蔵丸に仕掛けて決めましたが、その前は昭和49年11月まで遡らなければなりません。 お目にかかるにしても失敗例というのが常です。


国技館では決まり手がここに表示される
平成16年5月初日(V)
・掛け手

 足を掛ける技を主として、足を狙う技すべてがここに入ります。「内掛け」「外掛け」「ちょん掛け」「切り返し」「河津掛け」「蹴返し」「蹴手繰り」「三所攻め」「渡し込み」「二枚蹴り」「小股掬い」「外小股」「大股」「褄取り」「小褄取り」「足取り」「裾取り」「裾払い」の18手ですが、あまり見かけない技が多くあります。


平成16年5月8日目(V)
春日王(内掛け)千代天山
・内掛け

 業師の代名詞のような技です。足を内側から掛けて、相手の体を引きつけながら体を預けて倒します。掛けた足が低ければ低いほどよく決まりますが、低く掛けるのがまず難しく、しかもタイミングが難しく、仕掛けが必要です。 例えば下手投げを打つとか、相手を両差しに誘い込むとかして、相手の足が前に出てきた瞬間が狙い目です。昭和33年に内掛けで大関にまでなったのが琴ヶ濱で、大関4年間で挙げた185勝のうち31勝、実に17%を内掛けで稼ぎました。


平成15年5月13日目(V)
朝青龍(外掛け)武双山
・外掛け

 掛け手の中では一番よく出ます。内掛けとは逆に足を外側から掛けます。これも足が低いほど綺麗に決まります。土俵際に相手を詰めてから外掛けで決めようとすることがありますが、このときは上手の方の足を掛けると打っ棄られてしまうので禁物とされています。 大相撲史上で外掛けといえば、昭和14年春(1月)の4日目、大横綱双葉山がのちの横綱安藝ノ海に敗れて70連勝を阻まれた大一番があります。 その瞬間、4階建ての旧国技館は一瞬の静寂を経て阿鼻叫喚地獄絵図になったと伝えられ、座蒲団だけでなく蜜柑だ火鉢だビール瓶だと、そこらじゅうのものが飛び交ったといいます。 「不世出の名力士双葉、今日まで六十九連勝、果たして七十連勝なるか、七十は古稀、古来稀なり」(*)とは名アナウンサー和田信賢(わだ・のぶかた)の取組前の実況ですが、事実70は古来稀にして、その壁を破った者はいまだ現れておりません。

(*)山川静夫「そうそう そうなんだよ」岩波書店(岩波現代文庫)、平成15年


平成17年9月6日目(V)
朝青龍(切り返し)出島
・切り返し・河津掛け

 相手が内掛けや投げを見せたときに、足を出して膝を相手の膝裏につけて、そこを支点にして引っ繰り返すのが切り返しです。外掛けに似ていますが、足が掛からないで膝がくっつく感じです。 一方、内側に足を掛けて横にねじり倒すと河津掛けです。切り返しはそもそも相手の技を返して背中から倒すことなので、たとい河津掛けの形でも返し技として使ったら切り返しに入れられましたが、今は形が河津掛けの恰好であれば必ず河津掛けを決まり手としているようです。


平成10年9月2日目(V)
寺尾(足取り)時津海
・足取り

 相手の足を取って倒す技は、どの位置を取るかに応じて6種類に分かれます(写真がないので説明は割愛します)が、その6種類に該当しないバスケット的な存在となるのが「足取り」です。 本来の足取りは、相手の片足を両手で抱きかかえるもので、そうした場合はその足を枕にして寝ると相手が先に崩れます。ここで写真を掲げた足取りは、6種類に該当しないために足取りとされる例です。


平成17年9月7日目
琴欧州(渡し込み)出島
・渡し込み

 相手の足を片手で外側から抱えるのが目立つせいか、かなり間違えられています。足を抱えるのは必須ですが、もう片手で差し手や体を突きつけるか胸を突いて相手を真っ向から倒すことのほうが重要な技です(写真ではただの押し倒しにしか見えませんが…)。 ですから、左手で足を抱えたときの渡し込みは「右の渡し込み」になるのが本来です。足を外側から持ち上げて決めた場合は、その恰好によって足取りか外小股になるはずです。

・反り手

 名前だけでも載せましょう。「居反り」「撞木反り」「掛け反り」「たすき反り」「外たすき反り」「伝え反り」です。伝え反りは平成14年9月に新大関だった朝青龍が貴ノ浪にやりました。居反りは平成5年1月に入幕前の智ノ花が花ノ国に決めています。そうそう滅多に出るものではありません。

 次回は「技」のはなしの最終回、捻り手と特殊技を紹介します。今回と比べるとだいぶ地味になってしまいます。乞御期待(なんのこっちゃ)。
前画面に戻る