大相撲東風西雅
3:「技」のはなし続々

平成17年9月7日目
北桜(掬い投げ)上林

 いよいよ決まり手の話の最終回です。その前に、右上の写真ですが、この頭をつけ合った体勢を「頭四つ(ずよつ)」と通称します。この恰好で手をつかんだり、肩を押さえたりして様子を窺います。 また、頭をつけ合わないで両手をつかみ合った状態を「手四つ」または「手車」といいますが、最近とんと見かけなくなりました。では前回の続き、「捻り手」から。

・捻り手

 「突き落とし」「巻き落とし」「とったり」「逆(さか)とったり」「肩透かし」「外無双」「内無双」「頭捻り(ずぶねり)」「上手捻り」「下手捻り」「網打ち」「鯖折り」「波離間投げ」「大逆手」「腕捻り」「合掌捻り」「徳利投げ」「首捻り」「小手捻り」とバラエティーに富んでいますが、多く出る技は限られています。 雑な説明をすると、自分の体を捻りながら相手を手前や横に引っ張り落とす技ですが、突き落としだけは押す要素が入ります。


平成17年9月7日目
玉春日(突き落とし)白石
・突き落とし

 脇腹や肩、場合によっては首根に手をあてて、相手を下に突くようにして落とす技です。おっつけや筈押しから連続する場合もあれば、突っ張り合いから一瞬の機をとらえて突き落とす場合もありますし、土俵際に押し込まれて堪えざまということもあります。 相手の足の配りや、飛び込んでくるタイミングを見極めてやると、綺麗に決まります。玉春日の場合、押し切れなかったとしても、土俵際はまた一つの仕事場です。少し遡って小結三杉里にもそういう風情がありました。 逆に、土俵際まで攻められて仕方なく突き落としに頼るのが欠点と言われる人も幾人かあり、このタイプは褒められません。


平成9年1月2日目(V)
若乃花(巻き落とし)剣晃
・巻き落とし

 のぞいた状態の差し手がやっと生きる場面がやってきました。差し手で相手の胴体を抱えて、差し手のほうへ捻り倒します。ですから右四つならば右へ捻ります。下手を取っていれば下手捻りです。タイミングが重要で、かなり難しい技です。


平成17年9月7日目
片山(肩透かし)春日錦
・肩透かし

 巻き落とし以上にのぞかせた差し手が生きてきます。のぞいている差し手で引くようにして、反対の手で肩や背中を叩くようにして相手を引いて倒します。のぞいているというのが重要で、差すかと見せて引くので、そのタイミングと引き足が鮮やかであればあるほど見事に決まります。 この技も業師と言われる人は大概やります。小結琴稲妻の場合は、やれば必ず綺麗に決まるので、左でも右でもやれると思われたこともありましたが、 実は右をのぞかせたときだけだったとか。横綱旭富士や関脇鷲羽山など、得意とした人は相撲巧者ばかりです。現役ならば豊ノ島や片山がよくやります。


平成9年1月2日目(V)
若ノ城(とったり)大善
・とったり・逆とったり

 例えば相手の右腕を取る場合、その手首を自分の右手で取り、相手の右に廻り込み、自分の左手で相手の右腕を抱えて、前に引っ張って這わせる技です。差してくる相手に有効で、昭和50年代前半の大関旭國がしつこくやっていました。 腕の取り方が弱いと、せっかく取った腕を抜かれてしまい、自分が這わされてしまいます。こうやって負けたら決まり手は逆とったりです。


平成14年5月14日目(V)
朝青龍(内無双)旭天鵬
・内無双・外無双

 相手の膝や内腿を掌で押さえながら、反対側の差し手で捻って倒すのが内無双で、業師と呼ばれる人は大抵やります。知名度は高くないようですが、割合によく出る方です。 内もあれば外もありますが、これは大変に難しい技です。例えば相手の右腕を左腕で抱えている場合、自分の右手で相手の右腿を押さえつけ、左腕で相手の右腕を引っ張って捻り倒します。 決まると大変華やかですが、上手を取られて潰される可能性があまりにも高くて、なかなか実行に移せません。内も外も綺麗に決めていたのが小結二子岳で、これも30年以上前の話です。 幕下までは無双だけで勝っていたという大げさな話もあるくらいの達人で、外無双崩れの腕捻りで高見山をも捻り飛ばしたり、横綱大鵬にも内無双を警戒させて最後は蹴って勝ったりもした人です。

・特殊技

 「引き落とし」「引っ掛け」「叩き込み」「素首落とし」「吊り出し」「送り吊り出し」「吊り落とし」「送り吊り落とし」「送り出し」「送り倒し」「送り投げ」「送り掛け」「送り引き落とし」「割り出し」「打っ棄り」「極め出し」「極め倒し」「後ろもたれ」「呼び戻し」と19もあります。


平成16年5月初日(V)
出羽乃富士(引き落とし)萩原
・引き落とし

 相手が突っ張ってくる手を素早く引いたり、自分の差し手を抜いたりして相手を落とします。出足とは前に出る際の足の運びを総称しますが、これが良くないと落とされてしまいます。 引く側は引く側で、決めるためにはこれまた足運びが重要になってきます。このときの足は「引き足」といいます。横綱北の富士は「黄金の引き足」と言われましたが、これには揶揄が混じっています。 自分が大した引き足でもないのにまともに引いたりすると、相手が一気に攻め込んできます。


平成17年9月6日目
霜鳥(引っ掛け)隆乃若
・引っ掛け

 名称が名称なので騙されやすいのですが、足を掛ける技ではありません。突っ張ってきたり差してきたりする腕を両手で取って、自分のほうに引っ張るのを「引っ掛ける」といって、これで相手が前に落ちたり、土俵から飛び出したりしたら、引っ掛けが決まり手となります。 引っ掛けて相手の背後につき、上手を取ったりそのまま送り出し(後述)たりすることもできます。旭鷲山あたりは、引っ掛けだけで勝負を決める意図はないとはいえ、ほぼ毎日やっています。


平成17年9月6日目
白鵬(叩き込み)若の里
・叩き込み・素首落とし

 相手が頭を低くして突っ込んでくるときに、肩や背中をたたいて落とします。体を開くのが重要で、まともに上から押さえつけると大抵の場合は自分が浮き上がってしまいます。 運用上、体を開いただけで相手に触れないうちに相手が落ちてしまった場合も叩き込みにされます。体重を乗せて立ち合いから頭で当たることが多い現今の大相撲では、頭の高さを誤ると特に叩きの餌食になります。 似ているのが素首落としで、手首や腕を相手の首根に掛け、グイと引き据えるようにして落とします。


平成17年9月8日目
片山(送り出し)武雄山(*)

平成17年9月6日目
北桜(送り倒し)春ノ山
・送り出し・送り倒し など

 相手の後ろについて何かすれば、「送り」を冠した技のどれかになります。代表が送り出しで、相手の背後について土俵から出します。 正面から相手を持ち上げて出せば吊り出しですが、相手の後ろについて吊り出せば送り吊り出し、持ち上げた相手を叩きつけたら吊り落としや送り吊り落としになり、後ろについて投げたら送り投げ、後ろから足を掛けたら送り掛け、後ろについて引っ張り落とし、相手に尻餅をつかせれば送り引き落としです。 後ろについて相手を倒した場合で、上記のどれにも該当しなければ送り倒しとなります。

 ここまで写真で30手近く紹介しましたが、これだけあればほとんどの取組の決まり手は分かります。ほかに「非技」として「勇み足」「腰砕け」「つき手」「つき膝」「踏み出し」がありますが、説明は省きます。最後にいくつかテクニック的な話をしてみましょう。


右を返して大関を一蹴
平成17年9月8日目
高見盛(掬い投げ)栃東
・腕を返す

 差すにも方法があって、ただまっすぐに差しているだけ(通常は「棒差し」、別称して「へのこ差し」といいます)なら相手に上手を簡単に取られるばかりか、怪力の相手にはおっつけられたり極められたりして肘を壊してしまいます。 差したらどうするかといえば、廻しを取らないなら手の甲を相手の背中につけるようにします。そうするとちょうど親指が下向きの恰好になり、同時に自分の肘を張る形ができあがります。 これを「腕を返す」「差し手を返す」といいます。こう差されてしまうと、相手は上手が取れないだけでなく、体が傾いてしまいます。武蔵丸はこうやって相手を右腕に乗っけるような相撲に変えて横綱になりました。 横綱大鵬も晩年は特に腕の返しに自信を持っていました。怪力の横綱隆の里になると、手首までのぞいただけなのに、グイと腕を返してしまいました。今では高見盛の右が代表です。 掬い投げを打つためには腕を返すことが必要で、大鵬ぐらいになると腕を返すだけで相手が崩れて掬い投げの形になり、武蔵丸の場合は腕を返すと軽い相手は吹っ飛んでしまいました。

・差し手を殺す

不調の栃乃洋、左が使えない
平成17年9月7日目・時津海(下手投げ)栃乃洋
 栃乃洋は左を差して半身(相手に正対しないで、斜めに構えて相手に肩をつけているような恰好のこと)になり、下手投げや掬い投げを打つのが得意ですが、この場所は右大腿を痛めて調子が上がりませんでした。 しかも相手が相撲のうまい時津海です。栃乃洋は左を差そうとしましたが、時津海は右で上手を浅く取って肘を締めてしまいました。こうすることを差し手を殺すといいます。 栃乃洋の側からは「差し手が死んだ」ということになります。結局栃乃洋はどうすることもできずに左を抜いてしまい、こうなってしまいました。
打つ手もなく完敗
平成17年9月7日目・時津海(下手投げ)栃乃洋

・去なす

 「いなす」と読みます。相手が勢いよく突っ込んできて突いてきたり差してきたりするときに、サッとばかり体を開いて相手の突進をかわしてしまうことをいいます。 同時に片手で一瞬おっつけるか、突き落とすかするようにして相手の勢いをそらす方法もあり、相手が横向きになった隙をとらえて次の攻撃に移るなど、相撲の流れを自分に引き寄せたいときに多用されます。 去なすときに手で強くはじくことを「掻っ撥き(かっぱじき)」といい、関脇安芸乃島や今では若兎馬が小手投げ気味にはじいています。
両膝痛の武雄山、去なされて足揃う
平成17年9月8日目・片山(送り出し)武雄山
武雄山そのまま突っ走って既出(*)の写真となる

 もっと大袈裟な去なしということになると、通称「八艘飛び」といわれる大ジャンプになってしまうでしょうか。もともと「飛ぶ」というのは立ち合いに去なすことをいいますが、本当の意味で飛び上がってしまうのがこれです。 この名は報道関係が壇ノ浦の義経になぞらえてつけたもので、技の名ではありません。平成3年9月に入幕した舞の海が、11月の旭道山戦で立ち合いに後ろに下がって驚かせたのに続くサプライズ第2弾、最初の犠牲者は4年1月7日目の北勝鬨です。 ところがその場所の千秋楽、幕内陥落が決まっていた大ベテランの元関脇巨砲に「一艘飛び」を仕掛けられて敗れ、その後も見破られて負ける例が目立ち、11年5月には空中で受け止められて敗れる憂き目に遭いました。 6年9月に旭道山が朝乃若の背中を側転したり、派手な変化は今を盛りと咲き乱れましたが、琴錦は10年5月に八艘飛びで貴闘力の連勝を止めたものの右踵を骨折、首と両膝を痛めてやむなく頼った追風海にも失敗が多く、リスクどころかムダの塊になり下がって、今では見ることもなくなりました。
鮮やかの一語に尽きる失敗例
平成16年5月初日(V)
安美錦(押し倒し)追風海

・猫だまし


座ってみません?
平成17年9月6日目
座るは猫だましの被害者
元水戸泉の錦戸親方
 テクニックというにはあまりにも狡いものですが、猫だましは外せないでしょう。立ち合いに相手の目の前で両手を打って怯ませるもので、舞の海がよく水戸泉にやって有名になりました(水戸泉は平成7年3月に舞の海を迎えて仕返しの猫だましをやりましたが、全く効かず足を取られて惨敗しています)が、意外に歴史があります。 明治32年夏、のちの横綱二代梅ヶ谷がまだ大関になる1年前で梅ノ谷と言っていたころ、大見崎という相手に猫だましから引き落とされ、すっかり苦手意識を持ってしまいました。昭和18年春には九州山が新大関名寄岩を猫だましから足取りの奇襲で破り、37年になると解説で有名だった関脇出羽錦が横綱大鵬にやりました。 この年7月に出羽錦は立ち合いいきなりバンザイして両差しに誘い込むや、閂に極めてそのまま大鵬を破っていますが、11月になると猫だましに打って出ました。この相撲は大熱戦の末敗れましたが、翌年3月、ズルズル下がって誘い込むなり左下手投げで大鵬を引っ繰り返し、37歳にもなっていた出羽錦が6連覇中の大鵬に2勝するという晩年を飾る大活躍をやってのけました。 時代下って53年1月には当時大関の三重ノ海が横綱北の湖に猫だまし、音こそ横綱の耳に入りましたが姿は目に留まらず、気にもかけなかった北の湖に根こそぎ運び出されてしまいました。舞の海の去りしあと、いま猫だましの孤塁(?)を守るは皇司のみ、といったところでしょうか。

 他にも「宛がい」「はね上げ」(いずれも突っ張られたときに手を下からつけるか払い上げるかして威力をそぐ)「挟みつけ」(両方からおっつけて相手を動けなくする)といったものがあります。これだけ材料を揃えれば、解説もできますよ。いかがでしょうか?
前画面に戻る